富野由悠季監督とその作品をひたすら語るブログ

TOMINOSUKI / 富野愛好病
http://kaito2198.blog43.fc2.com/

プロフィール

kaito2198

Author:kaito2198
台湾人。
ただのファンです。

twitterは@kaito2198です。

仕事やブログ関係のご連絡は
kaito2198@hotmail.comまでお願いします。

給華文圈之富野由悠季愛好者的一些話
關於本站文章的轉載聲明

富野監督関連資料一覧

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

グーバーウォーク

ガンダム新作『AGE』が発表されたわけだが

2011/06/10 23:41|未分類TRACKBACK:0COMMENT:8
このエントリーを含むはてなブックマーク はてなブックマーク - ガンダム新作『AGE』が発表されたわけだが
 えーと、予想内の部分もあれば、意外な部分もあるので、ちょっとだけ自分の感想を話します。


 デザインとかキャラクターとかは一切気にしていません。子供向けという路線に沿ったものですから。主人公三世代の外見は見事にバラバラしているのは、正直アニメとしてのリアリティは無いですが、気にしない人は気にしないか。

 ガンダムのAIと自動成長という設定について、正直いかがなものかと思いますが、まあ特定な商売をターゲットすることが明らかな上に、いかにも他のアニメからの借り物でしかないので、こちらも気にしない。どうせ買う人は買うし、買わない人は買わない。

 敵はどうやら宇宙人か異星人か宇宙怪獣のどちらになるらしいが、これはもう子供騙しとしか感じない。別にガンダムだからってやっていけないのではなく、100年戦争を作る上に必要な敵だと分かるが、あれで100年も戦って面白いのかな? もう「進化&開発&研究」という、なんかものすごくゲーム的な要素(ゲーム会社だから当然か)も入ってるから、そこらへんは不安要素といえば不安要素だな。作品そのものがないがしろにされて、ただの宣伝フィルム(ある意味そうだが)に成り下がってって。

 そうはいっても、光っているところもあると思います。それは「父、子、孫」と連なる世代交替という要素です。これはガンダムシリーズのみなず、ほとんどのアニメがやったことないことなので、正直この部分だけが凄く興味そそるのです。子供向けであえて主人公の子、孫を出すのは生半可なことではないので、もし本気でやれば、きっと何か伝えるのではないかと期待しています。

 しかしながら、不安要素も感じた。たとえば、せっかく三代主人公なのに、女の子主人公がいない。「男児は自分の世界に女の子が絡む事を見栄張って嫌がる」という意見もあって、なるほどなぁと思いますが、やはりそれがどこかいけないと思う。せっかく家族、世代をテーマにするんだから、そこらへんは「子供たちに家族、世代の意味をわからせる!」という胆力でやらないとね。それこそ富野さんじゃないけど「ちびっ子たち、おまえらもいずれ子供を生むのよ! それからお父さんもお母さんも昔お前たちみたいに子供だったのよ! だからおめえらはアニメを楽しんでいる同時に、それをしっかりと覚えなくちゃいけないぞ!」というものを、きちんとやってもらいたい。それがただの販促アニメを越える唯一の可能性です。

 というわけで、子供向けだというなら、第1世代はちびっ子の父親たちの世代を描き、第2世代でようやくちびっ子たちを代弁する世代を描く。そして第3世代はちびっ子たちがいずれ生むであろう次の世代を描く。場合によって、日本の今までの世代論も入れる。世代を描くことが成功だったら、初めてガンダムで富野監督(の一部分)を越えた!といえると思います。もちろん、富野さんを意識して越える必要はまったくないが、でも富野さんを越えては、はじめてガンダムは新生すると言えると思う。そうでない場合は、やはり富野さんに継続的にガンダムを作らせて、そのガンダムの中身を充実させるほうが、ガンダム産業のためになると思います。

 それにしても、思い切って子供向けにしたのは果断と感じましたが、そこから来るしばらくのマイナス効果を考えたことあるのでしょうね。ありがちなUCファンはユニコーンがあるから、まあここ1、2年は大丈夫だろうし、富野ファンも富野ファンで諦観しているから良いけど、SEEDや00から入った新しいファンがきっと呆れて、一部が「バンナム離れ」を起きたに違いない。それはそれで普通ですが、バンライズはこれを視野に入れているのでしょうか。

 というわけで、以上は新ガンダムについての考えです。以下は富野監督の話に入ります。



 新ガンダムの監督はまだ発表されていませんが、富野由悠季監督じゃないことだけが確実と言えます。しかし今回のガンダムAGE発表で、改めて富野ガンダム好きな人の多さに再発見というか再確認というか、いやむしろ驚きました。いつも富野監督を過大評価するのを恐れているが、逆に過小評価してしまった恐れもあるかもしません。

 考えてみれば、商売面にしてもそうじゃないですか。ユニコーンはDVD・BDは相変わらず基本的に好調らしいが、未だに新訳Z以下だからな。ユニコーンは半年1作で20万くらいしかないのに対し、新訳Z三部作のDVDは10ヶ月内で75万枚出荷という記録を打ち出したのを見れば、普通にユニコーンを越える超優良コンテンツだしな(しかも部分的リメイク)。もちろんZガンダム人気あるのですが、それも富野監督あって始めてあるものですからね。

 というわけで、ガンダムエースあたりで『はじめたいキャピタルGの物語』などの連載が望ましいですが、やはり本命はなんといってもアニメですからね。富野さんの子供向け(というよりむしろ青少年~大人向け)のガンダムじゃないガンダム的な作品は、アニメ企画として動いてくれれば、もうガンダムに満足しちゃいますな。だから、もう今回のガンダムは富野さんが監督するのは望めそうもないが、もしバンダイ・サンライズに新ガンダムを公開するとともに、富野監督の新作企画(2012年か2013年あたりで構いません)を発表する胆力がありましたら、こちらも1年間毎日新ガンダムを宣伝する勢いでバンライズを尽くします

 あと、なんだかんだ富野さんの新企画は存在している模様なので、たとえ監督ではないとしても、「絵コンテ・演出」で新ガンダムに参加しないかな。あまり他人の作品をやりたがらない富野さんですが、「SDガンダムフォース」で絵コンテ切りたいという前例はあるし、仮に新作をやるとしたら、時々アニメの腕を磨かないと、やはり多少鈍くなるしな。

 最後だが、ネットで「富野さんはこの新作に怒っていいよ」と時々見かけますが、それはたぶん違うと思います。なぜならば富野監督は去年で「ガンダムの今の発展はビジネスとしてすごく健全だと考えています」という話を発言したばかりですから。もっとも、富野監督は同時に「しかしそれでいいのかと言われたら、ちょっと違うと思います」とも発言した。つまり、今のビジネスだけでやっちゃう作品は本当に「コンテンツ産業」としてはいいかという反省だ。

 まあ、いままでの富野作品は大半がスマッシュヒットでロングセラーになれることから見れば、やはりしっかりとしたコンセプトを作れる作品のほうがいいでしょう。ほかの人ができるのならば、富野監督が出るまでもないが、なかなかそれがガンダムで出来る人が現れない以上は、やはり富野監督につくってもらわないとね。いや、むしろ作るべきです。


今晩は。皆様からの誕生祝い大変有難うございます。これからも生涯現役をモットーに頑張ります。幸い来年の仕事の予定も入っていますし、富野監督の仕事、YASさんの仕事等・・・Twitter初めて良かった。 今晩も楽しい夢を見て下さい(祈る)

 ちなみにこれは去年12月末のツィートだったが、大河原さんはここ数年富野監督と仕事したことないのを踏まえて、やはり新しいものと見ていいかな? まあ、アニメという証拠はどこにもないけどね。

コメント
ガンダムAGEはいかにもバンライズらしい商業主義が全面に出た企画でしたね。
ここ1.2年のアニメ業界はイナズマイレブンやプリキュアといった子供向けの作品が多くヒットして、逆に大人向けの深夜アニメが振るわない、という状況です。
なので、大人向けではなく子供向けの企画で売りに行こうという姿勢はいかにもバンライズらしいな、ー・・と
サンライズが長い間アニメプロダクションとして大手で居られたのもこの節操の無さ(褒めてます)がいい方向に働いたのだと思います。
個人的には生温かい目で見守っていくつもりです。
それはともかく、このエントリーで気になったことが一つ。
ガンダムUCに対して劇場版Zが売れた事を引き合いに出して、富野監督はまだ行ける!と書いておられますが、それはどうなのかな?という気が個人的にはします。
Zが上映された頃はガンダムSEEDのヒットの余波がありましたし、何より今より景気が良かった。
この二つの要因のお陰で実力以上のヒットをした、というのが真相ではないでしょうか?
少なくとも私はZは富野作品としては最悪の出来だったし、これにはヒットして欲しくなかった、というのが本音です。
特に劇場公開版はちょっと・・クワトロが百式ごとシャトルに乗って宇宙に行った次のカットで何故か(地上の)ダカールに居る、など「映像の原則」を完全に無視したシークエンスがあったりして(DVDでは直っていたけれど)、なるべく人には見てもらいたくないです。
私としては富野監督に新作を作ってもらってZの悪夢を払拭してもらうことを期待しています。



bonzoku #-|2011/06/11(土) 23:17 [ 編集 ]
おっしゃることはよくわかります。確かに景気要因ってのは大きかったでしょう。20代以下の大きなお友達はともかく、30代にもなると、趣味より生計を考えなければいけないでしょう。その点で考えたら、確か「出来以上のヒット」ができたのでしょうね。
出来に関して、私も同じような考えです。が、事実としてユニコーンより売れてた成果があります。文中で言ったのはあくまで目に見える成果で、他の要因はご指摘のとおり特に言及していませんでした。
劇場公開版は見たことありませんが、正直DVD版でも新訳Zはよくないです。私から見れば、新訳Zは「いいところはあるけど、完成度は低い作品」であって、商業的な思惑でああいう形になったのを理解しても、正直納得できません。
私としては、それほど富野さんに失望していません。というのもZの後に『リーンの翼』があるからです。リーンもリーンで問題がありますけど、Zとは別の問題なので、Zの悪いところは構成以外は見られないので、富野さんはまだまだ行けると判断しているのです。
新作見たいところは、私もまったく同じ思いです。
kaito2198 #-|2011/06/12(日) 00:25 [ 編集 ]
ガンダムAGEには驚きましたね。初めてガンダムに拒絶反応しました・・・・・。まあ、Gガンダムからガンダム好きになっちゃった私がこんなこと言うのもオカシイですけど・・・・。管理人さんとbonzokuさんの見解は正しいと思います。でも、私、Gガンダムからガンダムに入って、Zガンダムが一番好きになっちゃったんですよね。Zには(もちろんZZもね!)色々と教えられましたよ。今思い出すと、あれこそ私の人生最大の作品です。

ガンダムAGEも子供向けにやるんなら、思う存分やって欲しいです。どうせなら大人のファン全員敵に回すぐらいw
それでも、ガンダムらしく既成概念やタブーを打ち破る姿勢は見せてほしいです。
新しいファンを獲得するのは決してガンダム全体に対して悪いことじゃないと思います。

ああ、でも、私にも拒絶反応が出てきている・・・・・。新しいガンダムを好意的に受け入れがたくなってる。
大人になったな・・・・・・。
DAI #-|2011/06/12(日) 00:45 [ 編集 ]
DAIさん、コメントありがとうございます。
まあ、本音でいえば拒絶したいですが、拒絶しても何の意味もないというか、富野監督のファンなので一歩退いたところで見ることができただけです。
そしてDAIさんがおっしゃるとおり、Zみたい他人に何かを教えられるほどのものに仕上げるほうが、「作品」といえるのでしょう。でなければファンを獲得することもできません。

もっとも、DAIさんの場合は拒絶というより、全然今回のターゲット外なので、むしろ当たり前の反応ではないかと。seedなんかは分かりやすい今風にしたんですけど、やはり年齢層もうちょっと高かったんですしね。でも今回は完全子供向けなので、それも仕方ないのでは。ですから気にする必要はまったくないと思いますよ。
kaito2198 #-|2011/06/12(日) 03:02 [ 編集 ]
富野ガンダム好きの多さの再発見というのが気になります。富野ガンダム好きなので嬉しいです。


富野監督と大河原さんでもし新作アニメならすごい話題になりそう。富野監督の新企画が気になります。



新約Zってそんなに出荷してたんですね。実売6割だとしてもすごい数字。


ガンダムAGE,これをキッカケにして子供達が富野ガンダムを観てくれることを祈ります。今の20代後半30代前半のガンダムファンは逆襲のシャアあたりのSDガンダムがキッカケの人が多いと思う。私もその一人で、全くガンダムに興味がなかったのに、SDガンダムカードダスがブームになり興味を持ち、集めるようになった。その時に友達に借りた逆襲のシャアのビデオを観て、とんでもない衝撃を受けました。観た後はもう放心状態でした。それ以来富野ガンダム、富野作品好きに。


三十 #-|2011/06/12(日) 10:03 [ 編集 ]
こんにちは。

サンライズの雑食性に
感心したのが第一印象です。

サンライズ=ガンダム=ロボットアニメ

の公式しか見えないと
意味を理解してもらえないと思いますが。

やなせたかしさんの作品をつくっていたり
近作の「カラフル」もシンエイの流れの監督
だし。

取り込んでゆく力は
他のどのスタジオよりもあるきがする

まあ、ガンダムがあればこそですが

とこれで、最近「侍ジャイアンツ」
というアニメを暇つぶしにみた。
予告のカットだけでトミンノンの
お仕事だろうな......とおもったら。

その通りでした。

ps、前回「ダンボール」の事に
触れましたが、単なる偶然です。
だから僕は #.ciQz8fI|2011/06/12(日) 18:42 [ 編集 ]
そうですね、新ガンダムから富野監督作品への回流現象が期待されています。ああいう綺麗事だけじゃない作品があればこそ、記憶に残られるでしょうね。企画は富野さんの言い草から見れば、あるにはあるが…というのがおそらく今のところの進度だと思われます。何せ新ガンダム発表したばかりですから、すぐにはちょっと無理かもしれません。とても残念ですが。
kaito2198 #-|2011/06/13(月) 07:23 [ 編集 ]
実はサンライズはスタジオワーク全体から見れば、すごく健全な会社だと思いますよ。
だからこそ、富野作品みたいなのも作ってもらいたいですが…。
kaito2198 #-|2011/06/13(月) 09:55 [ 編集 ]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURLはこちら
http://kaito2198.blog43.fc2.com/tb.php/969-90fb777f

ブログ内検索

なんとなく富野商品

リンク

このブログをリンクに追加する

カテゴリー

まともに機能しなくてすみません。これからゆっくりペースで直します。

RSSフィード

FC2カウンター

富野監督作品一覧

  • 海のトリトン
  • しあわせの王子
  • 勇者ライディーン
  • ラ・セーヌの星
  • 無敵超人ザンボット3
  • 無敵鋼人ダイターン3
  • 機動戦士ガンダム
  • 伝説巨神イデオン
  • 機動戦士ガンダム(劇場版)
  • 機動戦士ガンダムⅡ 哀戦士編
  • 戦闘メカ ザブングル
  • 機動戦士ガンダムⅢ めぐりあい宇宙編
  • 伝説巨神イデオン・接触篇 -A CONTACT-
  • 伝説巨神イデオン・発動篇 -Be Invoked-
  • 聖戦士ダンバイン
  • ザブングル グラフィティ
  • 重戦機エルガイム
  • 機動戦士Zガンダム
  • 機動戦士ガンダムZZ
  • 機動戦士ガンダム 逆襲のシャア
  • 機動戦士ガンダムF91
  • 機動戦士Vガンダム
  • 闇夜の時代劇 正体を見る
  • バイストンウェル物語 ガーゼィの翼
  • ブレンパワード
  • ∀ガンダム
  • 劇場版∀ガンダムⅠ 地球光
  • 劇場版∀ガンダムⅡ 月光蝶
  • OVERMAN キングゲイナー
  • 機動戦士Ζガンダム A New Translation -星を継ぐ者-
  • 機動戦士ΖガンダムⅡ A New Translation -恋人たち-
  • リーンの翼
  • 機動戦士ΖガンダムⅢ A New Translation -星の鼓動は愛-
  • RING OF GUNDAM
  • ガンダム Gのレコンギスタ
  • 富野参加作品一覧

  • 鉄腕アトム
  • 戦え!オスパー
  • リボンの騎士
  • 巨人の星
  • アニマル1
  • 夕やけ番長
  • 海底少年マリン
  • どろろ
  • 紅三四郎
  • 巨人の星対鉄腕アトム
  • おらぁグズラだど
  • 男一匹ガキ大将
  • ムーミン
  • シートン動物記
  • 赤き血のイレブン
  • アタックNo.1
  • あしたのジョー
  • 男ドアホウ!甲子園
  • 昆虫物語 みなしごハッチ
  • さすらいの太陽
  • 天才バカボン
  • ふしぎなメルモ
  • 新・オバケのQ太郎
  • 国松様のお通りだい
  • いなかっぺ大将
  • 正義を愛する者 月光仮面
  • アニメ・ドキュメント ミュンヘンのへの道
  • モンシェリCoCo
  • ハゼドン
  • ど根性ガエル
  • けろっこデメタン
  • ワンサくん
  • 山ねずみロッキーチャック
  • 侍ジャイアンツ
  • 新造人間キャシャーン
  • アルプスの少女ハイジ
  • ゼロテスター
  • 昆虫物語 新みなしごハッチ
  • 小さなバイキングビッケ
  • 宇宙戦艦ヤマト
  • 破裏拳ポリマー
  • フランダースの犬
  • 母をたずねて三千里
  • アンデス少年ペペロの冒険
  • 超電磁ロボ コン・バトラーV
  • ゴワッパー5 ゴーダム
  • ろぼっ子ビートン
  • あらいぐまラスカル
  • 合身戦隊メカンダーロボ
  • 超電磁マシーン ボルテスV
  • シートン動物記 くまの子ジャッキー
  • ヤッターマン
  • ペリーヌ物語
  • 闘将ダイモス
  • 未来少年コナン
  • とびだせ!マシーン飛竜
  • まんが日本昔ばなし
  • 宇宙魔神ダイケンゴー
  • 赤毛のアン
  • 科学忍者隊ガッチャマンⅡ
  • ザ・ウルトラマン
  • 宇宙大帝ゴッドシグマ
  • ルパン三世(TV第2シリーズ)
  • 新世紀GPXサイバーフォーミュラ
  • 銀河漂流バイファム
  • ママは小学4年生
  • GUNDAM EVOLVE 5
  •  |  富野作品感想 | 富野由悠季関連 | 井荻麟関連 | 富野情報 | 富野雑談 | レビュー | ブログ運営 | 日常話 | 未分類 | 給華文讀者 | Gのレコンギスタ | 
    Copyright(C) 2007All Rights Reserved. TOMINOSUKI / 富野愛好病
    Powered by FC2ブログ.
    template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.