富野由悠季監督とその作品をひたすら語るブログ

TOMINOSUKI / 富野愛好病
http://kaito2198.blog43.fc2.com/

プロフィール

kaito2198

Author:kaito2198
台湾人。
ただのファンです。

twitterは@kaito2198です。

仕事やブログ関係のご連絡は
kaito2198@hotmail.comまでお願いします。

給華文圈之富野由悠季愛好者的一些話
關於本站文章的轉載聲明

富野監督関連資料一覧

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

グーバーウォーク

矢立文庫を応援しています

2017/07/07 12:55|GのレコンギスタTRACKBACK:0COMMENT:0
このエントリーを含むはてなブックマーク はてなブックマーク - 矢立文庫を応援しています
 アニメ制作会社「サンライズ」が運営するWEBサイト「矢立文庫」は、小説、イラスト、漫画、コラムなどといったバリエーションが富む形で、自社発のオリジナルコンテンツを発信するサイトです。2016年9月成立して以来、早くも1年を経とうとしていますが、ここで少し振り返りたいと思っています。



YADATE.png
http://www.yatate.net/



 もともと、矢立文庫は「社内に眠っている企画やオリジナル企画を作品の形で読者にお届けする」というコンセプトで作られているサイトです。実際の作品タイトルを見ると、既存のタイトルのスピンオフや続編もあれば、オリジナル作品もあるなど、かなりバリエーションに富むラインナップとなっています。

 大手アニメ会社であり、ガンダムやラブライブをはじめ、常に最新鋭のアニメ作品をお届けするサンライズなのですが、矢立文庫に関しては、この1年では毎週作品を順調に仕上げている反面、知名度を広める面においては残念ながら、少々物足りない部分も否めません。(一例を挙げると、twitterではサンライズのほかの公式アカに比べて、矢立文庫のフォロワー数は1/10程度です)





 いまいち認知してもらえない理由として、全体の方向性が不鮮明、「サンライズの裏側を覗く」感じが少ない、反響を受け入れるフォームがない、収益モデルが曖昧、そもそも宣伝が足りない、などの声が想像できますが、私個人的に、矢立文庫の路線は今のところこれで良いと思っています。少々地味で地道ではありますが、着実に違う形で作品を世に送り出しているからです。

 今でも好評連載中の作品を含めて、すでに矢立文庫以外で展開されている(またはその予定)作品はこれだけあります:


『装甲騎兵ボトムズ 絢爛たる葬列』全6回 → ムック『装甲騎兵ボトムズ 戦場の哲学者』に収録

『機動戦士ガンダムTwilight AXIS』連載中 → ガンダムファンクラブ限定配信アニメとしてアニメ化(全6回予定)

『覇界王~ガオガイガー対ベターマン~』 → 上巻が単行本として新紀元社より発売中

『さよならピーターパン』 → ヤングマガジンサードにて同時連載

『サン娘 ~Girl's Battle Bootlog』 → マイクロマガジン社ブックブラストより単行本発売予定&第2期決定



 こうしてみると、矢立文庫の作品は全部異なる形で展開されているのが伺えます。







 以上の説明で分ると思いますが、矢立文庫は水面下では着実に動いています。そんな「企画蔵出し」という興味深いアプローチからスタートして、限られた資源のなかで健闘している矢立文庫。あえて個人的な要望を述べさせていただきますと、矢立文庫のプロモーションもかねて、ここでは

「富野由悠季監督の参戦」

「現行作品スピンオフの投下」


を期待しています
。具体的にいうと富野監督の眠っている小説やアニメ企画、もしくは劇場版『ガンダム Gのレコンギスタ』のスピンオフなどですね。

 小説作品の掲載はもちろん、『ミレニアムソーン』みたいにアニメ企画の月一連載、あるいは富野ボツ企画の小説・漫画化とかも大歓迎ですね。劇場版にあわせて、もしかしたら制作レポートやコラムをやってもいいかもしれませんね。かつての『裏トミノブログ』のように……。

 妄想は果てしなく広がるので、そろそろ自粛しますが、それでも今までのように、キラーコンテンツとしての富野由悠季は、そろそろ1年を経った今だからこそ、やはりそろそろ出していただきたいですね

 矢立文庫にはさらなる知名度がほしいですし、劇場版Gレコには宣伝および新しいコンテンツの投下が必要ですし、富野新作が掲載されればみんなが幸せになりますから、ぜひご検討していただきたいものですね。そんな理由から、私個人は矢立文庫をこれからも応援しています。



 矢立文庫については、アキバ総研にて不定期的に文庫や各作品の成立経緯や内容についてのインタビューが実施されています。気になる方はぜひ以下のリンクから読んでください。

サンライズがWebサイト「矢立文庫」を運営するわけとは? 「矢立文庫」編集長・河口佳高に聞く【前編】
「ボトムズ」「ガオガイガー」「ゼーガペイン」・・・・・・掲載作品ラインナップはいかに決まったのか? 「矢立文庫」編集長・河口佳高に聞く【後編】
TVアニメ「勇者王ガオガイガー」放送開始20周年記念! 米たにヨシトモ×竹田裕一郎 インタビュー
サンライズメカ×美少女「サン娘」はどのように誕生したのか? プロデューサー&著者へ直撃インタビュー!
コンセプトはイデオン×ひみつ道具? サンライズ・矢立文庫が贈る“動かないロボもの”「バシレイオン」の魅力に迫る
矢立文庫「エンタングル:ガール 」完結記念インタビュー・前編
「ゼーガペインADP」の裏側でカミナギは何を見たのか? 矢立文庫「エンタングル:ガール 」完結記念インタビュー【後編】
サンライズ・矢立文庫初の女性向け作品はどのようにして生まれたのか? 「オリオンレイン」インタビュー
講談社×サンライズ「さよならピーターパン」は、マンガと小説どちらから先に読むべきなのか? プロデューサー&著者に聞く


▽続きを読む▽

「安田 朗 ガンダムデザインワークス」表紙&詳細公開 富野由悠季、吉田健一、形部一平などインタビューも掲載

2017/06/03 17:50|富野情報TRACKBACK:0COMMENT:0
このエントリーを含むはてなブックマーク はてなブックマーク - 「安田 朗 ガンダムデザインワークス」表紙&詳細公開 富野由悠季、吉田健一、形部一平などインタビューも掲載
 前回に紹介した「安田朗ガンダムデザインワークス」は、表紙および収録内容の詳細を公開されることが分かりました。安田氏が手がけたガンダム関係のキャラデザインやメカデザインのほか、版権画やイラストも収録されています。さらに、富野由悠季監督や小形尚弘プロデューサーなどのインタビューも収録されています。



安田 朗 ガンダムデザインワークス | 安田 朗 |本 | 通販 | Amazon

イラストレーター、キャラクター&メカニックデザイナー・安田朗(あきまん)の手によるガンダムワークスをここに集約!
各イラストには安田氏のコメントも盛り沢山!!

収録内容
■ギャラリー
『G-レコ』や『∀ガンダム』を始めとするガンダム作品の、CDやDVD-BOXのジャケット、書籍表紙等、版権イラストを大量掲載!

■メカデザイン
『G-レコ』主役機・G-セルフが完成に至るまでのデザイン変遷を余すところなく収録!

■キャラクターデザイン
アニメ『∀ガンダム』や漫画『月の風』、ゲーム『トゥルーオデッセイ』等、携わったキャラクターデザインをフルカラーで掲載!

■インタビュー
安田朗が自身のデザインを語る合計一万字超えのロングインタビュー!

■安田朗を語る! クリエイターインタビュー
富野由悠季
吉田健一
形部一平
河口佳高
小形尚弘






 また、富野由悠季作品参加者つながりで、同月に発売される「湖川友謙 サンライズ作品画集」に記念して、安田氏と湖川氏の対談は「Febri」に掲載される予定です。





 本書は一度延期になったものの、表紙が完成したということで、発売日は6月17日になっています。気になる方はぜひご購入ください! 『リング・オブ・ガンダム』のイラストも少しだけ収録されているらしいです。

安田 朗 ガンダムデザインワークス安田 朗 ガンダムデザインワークス
安田 朗

一迅社 2017-06-17
売り上げランキング : 7004

Amazonで詳しく見る by AZlink

湖川友謙 サンライズ作品画集湖川友謙 サンライズ作品画集
湖川 友謙

一迅社 2017-06-30
売り上げランキング : 2492

Amazonで詳しく見る by AZlink

『1983年のロボットアニメ』5月22日発売! 「ダンバイン」富野由悠季、「ボトムズ」高橋良輔、「バイファム」植田益朗Pなどインタビューも掲載

2017/05/22 21:33|富野情報TRACKBACK:0COMMENT:0
このエントリーを含むはてなブックマーク はてなブックマーク - 『1983年のロボットアニメ』5月22日発売! 「ダンバイン」富野由悠季、「ボトムズ」高橋良輔、「バイファム」植田益朗Pなどインタビューも掲載
 タイトルのとおり、1983年サンライズの三大ロボットアニメ『聖戦士ダンバイン』『装甲騎兵ボトムズ』『銀河漂流バイファム』を取り上げる本は双葉社より発売されました。メカなどの紹介のほか、「ダンバイン」の富野由悠季総監督を始め、「ボトムズ」高橋良輔監督、「バイファム」植田益朗プロデューサーらのインタビューも収録されています。



株式会社双葉社 | 1983年のロボットアニメ(センキュウヒャクハチジュウサンネンノロボットアニメ) | ISBN:978-4-575-46502-0

発売日:2017年05月22日
定価:本体1,500円 + 税
判型:B5判
ISBN 978-4-575-46502-0

ロボットアニメ絶頂期83年の3大作品を大特集!
[CONTENTS]
■聖戦士ダンバイン
 ・メカニックファイル
 ・大人の主要人物相関図
 ・総監督 富野由悠季インタビュー
ほか
■装甲騎兵ボトムズ
 ・メカニックファイル
 ・徹底解剖! コレがATだ!
 ・監督 高橋良輔インタビュー
ほか
■1983年のロボットアニメ事情 -その他のロボ、メカアニメ作品の解説-
■銀河漂流バイファム
 ・バイファムに見るSFイズムの世界観
 ・プロデューサー 植田益朗インタビュー
 ・総括 僕たちはオトナになっても銀河漂流するのか
ほか

 ダンバイン的にこの本はブルーレイボックスとの連動として見るべきかもしれませんが、それでも34年後の新規インタビューです。ダンバインを始め、今更古典となりつつある作品を振り返るのはそれなりの意義があると思いますので、気になる方はぜひ見逃さないでください。

1983年のロボットアニメ (双葉社MOOK)1983年のロボットアニメ (双葉社MOOK)


双葉社 2017-05-22
売り上げランキング : 15494

Amazonで詳しく見る by AZlink
【早期購入特典あり】 聖戦士ダンバイン Blu-ray BOX I (Blu-ray Box I オリジナルスタッフ描き下ろしイラストミニ色紙付)【早期購入特典あり】 聖戦士ダンバイン Blu-ray BOX I (Blu-ray Box I オリジナルスタッフ描き下ろしイラストミニ色紙付)


バンダイビジュアル 2017-07-28
売り上げランキング : 2994

Amazonで詳しく見る by AZlink
【早期購入特典あり】 聖戦士ダンバイン Blu-ray BOX II (Blu-ray Box II オリジナルスタッフ描き下ろしイラストミニ色紙付)【早期購入特典あり】 聖戦士ダンバイン Blu-ray BOX II (Blu-ray Box II オリジナルスタッフ描き下ろしイラストミニ色紙付)


バンダイビジュアル 2017-09-27
売り上げランキング : 3478

Amazonで詳しく見る by AZlink


『ガンダムGのレコンギスタ』映画1本目が進行中、二本目に制作許可 富野監督「続きの展開は興行次第」と発言

2017/04/24 13:39|富野情報TRACKBACK:0COMMENT:0
このエントリーを含むはてなブックマーク はてなブックマーク - 『ガンダムGのレコンギスタ』映画1本目が進行中、二本目に制作許可 富野監督「続きの展開は興行次第」と発言
 機動戦士ガンダムシリーズの生みの親である富野由悠季監督は、4月23にて開催された講座で『ガンダムGのレコンギスタ』の劇場版についての話をなされました。詳しくは以下をお読みください。



富野監督と考える日本アニメ映画の新時代 メモ - シャア専用ブログ@アクシズ

現実的に進行している部分は秘密でもなんでもないので言います。一本目は映画の尺が1時間40分くらいの尺のものが今進行してますし、2本目も一応制作許可が出ました。が、1本目が観客が動員しなければなしです。それが現実ですから。それがリアリズムに腹をたてている(会場笑)。3ヶ月くらいかけて東宝が「まぁこんなものかな。君の名は。の20分の1も行かねぇんだよねぇ」って言われても、1/20、1/30行けば2本目作れますんで。協力していただければと思います(会場笑)。

 あくまで講座に参加した個人のレポートに基づく情報ですので、信憑性については疑いようがないものの、細かいニュアンスは各自に斟酌する必要があります。



 今回の富野監督の発言を先駆けに、公式から発表された「新プロジェクト進行中」というニュースがありますが、今のところ二つの関係性は明らかにされていません。

「ガンダム Gのレコンギスタ」新プロジェクト企画進行中! | GUNDAM.INFO | 公式ガンダム情報ポータルサイト
イタリア・ローマで開催中のアニメ・マンガイベント「Romics」では、4月8日(土)に『ガンダム Gのレコンギスタ』の上映会とともに、スペシャルゲストとして招待された富野由悠季総監督のファンミーティングが行われた。

会場では、現地のアニメファンとの交流を深めるとともに、『ガンダム Gのレコンギスタ』の新プロジェクトが企画進行中であることも語られた。

新プロジェクトについては情報が入り次第お届けしていくので、今後の続報をお楽しみに。

 果たして二つはまったく同じことを指しているのか、それとも劇場版以外にも何かが来るとは知りませんが、それでも新年度に入り、何かが動き始めているのは確実です。



 また、今回のニュースを受けて、矢立文庫の緊急アンケートも要望と声をサンライズ公式に届ける機会の一つではあると思います。

緊急読者アンケート「サンライズ作品で新たに見たいものは?」 | 矢立文庫

4月より新生活がスタートしますね。
ということで、矢立文庫も新たなスタート切りたいと思い、突然ですがここでアンケートを実施致します!
その名も「サンライズ作品で新たに見たい作品は?」です。

改めて今見たいサンライズ作品、見てほしいサンライズ作品……読者の皆様の声を聞かせて頂きたいのです!
一体どの作品が支持を集めるのか非常に気になるところですので、皆様ぜひアンケートにお答えいただけますと幸いです。

……もしかしたら、その結果が何かに反映されるかも?
どうぞよろしくお願い致します。

実施期間:5月8日(月)まで[予定]

 ちなみに、既存の選択肢にはガンダムシリーズが除外されているようですが、↓みたいな入力方式も出来ます。

UN.png
(あくまで一例)

 次の何かへと繋げるためにも、ぜひ皆さんで応援しましょう。



 なお、今回の記事は純粋に情報を拡散するためのものなので、商品リンクは張りません…。

「湖川友謙 サンライズ作品画集」6月30日発売

2017/04/20 00:37|富野情報TRACKBACK:0COMMENT:0
このエントリーを含むはてなブックマーク はてなブックマーク - 「湖川友謙 サンライズ作品画集」6月30日発売
 伝説的アニメーターの湖川友謙さんが、富野由悠季監督とのタッグで残した名作アニメ『伝説巨神イデオン』『戦闘メカ ザブングル』『聖戦士ダンバイン』などの画稿を中心に掲載する「湖川友謙 サンライズ作品画集」は、2017年6月30日にて発売されることが分かりました。

 画集には約150点が収録されるほか、富野由悠季監督による序文、湖川先生ご本人のインタビューおよびコメント、シリアルナンバー入りなどの豪華仕様となっています。 また、湖川先生がブログにて残しているコメントによりますと、何点の描き下ろしもある模様です。

 以下は、本の内容に対する紹介です。

大胆にして繊細
湖川友謙 サンライズ作品画集

80年代に燦然と輝くロボットアニメ「伝説巨神イデオン」「戦闘メカ ザブングル」
「聖戦士ダンバイン」。さらに「無敵鋼人ダイターン3」を含めた、約150点の画稿を掲載。

富野由悠季監督とともに歩んだ、湖川友謙氏のキャリアを俯瞰できる
初の画集がいよいよ発売!

----------------------------------------------------------------------
ぼくにとって、湖川の手をとおしたものは、アニメ的でもマンガ的でもなく、
特有の距離と質量をもって存在しているものに映る。

富野由悠季(序文「湖川友謙の重さ」より抜粋)
----------------------------------------------------------------------

掲載した画稿についての湖川友謙氏のコメントの他、
自身のキャリアを振り返るロングインタビューも収録。
また、初版限定となる豪華仕様にも注目!

A4判・ハードカバー・144ページオールカラー
ケース付き
シリアルナンバー入り

CONTENTS
第一章 伝説巨神イデオン
第二章 戦闘メカ ザブングル
第三章 聖戦士ダンバイン
第四章 無敵鋼人ダイターン3 他
第五章 ロングインタビュー&掲載画稿についてのコメント


湖川友謙 サンライズ作品画集(仮)湖川友謙 サンライズ作品画集(仮)
湖川 友謙

一迅社 2017-06-30
売り上げランキング : 355

Amazonで詳しく見る by AZlink


 値段は少し高いですが、富野作品および湖川先生の絵が好きな方は、ぜひ見てください。

ブログ内検索

なんとなく富野商品

リンク

このブログをリンクに追加する

カテゴリー

まともに機能しなくてすみません。これからゆっくりペースで直します。

RSSフィード

FC2カウンター

富野監督作品一覧

  • 海のトリトン
  • しあわせの王子
  • 勇者ライディーン
  • ラ・セーヌの星
  • 無敵超人ザンボット3
  • 無敵鋼人ダイターン3
  • 機動戦士ガンダム
  • 伝説巨神イデオン
  • 機動戦士ガンダム(劇場版)
  • 機動戦士ガンダムⅡ 哀戦士編
  • 戦闘メカ ザブングル
  • 機動戦士ガンダムⅢ めぐりあい宇宙編
  • 伝説巨神イデオン・接触篇 -A CONTACT-
  • 伝説巨神イデオン・発動篇 -Be Invoked-
  • 聖戦士ダンバイン
  • ザブングル グラフィティ
  • 重戦機エルガイム
  • 機動戦士Zガンダム
  • 機動戦士ガンダムZZ
  • 機動戦士ガンダム 逆襲のシャア
  • 機動戦士ガンダムF91
  • 機動戦士Vガンダム
  • 闇夜の時代劇 正体を見る
  • バイストンウェル物語 ガーゼィの翼
  • ブレンパワード
  • ∀ガンダム
  • 劇場版∀ガンダムⅠ 地球光
  • 劇場版∀ガンダムⅡ 月光蝶
  • OVERMAN キングゲイナー
  • 機動戦士Ζガンダム A New Translation -星を継ぐ者-
  • 機動戦士ΖガンダムⅡ A New Translation -恋人たち-
  • リーンの翼
  • 機動戦士ΖガンダムⅢ A New Translation -星の鼓動は愛-
  • RING OF GUNDAM
  • ガンダム Gのレコンギスタ
  • 富野参加作品一覧

  • 鉄腕アトム
  • 戦え!オスパー
  • リボンの騎士
  • 巨人の星
  • アニマル1
  • 夕やけ番長
  • 海底少年マリン
  • どろろ
  • 紅三四郎
  • 巨人の星対鉄腕アトム
  • おらぁグズラだど
  • 男一匹ガキ大将
  • ムーミン
  • シートン動物記
  • 赤き血のイレブン
  • アタックNo.1
  • あしたのジョー
  • 男ドアホウ!甲子園
  • 昆虫物語 みなしごハッチ
  • さすらいの太陽
  • 天才バカボン
  • ふしぎなメルモ
  • 新・オバケのQ太郎
  • 国松様のお通りだい
  • いなかっぺ大将
  • 正義を愛する者 月光仮面
  • アニメ・ドキュメント ミュンヘンのへの道
  • モンシェリCoCo
  • ハゼドン
  • ど根性ガエル
  • けろっこデメタン
  • ワンサくん
  • 山ねずみロッキーチャック
  • 侍ジャイアンツ
  • 新造人間キャシャーン
  • アルプスの少女ハイジ
  • ゼロテスター
  • 昆虫物語 新みなしごハッチ
  • 小さなバイキングビッケ
  • 宇宙戦艦ヤマト
  • 破裏拳ポリマー
  • フランダースの犬
  • 母をたずねて三千里
  • アンデス少年ペペロの冒険
  • 超電磁ロボ コン・バトラーV
  • ゴワッパー5 ゴーダム
  • ろぼっ子ビートン
  • あらいぐまラスカル
  • 合身戦隊メカンダーロボ
  • 超電磁マシーン ボルテスV
  • シートン動物記 くまの子ジャッキー
  • ヤッターマン
  • ペリーヌ物語
  • 闘将ダイモス
  • 未来少年コナン
  • とびだせ!マシーン飛竜
  • まんが日本昔ばなし
  • 宇宙魔神ダイケンゴー
  • 赤毛のアン
  • 科学忍者隊ガッチャマンⅡ
  • ザ・ウルトラマン
  • 宇宙大帝ゴッドシグマ
  • ルパン三世(TV第2シリーズ)
  • 新世紀GPXサイバーフォーミュラ
  • 銀河漂流バイファム
  • ママは小学4年生
  • GUNDAM EVOLVE 5
  •  |  富野作品感想 | 富野由悠季関連 | 井荻麟関連 | 富野情報 | 富野雑談 | レビュー | ブログ運営 | 日常話 | 未分類 | 給華文讀者 | Gのレコンギスタ | 
    Copyright(C) 2007All Rights Reserved. TOMINOSUKI / 富野愛好病
    Powered by FC2ブログ.
    template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.