富野由悠季監督とその作品をひたすら語るブログ

TOMINOSUKI / 富野愛好病
http://kaito2198.blog43.fc2.com/

プロフィール

kaito2198

Author:kaito2198
台湾人。
ただのファンです。

twitterは@kaito2198です。

仕事やブログ関係のご連絡は
kaito2198@hotmail.comまでお願いします。

給華文圈之富野由悠季愛好者的一些話
關於本站文章的轉載聲明

富野監督関連資料一覧

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

グーバーウォーク

オフィス・アイ(3)

2008/06/25 01:34|富野由悠季関連TRACKBACK:0COMMENT:5
このエントリーを含むはてなブックマーク はてなブックマーク - オフィス・アイ(3)
引き続きオフィス・アイの話題ですが、どうやらもうネタ切れのようです。
が、今日はG_Robotismさんのサイトでかがみあきら氏に関する記事を拝読させて頂きまして、
またしもオフィス・アイの記述を発見しました。

(四月三日 オフィス・アイにて)

この本自体は1985年が出たものですが、本文のなかに、さらにこんな記述がありました。

「バイファム」っていう作品を御存知ですか?あの作品の企画のときと、同じ時期だったような気がするんですけれど、そのときに、何か新しい番組用の、メカを作れないかということで、半年ぐらいですけれど、僕の事務所に来てもらったことがあるんです。…(中略)…結局ダンバインでが忙しくなっちゃって、しばらく小終止しようかということになったのです。

ここで注目したのは『バイファム』と『ダンバイン』です。


ちょっと『ダンバイン』の放映時期を調べてみると、
1983年(昭和58年)2月5日から1984年(昭和59年)1月21日とのことです。
一歩、故・星山博之さんの遺作である星山博之のアニメシナリオ教室に収録する写真によると、
『バイファム』の企画は1983年2月11日から発したものだから、
かがみ氏が富野の事務所に行ってた時期は確信こそないものの、
おそらく1982年後半~1983年前半なのではないかと思われます。
このあたりはかがみ氏の連載状況やらを調べれば明らかになると思いますが、
それはまたいずれ。


少なくとも今判明したのは、
オフィス・アイという富野個人?の事務所は遅くても1983年から存在すること。
あと、従業員などはまったく分かりませんが、
ガイア・ギアに参加してたスタッフもいるらしいので(前の記事に参照)、
これからはこっちの方向から攻めたいと思います。


関連記事
オフィス・アイ
オフィス・アイ(2)


そういや、
杉並アニメーションミュージアムに保存する富野監督の仕事机にも、
オフィス・アイの資料と思われる書類があったらしい、と、
どこかの記事で見たことあるような気がするんですけどな…。


コメント
杉並アニメーションミュージアムの仕事机には、
「オフィス・アイ」のファイルがありましたよ。
http://dargol.blog3.fc2.com/blog-entry-947.html

「わたしが子どもだった頃」で再現された仕事机にもちゃんとありましたね。

私も何年か前にオフィス・アイについて調べましたけど、
結局はわからなかったですよ。
おそらくは節税用の会社だということは推測できるのですが……。

ちなみに富野が登場する「オリジナルの肝」Vol.11では、
こんな会話が出ていますね。

良輔「ここね、富野さんのね、あれは…個人スタジオですよね?」
富野「うん、個人スタジオだけど結局ガンダム直後イデオン以後のところで、それこそ埼玉県の新座市に帰ってる暇がなかったんで、ここでサンライズとほとんど心中するつもりで、ここに事務所をおいてたこともあります」
子犬 #HL3aOXhs|2008/06/30(月) 17:59 [ 編集 ]
教えてくださってありがとうございます。子犬さん以前もオフィスアイについてを調べておりましたんだね。

オフィスアイを知ったとき、僕もおそらく節税用か版権管理用だと直感したが、ちょっと調べた末、やはり事務所にはスタッフが存在してるらしいことや、サンライズや創通と一線画する商標登録などに、どうしでも気になります。で、結局弊サイトのいくつの記事で示した通り、やはり何も解明してないんですが、こういう探偵ごっこは、僕みたいについ最近までオフィスアイを知らなかった大馬鹿者にとって、ちょうどいい訓練なんですよ(不信心ですな、私)。

それと、もう一つ子犬さんに聞きたいことがあります。「オリジナルの肝」は聞き損なったのですが、その内容はボトムズブログによると、二人で上井草を散策しながら、トークをするという形をとってるんです。では、上の高橋と富野両監督の事務所の所在云々も、上井草を示したんでしょうか?でも特許庁の電子図書館の商標登録システムによると、オフィスアイは今ではシンザシティにいるようですが…。これは一体どういうことなのでしょうか。
kaito2198 #-|2008/06/30(月) 20:02 [ 編集 ]
そうですよ。
サンライズの本社前から上井草駅を過ぎたあたりのビルを指差して話してます。
ちょうどこのあたり。
http://maps.google.co.jp/maps?f=q&hl=ja&geocode=&q=&ie=UTF8&ll=35.724862,139.60288&spn=0.00182,0.003326&z=18

会話から察するに元々サンライズ創業時の事務所があったところでもあり、
今はどちらもそこに居を構えてはいないようでした。
子犬 #HL3aOXhs|2008/06/30(月) 20:29 [ 編集 ]
なるほど。一つ合理的な判断として、上井草(サンライズ所在)→新座市(旧居所在)ってのはいかがでしょうか?

つまり、80年代前半のインタビューなどはよくオフィスアイで実施したことから見ても、やはり最初はサンライズの近くにいって、仕事減ってた90年代で家にいる新座市に転移、富野が新居に移住した今もそのままそっちに残ってた、ってのも可能かもしれませんね。
kaito2198 #-|2008/06/30(月) 21:00 [ 編集 ]
十二分に考えられることだと思います。
ガーゼィの翼などは原画の直しなどもスタジオではなく自宅でやっていたようですからね。
子犬 #HL3aOXhs|2008/07/02(水) 19:58 [ 編集 ]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURLはこちら
http://kaito2198.blog43.fc2.com/tb.php/82-ab473128

ブログ内検索

なんとなく富野商品

リンク

このブログをリンクに追加する

カテゴリー

まともに機能しなくてすみません。これからゆっくりペースで直します。

RSSフィード

FC2カウンター

富野監督作品一覧

  • 海のトリトン
  • しあわせの王子
  • 勇者ライディーン
  • ラ・セーヌの星
  • 無敵超人ザンボット3
  • 無敵鋼人ダイターン3
  • 機動戦士ガンダム
  • 伝説巨神イデオン
  • 機動戦士ガンダム(劇場版)
  • 機動戦士ガンダムⅡ 哀戦士編
  • 戦闘メカ ザブングル
  • 機動戦士ガンダムⅢ めぐりあい宇宙編
  • 伝説巨神イデオン・接触篇 -A CONTACT-
  • 伝説巨神イデオン・発動篇 -Be Invoked-
  • 聖戦士ダンバイン
  • ザブングル グラフィティ
  • 重戦機エルガイム
  • 機動戦士Zガンダム
  • 機動戦士ガンダムZZ
  • 機動戦士ガンダム 逆襲のシャア
  • 機動戦士ガンダムF91
  • 機動戦士Vガンダム
  • 闇夜の時代劇 正体を見る
  • バイストンウェル物語 ガーゼィの翼
  • ブレンパワード
  • ∀ガンダム
  • 劇場版∀ガンダムⅠ 地球光
  • 劇場版∀ガンダムⅡ 月光蝶
  • OVERMAN キングゲイナー
  • 機動戦士Ζガンダム A New Translation -星を継ぐ者-
  • 機動戦士ΖガンダムⅡ A New Translation -恋人たち-
  • リーンの翼
  • 機動戦士ΖガンダムⅢ A New Translation -星の鼓動は愛-
  • RING OF GUNDAM
  • ガンダム Gのレコンギスタ
  • 富野参加作品一覧

  • 鉄腕アトム
  • 戦え!オスパー
  • リボンの騎士
  • 巨人の星
  • アニマル1
  • 夕やけ番長
  • 海底少年マリン
  • どろろ
  • 紅三四郎
  • 巨人の星対鉄腕アトム
  • おらぁグズラだど
  • 男一匹ガキ大将
  • ムーミン
  • シートン動物記
  • 赤き血のイレブン
  • アタックNo.1
  • あしたのジョー
  • 男ドアホウ!甲子園
  • 昆虫物語 みなしごハッチ
  • さすらいの太陽
  • 天才バカボン
  • ふしぎなメルモ
  • 新・オバケのQ太郎
  • 国松様のお通りだい
  • いなかっぺ大将
  • 正義を愛する者 月光仮面
  • アニメ・ドキュメント ミュンヘンのへの道
  • モンシェリCoCo
  • ハゼドン
  • ど根性ガエル
  • けろっこデメタン
  • ワンサくん
  • 山ねずみロッキーチャック
  • 侍ジャイアンツ
  • 新造人間キャシャーン
  • アルプスの少女ハイジ
  • ゼロテスター
  • 昆虫物語 新みなしごハッチ
  • 小さなバイキングビッケ
  • 宇宙戦艦ヤマト
  • 破裏拳ポリマー
  • フランダースの犬
  • 母をたずねて三千里
  • アンデス少年ペペロの冒険
  • 超電磁ロボ コン・バトラーV
  • ゴワッパー5 ゴーダム
  • ろぼっ子ビートン
  • あらいぐまラスカル
  • 合身戦隊メカンダーロボ
  • 超電磁マシーン ボルテスV
  • シートン動物記 くまの子ジャッキー
  • ヤッターマン
  • ペリーヌ物語
  • 闘将ダイモス
  • 未来少年コナン
  • とびだせ!マシーン飛竜
  • まんが日本昔ばなし
  • 宇宙魔神ダイケンゴー
  • 赤毛のアン
  • 科学忍者隊ガッチャマンⅡ
  • ザ・ウルトラマン
  • 宇宙大帝ゴッドシグマ
  • ルパン三世(TV第2シリーズ)
  • 新世紀GPXサイバーフォーミュラ
  • 銀河漂流バイファム
  • ママは小学4年生
  • GUNDAM EVOLVE 5
  •  |  富野作品感想 | 富野由悠季関連 | 井荻麟関連 | 富野情報 | 富野雑談 | レビュー | ブログ運営 | 日常話 | 未分類 | 給華文讀者 | Gのレコンギスタ | 
    Copyright(C) 2007All Rights Reserved. TOMINOSUKI / 富野愛好病
    Powered by FC2ブログ.
    template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.