富野由悠季監督とその作品をひたすら語るブログ

TOMINOSUKI / 富野愛好病
http://kaito2198.blog43.fc2.com/

プロフィール

kaito2198

Author:kaito2198
台湾人。
ただのファンです。

twitterは@kaito2198です。

仕事やブログ関係のご連絡は
kaito2198@hotmail.comまでお願いします。

給華文圈之富野由悠季愛好者的一些話
關於本站文章的轉載聲明

富野監督関連資料一覧

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

グーバーウォーク

富野由悠季は15のペンネームを持っている

2011/04/19 17:37|富野由悠季関連TRACKBACK:0COMMENT:8
このエントリーを含むはてなブックマーク はてなブックマーク - 富野由悠季は15のペンネームを持っている
 三年前このブログ立ち上げた間もなくすでに書いたネタですが、今月号のオトナファミは「誰かに話したくなる! インドアエンタメ 知られざる伝説55連発 LEGEND of ANIME」という特集のなか、「富野由悠季は10以上のペンネームを持っている」というトリビアを紹介しましたので、こっちも負けじと、同じ話題を立ち上げています(笑)。

 で、一応オトナファミに対する挑戦(笑)なので、そのお題はあえてオトナファミより断言する「富野由悠季は15のペンネームを持っている」と付けます。いや、ペンネームという言い方は厳密的いうとちょっと違うのですが、とにかく結果的に富野監督がアニメにおいては、15つの名義を使ったという意味として捉えれば幸いです。



 ご承知のとおり、富野由悠季監督はいろいろなペンネームを持っているアニメーション演出家です。本名の富野喜幸はもちろん、富野作品を見れば必ず見かける井荻麟斧谷稔もメジャーなペンネームです。しかし、富野監督の数十年にも及ぶアニメキャリアのなか、実際はそれ以外にもたくさんの名義を持っています。果たしてどれくらいあるのか、以下は富野監督が実際に使った時間順で順次に紹介します。



01、富野喜幸
 もう言う必要もないと思いますが、富野由悠季監督の本名なんです。今の若い子だと「由悠季」のほうが馴染みかもしれませんが…。
 「さすらいのコンテマン」の時代・脚本・演出、それから『海のトリトン』から『機動戦士ガンダム』、『伝説巨神イデオン』までの総監督のとき使っていた名義です。


02、新田修介
 富野喜幸が初めて演出・脚本を担当した『鉄腕アトム』の第96話「ロボット・ヒューチャーの巻」で使った名義です。富野青年がこれまでも『アトム』で演出助手を担当したことがありますが、初めてクレジットされたのはこのペンネームです。
 今でこそ富野由悠季の華々しいデビューと捉えていますが、当時の富野青年はテレビマンガの演出という気恥ずかしさもあって、この名義を使ったのですが、すぐにそれが無意味だと気づいたか、この後すべて実名を使ったのです。よって、
「新田修介」は一回きりのペンネームとなったのです。


03、小田良
 あまり知られていませんが、富野監督が結婚する前後、アニメだけでは食っていけないかと考えて、一時期マンガ家を目指してた頃もあったそうです。それが投稿するときに用いたペンネームです。元ネタは明かされていませんが、富野監督のペンネームの傾向から考えれば、たぶん出身地の「小田原」だと思われます。
 言うまでもなく、富野はこの後アニメに従事し続けていますので、マンガ道の挫折とともに、この名義も自然消滅しました。


04、阿佐南
 『ムーミン』のときに使っていたペンネームです。元ネタはいうまでもなく、当時この作品を制作する東京ムービーのスタジオにいる「南阿佐ヶ谷」です。この名義は意外にも一回っきりですが、ほかにもいろんな亜種が存在していた。


05、斧谷喜幸
 『さすらいの太陽』のコンテのみで見られるペンネームです。この名義使った間もなく、「斧谷稔」のほうに移行しました。「斧谷」というペンネームの由来は長年ファンの間の謎でしたが、実際は富野夫人「亜阿子さん」の旧姓で、鳥取ゆかりの苗字です。詳しくは富野ファミリーの人々 その1「亜阿子さん」を参照ください。


06、斧谷稔
 もっとも有名なペンネームの一つで、”テレビアニメ”の脚本・コンテ・演出をするときの名義です。『イデオン・ライナーノート』の頃までは謎のコンテマンだったらしいですが、記録全集などのコメントを今見るとバレバレ。
 ちなみに、富野監督は映画だと富野由悠季名義を使っていることが多いですが、唯一『Ring of Gundam』は例外で、短編映画でありながら「斧谷稔」を使ったのです。


07、阿佐みなみ
 『ど根性ガエル』と『ラ・ゼーヌの星』と『ダイモス』のコンテで使ったペンネームで、南阿佐ヶ谷関連の亜種のなか、いちばんよく使っていた名義です。


08、南阿佐
 『天才バカボン』の絵コンテのときに使ったペンネームです。ちなみに、この仕事は『富野由悠季全仕事』ではカウントされていません。キネマ旬報社さん、早く増補版を出してくださーい。


09、とみの喜幸
 なんかペンネームを使った気がしませんが、やはりペンネームの一つです。世界名作劇場や『未来少年コナン』などで使った名義です。『ラスカル』ではなぜか同時に「とみの喜幸」と「富野喜幸」を使いました。


10、富野幸喜
 これはペンネームではなく、「カルピスまんが劇場」の『山ねずみロッキーチャック』のときの誤植です。そのままオンエアでクレジットされましたので、ここではあえてカウントします。


11、井草明夫
 『無敵鋼人ダイターン3』のみで、コンテ・演出・作画監督として使ったペンネームです。『無敵超人ザンボット3』は作画監督を設けていなかったため、画がめちゃくちゃ回もまちまちという反省から、『ダイターン3』からは作画監督を設けましたが、それでも人手不足なので、富野監督も仕方なく作画監督を勤めたという始末です。
 あ、ちなみにここでウンチクさせていただきますと、富野監督は『ザンボット3』、『ダイターン3』、『ガンダム』、『イデオン』では原画を担当したことあります。また、『ザンボット3』のときは動画も一緒にやったという。あと、亜阿子さんも『ガンダム』で仕上げのバイトをやったらしい。
 元ネタはもちろん「上井草」か「下井草」です。


12、日本サンライズ企画室
 これは富野監督のペンネームじゃないですが、富野監督が作詞した「行け!ザンボット3」「カムヒア!ダイターン3」「トッポでタンゴ」はこの名義で発表されたものなので、ここでもカウントします。ちなみに、「宇宙の星よ永遠に」は富野作詞ではないらしい。


13、井荻麟
 もっとも有名なペンネームの一つです。『機動戦士ガンダム』以降作詞のとき使っている名義です。富野監督はこのこの名義で大量な作品を残っていて、詳しくは富野由悠季作詞一覧を参照ください。


14、富野由悠季
 『戦闘メカ ザブングル』以降、あらゆる活動で使ってる名義で、間違いなくもっとも有名なペンネームです。『ザブングル』以降の総監督、『ブレンパワード』のテレビアニメ脚本、映画/OVAの脚本・コンテのほか、小説・エッセイなどもこの名義で発表します。
 あと、誤解されるがちですが、富野監督本人は別に改名していません。本名はあくまで「富野喜幸」です。


15、下井草伊井乃弼
 サンライズ共同のペンネーム……らしい。『OVERMANキングゲイナー』のとき、さまざまの伝説を残した悪名高い邪神……というのは一般の評価ですが、作画監督が見つからないため(湖川説もあるが、不明)、富野監督が仕方なく作画監督というポジションをやったとも。
 元ネタはそのまんま「下井草」。



 以上は、富野由悠季監督が今まで使った名義の一覧です。オトナファミさんは今回のような企画をするのが、本当に素敵だと思いますが、まだまだ甘いですな(笑)。

コメント
すごく…大人げないです(笑)。私だって「いまさらこんなトリビアを『知られざる伝説』って…(笑)」と思いつつ、ツッコミを入れなかったのに(*´Д`)。「これは絶対kaito2198さんが食いついてくるだろうな」と思っていたら、予想通りの記事が書かれていて、失礼ながら爆笑しました(笑)。

kaito2198さんが挙げた15のペンネーム。私ももちろん全部知っていましたよ…と言いたいところでしたが、「小田良」は知らなかったなあ(*´Д`)。こんなのあったんですねえ…。

個人的に印象に残っているのは「下井草伊井乃弼」かなあ。これは“悪い意味”で伝説になっちゃいましたね。オタクが騒ぐ“作画崩壊”の先駆けというか…。私の中では湖川友謙説の方が有力なんですけど、真相はどうなんでしょうね?
Randal #A8/4QVso|2011/04/20(水) 00:29 [ 編集 ]
まさにRandalさんのところで紹介を読んだから、この記事を書いたのです。いや、知られざるかどうかは置いといて、この話を持ち上げるオトナファミさんには感心してますよ(笑)。
小田良はちょっと珍しいですよね。これは『だから僕は…増補版』に収録されているマンガ原稿上の署名です。ちょっと古い本なので。
下井草に関しては……まあ私も湖川先生説の可能性が高いと思いますが、とても尊敬に値する方なので、あえてこのような書き方をしました。
kaito2198 #-|2011/04/20(水) 08:16 [ 編集 ]
『鉄腕アトム』の第96話「ロボット・ヒューチャーの巻」は本放送使用時のテロップカードが発見され画面上では「富野喜幸」であることが確認されたと鉄腕アトムDVD-BOX4(2003年発売)の付録のデータ・ファイルという小冊子(P11)に書かれていました。
本当にクレジットされたのかな・・・?
という疑問だけを投稿しておきます。
おおた #htcttySU|2011/04/21(木) 01:11 [ 編集 ]
それに関してですが、テロップは後から制作されているもので……という話はなんとなく覚えていますが、おおたさんのコメントを読んで、そうでもなさそうかもですね。残念ながら、私はアトムBOX買っていませんので、詳しい内容は知りませんけれど、ひょっとしたら制作中の資料は新田修介で、放送のときは富野喜幸名義かもしれませんね。
kaito2198 #-|2011/04/21(木) 07:59 [ 編集 ]
>下井草伊井乃弼
当時別スタジオにいた元日登の人曰く湖川さんで間違いない様です。
char_blog #LkZag.iM|2011/04/23(土) 21:25 [ 編集 ]
char_blogさん、いつもお世話になっております。ご情報ありがとうございます。
なるほど、確定情報ですね。すると第13話も湖川さんでしたね。
kaito2198 #-|2011/04/24(日) 08:19 [ 編集 ]
富野由悠季の16個目のペンネーム、声優用の名義「井荻翼」が出来たようです ttp://t.co/O3JAJCvogb
#-|2015/03/23(月) 22:08 [ 編集 ]
ありがとうございます。新規の記事にしました。
kaito2198 #L2WcHO2o|2015/03/24(火) 00:38 [ 編集 ]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURLはこちら
http://kaito2198.blog43.fc2.com/tb.php/945-c9c87f56

ブログ内検索

なんとなく富野商品

リンク

このブログをリンクに追加する

カテゴリー

まともに機能しなくてすみません。これからゆっくりペースで直します。

RSSフィード

FC2カウンター

富野監督作品一覧

  • 海のトリトン
  • しあわせの王子
  • 勇者ライディーン
  • ラ・セーヌの星
  • 無敵超人ザンボット3
  • 無敵鋼人ダイターン3
  • 機動戦士ガンダム
  • 伝説巨神イデオン
  • 機動戦士ガンダム(劇場版)
  • 機動戦士ガンダムⅡ 哀戦士編
  • 戦闘メカ ザブングル
  • 機動戦士ガンダムⅢ めぐりあい宇宙編
  • 伝説巨神イデオン・接触篇 -A CONTACT-
  • 伝説巨神イデオン・発動篇 -Be Invoked-
  • 聖戦士ダンバイン
  • ザブングル グラフィティ
  • 重戦機エルガイム
  • 機動戦士Zガンダム
  • 機動戦士ガンダムZZ
  • 機動戦士ガンダム 逆襲のシャア
  • 機動戦士ガンダムF91
  • 機動戦士Vガンダム
  • 闇夜の時代劇 正体を見る
  • バイストンウェル物語 ガーゼィの翼
  • ブレンパワード
  • ∀ガンダム
  • 劇場版∀ガンダムⅠ 地球光
  • 劇場版∀ガンダムⅡ 月光蝶
  • OVERMAN キングゲイナー
  • 機動戦士Ζガンダム A New Translation -星を継ぐ者-
  • 機動戦士ΖガンダムⅡ A New Translation -恋人たち-
  • リーンの翼
  • 機動戦士ΖガンダムⅢ A New Translation -星の鼓動は愛-
  • RING OF GUNDAM
  • ガンダム Gのレコンギスタ
  • 富野参加作品一覧

  • 鉄腕アトム
  • 戦え!オスパー
  • リボンの騎士
  • 巨人の星
  • アニマル1
  • 夕やけ番長
  • 海底少年マリン
  • どろろ
  • 紅三四郎
  • 巨人の星対鉄腕アトム
  • おらぁグズラだど
  • 男一匹ガキ大将
  • ムーミン
  • シートン動物記
  • 赤き血のイレブン
  • アタックNo.1
  • あしたのジョー
  • 男ドアホウ!甲子園
  • 昆虫物語 みなしごハッチ
  • さすらいの太陽
  • 天才バカボン
  • ふしぎなメルモ
  • 新・オバケのQ太郎
  • 国松様のお通りだい
  • いなかっぺ大将
  • 正義を愛する者 月光仮面
  • アニメ・ドキュメント ミュンヘンのへの道
  • モンシェリCoCo
  • ハゼドン
  • ど根性ガエル
  • けろっこデメタン
  • ワンサくん
  • 山ねずみロッキーチャック
  • 侍ジャイアンツ
  • 新造人間キャシャーン
  • アルプスの少女ハイジ
  • ゼロテスター
  • 昆虫物語 新みなしごハッチ
  • 小さなバイキングビッケ
  • 宇宙戦艦ヤマト
  • 破裏拳ポリマー
  • フランダースの犬
  • 母をたずねて三千里
  • アンデス少年ペペロの冒険
  • 超電磁ロボ コン・バトラーV
  • ゴワッパー5 ゴーダム
  • ろぼっ子ビートン
  • あらいぐまラスカル
  • 合身戦隊メカンダーロボ
  • 超電磁マシーン ボルテスV
  • シートン動物記 くまの子ジャッキー
  • ヤッターマン
  • ペリーヌ物語
  • 闘将ダイモス
  • 未来少年コナン
  • とびだせ!マシーン飛竜
  • まんが日本昔ばなし
  • 宇宙魔神ダイケンゴー
  • 赤毛のアン
  • 科学忍者隊ガッチャマンⅡ
  • ザ・ウルトラマン
  • 宇宙大帝ゴッドシグマ
  • ルパン三世(TV第2シリーズ)
  • 新世紀GPXサイバーフォーミュラ
  • 銀河漂流バイファム
  • ママは小学4年生
  • GUNDAM EVOLVE 5
  •  |  富野作品感想 | 富野由悠季関連 | 井荻麟関連 | 富野情報 | 富野雑談 | レビュー | ブログ運営 | 日常話 | 未分類 | 給華文讀者 | Gのレコンギスタ | 
    Copyright(C) 2007All Rights Reserved. TOMINOSUKI / 富野愛好病
    Powered by FC2ブログ.
    template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.