富野由悠季監督とその作品をひたすら語るブログ

TOMINOSUKI / 富野愛好病
http://kaito2198.blog43.fc2.com/

プロフィール

kaito2198

Author:kaito2198
台湾人。
ただのファンです。

twitterは@kaito2198です。

仕事やブログ関係のご連絡は
kaito2198@hotmail.comまでお願いします。

給華文圈之富野由悠季愛好者的一些話
關於本站文章的轉載聲明

富野監督関連資料一覧

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

グーバーウォーク

富野おじいちゃんのオトナファミでの発言を解明する

2010/12/20 22:20|未分類TRACKBACK:0COMMENT:4
このエントリーを含むはてなブックマーク はてなブックマーク - 富野おじいちゃんのオトナファミでの発言を解明する
 前回、オトナファミ2011年2月号の富野由悠季監督インタビューについて大きく嘆いていましたが、さっそく多くの返事をいただきました。「ごく真っ当な話だよ?」「そんなに落胆することもないだろう」といった内容なものでした。

 実は、私が再び読み直すと、確かにそんな悲観しなくてもいい内容でした。確かに一見何もかも否定するような内容でしたが、よく富野監督の言葉を咀嚼したところ、非常に用心深く必要のない探りを避けるための発言だと分かりました。なので、今日はそんな捻くれた富野おじいちゃんの言葉を解明したいと思います。
 ただ、こんな記事を書く身として、ファンの勘ぐりとか過大解釈と言われるかもしれないことも覚悟しています。別に無理矢理富野監督を擁護するつもりはありません。能天気でなんでも楽観視するつもりもありません。ここ数年アニメ企画は成立しにくいことは承知しますし、富野監督の「長年売れるような作品を作る実績」は確かなものの、今の企業論では評価されにくいという事実も分かっています。
 ですが、一つだけわかって欲しいのは、富野監督の小心さといったものです。本決まり前、決して無闇に煽らないその性格は、今まで我々が見てきたものです。なので、今回の発言もその用心深さによるものだと見ているのも、決してファンゆえの勘ぐりではないと言いたい。なにより富野監督ご本人はまだ新作アニメを作る意欲満々ですので、我々も期待し続けるのです。
 
 まあ、いつまでもこんな話をしてもしょうがないので、さっそくひねくれ富野おじいちゃんの言葉を解析してみよう。もちろんあくまで私の解読なので、まんまと信じるのも困りますが、それでも富野監督の本心と当たらずとも遠からずという自信は少しありますので、ぜひともよろしくお願いしますね。




――月刊ガンダムエース2010年12月号にて、小説「はじめたいキャピタルGの物語」が掲載されました。

富野:ガンダムエースからの依頼で寄稿したものです。“未完”としてありますが、これから「書くぞ」とも言っていません。

 これは一見「続きを書かない」といっていますが、後ろとあわせて読めば、「あくまで未定」ということになります。言い換えると、「反響があれば書いてもいいぞ」というメッセージです。

――小説では、宇宙エレベーターが題材に取り上げられていました。2011年1月に放送予定のテレビ番組「ノンフィクションW」も、宇宙エレベーターに関する内容とのことですが、関連はあるのでしょうか?

富野:そのように情報が曲解されたり、繋がって考えられてしまう状況になっていますが、番組はWOWOW独自のもので、僕の企画論とは一切、関係ありません。

  これは一見「WOWOWの番組も企画もクソもねーよ」という残酷な話ですが、実際よく見ると、「富野は新作あるからWOWOWが番組で取り上げるのではなく、WOWOWが宇宙エレベーターの番組を作った上に、富野の企画をついでに取り上げる」ことですね。さらに、「僕は企画論を持ってるが、WOWOWのがそれと無関係」という話ですよね。

ガンダムエースの小説も100号記念として、スタッフの立場で書いたもので、僕の創作論のサンプルといったものです。

 これも「あれはただの即興創作みたいなもんだよーん」というように見えますが、サンプルがあるからこそ「僕に創作論がある」と言わんばかりの意味も無視できません。

――それぞれが個別のプロジェクトということですね。ちなみに小説は、読者からの反応はいかがでしたか?

富野:編集部から個人的な意見だけは聞いていますが、それが例えば正式に営業に繋がっていくほどのボリュームがある反響だったのか、ということに関してはわかりません。というのも、今後10年、20年後に作品が生き残るためには、30代の読者ではなく、若いファン層がついてきてくれなければ駄目だからです。(中略)

 これもあくまでごく当たり前の事実ですよね。個人は微力ながら2ヶ月連続アンケートを出しましたが、全体としてどれほどの反響はあったかどうか、さすがに分かりませんね。編集部が何かリアクションがあるまで、ずっとアンケートを送り続けたいのですが。

――では、10年、20年後に残る作品として、監督自身の次の一手は?

富野:子供たちが新しいモノの見方ができるような、子供たちを病気に誘導しないような作品をつくろうとすることです。現在制作されている大人が観るアニメでは、みんな鬱々としてしまう。会社は決算でプラスマイナスゼロか、黒字に転化することを考えて、その時だけ売れればいいと思っている。作品のことを考えていません。それは本来、どんなビジネスでもやってはいけないことなのです。(中略)今言ったことは、やらないようにする、ということです。

 これを昨日と一昨日の話をあわせて読むと、「ロボット物」の企画はあるということらしいです。ですので、富野監督の話を聞いて悲観するつもりはまあたくありませんでした! イェーーー!


 もっとも、ファンとしてはなるべく早いところで新作アニメを見たいわけですから、テレビでも映画でもいいですから、スポンサーさんは出資していただけませんか? 別に32億を出さなくてもいいです(笑)。富野監督のアニメを成立するハードルは高いだけれども、やはり今の大半のアニメより売れるかつ残せる作品を作れますよ。(今回のものはすべてシャア専用ニュースさんが起したテキストです。ありがとうございます!)


 あと、インタビューで宇宙エレベーターについて冷たく言ったものの、宇宙エレベーター学会で同好を会うなり、すぐ一転して熱弁しまくった富野監督のAB型ぶりも、もはやデフォルトですね。

コメント
管理人さんそんなにイライラしなくてもというヒヤヒヤした気持ちと
でもそろそろ新作見たいなあという気持ちと半々ぐらいでサイト閲覧させていただいてました
ネットに転がってる情報を総合すると現在企画自体は進行中で二、三年内に実現するかもという感触なので
私は素直に待とうと思ってます
できればTVベースの企画であって欲しいです
とおりすがり #-|2010/12/21(火) 15:16 [ 編集 ]
とおりすがりさん、コメントありがとうございます。
私もそう思います。ただ一刻早くも見たい気持ちが強すぎますので、思わずそれを吐露しました。

ブログを読んでくださってありがとうございます。これからもどうぞよろしくお願いします。
kaito2198 #L2WcHO2o|2010/12/21(火) 17:16 [ 編集 ]
このインタビューやサンライズフェスティバルのトークショーの内容を鑑みると
新作を作ってるとしか思えないんですよねえ
本当に予算ないのかなぁ?

イデオンの接触篇をまとめ直すようなことも言われてましたが
こんどこそ全面新規作画でリメイクして欲しいですよ
発動篇も合わせてね!
しんのすけ #-|2010/12/22(水) 00:37 [ 編集 ]
そりゃスポンサーは多いほど良いですからね。

イデオンを直すのなら、個人としては是非1-38話を「接触編」「胎動編」に分けて欲しいですよ。
カミューラランバンのところまで「接触編」で、13話以後を「胎動編」にするという形で、
イデオン三部作にするほうがバランスがいいなぁと。
発動編の作画は直す必要はないかな、今でも通用できる画だと思います。
kaito2198 #L2WcHO2o|2010/12/22(水) 10:49 [ 編集 ]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURLはこちら
http://kaito2198.blog43.fc2.com/tb.php/888-f04a9759

ブログ内検索

なんとなく富野商品

リンク

このブログをリンクに追加する

カテゴリー

まともに機能しなくてすみません。これからゆっくりペースで直します。

RSSフィード

FC2カウンター

富野監督作品一覧

  • 海のトリトン
  • しあわせの王子
  • 勇者ライディーン
  • ラ・セーヌの星
  • 無敵超人ザンボット3
  • 無敵鋼人ダイターン3
  • 機動戦士ガンダム
  • 伝説巨神イデオン
  • 機動戦士ガンダム(劇場版)
  • 機動戦士ガンダムⅡ 哀戦士編
  • 戦闘メカ ザブングル
  • 機動戦士ガンダムⅢ めぐりあい宇宙編
  • 伝説巨神イデオン・接触篇 -A CONTACT-
  • 伝説巨神イデオン・発動篇 -Be Invoked-
  • 聖戦士ダンバイン
  • ザブングル グラフィティ
  • 重戦機エルガイム
  • 機動戦士Zガンダム
  • 機動戦士ガンダムZZ
  • 機動戦士ガンダム 逆襲のシャア
  • 機動戦士ガンダムF91
  • 機動戦士Vガンダム
  • 闇夜の時代劇 正体を見る
  • バイストンウェル物語 ガーゼィの翼
  • ブレンパワード
  • ∀ガンダム
  • 劇場版∀ガンダムⅠ 地球光
  • 劇場版∀ガンダムⅡ 月光蝶
  • OVERMAN キングゲイナー
  • 機動戦士Ζガンダム A New Translation -星を継ぐ者-
  • 機動戦士ΖガンダムⅡ A New Translation -恋人たち-
  • リーンの翼
  • 機動戦士ΖガンダムⅢ A New Translation -星の鼓動は愛-
  • RING OF GUNDAM
  • ガンダム Gのレコンギスタ
  • 富野参加作品一覧

  • 鉄腕アトム
  • 戦え!オスパー
  • リボンの騎士
  • 巨人の星
  • アニマル1
  • 夕やけ番長
  • 海底少年マリン
  • どろろ
  • 紅三四郎
  • 巨人の星対鉄腕アトム
  • おらぁグズラだど
  • 男一匹ガキ大将
  • ムーミン
  • シートン動物記
  • 赤き血のイレブン
  • アタックNo.1
  • あしたのジョー
  • 男ドアホウ!甲子園
  • 昆虫物語 みなしごハッチ
  • さすらいの太陽
  • 天才バカボン
  • ふしぎなメルモ
  • 新・オバケのQ太郎
  • 国松様のお通りだい
  • いなかっぺ大将
  • 正義を愛する者 月光仮面
  • アニメ・ドキュメント ミュンヘンのへの道
  • モンシェリCoCo
  • ハゼドン
  • ど根性ガエル
  • けろっこデメタン
  • ワンサくん
  • 山ねずみロッキーチャック
  • 侍ジャイアンツ
  • 新造人間キャシャーン
  • アルプスの少女ハイジ
  • ゼロテスター
  • 昆虫物語 新みなしごハッチ
  • 小さなバイキングビッケ
  • 宇宙戦艦ヤマト
  • 破裏拳ポリマー
  • フランダースの犬
  • 母をたずねて三千里
  • アンデス少年ペペロの冒険
  • 超電磁ロボ コン・バトラーV
  • ゴワッパー5 ゴーダム
  • ろぼっ子ビートン
  • あらいぐまラスカル
  • 合身戦隊メカンダーロボ
  • 超電磁マシーン ボルテスV
  • シートン動物記 くまの子ジャッキー
  • ヤッターマン
  • ペリーヌ物語
  • 闘将ダイモス
  • 未来少年コナン
  • とびだせ!マシーン飛竜
  • まんが日本昔ばなし
  • 宇宙魔神ダイケンゴー
  • 赤毛のアン
  • 科学忍者隊ガッチャマンⅡ
  • ザ・ウルトラマン
  • 宇宙大帝ゴッドシグマ
  • ルパン三世(TV第2シリーズ)
  • 新世紀GPXサイバーフォーミュラ
  • 銀河漂流バイファム
  • ママは小学4年生
  • GUNDAM EVOLVE 5
  •  |  富野作品感想 | 富野由悠季関連 | 井荻麟関連 | 富野情報 | 富野雑談 | レビュー | ブログ運営 | 日常話 | 未分類 | 給華文讀者 | Gのレコンギスタ | 
    Copyright(C) 2007All Rights Reserved. TOMINOSUKI / 富野愛好病
    Powered by FC2ブログ.
    template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.