富野由悠季監督とその作品をひたすら語るブログ

TOMINOSUKI / 富野愛好病
http://kaito2198.blog43.fc2.com/

プロフィール

kaito2198

Author:kaito2198
台湾人。
ただのファンです。

twitterは@kaito2198です。

仕事やブログ関係のご連絡は
kaito2198@hotmail.comまでお願いします。

給華文圈之富野由悠季愛好者的一些話
關於本站文章的轉載聲明

富野監督関連資料一覧

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

グーバーウォーク

ニュータイプエースvol.2の富野関連部分をレビューする

2011/10/21 00:14|レビューTRACKBACK:0COMMENT:0
このエントリーを含むはてなブックマーク はてなブックマーク - ニュータイプエースvol.2の富野関連部分をレビューする
 体調はまだ回復したわけではないので、今日はニュータイプエースVOL.2の富野由悠季監督に関する部分を簡単にレビューします。



 まず、皆さんがいちばん関心している「Gレコ」の話です。今回の構成は吉田健一氏の起稿の1ページと富野監督のインタビューの3ページによって構成されています。今回は先月号と打って変わって、富野によるイラストやイメージボードはいっさいありません。なので、先月号の「インタビュー&イラスト」の7ページ+『はじめたいキャピタルGの物語』の6ページと比べれば、非常に物足りないものとなっています。

 内容に関しては、シャア専用ブログさんはすでにインタビュー全編の文字起こしをしてくださったので、今更紹介するまでもないですが、今回いちばん気になるのは、「Gレコはすでにサンライズのプロジェクトとして始動し始めた」ということです。

 一応自分知っている範囲内の話では、富野監督は「Gレコ」の前身であった「はじめたいG」よりさらに前にも、すでに何回も企画を提出したことがありましたので、今回は正直それほど意外とは思えません。というか、今のバンライズのガンダム布陣を見れば、OVAとかになる可能性はおそらく高くなく、むしろテレビシリーズになる可能性はあると思えます。なぜならば来年(2012年)小説化して、連載1~2年(~2013年)という形ならば、ちょうど2013年か2014年のアニメ化に繋げられますし、そうすると「AGE」でゲットした子供の視聴者(もし成功した場合)は2、3年後ではそろそろ小学校高学年か中学校に入るから、ちょうど「Gレコ」のターゲット層にも合致します。こういう見方でいけば、「Gレコ」はガンダムシリーズを延命できますし、現在の視聴者を掴む将来のテレビシリーズとして期待することもできそう。

 あと、吉田氏は今回一枚のイラストを寄稿しましたが、私個人としては、西村キヌ女史の参加もほしいです。遥かな未来の話だからこそ、肉体感溢れるキヌ絵で肉体のぬくもりを感じたいな。正統派超イケメンのゲイン・ビジョン以上のメガヒットが見たいですし、『はじめたいG』のノレドが真っ黒な宇宙を背景に、白いダンス服を着てしなやかな胴体で踊っている、儚くも健気なシーンなんか、もしキヌ絵で堪能できたら、きっと至福だろうな。



 また、今月号でも「トミノ伝」が掲載されています。今回はファーストガンダムの小説と早川書店、それから福井ハルトシ少年の話。

”女性の肌”

”乳首”

”バス・タオルを体に巻いて”

「こっこ…これがガンダム…!?」


 編集部に曰く「好評につき第2話掲載」とのこと。確かに今のニュータイプエースはシリアス偏りのストーリーものが圧倒的に多いので、こういう短編なギャグもほしいよな。つか今回は「富野ヨシユキ」の出番は多くなかったものの、やはり面白くて、読み応えはありました。このまま連載になってくれませんかな、毎月8~16ページでいいから。



 ほぼメディアミックス誌ということだけあって、面白いコミカライズ作品はあるものの、雑誌全体はかつてダムエーのオリジンみたい、これといった軸となる連載がなく、やや微妙な雰囲気が漂っています。輻輳のマーグメルドは私がひそかに期待している漫画なのですが、第2回はさっそく微妙な感じになってきましたしな…。まあ、だからこそ富野監督のGレコは早めに正式な連載になってほしい。

 記事のなかでは「vol.3に続く」とされていますけど、来月号の予告はついにGレコの告知が消えたことから、おそらく次回のボリュームはあまり期待できないでしょう。まあ、富野監督を応援するためにアンケートハガキを送られなければなりませんので、とりあえず来月号も買います。発売日は11月10日なので、気になる方はお忘れなく!




 未だにガンダムエース増刊号扱いのニュータイプエース。おかげさまで、こちらの本屋は長期予約を受け付けてくれません(´・ω・`) なので、角川書店さん、早くニュータイプエースを独立させましょうよ。

『映像の原則』旧版と改訂版目次及び内容比較

2011/09/07 02:09|レビューTRACKBACK:1COMMENT:2
このエントリーを含むはてなブックマーク はてなブックマーク - 『映像の原則』旧版と改訂版目次及び内容比較
 富野由悠季監督が書いた映像技術指南書『映像の原則』はこのたび新たに改訂版として出版されました。旧版より読みやすく、分かりやすくなった新版に全米が泣いた。この修正により、この本は万人にオススメできるタメになる本と胸を張って言えるようになりました。

 しかし一方、その内容は大きく修正されたことによって、どこから読めばいいのか分からなくなる旧版からの読者もいます。そこでこんな困っている皆さんのために、今回は『映像の原則』の旧版と改訂版の目次を使って、両者を読み比べして、その差異について大まかでまとめたいと思います。

 まず、先にここでお断りしますが、旧版と改訂版を一字一句で比較したわけではないので、あくまで目次の修正にそって、改訂された部分をリストしただけです。とはいえ、リストだけでも膨大な量があるため、以下の【続きを読む】に収納して、先に簡単な結論をここでまとめさせていただきます。



1、今回の改訂は主にデジタル技術に対応するためのものです。なお、デジタル技術はデジタル制作、2D・3DCGに指します。

2、ほぼ全文に修正が入り、文章全体は簡単にまとめられて、言い回しが省略されている。また読みやすさ優先のため、段落間隔は前より大きく設定されている。全部読み比べてはしていないけど、全体的は文字数がそれなりの量が減ったと思うが、文章の意義は9割5分変わらない上、新しく書き下ろされている内容も結構ある。

3、修正が入ることにより、読みやすさはもちろん、分かりやすさも以前と比べられないほど上った。

4、書き下ろしや大幅書き直しはすべての章にある。あくまで節単位の追加だが、旧版で読めない話や結論も多々ある。

5、対して、削除された節や記述もそれなりある。重複した内容は主な削除対象だが、一部のコンテや演出についての記述も削除された。作者の判断でそれほど重要じゃない箇所かもしれないが、ちょっともったいない気もする。

6、一般の演出志望者、アニメーター、視聴者、読者ならば、新たに出版された改訂版を読めばいい。しかし、何せ削除された小節もありますゆえ、もし富野監督のアニメに対する考え方などまで全部知りたいならば、旧版も一緒に買うことがオススメです。




 以下は、旧版と改訂版目次の一覧および主な修正対象についての説明です。ワーッと出てきますよ。単に記事として読んでも大して面白くないものなので、興味ない方は上の結論だけを読んでいただければいいと思います。

▽続きを読む▽

ガンダムエース2011年10月号レビュー(富野新作情報併せて掲載)

2011/08/27 00:52|レビューTRACKBACK:0COMMENT:6
このエントリーを含むはてなブックマーク はてなブックマーク - ガンダムエース2011年10月号レビュー(富野新作情報併せて掲載)
 今まで一度も月刊に対してレビューを書いたことありませんが、今回は特別にガンダムエース2011年10月号のレビューを書きます。といっても、富野由悠季監督に関する部分や自分が興味を持つ話にだけ。


1、まず、表紙はカトキハジメになっている。もう安彦時代じゃないと実感させられた。まあ別に気にしないけど。

2、表紙に北爪ZとSEEDとAGEとオリジンがある。あと「富野対談集Ⅱ絶賛発売中」という広告も。Zは別にして、ユニコーンは無いというのは、やはりユニコーンは今の進行しているガンダムのアニメのなかで、一番新味のないということね。刻(とき)の涙を見た。
※:今進行しているガンダムのアニメ企画はユニコーン、AGE、オリジン、SEEDの4つ。

3、北爪Zは”真のシャアの物語”と言われている。なんじゃそりゃ。

4、今回は1/48のガンダム胸像のプラモがついている。おかげさまで値段も1.5倍に。正直ちょっと迷惑なのよね。

5、雑誌のページのところに2ページに渡る富野由悠季対談集と8/28のトークショーの告知。

新作情報その1

6、Z漫画の前に1ページで北爪を紹介。が、誤字やミスの嵐。以下で紹介。
 ①『伝説巨人イデオン』(しかも二回)→巨神
 ②湖川友兼(しかも二回)→湖川友謙
 ③エルガイムのチャム・ファウ→リリス・ファウ

7、対談は、写真家の川島小鳥氏と。自分もネットで軽く見たんですが、『未来ちゃん』という作品の存在感は半端ない。本当にすごい。しかし、今回はかなり趣味全開な対談ですな、面白いからいいけど。

8、9/10発売のニュータイプエースの告知。例のあれもあります。

新作情報その2



 え、画像小さすぎてよく見えない? よーし、パパ頑張って貼っちゃうよー。というわけで、以下は今回ガンダムエースに載った富野由悠季監督の新作を匂わせる書き方の一覧です。

新作情報その3

 トークショーの告知により。衝撃発言も…!?

新作情報その4

 編集後記により。今のところ、ニュータイプエースにガンダムファンが驚くネタといえば、まあ安彦やら美樹本もいるが、やはり一番の驚きは富野監督のアレですな。

新作情報その5

 ニュータイプエース告知により。大和田氏のトミノ伝。人気があるとはいえ、富野監督がもし新雑誌と何の関係もないなら、まず載らない読みきりなので、これもヒントの一つです。ちなみにこれは第1号の内容。

新作情報その6

 ニュータイプエース告知により。よく見ると、シルエットだけでなく、富野監督そのものが見える。ちなみにこの書き方だとちと微妙ですので、第1号の内容か第2号の内容かはちょっと知りません。まあ、第1報は8/28の時なので、これは改めて誌上で正式に告知か、さらに詳細な情報のどっちですかな。

 ちなみに、現時点の情報で新作について分析する記事は以下のリンクからです。

わが世の春が来た? 富野新作来るらしい
ぶっちゃけ富野新作に旧作のアニメ化は無いよね

▽続きを読む▽

レビュー:『ガンダム世代への提言Ⅰ 富野由悠季対談集』

2011/08/07 01:02|レビューTRACKBACK:0COMMENT:2
このエントリーを含むはてなブックマーク はてなブックマーク - レビュー:『ガンダム世代への提言Ⅰ 富野由悠季対談集』
 今日『ガンダム世代への提言 富野由悠季対談集 I』を入手し、さっそく読破しましたので、ここで簡単なレビューをしたいと思います。これから購入しようとする方への指南になってくれればありがたいです。



 この本はご周知のとおり、月刊ガンダムエースにて好評連載中の対談企画「教えてください。富野です」(初期:「富野さんこんにちわ」)の単行本化したものです。7月は1巻、8月は2巻、9月は3巻といった具合で三ヶ月連続刊行とのことで、収録分は2003年5月から今年の5月号まで網羅する仕様です。6年前も一度単行本がありましたが、今回は版型を変えて新たな単行本なので、それに合わせて変わった部分もいろいろあります。

 まず、1~3巻共通の変更点を以下で説明します。

1.版型の変更により、ページや収録数も変わる。雑誌の8ページから新単行本の12ページになり、収録回数も旧単行本の24回から今回の32回に大幅増加。1巻と2巻のページ数はそれぞれお399ページと400ページで、かなり厚くてお買い特仕様。

2.その代わりに、紙質がそれほど良くない。いわゆる「わら半紙」ってやつに印刷されている。ほぼ文字だけの本だから、ただ読むだけでは支障が出ないが、長く持ちたいという点から見ればややマイナスか。

3.本書の注意書きによると、年齢、肩書き、数値などのデータは基本的に対談当時のものに基づくが、一部2011年7月時点のものに修正されたものもあるらしい。また、この本は2003年~2006年の対談を収録されるもののため、一部の話題が今読むといささか古く感じるかもしれない。

4.対談始めの前振りは大半省略された。例をいうと、対談のはじめに、富野監督はよく「僕は~~を見て、~~と感じました。それで~~さんに感心してますが、まず~について教えてください」みたいな前振りを言っているが、これらは今回の単行本ではカットされた部分も多い。

5.文章自体はかなりの編集が入っているが、それで内容的に損なった部分はほぼ無い。しかし編集が入っているため、ユーモラスな部分、富野監督の素直な反応や、逆に対談者が富野監督の鋭い指摘に感心する掛け合いも無くなった。個人にとってはかなり惜しい部分。

6.写真や図解などはほぼ削除された。写真自体に拘らない方にとって別になんともないが、写真で対談の雰囲気を伝ったり、図解で対談の内容の理解への促進したりする機能も無くなってた分、読んでであまり飲み込めない話もあるかもしれない。

7.また、対談終えての富野監督の感想やオススメ著書も収録されていない。対談集とはいえ、富野監督個人の魅力に負う部分は否めないので、そういう結論代りの感想は残ってほしかった。

 以上は今回の対談集を購入する際、ぜひ参考してもらいたい部分です。以下は、この第1巻について簡単なレビューをします。



 まず、これは本書の対談者の一覧です。

『富野由悠季対談集』7月26日発売! 第1~32回対談者紹介

森津純子  ホスピス医
中村好寿  軍事アナリスト
山本すず  (旧姓千葉)水泳インストラクター
坂村 健  東京大学教授/YRP ユビキタス・ネットワーキング研究所所長
上妻宏光  津軽三味線奏者
かづきれいこ フェイシャルセラピスト/医学博士
出口恭子  Johnson and Johnson, Global Leadership Associate
松井 誠  役者
斎藤 孝  明治大学文学部教授
加藤陽子  東京大学大学院人文社会系研究科教授
米濱和英  リンガーハット代表取締役会長兼社長
水谷 修  『夜回り先生』著者
石崎晴己  青山学院大学文学部教授
野口聡一  宇宙飛行士
赤星栄志  バイオマス(生物物資)研究開発
沖 大幹  東京大学生産技術研究所教授
山崖俊子  津田塾大学教授(臨床心理士)
藤井あけみ チャイルド・ライフ・スペシャリスト
大月隆寛  民俗学者
GEN CORPORATION 一人乗りヘリコプター開発会社
三沢直子  臨床心理士
大和ミュージアム  呉市海事歴史科学館
セーラ・マリ・カミングス  枡一市村酒造場代表取締役/唎酒師
山折哲雄    国際日本文化研究センター所長(現名誉教授)
伊藤比呂美   詩人
川勝平太    国際日本文化研究センター副所長(現静岡県知事)
宮坂宥洪    岡谷市照光寺住職
山崎バニラ   活弁士(活動写真弁士)
土屋アンナ   モデル・アーティスト
小菅正夫・坂東元  旭川市旭川動物園園長・副園長
日野晃  武道家
石川正俊  工学博士/東京大学教授


 簡単に分けてみますと、収録されている対談には以下の種類があります。

1.「今」の人:
 対談当時、富野監督が着目した人。対談相手は大抵一つの特定した領域で活躍していた人。それらの対談者は大抵生半可ではない道を歩いてきて、鮮やかな人生を過ごした人だが、対談時期は時期なので、こういう種類の対談は相手によっては今読むと話題が古くなったり、対談者が当時ほど活躍しなくなったりするので、全体でいえば鮮度が一番落ちやすい種類の対談。
 この1巻でいえば誰かは明言しないけど、シンカーとかスポーツマンとか賞味期限が短い職業の人はこれに当る。

2.「今」の物事や事物:
 対談当時、富野監督が着目したあらゆる物事。物流のシステムだったり薬物問題だったり珍しい会社だったりする。これも対談の内容によっては古くなったりする。でも、だからといって、その物事から学べないことはないので、単に「人」に着目した対談よりはタメになる気がする。
 この1巻でいえば、一人乗りヘリコプター、ユビキタス、リンガーハットや旭川動物園などがこれにあたる。

3.目立たない特定の領域:
 ある分野で確実に必要されている、もしくはもっと重視されるすべき職業や領域で頑張っている人に対しては、富野監督は賞賛を惜しまないし、対談を借りて世間の注目を喚起する。実際、富野監督が注目しているこれらの領域は10年近く経った今でも、十分な発展や理解を得たとはいえず、こういう方面から見ても、これから我々はもっと重視しなければならないと言える。
 この1巻でいえば、フェイシャルセラピストやチャイルド・ライフの話などはこれにあたる。

4.科学技術や工学などテクノロジー的なもの:
 ある意味上の「2」とダブる部分もあるが、富野監督は感性的な人である一方、科学や実学について興味を持つ同時に、日本の理系軽視にカウンターを置く意味でも、それらの知識をとても重視する。こういったものはたかが10年間で否定されるわけがないので、今読んでも感心させられる対談は多い。
 この巻でいえば、バイオマスがこれにあたる。1巻はどっちかいうと理論や思想的な対談は多いが、2、3巻に収録される部分はさらに理学的なので、こういう話題好きな人はぜひ。

5.ある特定領域が提起する普遍的テーマ:
 富野監督は何がすごいと問われたら、たぶんこの特定した領域から「普遍的なもの」を探ろうとする心が一番すごいでしょう。歴史的なもの、あるいは人自身から何か「普遍的なテーマ」を見つけようとするこの種類の対談は、10年近く経った今読んでも、全然古く感じさせない。だって普遍的なものには鮮度という概念さえない。人の心性、社会の問題、国家の在り様、世界の未来。これらをきちんと見つめている対談こそは、ある意味この富野監督による対談の真骨頂。
 この1巻でいえば、森津純子氏の人の生死の話、宮坂宥洪氏の仏教と般若心経の話、伊藤比呂美氏の詩とファンタジーの力の話などはこれにあたる。

 全部の対談を分類したわけじゃないが、大抵以上の4種類に分けていると考えれば、だいたい掴めると思う。



 最後、本書の最後にガンダムエース2008年11月号に掲載された「トミノの出来方」が収録されてるが、当時掲載されていない新しい写真も収録されている。もっとも、この「トミノの出来方」は第1回こそお宝写真満載だったものの、その2とその3はものすごくショボイ記憶がするのだが。

 大好評発売中の『『ガンダム世代への提言 I 富野由悠季対談集』。1400円で32種類の知識や新しい話を獲得できる。まだ買っていないなら是非試しに読んでください。



 それから、ここでブログを呼んでくださっている皆さんに頼みたいのですが、本書には読者アンケートハガキがついていますが、もしアンケートを送る余裕がございましたら、どうかガンダムエース編集部や富野由悠季監督に「『はじめたいキャピタルGの物語』なり新しい小説を読みたい」というご意志を伝えて欲しい。アニメ企画はなかなか先が見えない今だからこそ、富野監督のガンダムエースまたは角川書店での新作が見たいです。そう思いませんか?

▽続きを読む▽

ブログ内検索

なんとなく富野商品

リンク

このブログをリンクに追加する

カテゴリー

まともに機能しなくてすみません。これからゆっくりペースで直します。

RSSフィード

FC2カウンター

富野監督作品一覧

  • 海のトリトン
  • しあわせの王子
  • 勇者ライディーン
  • ラ・セーヌの星
  • 無敵超人ザンボット3
  • 無敵鋼人ダイターン3
  • 機動戦士ガンダム
  • 伝説巨神イデオン
  • 機動戦士ガンダム(劇場版)
  • 機動戦士ガンダムⅡ 哀戦士編
  • 戦闘メカ ザブングル
  • 機動戦士ガンダムⅢ めぐりあい宇宙編
  • 伝説巨神イデオン・接触篇 -A CONTACT-
  • 伝説巨神イデオン・発動篇 -Be Invoked-
  • 聖戦士ダンバイン
  • ザブングル グラフィティ
  • 重戦機エルガイム
  • 機動戦士Zガンダム
  • 機動戦士ガンダムZZ
  • 機動戦士ガンダム 逆襲のシャア
  • 機動戦士ガンダムF91
  • 機動戦士Vガンダム
  • 闇夜の時代劇 正体を見る
  • バイストンウェル物語 ガーゼィの翼
  • ブレンパワード
  • ∀ガンダム
  • 劇場版∀ガンダムⅠ 地球光
  • 劇場版∀ガンダムⅡ 月光蝶
  • OVERMAN キングゲイナー
  • 機動戦士Ζガンダム A New Translation -星を継ぐ者-
  • 機動戦士ΖガンダムⅡ A New Translation -恋人たち-
  • リーンの翼
  • 機動戦士ΖガンダムⅢ A New Translation -星の鼓動は愛-
  • RING OF GUNDAM
  • ガンダム Gのレコンギスタ
  • 富野参加作品一覧

  • 鉄腕アトム
  • 戦え!オスパー
  • リボンの騎士
  • 巨人の星
  • アニマル1
  • 夕やけ番長
  • 海底少年マリン
  • どろろ
  • 紅三四郎
  • 巨人の星対鉄腕アトム
  • おらぁグズラだど
  • 男一匹ガキ大将
  • ムーミン
  • シートン動物記
  • 赤き血のイレブン
  • アタックNo.1
  • あしたのジョー
  • 男ドアホウ!甲子園
  • 昆虫物語 みなしごハッチ
  • さすらいの太陽
  • 天才バカボン
  • ふしぎなメルモ
  • 新・オバケのQ太郎
  • 国松様のお通りだい
  • いなかっぺ大将
  • 正義を愛する者 月光仮面
  • アニメ・ドキュメント ミュンヘンのへの道
  • モンシェリCoCo
  • ハゼドン
  • ど根性ガエル
  • けろっこデメタン
  • ワンサくん
  • 山ねずみロッキーチャック
  • 侍ジャイアンツ
  • 新造人間キャシャーン
  • アルプスの少女ハイジ
  • ゼロテスター
  • 昆虫物語 新みなしごハッチ
  • 小さなバイキングビッケ
  • 宇宙戦艦ヤマト
  • 破裏拳ポリマー
  • フランダースの犬
  • 母をたずねて三千里
  • アンデス少年ペペロの冒険
  • 超電磁ロボ コン・バトラーV
  • ゴワッパー5 ゴーダム
  • ろぼっ子ビートン
  • あらいぐまラスカル
  • 合身戦隊メカンダーロボ
  • 超電磁マシーン ボルテスV
  • シートン動物記 くまの子ジャッキー
  • ヤッターマン
  • ペリーヌ物語
  • 闘将ダイモス
  • 未来少年コナン
  • とびだせ!マシーン飛竜
  • まんが日本昔ばなし
  • 宇宙魔神ダイケンゴー
  • 赤毛のアン
  • 科学忍者隊ガッチャマンⅡ
  • ザ・ウルトラマン
  • 宇宙大帝ゴッドシグマ
  • ルパン三世(TV第2シリーズ)
  • 新世紀GPXサイバーフォーミュラ
  • 銀河漂流バイファム
  • ママは小学4年生
  • GUNDAM EVOLVE 5
  •  |  富野作品感想 | 富野由悠季関連 | 井荻麟関連 | 富野情報 | 富野雑談 | レビュー | ブログ運営 | 日常話 | 未分類 | 給華文讀者 | Gのレコンギスタ | 
    Copyright(C) 2007All Rights Reserved. TOMINOSUKI / 富野愛好病
    Powered by FC2ブログ.
    template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.