富野由悠季監督とその作品をひたすら語るブログ

TOMINOSUKI / 富野愛好病
http://kaito2198.blog43.fc2.com/

プロフィール

kaito2198

Author:kaito2198
台湾人。
ただのファンです。

twitterは@kaito2198です。

仕事やブログ関係のご連絡は
kaito2198@hotmail.comまでお願いします。

給華文圈之富野由悠季愛好者的一些話
關於本站文章的轉載聲明

富野監督関連資料一覧

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

グーバーウォーク

福田己津央、富野由悠季監督を語る その3 ≪発動編≫

2010/09/25 20:39|富野由悠季関連TRACKBACK:0COMMENT:2
このエントリーを含むはてなブックマーク はてなブックマーク - 福田己津央、富野由悠季監督を語る その3 ≪発動編≫
 『新世紀GPXサイバーフォーミュラ』『機動戦士ガンダムSEED』などで著名なアニメ監督福田己津央氏が、前回に引き続き、富野由悠季監督に関する思い出を語っています。
 今回はなんと福田さんが監督していた『機動戦士ガンダムSEED』の時の思い出です。

前々編(CFの時の話)
福田己津央、富野由悠季監督を語る その1 ≪接触編≫
前編(Vガンの時の話)
福田己津央、富野由悠季監督を語る その1 ≪胎動編≫



福田己津央氏のtwitter

富野監督の事呟きます! これが最後。 ちょっと長くなるんで宜しく


2002年の1月に初めて富野監督に次作「ガンダム」の監督として、紹介された。不機嫌そうな印象。
それはそうだ。こっちはどこの馬の骨とも分からない男。「ターンAガンダム」で、
これまでの「ガンダム」はすべて総括したはずが、また作るのか!? という思いはあったと思う。(続)



富野監督は、非常に厳しい表情で語りだした。ご自分のガンダム体験の事。
やっぱりこれもナイショだね>^_^< (酔ったときに言っちゃうかもしれないが)
主に「ターンA」の事と「V」のこと。「Z」「G」のスタート時の事。 (続)



2時間色々と話して頂いて、その間僕はと言えば「ええ」、「はい」、「判ります」を繰り返すのみ。
余計な事は言うな、と事前に忠告されてたが、それ以前に緊張で何も言えなかった。
最後に「で、君はどういう話を考えてるんだ」と、突然、話を振られてしまった(;^_^A



不意打ちと言うか、いや、まあ考えてることは有って、
実は既に「seed」の企画書も会社に出してあったのだが、
とっさに「今は、まだ何も…監督のお話しを聞いて色々と~」としどろもどろに、
嘘を着いてしまった(^^; (続)



だって富野監督の話の後に、自分はこういう「ガンダム」が作りたいですとか、そんな厚顔な…。
富野監督はやれやれ、大丈夫か?と言うようなリアクションだったが
、別れ際には「頑張って下さい」と握手していただいた。(続)



忠告として頂いた事で、
言ってもいいかなと思うのは「○○は信用するな!!」と言う事と「5体合体のガンダムを作れ!」。
言われた時は目が点。あまりに唐突な発言に面食らったが、自分なりに解釈した。 (続)



スポンサーや放送局の要求に対して、クリエイターは安易に屈してはいけない。
既存の価値観に捕らわれてモノを作ってはいけない、ではなかったかと。(続)



スポンサーや局、製作会社の思惑から作品を守る為に富野監督はずっと戦って来られた。
その苦しい心情は、「ZG」や「VG」製作時の雑誌インタビューやDVDなどのコメントからも読み取れる。(続)



玩具やビデオを売るために作品を作ってる訳じゃない。
毎週楽しんで見てくれる視聴者と作品にのみ向き合わなくちゃいけない。
だから、ストーリーや世界感を壊しかねないに要求とは、戦わなくちゃいけない。(続)



時にその要求が作品の色を変えてしまう、と判ったのは「DESTINY」の時だ。
この時に富野監督からのアドバイスがなかったら、屈していたかも知れない。
結果として、突っ張りきれたのは、富野監督のお蔭だ。(続)



後日監督から著書を頂いた。
「ターンエーの癒し」「映像の原則」(これは演出や企画を目指す人は絶対に読むべし)。
キングゲイナー1話も「これ、福田クンに見せて」と 納品前に見せていただいた。
タイトルの事でも相談にのって頂き、「機動戦士」を使わせて貰った。
多岐に渡り気にかけて頂いた。



打ち上げにも赤いジャケットに登場し、西川さんや役者の皆さんと一緒に、会場を盛り上げて頂いた。
その後作った、SEEDスペシャルエディションでも、
当時、新訳「Zガンダム」の作業の合間に相談にのって頂き、
総集編、編集のノウハウをペラ数枚に書いて頂き、勉強させて貰った。(続)



「DESTINY」のスタート時もご挨拶に伺ったが、
今度は「好きにやってね」と、10分位のお話で終了。
お蔭様で、今は時折、スタジオ界隈で擦れ違いますが、監督から声を掛けて頂けるようになりました。
僕はと言えば、……今もまだ監督の前では緊張してます(^^;(続)



最近の監督さんがどうしてるか知りませんが、「ガンダム」に関わるならば富野監督の話は聞くべきと僕は思う。
最早「ガンダム」はブランド。そうであるなら、富野監督の目指した原点を知らずに作るべきではないと。
僕もまた次回作には、是非ご挨拶に伺いたいと思っています>^_^< (終)



おし、こんなだ。後で見直すが…(^^; 大丈夫かな? 危なくないはずだ>^_^<

 これを読んでなるほどと思ったのは、富野監督がかつて『OVERMANキングゲイナー』が終わって間もない頃に、こんな発言を残したのです(ガンダムエース2003年5月号「富野由悠季ロングインタビュー キングゲイナーとSEEDを語る」):

―ここで話題を変えまして、ガンダムシリーズの最新作である「機動戦士ガンダムSEED」について、原作者の立場からお話をいただきたいと思います。

僕の見たところ、「SEED」のスタッフは、かなり「キンゲ」を意識しているのではないでしょうか。
それも、1プロデューサーや1ディレクターのレベルではなく、スタジオ全体としてです。
基本的にこの作品を支持する立場になったことについて、僕はとても嬉しく思っています。
もしかしたら半分は悪口と取られるかもしれませんが、僕は「SEED」をプログラムピクチャーだと思っています。
それがいけないという意味ではありません。その土壌があるから、スタッフも食べて育っていけるし、そのためにプログラム化したシステムがあるのは、とてもよいことだと思います。

 実際、ビデオプログラムや商売としてならば、富野監督も『00』や『ユニコーン』に対して同じ評価を下しています。

 それから、福田さんはここまで富野監督の話を聞いて、なぜSEEDもSEED-Dはああなったのかな…。まあ、『SEED DESTINY』の後で自滅しなければ、福田さんは今のところ揺るぎも無くガンダムシリーズの二番手でしょうね。事実、『00』の企画最初もコズミック・イラの世界観として出されたものだったしね。
 何がともあれ、『SEED』には今のガンダムにない強烈なキャラクター性があります。これも本当のことなので、一応ここで言います。


前々回
福田己津央、富野由悠季監督を語る その1 ≪接触編≫
前回
福田己津央、富野由悠季監督を語る その2 ≪胎動編≫


 近年富野監督がもっとも売れている著作『映像の原則』。是非一読すべし!

映像の原則―ビギナーからプロまでのコンテ主義 (キネ旬ムック)映像の原則―ビギナーからプロまでのコンテ主義 (キネ旬ムック)
(2002/02)
富野 由悠季

商品詳細を見る

コメント
ああOOはやっぱりSEEDの世界観で企画だされてたんですねぇ。
木星と地球外生命体とか設定のなごりがあったので、
そうじゃないかと思ってたので納得できました。

しかし実際いまのアニメ現場から
プログラムピクチャーの枠を超えた作品を作れたら
それは本当に凄いことですよね。

そういう所に挑んでいける立場を持っている世代がどんどん少なくなってますし、
富野御大の新作情報が待ち遠しい今日この頃です。
円山 #SFo5/nok|2010/09/26(日) 03:45 [ 編集 ]
いや、SEEDの宇宙クジラ設定は結局SEEDのなかで捨てられた要素で、00の宇宙人設定は監督の水島が自分なりで考えた設定だと思います。
そうはいっても、前作のガンダムの設定を嫌でも意識するのは当然ですし、∀の時富野監督が社長さんと言い合った話(同級生が敵味方に分かれるとか)がSEEDの流れになっちゃったように、そういう部分もあるでしょうね。

ビデオプログラムって、褒めてないじゃん! と思っている人もいるかもしれませんけれど、一応富野監督なりに褒めていると思います。だからこそ、おっしゃるとおりプログラムピクチャーの枠を超えて、「作品」になれるようなアニメが出てきたら本当にすごいですよね。
kaito2198 #L2WcHO2o|2010/09/26(日) 10:43 [ 編集 ]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURLはこちら
http://kaito2198.blog43.fc2.com/tb.php/843-9f042ded

ブログ内検索

なんとなく富野商品

リンク

このブログをリンクに追加する

カテゴリー

まともに機能しなくてすみません。これからゆっくりペースで直します。

RSSフィード

FC2カウンター

富野監督作品一覧

  • 海のトリトン
  • しあわせの王子
  • 勇者ライディーン
  • ラ・セーヌの星
  • 無敵超人ザンボット3
  • 無敵鋼人ダイターン3
  • 機動戦士ガンダム
  • 伝説巨神イデオン
  • 機動戦士ガンダム(劇場版)
  • 機動戦士ガンダムⅡ 哀戦士編
  • 戦闘メカ ザブングル
  • 機動戦士ガンダムⅢ めぐりあい宇宙編
  • 伝説巨神イデオン・接触篇 -A CONTACT-
  • 伝説巨神イデオン・発動篇 -Be Invoked-
  • 聖戦士ダンバイン
  • ザブングル グラフィティ
  • 重戦機エルガイム
  • 機動戦士Zガンダム
  • 機動戦士ガンダムZZ
  • 機動戦士ガンダム 逆襲のシャア
  • 機動戦士ガンダムF91
  • 機動戦士Vガンダム
  • 闇夜の時代劇 正体を見る
  • バイストンウェル物語 ガーゼィの翼
  • ブレンパワード
  • ∀ガンダム
  • 劇場版∀ガンダムⅠ 地球光
  • 劇場版∀ガンダムⅡ 月光蝶
  • OVERMAN キングゲイナー
  • 機動戦士Ζガンダム A New Translation -星を継ぐ者-
  • 機動戦士ΖガンダムⅡ A New Translation -恋人たち-
  • リーンの翼
  • 機動戦士ΖガンダムⅢ A New Translation -星の鼓動は愛-
  • RING OF GUNDAM
  • ガンダム Gのレコンギスタ
  • 富野参加作品一覧

  • 鉄腕アトム
  • 戦え!オスパー
  • リボンの騎士
  • 巨人の星
  • アニマル1
  • 夕やけ番長
  • 海底少年マリン
  • どろろ
  • 紅三四郎
  • 巨人の星対鉄腕アトム
  • おらぁグズラだど
  • 男一匹ガキ大将
  • ムーミン
  • シートン動物記
  • 赤き血のイレブン
  • アタックNo.1
  • あしたのジョー
  • 男ドアホウ!甲子園
  • 昆虫物語 みなしごハッチ
  • さすらいの太陽
  • 天才バカボン
  • ふしぎなメルモ
  • 新・オバケのQ太郎
  • 国松様のお通りだい
  • いなかっぺ大将
  • 正義を愛する者 月光仮面
  • アニメ・ドキュメント ミュンヘンのへの道
  • モンシェリCoCo
  • ハゼドン
  • ど根性ガエル
  • けろっこデメタン
  • ワンサくん
  • 山ねずみロッキーチャック
  • 侍ジャイアンツ
  • 新造人間キャシャーン
  • アルプスの少女ハイジ
  • ゼロテスター
  • 昆虫物語 新みなしごハッチ
  • 小さなバイキングビッケ
  • 宇宙戦艦ヤマト
  • 破裏拳ポリマー
  • フランダースの犬
  • 母をたずねて三千里
  • アンデス少年ペペロの冒険
  • 超電磁ロボ コン・バトラーV
  • ゴワッパー5 ゴーダム
  • ろぼっ子ビートン
  • あらいぐまラスカル
  • 合身戦隊メカンダーロボ
  • 超電磁マシーン ボルテスV
  • シートン動物記 くまの子ジャッキー
  • ヤッターマン
  • ペリーヌ物語
  • 闘将ダイモス
  • 未来少年コナン
  • とびだせ!マシーン飛竜
  • まんが日本昔ばなし
  • 宇宙魔神ダイケンゴー
  • 赤毛のアン
  • 科学忍者隊ガッチャマンⅡ
  • ザ・ウルトラマン
  • 宇宙大帝ゴッドシグマ
  • ルパン三世(TV第2シリーズ)
  • 新世紀GPXサイバーフォーミュラ
  • 銀河漂流バイファム
  • ママは小学4年生
  • GUNDAM EVOLVE 5
  •  |  富野作品感想 | 富野由悠季関連 | 井荻麟関連 | 富野情報 | 富野雑談 | レビュー | ブログ運営 | 日常話 | 未分類 | 給華文讀者 | Gのレコンギスタ | 
    Copyright(C) 2007All Rights Reserved. TOMINOSUKI / 富野愛好病
    Powered by FC2ブログ.
    template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.