富野由悠季監督とその作品をひたすら語るブログ

TOMINOSUKI / 富野愛好病
http://kaito2198.blog43.fc2.com/

プロフィール

kaito2198

Author:kaito2198
台湾人。
ただのファンです。

twitterは@kaito2198です。

仕事やブログ関係のご連絡は
kaito2198@hotmail.comまでお願いします。

給華文圈之富野由悠季愛好者的一些話
關於本站文章的轉載聲明

富野監督関連資料一覧

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

グーバーウォーク

鳥取在住、もしくは明日静岡ガンダムに行ける方を探します

2010/12/29 23:09|富野情報TRACKBACK:0COMMENT:5
このエントリーを含むはてなブックマーク はてなブックマーク - 鳥取在住、もしくは明日静岡ガンダムに行ける方を探します
 10月23日、富野監督が夫人亜阿子さんの故郷である鳥取県でワークショップを開きました。この「富野由悠季ワークショップin鳥取」を記念するために、鳥取の方々は記念フリーペーパーを作り出した。その特集の内容は、『西町文庫だよりvol.2』に収録されています。表紙は以下の模様です。

212109981.jpg

 また、内容は以下のとおり。

212111298.jpg
(以上の画像は、すべて角田治氏のTWITTERより転載したものです。何か不備がある場合、ご一報くだされればありがたいです)


 この『西町文庫だより』は鳥取県鳥取市の「綜合印刷出版株式会社」さんが鳥取の文化のために創刊したフリーペーパーで、鳥取市のいろんな店の店頭で無料配布されるものです。なので、鳥取市在住の富野ファンがいらっしゃったら、ぜひこの本を取ってください。
 それから、角田治氏のTWITTERによりますと、明日に静岡ガンダムの前でゲリラ配布する予定もあります。近く住んでいる方は絶対この好機を逃さないように!

twinoda

【犯行予告】明日、静岡ガンダムにて「富野由悠季フリーペーパー」をゲリラ配布する予定。詳しくは明朝ご案内します。#tomino
about 2 hours ago Echofonから


 当然、海外に住んでいる私にとって手に入れることはなかなか難しいことです。一応海外にも配布できないかと問い合わせしますけど、正直望みは薄いと思います(綜合印刷出版株式会社さんにも迷惑かけたくないし)。なので、ちょっと贅沢な願望を言うと、もし私の代わりに確保できる方はいたらなー、と思います。もしものことですが、もし本当にそのような方がいらしたら、もう感謝するしかないですね。うーん、やはり贅沢すぎるかな。


西町文庫だよりvol.2、只今発送作業中│西町文庫 Blog 本のおはなしアレコレ

今回は、「物語を紡ぐひと」特集で、丸ごと!富野由悠季特集なのです!
ガンダムの!
えー!なんで?


コメント
このコメントは管理人のみ閲覧できます
#|2010/12/30(木) 13:57 [ 編集 ]
発行元とお話しましたら、
県外からの問い合わせがとても多いようです。
(予想外の反響に驚きつつもよろこんでおられました)

ご希望の件ですが、何ぶん手渡しと店頭配布が主なので、
部数は限られるようですが、希望者には送付されています。
kaito2198さんのことは僕からお伝えしておきましたので、
ご連絡されれば希望は叶うと思います。

http://nishimachi-bunko.cocolog-nifty.com/blog/2010/12/vol2-3df6.html
twinoda #-|2010/12/30(木) 15:36 [ 編集 ]
twinoda様、ありがとうございます。さっそくリンク先にメールしました。ここ数日気を遣わせて、誠にありがとうございます。
いまさらですが、今回のイベントにご尽力したtwinodaさんをはじめとしたスタッフたちには本当に感謝いたします。良いお年をお迎えください。
kaito2198 #L2WcHO2o|2010/12/30(木) 19:02 [ 編集 ]
 こうゆう、富野特集のゲリラ配布のようなことが
される時点で「次回作が無いはずがないだろう」
と思うわけですよ。 
 富野の年齢的に少しでも早くと言うのが本音ですが、、

 人が糞多い時に新幹線に乗れってか、、どんだけーー
ダムエーはシュナンジヘッドなんぞよりこっちをおまけにつけてほしいですね。
ヨルダ #-|2010/12/30(木) 23:28 [ 編集 ]
ヨルダさん、久しぶりです。
そうですね、まだ期待されている証ですよね。
サンライズはどう監督を見ているのが分かりませんけれど、富野監督は商売においても他人より優れていることを会社に示しておきたいものですよね。
kaito2198 #L2WcHO2o|2010/12/31(金) 20:33 [ 編集 ]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURLはこちら
http://kaito2198.blog43.fc2.com/tb.php/893-d3811604

ブログ内検索

なんとなく富野商品

リンク

このブログをリンクに追加する

カテゴリー

まともに機能しなくてすみません。これからゆっくりペースで直します。

RSSフィード

FC2カウンター

富野監督作品一覧

  • 海のトリトン
  • しあわせの王子
  • 勇者ライディーン
  • ラ・セーヌの星
  • 無敵超人ザンボット3
  • 無敵鋼人ダイターン3
  • 機動戦士ガンダム
  • 伝説巨神イデオン
  • 機動戦士ガンダム(劇場版)
  • 機動戦士ガンダムⅡ 哀戦士編
  • 戦闘メカ ザブングル
  • 機動戦士ガンダムⅢ めぐりあい宇宙編
  • 伝説巨神イデオン・接触篇 -A CONTACT-
  • 伝説巨神イデオン・発動篇 -Be Invoked-
  • 聖戦士ダンバイン
  • ザブングル グラフィティ
  • 重戦機エルガイム
  • 機動戦士Zガンダム
  • 機動戦士ガンダムZZ
  • 機動戦士ガンダム 逆襲のシャア
  • 機動戦士ガンダムF91
  • 機動戦士Vガンダム
  • 闇夜の時代劇 正体を見る
  • バイストンウェル物語 ガーゼィの翼
  • ブレンパワード
  • ∀ガンダム
  • 劇場版∀ガンダムⅠ 地球光
  • 劇場版∀ガンダムⅡ 月光蝶
  • OVERMAN キングゲイナー
  • 機動戦士Ζガンダム A New Translation -星を継ぐ者-
  • 機動戦士ΖガンダムⅡ A New Translation -恋人たち-
  • リーンの翼
  • 機動戦士ΖガンダムⅢ A New Translation -星の鼓動は愛-
  • RING OF GUNDAM
  • ガンダム Gのレコンギスタ
  • 富野参加作品一覧

  • 鉄腕アトム
  • 戦え!オスパー
  • リボンの騎士
  • 巨人の星
  • アニマル1
  • 夕やけ番長
  • 海底少年マリン
  • どろろ
  • 紅三四郎
  • 巨人の星対鉄腕アトム
  • おらぁグズラだど
  • 男一匹ガキ大将
  • ムーミン
  • シートン動物記
  • 赤き血のイレブン
  • アタックNo.1
  • あしたのジョー
  • 男ドアホウ!甲子園
  • 昆虫物語 みなしごハッチ
  • さすらいの太陽
  • 天才バカボン
  • ふしぎなメルモ
  • 新・オバケのQ太郎
  • 国松様のお通りだい
  • いなかっぺ大将
  • 正義を愛する者 月光仮面
  • アニメ・ドキュメント ミュンヘンのへの道
  • モンシェリCoCo
  • ハゼドン
  • ど根性ガエル
  • けろっこデメタン
  • ワンサくん
  • 山ねずみロッキーチャック
  • 侍ジャイアンツ
  • 新造人間キャシャーン
  • アルプスの少女ハイジ
  • ゼロテスター
  • 昆虫物語 新みなしごハッチ
  • 小さなバイキングビッケ
  • 宇宙戦艦ヤマト
  • 破裏拳ポリマー
  • フランダースの犬
  • 母をたずねて三千里
  • アンデス少年ペペロの冒険
  • 超電磁ロボ コン・バトラーV
  • ゴワッパー5 ゴーダム
  • ろぼっ子ビートン
  • あらいぐまラスカル
  • 合身戦隊メカンダーロボ
  • 超電磁マシーン ボルテスV
  • シートン動物記 くまの子ジャッキー
  • ヤッターマン
  • ペリーヌ物語
  • 闘将ダイモス
  • 未来少年コナン
  • とびだせ!マシーン飛竜
  • まんが日本昔ばなし
  • 宇宙魔神ダイケンゴー
  • 赤毛のアン
  • 科学忍者隊ガッチャマンⅡ
  • ザ・ウルトラマン
  • 宇宙大帝ゴッドシグマ
  • ルパン三世(TV第2シリーズ)
  • 新世紀GPXサイバーフォーミュラ
  • 銀河漂流バイファム
  • ママは小学4年生
  • GUNDAM EVOLVE 5
  •  |  富野作品感想 | 富野由悠季関連 | 井荻麟関連 | 富野情報 | 富野雑談 | レビュー | ブログ運営 | 日常話 | 未分類 | 給華文讀者 | Gのレコンギスタ | 
    Copyright(C) 2007All Rights Reserved. TOMINOSUKI / 富野愛好病
    Powered by FC2ブログ.
    template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.