富野由悠季監督とその作品をひたすら語るブログ

TOMINOSUKI / 富野愛好病
http://kaito2198.blog43.fc2.com/

プロフィール

kaito2198

Author:kaito2198
台湾人。
ただのファンです。

twitterは@kaito2198です。

仕事やブログ関係のご連絡は
kaito2198@hotmail.comまでお願いします。

給華文圈之富野由悠季愛好者的一些話
關於本站文章的轉載聲明

富野監督関連資料一覧

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

グーバーウォーク

富野ニュースまとめ! 出発する前の最後更新

2010/08/09 18:20|富野情報TRACKBACK:0COMMENT:0
このエントリーを含むはてなブックマーク はてなブックマーク - 富野ニュースまとめ! 出発する前の最後更新
 ソースはひたすらひびのたわごとの子犬さんのところから仕入れたものです。




1:まずは、小学館の雑誌『DIME』の「アニメ絶対主義」という特集のなか、富野さんもインタビューを受けているらしい。


DIME (ダイム)DIME (ダイム)
(2010/08/09)
不明

商品詳細を見る


最新号のご案内 | Digital DIME

2010 No,16/17

DIME SPECIAL 1
CDがミリオン突破の『けいおん!!』、ANAのガンダムジェット、
エヴァンゲリオン関連グッズもバカ売れ!
ヒットの秘密を総力取材!!
この夏いちばん熱い アニメ絶対主義

 よくよく見ると、サラリーマン向けの雑誌らしいので、あまり期待できないと思ったら、案の定たいしたページ数はありませんでした。

アニメ絶対主義/「ガンダム」と「エヴァ」が目指すアニメーションの未来(DIME)の見出し情報 - エキサイトニュース

アニメ絶対主義/「ガンダム」と「エヴァ」が目指すアニメーションの未来
誌名: DIME [2010年9月7日号]
ページ: 22
発売日: 2010年8月9日
カテゴリ: 社会
キーワード: 機動戦士ガンダム原作・監督・富野由悠季 岡田斗司夫
キーワード2: 新世紀エヴァンゲリオン エグゼクティブプロデューサー・大月俊倫 アニメビジネス
記事の扱い: 2頁前後の記事





2:次は、今月号の中央公論の特集「徹底討論 あの敗戦を語りつくそう」に、なぜか富野監督のインタビューがあります。



中央公論 2010年9月号(8月10日発売) 定価 特別定価900円(本体価格857円)

徹底討論 あの敗戦を語りつくそう

昭和天皇はなぜ戦争を選んでしまったのか
対談 半藤一利・加藤陽子
記事を読む
〈沖縄核密約は米国の罠だったのか〉
若泉敬が自裁してまで〝愚者の楽園〟に伝えたかったこと
対談 谷内正太郎・手嶋龍一
アメリカ占領の記憶と沖縄の戦後
対談 M・モラスキー・吉見俊哉
〈『機動戦士ガンダム』の作者の戦後〉
戦争を語る言葉がない時代を憂う
富野由悠季

 中央公論編集部のtwitterによりますと、こういう内容だったらしい。

ガンダム原作者、お台場ガンダムにマジで怒る!「等身大のガンダム」が立ったというニュースは驚くべきものだった。果たしてお台場というのは兵器を展示するのにふさわしい場所なのか? 事前に企画を知っていたならば、僕は潰しにかかっていたと思う」富野由悠季、中央公論9月号。





3:あと、もちろん冲方丁氏と富野監督の対談第3回。こっちはガチバトルなので期待。
4:最後は『日本のいちばん長い夏』公式ブログのキャスト紹介第2回に、「アニメ映画監督・富野由悠季さん」の登場です。

日本のいちばん長い夏公式ブログ キャスト紹介 アニメ映画監督・富野由悠季さん

「ガンダム世代」とか「富野信者」とか…
熱烈なファンの多いことで知られるアニメーション「ガンダム・シリーズ」の生みの親である富野由悠季監督。

これまで、いくつかの映画に特別出演(いわゆるカメオ出演)ということで、ちょこっとだけ出演したことのある富野監督ですが、セリフのある本格的なお芝居は初めての経験だそうです。

最近、ネットで「日本のいちばん長い夏」の文化人出演者のことが話題になっていますが、富野監督の今回の出演については、特に富野作品を愛するガンダムファンの方々に驚きをもって受け止められているようです。

(中略)

今回の映画出演で『死ぬまでにやる仕事が見つかった』という富野監督。
富野監督の今後の作品から、ますます目が離せそうにありません。




 以下は今回の富野情報更新一覧。

2010年富野由悠季総監督情報まとめ

8月3日 日本のいちばん長い夏公式ブログ キャスト紹介 アニメ映画監督・富野由悠季さん
8月9日 DIME 2010年16/17合併号 インタビュー
8月10日 中央公論2010年9月号 インタビュー


コメント
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURLはこちら
http://kaito2198.blog43.fc2.com/tb.php/821-6038568a

ブログ内検索

なんとなく富野商品

リンク

このブログをリンクに追加する

カテゴリー

まともに機能しなくてすみません。これからゆっくりペースで直します。

RSSフィード

FC2カウンター

富野監督作品一覧

  • 海のトリトン
  • しあわせの王子
  • 勇者ライディーン
  • ラ・セーヌの星
  • 無敵超人ザンボット3
  • 無敵鋼人ダイターン3
  • 機動戦士ガンダム
  • 伝説巨神イデオン
  • 機動戦士ガンダム(劇場版)
  • 機動戦士ガンダムⅡ 哀戦士編
  • 戦闘メカ ザブングル
  • 機動戦士ガンダムⅢ めぐりあい宇宙編
  • 伝説巨神イデオン・接触篇 -A CONTACT-
  • 伝説巨神イデオン・発動篇 -Be Invoked-
  • 聖戦士ダンバイン
  • ザブングル グラフィティ
  • 重戦機エルガイム
  • 機動戦士Zガンダム
  • 機動戦士ガンダムZZ
  • 機動戦士ガンダム 逆襲のシャア
  • 機動戦士ガンダムF91
  • 機動戦士Vガンダム
  • 闇夜の時代劇 正体を見る
  • バイストンウェル物語 ガーゼィの翼
  • ブレンパワード
  • ∀ガンダム
  • 劇場版∀ガンダムⅠ 地球光
  • 劇場版∀ガンダムⅡ 月光蝶
  • OVERMAN キングゲイナー
  • 機動戦士Ζガンダム A New Translation -星を継ぐ者-
  • 機動戦士ΖガンダムⅡ A New Translation -恋人たち-
  • リーンの翼
  • 機動戦士ΖガンダムⅢ A New Translation -星の鼓動は愛-
  • RING OF GUNDAM
  • ガンダム Gのレコンギスタ
  • 富野参加作品一覧

  • 鉄腕アトム
  • 戦え!オスパー
  • リボンの騎士
  • 巨人の星
  • アニマル1
  • 夕やけ番長
  • 海底少年マリン
  • どろろ
  • 紅三四郎
  • 巨人の星対鉄腕アトム
  • おらぁグズラだど
  • 男一匹ガキ大将
  • ムーミン
  • シートン動物記
  • 赤き血のイレブン
  • アタックNo.1
  • あしたのジョー
  • 男ドアホウ!甲子園
  • 昆虫物語 みなしごハッチ
  • さすらいの太陽
  • 天才バカボン
  • ふしぎなメルモ
  • 新・オバケのQ太郎
  • 国松様のお通りだい
  • いなかっぺ大将
  • 正義を愛する者 月光仮面
  • アニメ・ドキュメント ミュンヘンのへの道
  • モンシェリCoCo
  • ハゼドン
  • ど根性ガエル
  • けろっこデメタン
  • ワンサくん
  • 山ねずみロッキーチャック
  • 侍ジャイアンツ
  • 新造人間キャシャーン
  • アルプスの少女ハイジ
  • ゼロテスター
  • 昆虫物語 新みなしごハッチ
  • 小さなバイキングビッケ
  • 宇宙戦艦ヤマト
  • 破裏拳ポリマー
  • フランダースの犬
  • 母をたずねて三千里
  • アンデス少年ペペロの冒険
  • 超電磁ロボ コン・バトラーV
  • ゴワッパー5 ゴーダム
  • ろぼっ子ビートン
  • あらいぐまラスカル
  • 合身戦隊メカンダーロボ
  • 超電磁マシーン ボルテスV
  • シートン動物記 くまの子ジャッキー
  • ヤッターマン
  • ペリーヌ物語
  • 闘将ダイモス
  • 未来少年コナン
  • とびだせ!マシーン飛竜
  • まんが日本昔ばなし
  • 宇宙魔神ダイケンゴー
  • 赤毛のアン
  • 科学忍者隊ガッチャマンⅡ
  • ザ・ウルトラマン
  • 宇宙大帝ゴッドシグマ
  • ルパン三世(TV第2シリーズ)
  • 新世紀GPXサイバーフォーミュラ
  • 銀河漂流バイファム
  • ママは小学4年生
  • GUNDAM EVOLVE 5
  •  |  富野作品感想 | 富野由悠季関連 | 井荻麟関連 | 富野情報 | 富野雑談 | レビュー | ブログ運営 | 日常話 | 未分類 | 給華文讀者 | Gのレコンギスタ | 
    Copyright(C) 2007All Rights Reserved. TOMINOSUKI / 富野愛好病
    Powered by FC2ブログ.
    template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.