富野由悠季監督とその作品をひたすら語るブログ

TOMINOSUKI / 富野愛好病
http://kaito2198.blog43.fc2.com/

プロフィール

kaito2198

Author:kaito2198
台湾人。
ただのファンです。

twitterは@kaito2198です。

仕事やブログ関係のご連絡は
kaito2198@hotmail.comまでお願いします。

給華文圈之富野由悠季愛好者的一些話
關於本站文章的轉載聲明

富野監督関連資料一覧

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

グーバーウォーク

富野ファミリーの人々 その1「亜阿子さん」

2011/03/03 16:57|富野由悠季関連TRACKBACK:0COMMENT:6
このエントリーを含むはてなブックマーク はてなブックマーク - 富野ファミリーの人々 その1「亜阿子さん」
 いつも富野由悠季監督のことばかり語ってるこのブログですが、今日はちょっと趣旨を変えて、富野監督のご家族について簡単に紹介したいと思います。富野監督のプライベートを詮索したいわけではない。ただ富野作品を見ればわかるとおり、主人公らの家族に対し、富野監督は必ずといっていいほどなんらか非常に凝ってる描写をするものなので、実際の富野監督の家族事情とそのメンバーを知れば、こういった側面から富野監督とその作品をもう一度見直すこともできるかもしれないだろう。もちろんさっきも言ったとおり、富野監督個人のプライベートを詮索するつもりは毛頭ありませんので、一部の情報は略させていただきます。




 さて、今回は第1回として、まず富野由悠季監督の女房「亜阿子さん」について話したいと思います。

「亜阿子さん」もしくは「阿々子さん」というのは、富野監督が文章などで奥さんを言及したとき使う呼称で、もちろん仮名です。しかし、あえて実名で書かないのは富野監督が非常に家族を思ってる人間で、そしてファンも富野監督のその気持ちを汲んでいるから、それ以上詮索することをせず、富野監督の書き方に倣って、奥さんを「亜阿子さん」と呼んで今日まで至った。
 富野監督と違って、亜阿子さんはまったくアニメ界と関係ない人間※なので、その正体を知る人は少ないですが、見た人は必ずその姿にインパクトを食うという。なぜならば、亜阿子さんは常に頭の天辺から足の爪先まで真っ黒に飾っています。そのメルヘンチックな模様から、富野監督のファンから「黒いララァ」と呼ばれることもしばしばあったのです。一部の関係者のリークっぽい情報によると、亜阿子さんはファッション関係の仕事をやってる人らしいですが、よく分かりません。

※とはいうものの、『ガンダム』制作中、人手不足の後半では、亜阿子さんもアルバイトとして仕上げ(セルの色塗り)をやってたらしい。

 では、亜阿子さんの性格はどんなのかというと、富野監督がエッセイなどで言及した亜阿子像を見る限り、女らしくも根気と胆力あって、ときに従順、ときに大胆。非常に俗なところがあると思いきや、男を上回る鋭い感性を持ち、まるで掴みところがないときもある。そう、まるで富野作品に出てくる女性キャラクターのようです。このことから見ても、亜阿子さんが富野監督の女性像に絶大な影響を与えたことが伺えます。

 また、亜阿子さんは湖川友謙さんとも一時的にプライベートな付き合いがあって、今でも仲がいいとか。また、湖川さんも『無敵鋼人ダイターン3』のコロスのモデルが亜阿子さんだという(ここらへんは記憶頼りです。間違ったらどうか教えてください)。




 …おっと、いつまでも皆さんとっくに知ってるような話をしてもつまらないので、ここからちょっと刺激的な話をしよう。

 亜阿子さんの名前は秘密だと冒頭で言いましたが、実は去年富野監督が亜阿子さんの故郷である鳥取県でワークショップを行われたとき、富野監督本人の口から出したのです(その内容は今でもUSTREAMでご覧になれますよ! こちらから→)。奥さんの本当の名前は守見子(すみこ)です。非常に特殊な名前ですが、富野監督も最初に聞いたとき、その響きに惹かれて交際を申し込んだそうです。

 亜阿子さんの本名は去年でようやく判明されたものですが、実はその旧姓もはっきりしていて、ズバリ斧谷です。これは富野監督から公開されたことではないですが、有力な根拠があります。詳しくは以下の記事を参照したい:

富野由悠季のペンネームと亜阿子さんの謎
斧谷亜阿子説の理由

 リンク先に行くのも面倒な方のために簡単にまとめると、理由は以下のとおりです:

1:「斧谷」関連のペンネーム(斧谷喜幸と斧谷稔二つあります)は富野監督が今まで使ってきたペンネームのなか、唯一アニメ制作関連の地名ではないもの。
2:「斧谷」を使い始める頃は、富野監督が亜阿子さんと交際を始める時期とほぼ同じ(『だから僕は…』を参照)。
3:あらゆるペンネームのなか、「斧谷」は富野監督長年唯一その元ネタを公開したがらなかったもの。富野監督が家族のプライベートを守る姿勢にも共通。
4:「斧谷」というのは日本全国でもほとんど見かけない珍しい苗字だが、鳥取県郷土人物文献データベースによりますと、鳥取にかつてには斧谷姓の人間が複数います。

 なので、基本的は間違いないと思います。




 最後、亜阿子さんが登場する作品を紹介します。

 エッセイ『だから僕は…』や『∀の癒し』をはじめ、亜阿子さんはいろんな富野インタビューやトークなどでよく出てきますが、創作物の範囲に限れば、『イデオン・ライナーノート』だけです。これが一部事実で一部フィクションという形をとっているフィクション小説ですが、基本的書かれた性格はほかのメディアで見られたのがまったく同じです。以下はこの本から一部の抜粋ですので、ご興味ある方はどうぞ。

『イデオン・ライナーノート』から見る富野喜幸、亜阿子さん、井荻麟、斧谷稔、湖川友謙
『イデオン・ライナーノート』から見る決してカリスマになれない富野喜幸
『イデオン・ライナーノート』から見る芸能と亜阿子さん
『イデオン・ライナーノート』から見る亜阿子さんと社会にアニメを認めてもらいたかった富野喜幸の心意

0001 -



 次は、『聖戦士ダンバイン』の第17話「地上人たち」に出てくるスクーターに載っている女性。クレジットでは当然載ってないが、その外見も格好も亜阿子さんまんまです。さらに、「サンライズデジタルクロニクル Vol.3 聖戦士ダンバイン」では、その設定画も載っている!

aako.jpg
(画像はひびのたわごとさんから拝借したものです。ありがとう!)


 また、スミコさんという表記で、『ファウ・ファウ物語』のもう一つの主人公であるエミコちゃんのお母さんとして登場。ただし、こっちのスミコさんは本物の守見子さんと違って、わりと常識人であるゆえ(失礼)、ファウファウに翻弄されることもしばしば。本物のあの胆力ある亜阿子さんならば、ミ・フェラリオを見てもきっと驚かないと思います(笑)。残念ながら、文庫の挿絵にスミコさんの絵がないので、ここで紹介できません。エミコちゃんもお父さんもおじいちゃんもおばあちゃんもあるのに、ママ一人だけいないなんて、ちょっとひどい。

コメント
どうもです。
>(斧谷という旧姓について)これは富野監督から公開されたことではないですが

とありますが、

鳥取のワークショップで、富野が自ら言っているはずです。
確認のために自分のブログの記事を見ましたが、間違いないと思います。
この富野の発言に対し、他ならぬkaito2198さんご自身が、実況ツイッターで「推測が当たっていた」と書かれていたはずですよ。
そんなことまで推測していたとは、とビックリした記憶があります。
坂井哲也 #-|2011/03/04(金) 19:27 [ 編集 ]
そういえば実況当時は確かそんな話もあったんですね。なるほど、ちょっと記憶があやふやですが、富野監督本人も言ってましたな。じゃあ公開されてるんだ。

ご指摘ありがとうございます。
kaito2198 #-|2011/03/05(土) 01:32 [ 編集 ]
イベント等で2回ほど拝見したことがあります(ターンAの劇場版は、亜阿子さんの斜め前の席で観ました)。
とても「かっこいい」方ですよ。

イベントで亜阿子さんを拝見した知人女性(上海出身で、父上が高名な舞台芸術家で、彼女自身は所謂「黒富野」作品が大嫌いw)が
「富野監督は、あんなアニメ(←黒富野作品)作る人だから嫌な人物だと思っていたけど、奥さまが聡明そうで優しそうな人なので、そんな女性の夫である富野監督を見直した」
と申しておりました。なんのこっちゃw


さて、本日は富野監督の講演を聞いてきました。
抽選でサイン入りポスターが当たってよかったよかった。
starship #-|2011/03/06(日) 19:03 [ 編集 ]
私も直に亜阿子さんを拝見したことがありますが、確かにとてつもない短髪でファッショナブルな方ですよね。目も富野監督と同じくらい鋭いですし。外見からの印象ですが、個人的はちょっと怖いと思いました(笑)。

starshipさんは今日の講演に行ったんですね。うらやましいです…。サイン当たっておめでとうございます。
kaito2198 #-|2011/03/06(日) 19:43 [ 編集 ]
当たり前と言えば当たり前ですが、やっぱり仮名ということがわかり色々びっくり。

なんといってもわたしゃ自分の娘に依衣子さんの依の字をもってきちゃったり(イイコという音も近い)
したわけですので(まぁブレンからの拝借で通りますけど)
いまさらー!な感じです。

ターンAのコンサートの時には亜阿子さん監督と一緒にいらしてたのかなぁ?
そうなると私もごく間近で見た可能性もあるのですが、
監督と目と鼻の先だったので硬直しすぎていて周りのことはなにも覚えておりません。


サイン入りポスターうらやましいなぁ…。
番号1番違いでハズレでした(ま、2日目しかいってないので権利ないですが)

司会者からの質問で監督の服装の話がありましたが、
自分でスーツ買ったら怒られたっていうくらいですから、ファッション関係というのは
やっぱりあながち間違いではないのかもしれないなぁと思っていました。
まそきぃ~ #GuZFHFBc|2011/03/07(月) 12:49 [ 編集 ]
正直私も将来子供できたら、富野監督やその周りから名前を拝借できないかなと思っていますが、台湾系の名前と日本系の名前の相性が悪くて…(笑)。
亜阿子さんは自分の知る限り、イベントのたびにいつも富野監督と同行していらっしゃってますので、ターンエーのコンサートも行ったはずです。ファッション関係というのは、安田朗ことあきまんの2chの書き込みから知ったものです。
kaito2198 #-|2011/03/08(火) 09:06 [ 編集 ]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURLはこちら
http://kaito2198.blog43.fc2.com/tb.php/913-f1956b49

ブログ内検索

なんとなく富野商品

リンク

このブログをリンクに追加する

カテゴリー

まともに機能しなくてすみません。これからゆっくりペースで直します。

RSSフィード

FC2カウンター

富野監督作品一覧

  • 海のトリトン
  • しあわせの王子
  • 勇者ライディーン
  • ラ・セーヌの星
  • 無敵超人ザンボット3
  • 無敵鋼人ダイターン3
  • 機動戦士ガンダム
  • 伝説巨神イデオン
  • 機動戦士ガンダム(劇場版)
  • 機動戦士ガンダムⅡ 哀戦士編
  • 戦闘メカ ザブングル
  • 機動戦士ガンダムⅢ めぐりあい宇宙編
  • 伝説巨神イデオン・接触篇 -A CONTACT-
  • 伝説巨神イデオン・発動篇 -Be Invoked-
  • 聖戦士ダンバイン
  • ザブングル グラフィティ
  • 重戦機エルガイム
  • 機動戦士Zガンダム
  • 機動戦士ガンダムZZ
  • 機動戦士ガンダム 逆襲のシャア
  • 機動戦士ガンダムF91
  • 機動戦士Vガンダム
  • 闇夜の時代劇 正体を見る
  • バイストンウェル物語 ガーゼィの翼
  • ブレンパワード
  • ∀ガンダム
  • 劇場版∀ガンダムⅠ 地球光
  • 劇場版∀ガンダムⅡ 月光蝶
  • OVERMAN キングゲイナー
  • 機動戦士Ζガンダム A New Translation -星を継ぐ者-
  • 機動戦士ΖガンダムⅡ A New Translation -恋人たち-
  • リーンの翼
  • 機動戦士ΖガンダムⅢ A New Translation -星の鼓動は愛-
  • RING OF GUNDAM
  • ガンダム Gのレコンギスタ
  • 富野参加作品一覧

  • 鉄腕アトム
  • 戦え!オスパー
  • リボンの騎士
  • 巨人の星
  • アニマル1
  • 夕やけ番長
  • 海底少年マリン
  • どろろ
  • 紅三四郎
  • 巨人の星対鉄腕アトム
  • おらぁグズラだど
  • 男一匹ガキ大将
  • ムーミン
  • シートン動物記
  • 赤き血のイレブン
  • アタックNo.1
  • あしたのジョー
  • 男ドアホウ!甲子園
  • 昆虫物語 みなしごハッチ
  • さすらいの太陽
  • 天才バカボン
  • ふしぎなメルモ
  • 新・オバケのQ太郎
  • 国松様のお通りだい
  • いなかっぺ大将
  • 正義を愛する者 月光仮面
  • アニメ・ドキュメント ミュンヘンのへの道
  • モンシェリCoCo
  • ハゼドン
  • ど根性ガエル
  • けろっこデメタン
  • ワンサくん
  • 山ねずみロッキーチャック
  • 侍ジャイアンツ
  • 新造人間キャシャーン
  • アルプスの少女ハイジ
  • ゼロテスター
  • 昆虫物語 新みなしごハッチ
  • 小さなバイキングビッケ
  • 宇宙戦艦ヤマト
  • 破裏拳ポリマー
  • フランダースの犬
  • 母をたずねて三千里
  • アンデス少年ペペロの冒険
  • 超電磁ロボ コン・バトラーV
  • ゴワッパー5 ゴーダム
  • ろぼっ子ビートン
  • あらいぐまラスカル
  • 合身戦隊メカンダーロボ
  • 超電磁マシーン ボルテスV
  • シートン動物記 くまの子ジャッキー
  • ヤッターマン
  • ペリーヌ物語
  • 闘将ダイモス
  • 未来少年コナン
  • とびだせ!マシーン飛竜
  • まんが日本昔ばなし
  • 宇宙魔神ダイケンゴー
  • 赤毛のアン
  • 科学忍者隊ガッチャマンⅡ
  • ザ・ウルトラマン
  • 宇宙大帝ゴッドシグマ
  • ルパン三世(TV第2シリーズ)
  • 新世紀GPXサイバーフォーミュラ
  • 銀河漂流バイファム
  • ママは小学4年生
  • GUNDAM EVOLVE 5
  •  |  富野作品感想 | 富野由悠季関連 | 井荻麟関連 | 富野情報 | 富野雑談 | レビュー | ブログ運営 | 日常話 | 未分類 | 給華文讀者 | Gのレコンギスタ | 
    Copyright(C) 2007All Rights Reserved. TOMINOSUKI / 富野愛好病
    Powered by FC2ブログ.
    template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.