富野由悠季監督とその作品をひたすら語るブログ

TOMINOSUKI / 富野愛好病
http://kaito2198.blog43.fc2.com/

プロフィール

Author:kaito2198
台湾人。
ただのファンです。

twitterは@kaito2198です。

仕事やブログ関係のご連絡は
kaito2198@hotmail.comまでお願いします。

給華文圈之富野由悠季愛好者的一些話
關於本站文章的轉載聲明

富野監督関連資料一覧

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

グーバーウォーク

井荻麟作詞論 第107回「Gの閃光」

2016/12/30 17:11|井荻麟関連TRACKBACK:0COMMENT:2
このエントリーを含むはてなブックマーク はてなブックマーク - 井荻麟作詞論 第107回「Gの閃光」
 井荻麟作詞論の記事は、富野由悠季監督が書いた作詞を紹介・分析する話です。いきなり予定より飛びますが、今日の第107回では、『ガンダム Gのレコンギスタ』のエンディングテーマ「Gの閃光」について語りたいと思っております。



Gの閃光
作詞:井荻麟/作曲:菅野祐悟/編曲:菅野祐悟/歌:ハセガワダイスケ

元気でいられるから 元気でいられるから
手を挙げて やってみる
前を向いて やってみる

 この曲は、2006年『リーンの翼』以来、8年ぶりに富野由悠季が手がけた長編アニメ『ガンダム Gのレコンギスタ』のエンディングテーマである。井荻麟名義で作られた作詞としても、2008年の古谷徹の個人アルバムに提供された「眠ったままでは」以来、6年ぶりの仕事となっている。エンディングテーマでありながら、オープニングテーマ以上に強烈な印象を与える歌詞と映像は、富野の久しぶりのテレビ新作に相まって、大きな話題となっている。



 字数といい、言葉使いといい、この歌詞は一見すると呆れるくらい簡潔なのだが、よく吟味すれば、たくさんの井荻エッセンスが詰め込んでいると分かる。

元気でいられるなら 元気でいられるなら

元気のGは 始まりのG

 全編に渡って再三に強調するように、歌詞全体が明るく仕上げられ、テーマはストレートに「元気であれ」と訴えるような内容となっている。タイトルの連呼といい、『ブレンパワード』以来の、いわゆる「白富野」の精神を受け継いでいる部分は健在で、映像に相まって、「キングゲイナー・オーバー」などとの共通点も見られるはずだ。

明日のことなんて 分からないからって
動かないままなら 始まらないから

つかめプライド つかめサクセス

 それから、命令というにはやや誇張にしても、作詞者から聴く人にメッセージを伝える部分を読み取れる部分は、「眠ったままでは」など近年の作詞で見られる、「次の世代に希望を託す思いがあまりに強すぎるために、結果的に説教的に見えてしまう」という、いわば「説教性」が伺える。作者である富野と、彼の想定した観客の年齢差を考えれば仕方ないかもしれないが、全体的に押し付けるような説教くささがないのは、決して上から一方的な目線ではなく、自分に言い聞かせる部分もあるからだろう。

 しかし、なにより重要なのは、以下の部分だ。

リアルは地獄

出来ると思ってない 出来ると思ってない
だからだろ チャレンジだ

 この最初に打ち出したテーマから一転して、眞逆な方向から切り込んで展開させつつ、最後はテーマを強化する歌詞は、まさに富野がよく使われている手法なのだが、よく吟味すれば、そもそも作り手自身に言い聞かせるようにも聞こえる。となると、この歌詞は若い観客に伝えるメッセージであると同時に、この井荻麟作詞論シリーズで今まで再三繰り返した、富野がガンダムシリーズの歌詞を手がけるときに頻繁に見せる、作品を通さずに直接作者から観客への「意志の表明」というものでもあると分かるはずだ。

 つまり、監督の富野はしきりと「Gレコは脱ガンダムを意識している」と発言しているが、この面から見れば、この「Gの閃光」は潜在意識ではむしろ富野ガンダムの精神を非常に色濃く反映している歌詞といえる。



 ところで、富野はこの曲に対して「AKB48を意識するように作った」という、一見奇妙な発言を残している。しかし、AKB48は富野が常に理想とする大衆芸能の代表という角度から考えれば、その発言の意味も自ずとわかってくるはずだ。井荻麟作詞論では普段作詞と映像を切り分けているが、Gの閃光の芸能性を解かすには、やはり同じく富野が作った映像から考えなければならない。

元気のGは 始まりのG
Gのレコンギスタ

 前の記事で言及したように、近年の富野作品における芸能でいえば、『ターンエーガンダム』や『キングゲイナー』のように、常に踊りや祭りなどといった形として劇中に出している。しかし、「Gの閃光」がそれらと違ったのは、本編でではなく、むしろ現実と作品世界の境界ともいうべきエンディング映像で踊らせるところだ。それが、「Gレコ」きっての名物、敵味方入り混じりで交わした「ラインダンス」というものなのだ。

 本編の関係性を考えれば、海賊とアメリアとキャピタルアーミィの面子は決して集って一緒に踊るわけがない。また、本編のストーリー展開においてもありえないのだ。しかし、ある程度本編と切り分けて考えてもかまらないエンディングなら、それが成立できる。むしろ本編にも縛られないぶん、伝えたいテーマ(歌詞)は明瞭に見せる性能がある。

 つまり、「Gの閃光」のエンディングは、作品世界の登場キャラクターを借りつつ、ダンスという現実に共通する「ハレ」の要素を通して、現実にも作品世界にも属さない「第三の世界」で芸能を再演じることによって、視聴者に登場人物やテーマ性への共感を与えるものだ。シンプルな作りの裏に秘めている極めて高度な手法は、富野由悠季的な演出と井荻麟的な作詞を完璧に融和しないと到底できないもので、路線がまったく異なるものの、その密度が「コスモスに君と」や「月の繭」に比肩するものだと考えると、「Gの閃光」はまさに井荻麟の作詞の集大成にして、究極的な作りといえる。



 異論はあるかもしれないが、「Gのレコンギスタ」という作品の本編映像が特殊な作りゆえに、そのメッセージがやや散漫になっていた部分は否定しようがない。そんな中、作品のテーマを固定して、最初から最後まで持たせたのは、実質的に「Gの閃光」というエンディング曲といっても過言ではないだろう。富野がこの曲を「真のテーマソング」と呼んでいるのも、きっとこれのためだろう。

▽続きを読む▽

矢立文庫をご存知ですか?

2016/12/06 15:38|GのレコンギスタTRACKBACK:0COMMENT:0
このエントリーを含むはてなブックマーク はてなブックマーク - 矢立文庫をご存知ですか?
 矢立文庫をご存知ですか? これはアニメーション制作会社サンライズが立ち上げた、社内に眠っている企画やオリジナル企画を作品の形で読者にお届けするwebサイトです。

 現在は、『IPポリス つづきちゃん』や『覇界王~ガオガイガー対ベターマン~』など、10ほどの小説や漫画作品が連載されています。編集長によりますと、これからもさらにラインナップが増えるとのことです。



YADATE.png
http://www.yatate.net/




 インタビューを読む限り、これから面白い仕掛けもしてくれそうな感じがありますので、気になる方はぜひチェックしてください。ひょっとしたら次へのヒントになるかもしれません。

 特に没企画となると、サンライズと縁の深い富野由悠季監督作品と関連あるコンテンツも、これから来るかもしれません。そういう意味では、ぜひ応援しましょう。


ブログはしばらく休業する

2016/11/12 21:45|ブログ運営TRACKBACK:0COMMENT:1
このエントリーを含むはてなブックマーク はてなブックマーク - ブログはしばらく休業する
 皆さん、おひさしぶりです。タイトルの通り、このブログは訳があり、しばらく休業させていただきます。

 いつか復活します。

 その間、記事についての更新ですが、今のところまったく予定がありませんので、期待する方は申し訳ないですが、しばらく既存資料の載っているブログとして読んでください。

 いつか復活しますが、いつ復活するかはこちらが決められるものではありません。



 また、富野由悠季関連の文章は、現在ただ1週間1回くらいのペースで、中国のネットアニメマガジンに載せてもらっています。おおよそ日本語では書けない刺激的なな話(ネタバレの類ではない)もあったりしていますので、中国語の分かる方はこちらの本名で検索してみてください。

 なんとも寂しいここ1年、2年ですが、それでも少し面白くなるように、これからも頑張りたいと思っています。それではまたいつか再会する日を楽しみにしております。

キャラクターランド Vol.9のゴジラ特集に富野監督ら登場

2016/10/11 20:54|富野情報TRACKBACK:0COMMENT:0
このエントリーを含むはてなブックマーク はてなブックマーク - キャラクターランド Vol.9のゴジラ特集に富野監督ら登場
 先日荒木哲郎監督の紹介および講座を通して、『シン・ゴジラ』を評価していると判明した富野由悠季監督は、キャラクターランド Vol.9のゴジラ特集にも登場することになります。くわしくは以下の画像の通りです。



キャラクターランド Vol.9: ハイパームックキャラクターランド Vol.9: ハイパームック


徳間書店 2016-10-14
売り上げランキング : 6942

Amazonで詳しく見る by AZlink

付録☆スペシャル読本
シン・ゴジラとは何か?

富野由悠季
赤井孝美×池田憲章
押井守×岡部いさく
出渕裕×氷川竜介
あさりよしとお・鶴田謙二
伊藤伸平・豊田巧・石井誠
吾妻ひでお

 気になる方は買いましょう。

アニメツーリズム協会と富野監督について思うこと

2016/09/17 12:03|富野雑談TRACKBACK:0COMMENT:3
このエントリーを含むはてなブックマーク はてなブックマーク - アニメツーリズム協会と富野監督について思うこと
 昨日、こんな話がありました。



富野監督も“巡礼”呼び掛け 「アニメ聖地」全国88カ所を選定、集客に活用「アニメツーリズム協会」設立 - ITmedia ビジネスオンライン

 アニメの舞台になった地域を「アニメ聖地」として選定し、訪日観光客などの呼び込みにつなげる「アニメツーリズム協会」が設立された。全国88カ所を選び、複数の聖地をつなぐ“巡礼”ルートも整備する。観光立国を掲げる政府も協力し、オールジャパン体制で盛り上げていく。

 同協会は一般社団法人として設立。「機動戦士ガンダム」シリーズで知られる富野由悠季監督が理事長に就任し、理事会にはKADOKAWAの角川歴彦会長やJTB、日本航空の代表らが参加する。

 ビックリする人は多いと思います。実際、私もビックリしました。

 最初は、「えー」と感じましたが、すぐ良いと思うようになりました。

 とてもいいことだと思います。

 「そのようなブログの名前をつけたやつだから、当たり前だろう?」という声もあるかもしれませんが、そうではありません。



 アニメツーリズムに関して、個人的な着眼点は海外向けも視野に、ということですね。

 今までのアニメ聖地観光は、完全に日本人向け、内輪向けなだけです。

 自由に楽しめられる日本のファンの方は大抵知らないことですが、

 海外のアニメファンは知識の少なさとアクセスの難しさで、

 そういったコンテンツを楽しみたくても、日本人ほど自由に出来ないのが現状です。

 少しでも楽しみたいとすれば、大抵変な業者に食い物にされているんです。

 整備でこういった現状を改善できるなら、海外の者としては断然いいこととは思っています。



 それだけではない。

 富野監督が理事長!? という事実に、賛否両論があると思います。いや、現にたくさんあります。

 個人的には、とてもいいことだと思います。

 富野監督は、自分なりに「可能性」を模索していますから。

 確かに、今までの先例を見ても、懐疑ないし心配的な考え方になるのは分かります。

 これはあくまでこれらの団体が進めようとしているもので、「官」どうこうのことではありません。

 また、よく考えれば、政治力も営業力もなにもなかった富野由悠季(ちょっと言い過ぎたかもしれない)が理事長を勤める時点で、きっと別のところに力が働いているのは分かります。

 乱暴な言い方をすると、担げ上げられたとも言えなくもありません。

 それでも、監督は知っててあえて「やってみせた」というのはなぜだろう。

 上手い汁があるに違いないとしか思えないのは、ちょっと想像力が乏しいといわざるを得ません。

 アニメをきっかけとして、外に出ることは悪いことではありません。
 
 その上、アニメ業界の中で誰もやりたがらないことをやってみせるのは、昔からこの人の不器用なやり方です



 ほかの面子をごらんの通り、他の業界から「アニメ聖地」を使いたい人たちです。

 唯一アニメ業界の人間としての富野は、アニメ業界を代表してやることになります

 アニメ業界の中で誰もやりたがらないことをやってみせるのはそんな悪いことなのか? 僕はそう思っていません。

 そのようなものにだって、可能性があるかもしれないからです。

 見つかったら、アニメ業界に恩恵をもたらすことだってありえるかもしれません。

 しかし、もうすぐ75歳になる富野由悠季は、そんな恩恵を受けることは絶対的に少ないです。

 じゃあ、誰のためにやるか? その答えは明瞭でしょう。

 アニメ業界のためです。

 誰が頼んだ!? たぶん誰も頼んでないですね。

 でもやるんですね、富野監督は。



 このニュースについて、嘆いている業界人の方もいます。

 こういう枠組みにいい感情を持てないのは分かります。

 しかし、「だったらまず自分で監督を助けてあげてください」、と、言いたい気分もあります。

 監督は、自分なりに「可能性」を模索しています。

 このプロジェクトに組んでいる方は、各界から集まっている人たちです。

 外界からという意味では、監督に与えられる刺激は、ひょっとしたらアニメ業界より多いかもしれないです。

 監督をお神輿にするな! という気持ちは死ぬほど分かります。

 しかし、監督に気があるそぶりをしておきながら、積極的に監督を助けてあげないのは、

 「そのままの君でいてね」ということになります。

 それはそれで監督をお神輿にする行為だと思います。



 別に誰かを批判しているわけではありません。特定な対象も知らないわけですから。

 しかし、シナリオなりコンテを一つでも発注してみてください。

 新作アニメのことで富野監督を誘ってみてください。

 勝手に怖い大御所だと思っているかもしれませんが、案外嬉しく参加してくれるかもしれません。

 富野由悠季が来ても困るけど、と思っているならば、宣伝素材として扱ってください。

 それだけ大きな話題になれるのです。

 「あなたはこんな仕事をしちゃいけない人間なんだ!」というなら、相応しい仕事を与えてください

 アニメの仕事を。

 こういう小さいものが積み重ねると、ひょっとしたら今と違った流れを作れるかもしれません。

 私は今も、それを信じています。



 最後に、もう一度富野監督のコメントを見てください。

 学べることがなくても、アニメがきっかけになって、あなたが一歩外に出ることで、今まで知らなかった何かを手に入れられることがあると思います。

 実際に上手くいけるかどうか、いや、そもそもどのような活動をするのかはまったく分かりません。

 正直、正体の見えないものに心配するのは当たり前なことです。私だってそうです。

 この手のものは上手く行けたのはむしろレアケースですから、一気に数十個も整備するのは、とても難しいかと思います。

 「アニメ」という枠のなかだけじゃ、「クールジャパン」という枠のなかだけじゃ、やはり狭いかと思います。

 その上、日本が考えているものと、海外が考えていることの差もあります。

 でも、始まってもいないですから、今は協会と富野監督の動きを見守るだけです。

 本音をいうと、これをやって見せる以上、それらの団体もちゃんと監督にお返しをあげてください、と言いたいです。

 もちろん、金銭のことではありません。

 富野さんが金を得たところ、僕にとって何の得にもなりませんから。

 富野由悠季のアニメ制作を支援してください。いや支援しろ。これは本心です。

 それでも、たとえ何の返しがなくても、富野監督が覚悟を決めてやっていることならば、私は応援します

 あのお年になっても、なお変わることを模索しているならば、若い人としては応援しない理由がありません。

 また、このことをきっかけ、少しでも地域振興や復興に繋がるといいと願っております。



一般社団法人アニメツーリズム協会 コラボレーションで広がる可能性 アニメ聖地88×???





ブログ内検索

商品リンク

リンク

このブログをリンクに追加する

カテゴリー

まともに機能しなくてすみません。これからゆっくりペースで直します。

RSSフィード

FC2カウンター

富野監督作品一覧

  • 海のトリトン
  • しあわせの王子
  • 勇者ライディーン
  • ラ・セーヌの星
  • 無敵超人ザンボット3
  • 無敵鋼人ダイターン3
  • 機動戦士ガンダム
  • 伝説巨神イデオン
  • 機動戦士ガンダム(劇場版)
  • 機動戦士ガンダムⅡ 哀戦士編
  • 戦闘メカ ザブングル
  • 機動戦士ガンダムⅢ めぐりあい宇宙編
  • 伝説巨神イデオン・接触篇 -A CONTACT-
  • 伝説巨神イデオン・発動篇 -Be Invoked-
  • 聖戦士ダンバイン
  • ザブングル グラフィティ
  • 重戦機エルガイム
  • 機動戦士Zガンダム
  • 機動戦士ガンダムZZ
  • 機動戦士ガンダム 逆襲のシャア
  • 機動戦士ガンダムF91
  • 機動戦士Vガンダム
  • 闇夜の時代劇 正体を見る
  • バイストンウェル物語 ガーゼィの翼
  • ブレンパワード
  • ∀ガンダム
  • 劇場版∀ガンダムⅠ 地球光
  • 劇場版∀ガンダムⅡ 月光蝶
  • OVERMAN キングゲイナー
  • 機動戦士Ζガンダム A New Translation -星を継ぐ者-
  • 機動戦士ΖガンダムⅡ A New Translation -恋人たち-
  • リーンの翼
  • 機動戦士ΖガンダムⅢ A New Translation -星の鼓動は愛-
  • RING OF GUNDAM
  • ガンダム Gのレコンギスタ
  • 富野参加作品一覧

  • 鉄腕アトム
  • 戦え!オスパー
  • リボンの騎士
  • 巨人の星
  • アニマル1
  • 夕やけ番長
  • 海底少年マリン
  • どろろ
  • 紅三四郎
  • 巨人の星対鉄腕アトム
  • おらぁグズラだど
  • 男一匹ガキ大将
  • ムーミン
  • シートン動物記
  • 赤き血のイレブン
  • アタックNo.1
  • あしたのジョー
  • 男ドアホウ!甲子園
  • 昆虫物語 みなしごハッチ
  • さすらいの太陽
  • 天才バカボン
  • ふしぎなメルモ
  • 新・オバケのQ太郎
  • 国松様のお通りだい
  • いなかっぺ大将
  • 正義を愛する者 月光仮面
  • アニメ・ドキュメント ミュンヘンのへの道
  • モンシェリCoCo
  • ハゼドン
  • ど根性ガエル
  • けろっこデメタン
  • ワンサくん
  • 山ねずみロッキーチャック
  • 侍ジャイアンツ
  • 新造人間キャシャーン
  • アルプスの少女ハイジ
  • ゼロテスター
  • 昆虫物語 新みなしごハッチ
  • 小さなバイキングビッケ
  • 宇宙戦艦ヤマト
  • 破裏拳ポリマー
  • フランダースの犬
  • 母をたずねて三千里
  • アンデス少年ペペロの冒険
  • 超電磁ロボ コン・バトラーV
  • ゴワッパー5 ゴーダム
  • ろぼっ子ビートン
  • あらいぐまラスカル
  • 合身戦隊メカンダーロボ
  • 超電磁マシーン ボルテスV
  • シートン動物記 くまの子ジャッキー
  • ヤッターマン
  • ペリーヌ物語
  • 闘将ダイモス
  • 未来少年コナン
  • とびだせ!マシーン飛竜
  • まんが日本昔ばなし
  • 宇宙魔神ダイケンゴー
  • 赤毛のアン
  • 科学忍者隊ガッチャマンⅡ
  • ザ・ウルトラマン
  • 宇宙大帝ゴッドシグマ
  • ルパン三世(TV第2シリーズ)
  • 新世紀GPXサイバーフォーミュラ
  • 銀河漂流バイファム
  • ママは小学4年生
  • GUNDAM EVOLVE 5
  •  |  富野作品感想 | 富野由悠季関連 | 井荻麟関連 | 富野情報 | 富野雑談 | レビュー | ブログ運営 | 日常話 | 未分類 | 給華文讀者 | Gのレコンギスタ | 
    Copyright(C) 2007All Rights Reserved. TOMINOSUKI / 富野愛好病
    Powered by FC2ブログ.
    template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.