富野由悠季監督とその作品をひたすら語るブログ

TOMINOSUKI / 富野愛好病
http://kaito2198.blog43.fc2.com/

プロフィール

kaito2198

Author:kaito2198
台湾人。
ただのファンです。

twitterは@kaito2198です。

仕事やブログ関係のご連絡は
kaito2198@hotmail.comまでお願いします。

給華文圈之富野由悠季愛好者的一些話
關於本站文章的轉載聲明

富野監督関連資料一覧

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

グーバーウォーク

フェデリコ・フェリーニと富野由悠季のこと

2014/07/04 01:12|富野雑談TRACKBACK:0COMMENT:4
このエントリーを含むはてなブックマーク はてなブックマーク - フェデリコ・フェリーニと富野由悠季のこと
 『映像の原則:台湾版』の出版はいよいよ決まりました。また、それに合せて、中国語ユーザーを対象とするブログも立ち上げられました。

 そこに載っている数々の記事は、実に刺激的な内容で、普段日本の皆さんにはおおよそ読めない話の連続です。ここで紹介できないのはとても残念ではありますが、その分、このブログはこれからもここでしか読めない話を紹介したいと思います。よろしくお願いいたします。



 さて、と。

 『映像の原則:台湾版』のブログはすでに四日ほど経ちましたが、じわりじわりとコメントや感想も入るようになってきました。その反響はさまざまで、台湾における富野由悠季監督の人気を再確認できた感触ですが、そのなかで読んでで一番印象深いなのは、なんといっても以下の話です。

「富野由悠季の作品系譜は、フェデリコ・フェリーニのそれと極めて似ている」

 感動しました。

 的を射るかどうか以前、ちゃんと「映画」のフィールドでものを考え、このような指摘を言えるアニメ好きな人は日本でも皆無だからです。

 直接に影響を受けたかというと、私はそう思いません。とはいえ、ヌーベルバーグといい、大学の卒論でミケランジェロ・アントニオーニを取り上げたことといい、富野さんにかつてヨーロッパ映画に傾倒してた時期があるのは事実だと思います。

 また、うかつに系譜を描くのは粗忽だと思いますが、富野さんがフランス映画に特別な好みを示していることも、その発言から伺えます。

富野由悠季とフランス映画 および映画の娯楽性と芸術性について

 そういう意味では、富野監督とイタリア映画についての関係を言及する人はもっと出てきてもいいはずですし、このようにアニメやらガンダムやらに囚われずに、ちゃんと映画として見つめてくれるファンがいるのは、一ファンとして僭越ながら、非常に嬉しく思います。



 ヨーロッパ映画だから高尚ということはまったく無いですが、それでもより広い視野を持つのは、決して悪いことではないと感じます。

8   1/2 [Blu-ray]8 1/2 [Blu-ray]
マルチェロ・マストロヤンニ,アヌーク・エーメ,サンドラ・ミーロ,クラウディア・カルデナーレ,フェデリコ・フェリーニ

角川書店
売り上げランキング : 15197

Amazonで詳しく見る by AZlink

道 Blu-ray道 Blu-ray
ジュリエッタ・マシーナ,アンソニー・クイン,リチャード・ベイスハート,フェデリコ・フェリーニ

紀伊國屋書店
売り上げランキング : 8617

Amazonで詳しく見る by AZlink


▽続きを読む▽

アムロ、シャアとセイラさんの話

2014/06/07 21:20|富野雑談TRACKBACK:0COMMENT:2
このエントリーを含むはてなブックマーク はてなブックマーク - アムロ、シャアとセイラさんの話
 twitterで投下した、『機動戦士ガンダム』のキャラクターであるアムロ・レイ、シャア・アズナブルとセイラ・マスの三人に対する感想をまとめました。

 これを読めば、富野由悠季のキャラクター造型は実に無理のない優れものだって分るはずです。


セイラ・マス


シャア・アズナブル


アムロ・レイ


 キャラクター談義には興味ありませんが、特にアムロを軸とした語りはこれまでほぼありませんので、皆さんにはせめて「密会」を読んで、「REVERBERATION in GUNDAM」を聞いてほしいものですね。


密会 アムロとララァ (角川スニーカー文庫)密会 アムロとララァ (角川スニーカー文庫)
富野 由悠季,NOCCHI

KADOKAWA / 角川書店
売り上げランキング : 15964

Amazonで詳しく見る by AZlink

REVERBERATION in GUNDAMREVERBERATION in GUNDAM
井上大輔,池田秀一,戸田恵子,井荻麟,売野雅勇,高橋千佳子,Tong Hoo

テイチクエンタテインメント
売り上げランキング : 122380

Amazonで詳しく見る by AZlink


劇場版 機動戦士ガンダム Blu-ray トリロジーボックス プレミアムエディション (初回限定生産)劇場版 機動戦士ガンダム Blu-ray トリロジーボックス プレミアムエディション (初回限定生産)
古谷徹,鈴置洋孝,飯塚昭三

バンダイビジュアル
売り上げランキング : 80

Amazonで詳しく見る by AZlink

オリジナル・サウンドトラック 機動戦士ガンダム 逆襲のシャア 完全版(初回生産限定盤)オリジナル・サウンドトラック 機動戦士ガンダム 逆襲のシャア 完全版(初回生産限定盤)
サントラ

Sony Music Direct 2014-06-10
売り上げランキング : 159

Amazonで詳しく見る by AZlink


▽続きを読む▽

富野の絵ってどうよ? 20枚の画像から見る富野由悠季の「絵心」

2014/05/05 23:51|富野雑談TRACKBACK:0COMMENT:19
このエントリーを含むはてなブックマーク はてなブックマーク - 富野の絵ってどうよ? 20枚の画像から見る富野由悠季の「絵心」
 富野由悠季監督は、『機動戦士ガンダム』などで監督した日本有名なアニメーション監督です。インターネットでは、よく「富野の絵が下手」「いや上手いだろう」「画力はあまりない」「充分あるだろう」などの論争が聞こえます。

 そもそも、富野監督は画家でもアニメーターでも漫画家でもありませんので、絵の上手下手は作るアニメの面白さと直接な関連を持っていないはずです。それでも、アニメーションは、絵に依存する媒体ならば、当然こんな議論が起きるのも頷くものです。

 ただ、その場合でも、「アニメーター(の画力)を基準にする」のと、「一般人を基準にする」などで語ると、その結論が大きく異なりますので、一概とは論じることができない面倒な話題です。

 そういうことを踏まえて、今日は皆さんに対して、富野由悠季監督がいろんな領域に描いた絵を20枚ほど紹介したいと思います。単純の絵の上手下手に関しては、こちらが議論せず、ひたすら絵を紹介することによって、かえって見えてくるものがあるのではないかと思っています。

 それでは、レディーゴー。


1.ザクのイメージ案

e_01.jpg

 現在で見られるザクと大きく異なるこのイメージ・ラフは、富野が想定しているジオン軍のMSのコンセプトを提示するものです。シルエットや雰囲気こそ今よりくっとSF的だったであれ、ノズルや関節など、ザクで見られる特徴的なところをほとんど抑えている優れるものです。

 注意してほしいのは、これらあくまで「イメージ・ラフ」であり、いわゆる実際のデザインのための叩き台みたいなものなのです。一部の人が「これが富野のザクwww」的な反応をしているようですが、下衆のやることです。


2.『ガンダム』ラフデザイン集

e_02.jpg

 これは有名の話ですが、『機動戦士ガンダム』においては、監督の富野はもともと沢山のMSが登場することを想定していませんでした。その後、てこ入れに近い形でより出せといわれるとき、富野が仕方なく自分で描きました。その原因で、ドム以後(含む)のMSは、実は全部富野がラフ・デザインを描いて、大河原邦男や安彦良和両氏がクリンナップしたものでした。

 「ガンダム」において具体的な仕事に関しては、G_Robotismのkita082さんはまとめましたので、そこを参照してください。

 あくまでラフ絵なので線が荒いですが、デザインを見てみると、やはり演出家としての立場からのデザインというべきか、SF的なギミックをしっかり抑えつつ、ちゃんとデザインとなしている所こそは、トミノデザインの真骨頂とは言えよう。


3.『ザブングル』ラフデザイン

e_03.jpg

 『戦闘メカ ザブングル』においても、富野もデザインをやっていました。湖川友謙と出渕裕両氏との競演は、間違いなくこの作品の見所の一つでした。この画像では「ドラン」のデザインについての変遷や注文、修正に関するやりとりが掲載されていて、アニメのデザインとはなんたるものかの一翼を伺えるものなので、ここで特別に紹介しました。

 ちなみに『イデオン』においても、富野は少なくない数の重機動メカをデザインしました。SF的な作品だったんで、トミノデザインとの相性とも極めて良好でしたが、残念ながら画像を持っていませんので、ここで紹介することはできません。リストはこちらからです。


4.『ガンダム』コンテ

e_04.jpg

 ここから、コンテの絵を5枚ほど紹介します。富野本人も言ってたとおり、コンテ絵で絵の上手さを計るのは邪道とはいえますが、それでもここでは皆さんに「絵にイメージを伝える力を持てるかどうか」という点に注目したいと思います。

 非常に簡素ながらも、しっかりと「演出家」としてどういう構図をしたいのをはっきり伝えています。湖川友謙氏も言いましたが、富野のコンテはコンセプトが明確なわりに絵がシンプルゆえ、非常にアニメーターの想像力を掻きたてるものだそうです。この絵とこの証言から見ても、「コンテ絵の上手下手さは必ずしも監督の腕と直結するものではない」と分かるのだろう。


5.『逆シャア』コンテ

e_05.jpg

 『ガンダム』からいきなり10年後の作品まで飛びましたが、劇場版のコンテだけあって、テレビシリーズより緻密な絵と運びが示されています。ちなみに、書き込み(説明部分)の文字が文字処理機で書き直された理由は、「手書きだと字が読めない」だったようです。劇場クラスだと外注も多く、富野文字にあまり馴染めないスタッフも考えられますので、「監督の書き込みが読めない」という理由からの遅延を避けたかったMというのが本当の原因だそうです。


6.『∀ガンダム』コンテ

e_06.jpg

 いつぞや展示された『∀ガンダム』のOPコンテです。色付きコンテは富野でも珍しいというが、それだけにこの『∀』に注力したのをよく伺える一例だったんです。それにしても美しい…。


7.『リーンの翼』コンテ

e_07.gif

 8年ほど前の作品『リーンの翼』の、反乱軍によるアマルガン奪回戦の件です。大量なCGを使ったこの作品では、カメラワークに頼るところが多いですが、このコンテからもその傾向を感じ取れるのでしょう。


8.『Gのレコンギスタ』コンテ

e_08.jpg

 先日、韓国のドキュメンタリー番組からとった映像です。1コマしか映っていませんでしたので、そもそもコンテとして紹介することはいささかおかしい気もしますが、最新作ということで皆さんに見せていただきたかったんです。


9.『ガンダムF91』イメージ・ボード

e_09.jpg

 『機動戦士ガンダムF91』という宇宙世紀を仕切りなおす劇場アニメーションにおいては、富野は珍しくイメージボードを描きました。スタッフ全体に、監督がイメージしている世界観はいかなるものかを、言葉を尽くすよりも、この10数枚だけではっきりと伝えてくれたと言えます。


10.『Vガンダム』イメージ・ボード

e_10.jpg

 『機動戦士Vガンダム』においては、富野はやはりイメージ・ボードを描きました。スタッフが一新したためか、今までのシリーズとは設定年代が離れているためか、どのみちテレビシリーズでありながら、なかなかのものでした。富野がいかに「Vガンダム」に尽力してたことを物語った揺るぎの無い傍証でもあります。


11.「はじめたいG」宇宙エレベーター想像図

e_11.jpg

 これは、ガンダムエース10周年記念のために寄稿された『はじめたいキャピタルGの物語』という、いわば最新作のアタック・ストーリー的な作品に収録されている想像図です。これからのガンダムシリーズのために打ち出した新機軸で、10月から放送される可能性濃厚な『ガンダム Gのレコンギスタ』では、宇宙エレベーターは新世界の舞台として描かれています。


12.「はじめたいG」イメージ挿絵

e_12.jpg

 これは、『はじめたいキャピタルGの物語』で公開された、富野独自に作成したイラストです。F91っぽいこの絵は、まさに富野の絵柄が時折「安彦っぽい」といわれる所為です。ちなみに、この2人は主人公のベルリ(『はじめたいG』では「ベリル」だった)と女主人公のアイーダ・クロノスですが、今の公開された吉田健一によるデザインと見比べると、より一層楽しめます。


13.「Gレコ」イメージ図

e_13.jpg

 これは、『Gのレコンギスタ』がまだ「Gレコ」というコードネームで企画を進んでいた時期に、富野本人が書いたものです。最新作に出てくる「キャピタルタワー」の足元にいる都市の暮らしをイメージしたものです。

 注目してほしいのは、このイメージ図は手書きイラストに「写真による背景を貼り付ける」というやや変則的な手法を用いています。公式企画として始まったまもなくい期間のもので、正式なスタッフがあるはずもなく、完全に富野本人でやるしかない、という条件下ならではの大胆な方式と言えるかもしれません。


14.『無敵超人ザンボット3』第16話「星の輝く時」原画

 1977年当時、日本サンライズが弱小で人手不足だったため、『ザンボット』ではかなりアニメーターが足りませんでした。さらに、作画監督が設けていなかったため、絵のクォリティは正直低い回も結構ありました。そのため、苦肉の策として、富野は『ザンボット』においては大量な原画を手がけていました。

e_14.jpg

 第16話「星の輝く時」の部分は、アニメーターの吉田氏が指摘した富野監督の原画と思われるシーンでした。実際は確証がありませんが、ここで特別に紹介します。吉田によりますと、「(絵が)よれよれなのだけど、僕が描いてもあんなに伝わる絵にならない」とのことです。この名シーンが富野の手によるものだとすると、非常に感動的です。


15.『伝説巨神イデオン』OP変形原画

 『イデオン』でアニメーション・ディレクターを勤めた湖川氏によると、富野は絵が下手(アニメーター基準で見ると)だがよく描けているとのことだそうです。その証拠として、『イデオン』OPに出てくる変形原画は、実は(一部が?)監督である富野本人によるものだそうです。この変形合体シーンがのちでもバンクとして本編で何度も兼用されてたことから考えれば、実はすごいことだと思います。



 ちなみに、富野が原画を手がけた作品のなか、現時点確認できたのは『ザンボット3』『イデオン』のほか、『無敵鋼人ダイターン3』『機動戦士ガンダム』『ブレンパワード』『∀ガンダム』があります(ラフ含む)。


16.自画像

e_16.jpg

 近年ではあまり書いていませんが、一昔前の富野はよく自画像を書いているものです。お茶目な愛嬌を加味される他人による富野イラストと違って、本人があくまでシビア(?)なので、自画像は富野本人の心象風景を反映した形のように可愛くないオジさんの模様になっています。ただ、ファンから見れば、本人のイラストはかえって一番富野らしくない絵だと思いますよね。


17.「ハロ」イラスト集

e_17.jpg

 富野の葉書には、大抵本人の筆によるハロが描かれています。そして一昔前の「月刊アニメージュ」「月刊ニュータイプ」においては、それがそのまま応募年賀状のイラストにもなります。それらを、まとめて紹介します。


18.毛筆による自筆

e_18.jpg

 これは、月刊アニメージュがかつて通信販売として誌上通販を行ったTシャツなのですが、富野本人自筆の文字です。芥子は、富野が中学時代以来、短歌などを作るときのの雅号です。

 日本の書道という基準から見て上手いかどうかはわかりませんけれども、少なくとも素人目から見れば、もう充分達筆という域に達しているといえます。


19.『アイアンスカイ』イメージ・ラフ

e_19.jpg

 なぜか『アイアン・スカイ』のファンである富野は、なぜか『アイアン・スカイ』のポスターまで自ら妄想していました。よほど金髪美女がお気に入りのようですね(おい)。いわば一種の遊びなのですが、「ラフデザイン」のままで応募景品として商品化させた、製作側もやる気があるだか無いだか(無いに決まっている)。


20.2011年東日本大震災応援イラスト

e_20.jpg

 最後になりましたので、2011年の東日本大震災が起きた際、富野由悠季監督がガンダムエースに寄せた応援イラストを紹介します。


まとめ:マルチプレイヤーとしての富野

 以上の20枚を見れば分かるとおり、富野由悠季の絵は画家もしくはアニメーターレベルで考えると、確かに「上手い部類」ではないかもしれません。

 しかし、一人の人間がこれほど多い領域でそつなくこなすということは、やはりスゴイことだと言わざるえお得ません。監督が必要されているのは一方面だけの突出する能力ではなく、「トータル力」という素質を考えると、マルチプレイヤーとしての素養と訓練を充分に積んでいる富野由悠季は、まさに監督として優れている演出家ではあります。

 富野由悠季は、絵の熟練者なのだ。

劇場版 機動戦士ガンダム Blu-ray トリロジーボックス プレミアムエディション (初回限定生産)劇場版 機動戦士ガンダム Blu-ray トリロジーボックス プレミアムエディション (初回限定生産)
古谷徹,鈴置洋孝,飯塚昭三

バンダイビジュアル 2014-05-28
売り上げランキング : 98

Amazonで詳しく見る by AZlink

いよいよ明日! ガンダム35周年作品発表大予想!!

2014/03/19 04:27|富野雑談TRACKBACK:0COMMENT:2
このエントリーを含むはてなブックマーク はてなブックマーク - いよいよ明日! ガンダム35周年作品発表大予想!!
 明日はいよいよお待ちかねのガンダム35周年記念ということで、少しだけ予想してみましょう。

 今のところ、35周年関連の作品にはこれだけがあります。

1、ガンダムビルドファイターズ
2、ガンダムユニコーン
3、Gのレコンギスタ
4、ガンダムTHE ORIGIN
5、ガンダムさん


 そのうち、1のガンダムビルドファイターズは今月いっぱいに放送が終了です。反響があれば、もしかしたら2期…!?という声も多いらしいですけど、実際は連続にやれる題材とは思えませんので、そう簡単に来るとは思いません。ガンダムシリーズのしがらみを背負わずに済む分、ある意味身軽な企画と言えますけど、それでもGレコなども控えている手前、あるにしても2015年後半になるんでしょう。

 なによりガンダムAGE以来の「子ども向けガンダム」という路線が継続しようとすると、GBFだけでは役者不足なのでしょう。ということで、15年か16年には別の新しい子ども向けガンダムが来ると思います。

 次に2のユニコーン最終巻が5月中旬に上映、6月初頭に発売というスケジュールなのですが、実際に延期という可能性もないわけでもありません。無駄な詮索はしたくありませんが、Gレコと同じくサンライズ第1スタジオ制作ということが、もしかしたらいろんな支障を出す可能性も否定しませんので、さっさと片付けてほしいのは本音です。

 そもそも、度重なる延期がなければ、そもそもユニコーンは35周年と無縁ですしね…。

 3の富野由悠季監督の『Gのレコンギスタ』なんですが、1~5のなかでは、Gレコだけが正真正銘の完全新作なんですので、普通にガンダムというカテゴリでも期待されていると思いたい。

 それから、未だに「Gレコはガンダムじゃないし」と言っているお人がいますが、普通にガンダムそのものじゃなくてもガンダムシリーズの一環なんです。

 4のTHE ORIGINですが、11年以来なんの音沙汰もない3年間を過ぎてましたが、去年のガンダムのテレビ版・今年5月のガンダム劇場三部作のブルーレイboxの発売から見てれば、発表は間近に間違いないと思います。

 なので、今回はPVくらいがあると思います。ただスタート時期によってはスタッフが発表されないかもしれません。ちなみに当方の予想はユニコーンと同じく限定上映+OVAという形で始まると思います。

 最後の5のガンダムさんなんですが、短編アニメだと思いますので、下手にすればFLASHアニメっぽい作りという可能性もなくはありません。作りがショボイとかというわけではなく、単純に相性がいいと思います。

 正直、やる意味はいまいち掴めないアニメ化なんですが、サンライズからは大したメリットを見出せないことから見ると、角川書店のほうが主導するプロジェクトかもしれません。



 そして、ここ数日の発表する場所はこの3つがあります。

A、ガンダム35周年記念サイト(3月20日17時)
B、東京アニメアワードフェスティバルの富野トークセッション(3月21日16:30-18:00)
C、AnimeJapan 2014のガンダムシリーズ スペシャルステージ(3月22日15:00-15:35)

 以下、自分の予想でいきます。

 まず、35周年記念サイトは、オリジンのPVで行くと思います。可能性として、Gレコやガンダムさんなどの35周年記念作品の情報も少しだけ公開されると予想します。

機動戦士ガンダム35周年記念ポータルサイト

シリーズ開始35年、”ガンダム”は次のステージを目指し、挑戦を続けています。変革はすでに始まっている。

ーCOMING SOONー
MARCH 20TH, 2014 5PM ON LIVE

 なぜならば、なんだかんだバンダイやサンライズが一番重視しているのは他でもなく、1stガンダムのリメイクと言えるオリジンだからです。確かに内容は別にしても、このOVA・映画・テレビ放送を全部やれるような素材を重視しない理由はありません。それに、BとCのイベントには別段オリジンを発表できるような場を設けてなさそうですので、本命として20日に発表されると思います。

 次に、TAAFの3月21日のイベントなんですが、富野監督本人が登板ということでも、もう『Gのレコンギスタ』しか考えられません

3/21 (fri) | 上映プログラム | 東京アニメアワードフェスティバル2014

16:30-18:00
富野由悠季 スペシャルトークセッション
トークセッション

 他にもガンダム三部作のオールナイト上映がありますが、まぁトリロジーボックスの宣伝なんでしょう。

 最後のアニメジャパンのイベントなんですが、これはおそらく20日・21日既出の情報+ガンダムさんという発表なのでしょう

AnimeJapan 2014

3月22日(15:00〜15:35)
機動戦士ガンダムシリーズ スペシャルステージ
出演者
池田秀一、小松未可子、國立 幸、内山昂輝
内容
ガンダムシリーズ最新情報の発表会を予定

 出演者が大御所+GBF声優+ユニコーン声優という組み合わせといい、35分という短い時間といい、どう考えても大きな発表ができませんので、ガンダムさんがあるとすればこちらか20日の公式サイトなのでしょう。



 以上をもちまして、20日の公式サイトがオリジン、21日のTAAFがGレコ、22日のAJ2014がガンダムさんの発表だと予想します。当然、この3日間以外の日の発表という可能性も当然大いにありますし、こちらはあくまで予想ですので、根拠があるわけではありません。それでも、富野監督のGレコのPVの上映が決定となっている以上、素直に富野監督を応援したいと思います。皆さんも一緒に明日と明後日を楽しみにしましょう。

劇場版 機動戦士ガンダム Blu-ray トリロジーボックス プレミアムエディション劇場版 機動戦士ガンダム Blu-ray トリロジーボックス プレミアムエディション
古谷徹,鈴置洋孝,飯塚昭三

バンダイビジュアル 2014-05-28
売り上げランキング : 88

Amazonで詳しく見る by AZlink

富野由悠季は「絵にズボラなアニメ監督」なの?

2014/02/27 01:46|富野雑談TRACKBACK:0COMMENT:9
このエントリーを含むはてなブックマーク はてなブックマーク - 富野由悠季は「絵にズボラなアニメ監督」なの?
 富野由悠季はなぜか、時折「絵にズボラなアニメ監督」といわれています。

 確かに、その作品を見ると、画面が比較的に弱い面はありますので(アニメ業界のなかでもトップクラスの大御所の割りに)、そのようなイメージが湧くのは無理もありません。

 また、有力なアニメーター集団を抱えた80年代前半でも、明らかに「演出」が「絵」を上回りましたので、なんとなく絵が貧弱というイメージがあります。

 さらに、庵野秀明氏と押井守氏の「富野監督は絵を信じてない」という言説も、それを強化した一因だと思われます。※1

 これらの話が長年インターネット上などで囁かれているため、「富野は絵に無頓着なアニメ監督」というイメージはいつの間にか定着している感じがあります。

 

 一方、富野本人の著作である『映像の原則』を読むと、むしろ真逆なイメージを抱いてしまうものです。

 主に演出を語る本なのですが、絵・作画に関する内容も多い。特に第9章の「作画の究極的演出処理学」は、実はページ数が二番目多い章節です。

 また、演出家ひいては作品全体を統括する監督の目から作画を見る話が多いので、全体の大原則や指針はふんだんに解説されています。木は確かに大切なのですが、森を一望する必要もありますので、このような目を借りられるのは、とてもありがたいことです。

 以上を知れば、イメージに反して、富野が作画面を非常に重要視していることは、もはや言うまでもない話です。



 そして、『映像の原則』では、富野は作画に関する問題を大量に取り上げています。

 それらの問題は素人の目でも分かるほど、日本アニメの現場に存在しています。20年前からそうだったし、あれから20年後の今でもそうだった問題は、未だにたくさん残しています。富野の弁ではありませんが、なぜか何時まで経っても一向改善されないことに理解を苦しむこともあります。

 やや武断な言い方ですが、つまり、富野は普通の監督が問題視しない問題までも見抜いて、要求しているのです(ここでの「普通」は、あえて定義しません。したところで何の意味もないですので)。

 こうした面から見ても、富野は絵に対して無頓着ようなことは決してなかったはずです。



 ただ、特にこの10年間の「富野は絵にズボラ」という見方は、まったくの見当違いというわけでもないと思います。

 乱暴な比べ方だと承知していますが、「一枚絵としての精密さ」「話全体の絵運び」はもちろん両立させるほうがベストなのですが、どちらしか立てないとすると、富野は間違いなく後者を選びます。事実、近年の富野作品を見れば、普通の観客だってこの選択を見分けるはずです。※2

 そしてこれこそが、ひょっとしたら富野が今時のアニメ作品やアニメ演出家との一番の違いかもしれません。なぜならば、現在の日本アニメは「一枚絵としての精密さ」という部分に非常に重きを置いているのです。

 インターネットや録画の普及により、見直しと一旦中止が効きようになり、見る側から「作画崩壊」という言葉が誕生したと同時に、作り側もそれに釣られるように、いかに「作画崩壊」を封じることに腐心するようになっているのです(もちろん原因はさまざまだが)。

 その結果、今の「一枚絵としての精密さ」を追求することに傾いているようなスタイルになりました。いわば選択の違いですが、昔の傾向、それも富野が求め続けている傾向と明らかに別の方向性なのです。

 そういう意味では、「富野は絵にズボラ」という一見大間違いだった言い方は、「富野は今風に迎合できない」に言い換えると、実は意外にも真実を掴んでいると言えるかもしれません。(ちなみにこの部分、改訂版にも新に追加される話があります。興味ある方は是非本を入手してください)



 ただ、「作画崩壊」という言い草が近年に生まれた言葉であるように、「一枚絵としての精密さ」を重視するような傾向も、実をいうとここ10年くらいのものです。

 ビジュアル社会に連れて、観客の絵に対する要求はこれからもおそらく下がることがないでしょうけれども、「一枚絵としての精密さ」だけに注力すればいいという傾向が何時までも続く確証は、どこにもありません。長いスパンを見ると、作画レベルが論外である作品は別として、やはり作画の「良さ」だけで、作品が10年後まで残すことはないでしょう。まして、その「良さ」はひょっとしたら「最近の流行」でしかないかもしれません

 だったら、結局本筋である作品の物語に戻るしかない。そして物語を語るための最上の選択は「話全体の絵運び」というものです。そして富野はこちらを選んだわけです。

 限られた作画ソースしか持てない場合、「話全体の絵運び」を選ぶ。この結論はもちろんアニメーター出身ではない富野由悠季個人が達した結論ですが、その実績を見れば、正論でもありましょう。絵そのものは時間が経つとどうしても薄れていくものですが、物語自身は、イメージと共に記憶されます。だったら、作画で絵そのものを求めるよりも、イメージを追及する方法論だってあるはずです

 この方法論は決して制作進行出身の演出家のみの特権ではありません。アニメーターだって、絵だけに頼らない方法論を打ち出せるはずです。おそらく富野は『映像の原則』でアニメーターにもっとも言いたいのは、このことなのではないでしょうか



 最初のに戻ります。

 確かに、富野由悠季は必ずしも作画に恵まれているわけではありません。加えて、富野は方法論からして、限られた資源を「話全体の絵運び」に投入する傾向があります。そういう意味では、「一枚絵としての精密さ」が評価の基準となっている現在では、今風でいうと「作画が良い」とは言えない部分があります。

 一方、「一枚絵としての精密さ」重視はあくまで近年の傾向で、もちろん絵は良いに越したこと無いものの、良さなど価値観は時代と共に変わるものですし、制作者・観客の数あるだけ異なるものです。

 「話全体の絵運び」を重要視する方法論を取ったのは、富野作品なのです。富野作品に見られる画面とその絵は、すべて富野が監督として最善に尽くした結果です。それを監督個人に能力が不足であるように言いふらすのは、まったくの無責任で無見識です。

 そして、今風に迎合できない代りに、富野はアニメ作品を長期間に残せる実績があります。絵を使いながら、絵そのものを求めず、トータルなイメージを掴む手法はむしろ一種の特色(もちろん富野オンリーというわけではないにせよ)と言えますし、方法論としてちゃんと成立するものです。

 そういう意味では、富野由悠季はやはりちゃんと絵を駆使する力を持っている演出家であることを、誰も疑うことができないのでしょう

▽続きを読む▽

『映像の原則 改訂版』を読まずして、どうして富野由悠季を批評できようか

2014/02/20 01:29|富野雑談TRACKBACK:0COMMENT:5
このエントリーを含むはてなブックマーク はてなブックマーク - 『映像の原則 改訂版』を読まずして、どうして富野由悠季を批評できようか
 「富野由悠季は萌えアニメが大嫌い」

 「富野監督は映画を目指しているから、マンガ的表現によく思わない」

 「富野はアバターをボロクソに貶している」

 以上のようなことを思っている人は、きっと多いだろう。インターネットを中心に、さも事実のように流布されていますから。

 しかし、違います。



 富野は萌えアニメが大嫌いどころか、現在の制作状況を対応すべく誕生した作り方の一つとして、正面な評価を下しています。

 確かに、富野は映画を目指していますけれども、マンガ的表現を排除していません。また、マンガ的な表現を「芝居を整理するうえ参考になる手法の一つ」とも評しています。

 また、富野はアバターについてボロクソどころか、近年のハリウッド映画のなかではむしろ極めて評価している一作としてみています。それも、興行面だけではなく、技術面についての評価です。

 ほかにも、いろんな話があります。それらの話は多く、インターネット上に流布されている言説と異なる一面があります。

 そしてそれらの間違った言説に対する正解は、すべて富野の著書「映像の原則」の改訂版に載っています。

映像の原則 改訂版 (キネマ旬報ムック)映像の原則 改訂版 (キネマ旬報ムック)
富野由悠季

キネマ旬報社
売り上げランキング : 30938

Amazonで詳しく見る by AZlink


 インターネット上では、富野由悠季監督とそのアニメについて評論したがっている人はたくさんいます。また、いっぱしのサブカルもしくはアニメ専門の評論家も、ネット上で積極的に発信しています。さらに、アフィリエイト目当てのまとめブログなどもいます。それらが合せて、好事家の一大勢力を築いています。

 しかし好事家たちの言説を見ると、根拠がないままの批判、もしくは実在かどうかも確認できない富野コメントに対する反論が、なんとなく大半を占めています。誰だか明言しませんが、そのような評論家もいます。

 それでは、野次的な好きことであって、本当の意味での好きではありません。好事家はそもそもそういう類の人間でしょうが、あまりにも惨いである。



 もっとも端的な例を挙げます。

 たったいま、この記事を読ん時点で、富野由悠季監督は実はバーバパパを評価していると知っている人は、果たしてどれくらいあるのでしょうか。ほぼいないはずです。

 まして、こうして監督が評価していることを知っていても、どの部分をどのような評価していることも分かりません。そんな知識は、インターネットには載っていませんから。

 富野由悠季監督の考え方を知りたいのならば、パソコン上の数クリックで得られるような、作り話の可能性がある話よりも、著作に載っている本人の言葉を読むほうがいいに決まっています。「映像の原則」さえ買えば、すべてが分かります。

 富野由悠季の専門家(?)になることは保証します。

 もちろん、あらゆる人に「映像の原則」を買えとは言いません。購入を強要はできませんし、そもそも誰もか専門家になる必要はなく、意見を言うだけならば個人の自由です。

 それでも、根拠のない義憤や不満によってではなく、本気に人を論じようとすると、最低でもその人の主な発言や意見を抑えないといけません。それが、批評や評論の最低基準であり、リテラシー

 であるからには、『映像の原則 改訂版』を読まずして、どうして富野由悠季を批評できようか。

映像の原則 改訂版 (キネマ旬報ムック)映像の原則 改訂版 (キネマ旬報ムック)
富野由悠季

キネマ旬報社
売り上げランキング : 30938

Amazonで詳しく見る by AZlink


 「旧版を読んだから、今更新版を買うまでもないだろう」と、旧版を購入した人は言うかもしれません。

 確かに、旧版を読んだだけでも、立派です。

 しかし、旧版だけを読んでも、やはり足りないです。旧版に興味を持ったあなただから、自分の知識を改訂版にアップデートしないことには物足りないと思うはずです。主にデジタル関係の話が追加されていますが、以上のように萌えアニメなどに関する話も新に書き下ろされています。

 『映像の原則』は改訂される際、旧版の5%ほどの内容が削除されました。そして、それ以上の比率の新しい内容が追加されています。

 つまり、旧版と改訂版は10%以上の内容(ちょっと間違った数え方かもしれませんが)が違います。ページ数でいうと、40ページくらい違います(本人調べ)。

 そのうえ、10年という時間を加味すれば、「改訂版」はもはやまったく違う新しい著作と考えてもかまいません。

 であるからには、『映像の原則 改訂版』を読まずして、どうして富野由悠季を批評できようか。



 富野の発言がことあるごとにインターネットの話題もしくはニュースになっているところから見ても(最近でいえば「進撃の巨人」「ワンピース」など)、その発言に触発されて、思わず物事を申したい人はかなり多いと感じます。

 しかし、富野とその言説を同意するにしても、批判するにしても、最低程度の武器(言説)を準備しなければなりません。知識と言説を持たなければ、何もできません。

 であるからには、『映像の原則 改訂版』を読まずして、どうして富野由悠季を批評できようか。

 そういう意味では、『映像の原則 改訂版』の購入がオススメです。己の鑑賞眼を磨くことができます。

映像の原則 改訂版 (キネマ旬報ムック)映像の原則 改訂版 (キネマ旬報ムック)
富野由悠季

キネマ旬報社
売り上げランキング : 30938

Amazonで詳しく見る by AZlink

富野由悠季とフランス映画 および映画の娯楽性と芸術性について

2014/02/12 23:34|富野雑談TRACKBACK:0COMMENT:4
このエントリーを含むはてなブックマーク はてなブックマーク - 富野由悠季とフランス映画 および映画の娯楽性と芸術性について
 今日は、富野由悠季監督とフランス映画についての話を少ししたいと思います。



 先月のハリウッド提携記者会見において、富野由悠季監督は「(Gレコ、現在のリメイク新作を除いて)87歳まではあと1、2本を作りたい」と発言しました。

 87歳でいえば、現在富野監督のお歳である72歳にプラス15歳という年齢を挙げたに過ぎないように聞こえましたが、実際は違います。

富野由悠季監督、ハリウッド「Legacy Effects」提携会見 - 全文書き起こし (2) 僕にとって「Legacy Effects」は、新型の戦闘機に乗るような気分 | マイナビニュース

87歳という年齢については、ある前例を聞きました。現にその年齢でも映画を作って、撮って、大変素敵なコメディー映画を作っている監督がいるとすれば、やはりそれは僕にとっての目標値にもなります。そういう監督に負けないようにがんばりたいと思います。監督の名前を挙げておきます。アラン・レネです。(※フランス人監督。現在91歳。87歳時の2009年に『風にそよぐ草』、2012年に『あなたはまだ何も見ていない』を発表)

 と、このように、実際にレネ監督の『風にそよぐ草』を意識した上の発言なのです。

 富野監督は最低でも87歳まで作りたいという意欲は当然大変素晴らしい話なのです。が、ここで着眼したいのは、『風にそよぐ草』を「大変素敵なコメディー映画」を評しているところなのです。



 基本的に、富野由悠季という作家が映画において理想とするのは、ハリウッド発のアメリカ映画なのです。

 エンターテイメント論を論じるときに、富野の映画に対する原風景はそもそも芸術性溢れるヨーロッパ映画ではなく、大衆娯楽に富んだハリウッド映画だったからです。近年の代表作『∀ガンダム』の舞台、ストーリー構成と編集技法を見ても分かるとおり、『風と共に去りぬ』などのハリウッド大作を強く意識している作りとなっています。

 この富野のエンターテイメントに対する考え方の原型は、もしかしたら『宇宙戦争』(1953、ジョージ・パル)や『キング・ゴング』、『白鯨』『海底二万哩』『ウエスト・サイド物語』など幼少期に見た映画まで遡ることができるかもしれません。あるいはそう考えるのは早計かもしれませんが、富野監督の「映画におけるエンターテイメントのあり方」の一つとしてハリウッド映画である考え方は、とにかく昔から今日まで一貫しています。

 もちろん、富野監督が『タイタニック』を初めとしたジェームズ・キャメロン監督の作品を褒めているのもそういう原因によるところが大きいと思われます。



 一方、富野監督はやはりフランス映画を初めとしたヨーロッパ映画に大変憧れを持っています。

 富野監督が好きと挙げた『勝手にしやがれ』『青いパパイヤの香り』など、もしくはジャン=リュック・ゴダール監督や卒論のお題ともなっているミケランジェロ・アントニオーニ監督の作品もそうですけど、とにかくその強すぎる芸術性が富野青年を圧倒していました。多感の高校時期から大学時代を沢山みて、卒業後は『鉄腕アトム』で電動紙芝居をやるしかなかった当時の富野が、ヌーベルバーグに強く敗北感を感じたのも無理もない話です。

 しかしもう一方、「大衆映画はどういうものであるべきか?」という面において、富野はヨーロッパ映画を高く見ていません。個別な良作はあるものの、全体的にその高い芸術性は時折娯楽性を減殺しますから。富野が、自ら映画の芸術性への憧れを封印したという言い方もできるかもしれません。



 『映像の原則』を読んでみると、富野監督は決してヨーロッパ映画の全体をそれほど高く評価していません(貶す、もしくは評価しないこともありませんけれど)。

ヨーロッパでは、アートを意識しすぎて、妙に考えるものを目指していたりしますから、映像が流動的でなくロジック的になっているのでしょう。これは推測です。

 上の話は「映像の流動性」に関する話なのですが、それでも万人向けを目指しているときに、やはりアメリカ映画のスタイルは一番近道という考え方があります。そういう意味では、手放しに評価するわけではありませんが、富野監督が今回ハリウッドと提携するに決意したのも、こういう思考による産物と考えられます。

 それでも、近年の『アメリ』といい、今回の『風にそよぐ草』(『小さな中国のお針子』も言えるかな)といい、「趣味としてのフランス映画好き」は、やはり富野由悠季監督のどこかに生きていると感じられます。



アバター スチールブック仕様 3Dブルーレイ&DVDセット<2枚組> (1,500セット数量限定生産) [Blu-ray]アバター スチールブック仕様 3Dブルーレイ&DVDセット<2枚組> (1,500セット数量限定生産) [Blu-ray]
サム・ワーシントン,ゾーイ・サルダナ,シガーニー・ウィーバー,スティーヴン・ラング,ミシェル・ロドリゲス,ジェームズ・キャメロン

20世紀フォックス・ホーム・エンターテイメント・ジャパン 2014-04-17
売り上げランキング : 1247

Amazonで詳しく見る by AZlink

アメリ [Blu-ray]アメリ [Blu-ray]
ジャメル・ドゥブーズ,マチュー・カソヴィッツ,ヨランド・モロー,オドレイ・トトゥ,ジャン=ピエール・ジュネ

ソニー・ピクチャーズエンタテインメント
売り上げランキング : 2461

Amazonで詳しく見る by AZlink


▽続きを読む▽

アニメーションにおける「文化性」の話――ある富野作品のシーンを例として説明

2014/02/01 03:19|富野雑談TRACKBACK:0COMMENT:3
このエントリーを含むはてなブックマーク はてなブックマーク - アニメーションにおける「文化性」の話――ある富野作品のシーンを例として説明
 富野由悠季監督が『映像の原則 改訂版』において一つ面白い例を取り上げましたので、ここで紹介します。

 つぎに、作為的につくらなければいけない雰囲気の音、というものがあります。雑踏のなかでも市電が通っているらしいのなら、それを作る、です。これはシーンによって作意をはたらかせる必要があります。

 さらに、意識的に入れる音があります。が、ここで問題になることが出てきます。画面にまったくその要素がないのに入れるのは良くない、と判断されるケースです。

 今思い出せるひとつのケースは、積雪のあった背景で晴れた朝、木に積もった雪が落ちる音を入れなければならない、と思いついたときです。雪が落ちる画像はいっさいなく、そんな音を入れても、想像できる観客と想像できない観客がいるのだから、どうするか? そういったケースです。

 これは強権発動で入れさせてしまったのですが、十年経って見直しても、いいものか悪いものかの判定に迷っています。


「第11章 画以外のこと=音」より

 黒字の部分は明記されていませんが、『∀ガンダム』のエピローグのある描写のことです。しかもこれは実は、改訂版で始めて追加された文章です。

 富野由悠季監督にとって、きっとそれだけ迷っていた演出なのでしょう。確かに、この例でよくわかるとおり、場面一つに対しても、「わかる」と「わからない」観客が出てきますので、そういった細かい部分でも注意を働く必要があります。実に興味深い示唆です。



 が、この話はよく考えると、実はそのなかから秘めている「文化性」の要素を見いだせることができます。

 どういうことかといいますと、世界中の不特定で多数な観客に見せようとする時、同じく「雪」の音というシーン一つだけに対しても、「わかる」と「わからない」という二種類の観客が出てくるのです。しかも、それは富野監督が挙げた例とは別に、ひょっとしたら、「そもそも雪の存在をよく分からない」という観客の可能性もあります。

 つまり、生まれて一度も雪を見たことない観客ならば、積雪が落ちる声はそもそも知りませんので、音を聞いても、自分の経験を喚起できませんので、当然そのような演出に対しては困惑するばかりなのかもしれませんし、まったく別なものだと想像しちゃうかもしれません。そうすると、演出は当然想定した意図に達すことができません。

 この場合でも、きちんと描写を積み重ねねば、大抵解決できるようになっています。が、積み重ねようがありませんから、どうしても前もって消化できない時があります。上の『∀ガンダム』などもそうです。



 とはいえ、「じゃあ、文化性があるかもしれない描写は全部省いちゃえ!」というのはもちろん暴論ですし、物理的に不可能です。

 上の雪の例一つにしても、「分かっているから面白さを感じてる」という観客は当然として、逆に「分からないから面白がってくれる」という観客はいるかもしれませんし、このような観客両方をわしづかみたいのは創作者というものです。

 なので、どうやってこのハードルをクリアして、より多くの観客にいろんな形で面白さを伝えるテーマ、物語、演出などを絞り出しつつ、センスを磨いていくのはまさに物づくりにかかわる人間の使命であろう。



 この文化性の話を逆説的にいうと、今回富野監督のハリウッド提携作品の意味はまさにそこにあります。そもそもこのプロジェクトの核心は、「日本の感性を持ちながら、ハリウッドにも通用する映像を作る」ところにあります。

 「アメリカ人の感性なんて信じられるか!」と思う日本人はいるかもしれません。確かに、そういった部分はまったくないと言い切れません。

 しかし、ハリウッド・スタイルが「数学を解くみたい」とか「ルーティン」とかに揶揄されているも、いまだにほぼイコール「世界に通用する規格」という理由は、まさに彼らが世界中のより多くの人に伝えたいことに腐心している結果です。

 その結果、一部陳腐に落ちかねない部分や綺麗すぎる部分が否めないにしても、「もっとも多い人数に伝えられるかもしれない描写」を手に入れたのです。商業上の部分をクリアする上、より多くの観衆に伝えようとする表現の手法としては、極めて正しいものだと感じます。

 これは、富野監督本人が『映像の原則』などでも取り上げた話題なのですが、別に富野監督が言わなくても、台湾人である私にとってはものすごく自然に頷ける話です。



 アメリカ人のこういうおおらかであっけらかんなメンタリティはある種、日本人の極まりない繊細さとは対極にあるものといえるかもしれません。そういう意味では、日本人にとっては道理として分かりつつも、納得できない部分もあるのでしょう。

 あるいは、どうやって両方の文化性を一つの作品にうまく落とし込むのを理想との厳しい戦いと感じているかもしれません。

 しかし、台湾というアメリカと日本文化がごく自然に融和している風土に育っててもらった台湾人の感性にとっては、この日本的なものとアメリカ的なものを共存させるのは、常に日常生活と一体となり、実経験を通して体感できるものですので、日本ほどハードルを感じずに乗り越える部分があるといえます。

 そういう意味では、富野監督をはじめとした世界クラスの監督が目指している文化性の融和という理想は決して容易いことではありませんが、不可能ということも決してありません


 結局、最正解なんてきっとどこにもありませんけど、ベターな答えはあるはずです。

 クリエイティブな仕事に多数決的な判断はいりませんけど、こういう多方面の文化性をうまく溶け込む感性が必要だと感じます。そういう意味では、すべてのクリエイターにはこれを目指して頑張ってほしいですし、富野監督が今回の仕事を通じてそういう才能のサポートを獲得してほしいと心より願っています。

ガンダムは「鋼彈」?「高達」? イデオンは「伊甸王」=「エデンの王」!?――富野由悠季作品から見る中国語圏におけるアニメ翻訳事情

2014/01/26 13:10|富野雑談TRACKBACK:0COMMENT:2
このエントリーを含むはてなブックマーク はてなブックマーク - ガンダムは「鋼彈」?「高達」? イデオンは「伊甸王」=「エデンの王」!?――富野由悠季作品から見る中国語圏におけるアニメ翻訳事情
 前回では、富野由悠季監督の全小説の中国語・英語表記という記事を掲載しました。将来的にそのリストを基にいろいろな話を展開したいと思いますが、今回は台湾においての翻訳表記を中心に、そんな富野作品の中国語圏における受容および事情を少しだけ紹介したいと思います。



機動戦士ガンダム

 中国語圏は漢字表記の文化圏ですので、3か4文字の漢字があり、しかも他のタイトルとの識別ができる場合、そのままタイトルにしちゃうケースが多いです。たとえば『少女革命ウテナ』ならば「少女革命」、『美少女戦士セーラームーン』ならば「美少女戦士」などと漢字だけ残す表記そのままでもいいです。逆に『新世紀エヴァンゲリオン』の「新世紀」だけが差異化は足りなかったため、「福音戦士」とつき加えたのです。

 この法則だと、「機動戦士ガンダム」シリーズは「機動戦士」だけでいいはずですけど、台湾においても、香港においても、あらゆるところにおいても、ガンダムは一度も「機動戦士」と呼ばれずに、しっかりと「ガンダム」の翻訳表記で愛されています。

 要するに、中国語圏においても「ガンダム」は格別です。機動戦士という作品の中身とかけ離れている呼び方を、ファンは拒絶しています。



 で、「ガンダム」は、台湾では「鋼彈」と表記され、公式においても用いられています。管理人であるkaito2198は台湾人ですので、ここでは台湾を基準にして紹介しています。もっとも、最近は香港や中国のファンからの要請で、できるだけ「GUNDAM」で紹介していますが…。

 ちなみに、「1stガンダム」は台湾では正式に放送されていませんので、その存在が台湾人に初めて知られるのは書籍経由でした。ちなみに当時の書籍では「鉄人甘達」というタイトルでした。数年後、台湾の国営テレビ局が正式に『Zガンダム』を放送する時、すでに「Z鋼彈」という表記にされていました。

 それから、香港では「高達」と表記されていますが、これは『Gガンダム』の本編にも紹介されている名前なので、おそらく日本のガンダムファンにとっては一番有名な海外表記なのでしょう。

 とはいえ、「高達」と日本の縁はGガン以前に存在しています。バンダイがアジアに進出する際、一番最初に選んだ拠点は香港でしたので、「高達」という表記の存在は早くも80年代中期に確認できます。

 最後の中国ですが、版権上の問題で、ガンダムは公式では「敢達」と表記されています。おそらく香港との差別化を図るための措置だと思われます。

 が、中国のガンダムファンは90年代からずっと香港からの情報を受け取り続けましたので(もちろんアンダーグラウンド)、今でも「高達」と呼ぶ人がほとんどで、「敢達」と呼ぶファンは皆無といっていい。

 こういう表記の変遷を見ても、ガンダムが中国語圏における受容史の片鱗を覗けますよね。



伝説巨神イデオン

 イデオンですが、台湾では『傳說巨神伊甸王』と訳されています。完全に当て字の表記ですが、意外にも別な意味が付き加えられています。

 「伊甸」という言葉ですが、こちらでは主に「エデン」の訳語とされていますので、「伊甸王」はエデンの王――すなわち「楽園の王」、因果地平=伊甸(エデンの園)という見方もできるわけです。

 だから、『イデオン』は日本では「イド」からとって、「イデ」の擬人化が「イデオン」という具合なんですが、中国語圏においては、「伊甸王」は原語よりダブルネーミングなところがあり、「因果地平のことを匂わせているかもしれない」というもう一つの意味が含まれています。素晴らしい。

 ただ一つ誤解してほしくないのは、台湾の宗教観は日本ほど電波じゃなく、かなりニュートラルな捉え方ですので、別に「楽園の王」だからといって、変な想像を招くことはありません。



バイストン・ウェル

 バイストン・ウェルシリーズは台湾において『聖戦士ダンバイン』を中心に認知されていますので、知名度そのものはそこそこあります。とはいえ、いかんせん80年代前半の作品でしたので、おそらく「スーパーロボット大戦」経由の認識が多いと思われます。

 で、バイストンウェルですが、「バイ」「ス」「トン」「ウェ」「ル」とやたら音節が多い固有名詞に加えて、『ダンバイン』も『ガーゼィの翼』も『リーンの翼』もそれぞれ異なる時期に異なる版権会社により流れてきたものなので、バイストン・ウェルも「拜斯頓威爾」「拜斯威爾」「拜斯頓」などと、さまざまな表記が混在しています。

 ちなみに、うちのサイトではもっとも忠実に原語の響きを反映する「拜斯頓威爾」と統一します。



ブレンパワード

 『ブレンパワード』ですが、台湾においては『機動神脳』と表記されています。

 「脳」はまだしても(ブレンだしな)、どこに「機動」があると思わず目を疑いたくなる人もいるかもしれませんが、これにはちゃんと理由があります。

 台湾においては、映画やドラマ、アニメのタイトルの命名法則の一つとして、「同じく監督か俳優(とにかく顔役として認知されている人間)の作品は同じ枕詞がつくタイトルにする」というものがあります。たとえば、シュワちゃんことアーノルド・シュワルツェネッガーの映画は台湾では『ターミネーター』が「魔鬼終結者」と訳された以来、彼が主演する映画は必ず「魔鬼~」という枕詞が付かねばならないという不文律が存在しています。

 ちなみに、アーノルドがかつて台湾に来て、「魔鬼~」という命名法則を教えられたとき、「うおー私は悪魔(DEVIL)ではありません」とかなりビックリして、そのあと記者の「それは『すごぶる強い』という意味ですよ」という言葉で、また笑顔に戻したというし出来事もありました。

 で、『ブレンパワード』という新作は富野由悠季という「機動戦士ガンダム」の監督の作品ですから、「機動」を付かねばならないという寸法です。

 ちなみに、「神」はおそらく神とまったく関係なく、単なる語呂合わせに漠然と入れた文字だと考えられます。



OVERMANキングゲイナー

 『キングゲイナー』は台湾では「極限戦士」と訳されています。「OVERMAN」からの翻訳ですね。

 キングゲイナーという名詞について、台湾では「王者蓋納」と訳されていますですが、さすがに「極限戦士王者蓋納」がタイトルだと8文字で、いくらでも文字数が多すぎるので、あまり差異化ができてない名前という感じですが、結局「極限戦士」に落ち着いたわけです。

 ちなみに、香港では「帝皇戦記」と呼ばれています。キングならばせいぜい「王者」だと思いますが、香港では「帝」「皇」などの豪華感?がある文字が好まれますので、こういう「キング」偏重のネーミングになったのです。



教えてください。富野です

 ガンダムエースの名物連載ですが、意外にも正式なタイトルが存在していません。「敝人富野,請指引我」はこちらが仮に訳したものです。直訳なのでひねりがないのはちょっとアレですが…。

 というのも、台湾でもガンダムエースが出版されていましたが(2008年末休刊)、肖像権など権利上の問題か、労力のわりに地味のためか、「教えてください。富野です」は台湾版ではオミットされました。そのため、正式タイトルと言えるものが存在せず、こちらが仮に訳したものです。



映像の原則

 知識と諫言とネタの宝庫『映像の原則』ですが、台湾では翻訳出版されていませんので、前回の「影像之原則」もやはり自分がつけたタイトルなんです。特にひねりもいらないタイトルなので、ごく当たり前だと思います。

 とはいえ、将来もし中国語圏に出版される機会があれば、「影像之原則」のほか、「影像原則」「影像的原則」などのタイトルも考えられます。元々漢字の使い方からして「の」は別に訳されなくてもいいですし、「的」の使い方も「之」とほぼ同じものと考えていいです。

 ただし、一般的いうと「之」のほうが改まった感じがありますので、格式を正したいときはだいたい「之」のほうを使うことが多いのです。

映像の原則 改訂版 (キネマ旬報ムック)映像の原則 改訂版 (キネマ旬報ムック)
富野由悠季

キネマ旬報社
売り上げランキング : 13157

Amazonで詳しく見る by AZlink

 知識と諫言とネタの宝庫『映像の原則』。映像を作らない方でも、この本を読めば映像作品に対する目利き眼を鍛えられることを保障します。たくさん売れれば「富野由悠季全仕事」増補修訂版もしくは続刊の可能性は増えますよ。皆で応援しましょう!

明日の富野由悠季監督の記者会見ってどうなるの

2014/01/20 22:07|富野雑談TRACKBACK:0COMMENT:0
このエントリーを含むはてなブックマーク はてなブックマーク - 明日の富野由悠季監督の記者会見ってどうなるの
 さて、いよいよ明日はお待ちかねの富野由悠季監督による、プロデューサー集団飍(オオカゼノオコルサマ)とハリウッドのスタジオが映画制作に関する事業提携の発表記者会です。今から待ち遠しい。



オオカゼノオコルサマ | Top

NEWS
2014年1月21日
映画制作事業に関する記者会見を行います。

機動戦士ガンダムの原作者・総監督である富野監督をはじめ
多くのクリエイターを束ねる㈱飍(オオカゼノオコルサマ)は
「日本の漫画やアニメを原作とした映画作品をハリウッドから世界市場へ送り出す」ことを目的として
制作会社 Legacy Effects と業務提携をいたします。
1月21日(火)に映画制作事業に関する記者会見を行います。
また当日は、富野監督より事業提携第一弾の作品発表を予定しております。

 それにしても、記者会見ということですが、いったいどういうものなのでしょうか。

 記者会見ですから、記者のみ入れるような会見が普通なのでしょう(語弊はあるが)。この形だと、各社のニュースリリースを待つしかなさそうです。そこまでは指をくわえて待つしかないのはちと辛いです。

 幸い、富野監督ということで、結構な話題性になると予想されますので、記者もそれなり駆け込むのだろう。明日の公開のタイミングだと情報が乱発されるのが今でも想像できます。

 あと、現在にはTWITTERなど速報性を持つツールもあります。なので、そういったITスキル(といえるかどうかは分かりませんが)を持つ記者がその場にいるとしたら、少しずつ情報を拾っていく楽しみ方ができるかもしれません。



 ただ、せっかくの発表ですから、もっと楽しく仕掛けてほしいのは本音です。もっと楽しませるような演出が見たいです。

 もちろん、会場を一般大衆にも公開するわけにはいきませんので、となると会見の「内容」だけでなく、「映像」や「雰囲気」をも不特定多数に一気にアピールできる手段はもうリアルタイム配信しかありません。

 現在Ustream、ニコニコ動画やYOUTUBE経由の中継配信は盛んでいますので、これを使えば、海外にもリアルタイムに伝えることが可能です。

 実際、軽くインターネットで「TOMINO HOLLYWOOD」検索見ると、このニュースは海外にも結構伝わっています。海外の多くの方は「富野監督が30年ぶりにサンライズ以外の組織と組んで制作する。しかも実写の可能性があり」というすごさを正確に認識できなかったものの、ちゃんと見つめています。

 台湾でも、碌にニュースや新聞記事にもならなかったのに、うちのブログでのショボイ記事一つで閲覧数が10000を超えてますので、まさに「全世界待望」に相応しいものです。



 どのみち、明日はもうすぐそこにあります。今から期待してみます。ネット中継があるようにお祈りします。ただ、こういう取組みは前もって発表されることが多いので、そうしなかったのはおそらく無いのでしょうね。せっかく富野監督というジョーカーカードを持っているんだから、もっと上手く使ってもらいたいものです。

「ガンダム」を創った男たち。 上巻 (カドカワコミックス・エース)「ガンダム」を創った男たち。 上巻 (カドカワコミックス・エース)
大和田 秀樹

KADOKAWA/角川書店 2014-01-25

Amazonで詳しく見る by AZlink

「ガンダム」を創った男たち。 下巻 (カドカワコミックス・エース)「ガンダム」を創った男たち。 下巻 (カドカワコミックス・エース)
大和田 秀樹

KADOKAWA/角川書店 2014-01-25

Amazonで詳しく見る by AZlink

ブログ内検索

なんとなく富野商品

リンク

このブログをリンクに追加する

カテゴリー

まともに機能しなくてすみません。これからゆっくりペースで直します。

RSSフィード

FC2カウンター

富野監督作品一覧

  • 海のトリトン
  • しあわせの王子
  • 勇者ライディーン
  • ラ・セーヌの星
  • 無敵超人ザンボット3
  • 無敵鋼人ダイターン3
  • 機動戦士ガンダム
  • 伝説巨神イデオン
  • 機動戦士ガンダム(劇場版)
  • 機動戦士ガンダムⅡ 哀戦士編
  • 戦闘メカ ザブングル
  • 機動戦士ガンダムⅢ めぐりあい宇宙編
  • 伝説巨神イデオン・接触篇 -A CONTACT-
  • 伝説巨神イデオン・発動篇 -Be Invoked-
  • 聖戦士ダンバイン
  • ザブングル グラフィティ
  • 重戦機エルガイム
  • 機動戦士Zガンダム
  • 機動戦士ガンダムZZ
  • 機動戦士ガンダム 逆襲のシャア
  • 機動戦士ガンダムF91
  • 機動戦士Vガンダム
  • 闇夜の時代劇 正体を見る
  • バイストンウェル物語 ガーゼィの翼
  • ブレンパワード
  • ∀ガンダム
  • 劇場版∀ガンダムⅠ 地球光
  • 劇場版∀ガンダムⅡ 月光蝶
  • OVERMAN キングゲイナー
  • 機動戦士Ζガンダム A New Translation -星を継ぐ者-
  • 機動戦士ΖガンダムⅡ A New Translation -恋人たち-
  • リーンの翼
  • 機動戦士ΖガンダムⅢ A New Translation -星の鼓動は愛-
  • RING OF GUNDAM
  • ガンダム Gのレコンギスタ
  • 富野参加作品一覧

  • 鉄腕アトム
  • 戦え!オスパー
  • リボンの騎士
  • 巨人の星
  • アニマル1
  • 夕やけ番長
  • 海底少年マリン
  • どろろ
  • 紅三四郎
  • 巨人の星対鉄腕アトム
  • おらぁグズラだど
  • 男一匹ガキ大将
  • ムーミン
  • シートン動物記
  • 赤き血のイレブン
  • アタックNo.1
  • あしたのジョー
  • 男ドアホウ!甲子園
  • 昆虫物語 みなしごハッチ
  • さすらいの太陽
  • 天才バカボン
  • ふしぎなメルモ
  • 新・オバケのQ太郎
  • 国松様のお通りだい
  • いなかっぺ大将
  • 正義を愛する者 月光仮面
  • アニメ・ドキュメント ミュンヘンのへの道
  • モンシェリCoCo
  • ハゼドン
  • ど根性ガエル
  • けろっこデメタン
  • ワンサくん
  • 山ねずみロッキーチャック
  • 侍ジャイアンツ
  • 新造人間キャシャーン
  • アルプスの少女ハイジ
  • ゼロテスター
  • 昆虫物語 新みなしごハッチ
  • 小さなバイキングビッケ
  • 宇宙戦艦ヤマト
  • 破裏拳ポリマー
  • フランダースの犬
  • 母をたずねて三千里
  • アンデス少年ペペロの冒険
  • 超電磁ロボ コン・バトラーV
  • ゴワッパー5 ゴーダム
  • ろぼっ子ビートン
  • あらいぐまラスカル
  • 合身戦隊メカンダーロボ
  • 超電磁マシーン ボルテスV
  • シートン動物記 くまの子ジャッキー
  • ヤッターマン
  • ペリーヌ物語
  • 闘将ダイモス
  • 未来少年コナン
  • とびだせ!マシーン飛竜
  • まんが日本昔ばなし
  • 宇宙魔神ダイケンゴー
  • 赤毛のアン
  • 科学忍者隊ガッチャマンⅡ
  • ザ・ウルトラマン
  • 宇宙大帝ゴッドシグマ
  • ルパン三世(TV第2シリーズ)
  • 新世紀GPXサイバーフォーミュラ
  • 銀河漂流バイファム
  • ママは小学4年生
  • GUNDAM EVOLVE 5
  •  |  富野作品感想 | 富野由悠季関連 | 井荻麟関連 | 富野情報 | 富野雑談 | レビュー | ブログ運営 | 日常話 | 未分類 | 給華文讀者 | Gのレコンギスタ | 
    Copyright(C) 2007All Rights Reserved. TOMINOSUKI / 富野愛好病
    Powered by FC2ブログ.
    template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.