富野由悠季監督とその作品をひたすら語るブログ

TOMINOSUKI / 富野愛好病
http://kaito2198.blog43.fc2.com/

プロフィール

kaito2198

Author:kaito2198
台湾人。
ただのファンです。

twitterは@kaito2198です。

仕事やブログ関係のご連絡は
kaito2198@hotmail.comまでお願いします。

給華文圈之富野由悠季愛好者的一些話
關於本站文章的轉載聲明

富野監督関連資料一覧

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

グーバーウォーク

日常の話

2010/07/14 10:29|日常話TRACKBACK:0COMMENT:0
このエントリーを含むはてなブックマーク はてなブックマーク - 日常の話
 日本はとっくに台湾の観光ビサを免除したおかげで、無駄な出費をしなくてすみましたが、パスポートの有効期限自体が過ぎましたので、いまさら更新しなくちゃ。
 それから、ちょっと気になるところで、日本のパスポート更新の費用を調べてみましたが、5年11000円・10年16000円だそうですが、わが国は3年5000円くらいです。格安と思われるかもしれませんが、うちみたいな貧乏人は3年1回海外旅行があるだけでも贅沢だーつの。高いよ。




 ひびのたわごとさんから知ったことですが、サンライズ創業者の一人である山浦栄二氏は昨日亡くなられたそうです。私にとってはガンダムなどで富野監督と組んでたのが印象深かったんですが、同時に、山浦氏が非常に富野監督を評価した1人でもあった。そんな方の逝去に対して、ただひたすら遺憾の意を。合掌。

『富野由悠季全仕事』応援記事その1 「富野全仕事をとことん分析」

山浦 (前略)これから富野さんも、歳もとってくるし、意固地になってくる局面もあるかも知れません。それでもあくまで大衆性があって、それでいて自分が出せるような作品を作り出していって欲しいと思っています。そこで重要になるのが、いい場所といい人、彼の良さを引き上げてくれる人に巡り合えるかどうかでしょう。

―― それは、具体的にはどういった立場の人なんでしょうか。

山浦 やっぱりプロデューサーということになるでしょうね。何らかの作品を作りたいという時に「富野にこういう作品を作ってもらえば、もっと違う富野が出てくるんじゃないか?」と考えてくれる人でしょうね。
 富ちゃんならいっぱい可能性を持っていると思うんですよ。富ちゃん自身も気づいていない可能性も含めて。それを出せるような場を作っていくことが必要だと思います。僕が彼にいちばん期待するのも、そういうことなんですよ。すでに彼は、ひとつの頂点に決めてしまったわけですが、それだけじゃなくてまだまだ眠っている才能を引き出していって欲しいです。それはもちろん苦労しますよ、新しいものを作るということは、常に苦労するんですから。それを、あえて彼にやってもらおうとする人が出てきて欲しいんですよ。
 僕も彼に対して、ロボットものじゃない何か、あるいはロボットものでも全く違う路線の何かを作ってくれと、依頼したい気持ちはありますよ。せっかくサンライズという場もあるんですから。





 話は変わるが、富野監督と冲方丁氏の対談はさすがに面白いです。わずか2ページにも関わらず、ガチで今NT一番読み応えがある連載です。連載といってるが、いったい何回があるかは期待してるところです。もっとも、富野監督がおっしゃってることはわからんでもないが、さすがにちょっと冲方氏を褒めすぎないかくらいは感じてます。天地明察は題材選びとしては大変興味深いですし、カテゴリ・ジャンル分けを破ったのも分かりますが、はっきりそんなに面白いと思いません……。まあ、私がセンスないだけかもしれません。




 富野監督の『天地明察』の「当時(江戸中期)の日本人が数学と天文学と時代性のあり方をどう咀嚼していったのかを描いている」という評から連想した話ですが、最近陽明理学が日本に対する影響に興味が湧き、改めて自分の明代に対する知識と記憶を探し戻したいつながりで、再び日本のタイトルが『万暦十五年―1587「文明」の悲劇』という黄 仁宇氏の著作を読み直したんですが、やはり非常に面白いです。この本は台湾では未だにヒット書で、出版以来はもう100刷近い再販されている。しかし日本は20年前の絶版以来、未だに重版していないのが驚きです。
 この本は万暦十五年という年を描くが、この年はまさに英語のタイトル『1587, a Year of No Significance』で示したとおり、一見何の変哲もない年だった。しかしこの年が起こったいくつかの事件の背後には、明がいずれ滅びる宿命を示しているかもしれない、というのがこの本の内容ですが、これがまさに「以小知大」、小(個別)をもって大(全体)を知るという理想なので、富野監督は中国の歴史に興味あるかどうかは知りませんけれど(別に大して興味がなくても楽しめる本だが)、個人にとっては富野監督に読ませてほしい一書なんですね。


万暦十五年―1587「文明」の悲劇万暦十五年―1587「文明」の悲劇
(1989/08)
黄 仁宇

商品詳細を見る




 さて、これからメジャーリーグのオールスターゲームを見に行きます。一応アメリカリーグに応援しますが(ヤンキースファンなので)、目当ては当然イチローでもジーターでもなく、かえってナショナルリーグの

郭泓志、台湾勢初のオールスター/米球宴 - MLB - SANSPO.COM

 大リーグ・オールスターゲーム(13日、エンゼルスタジアム)ドジャースのリリーフ投手、郭泓志は台湾選手として初めてメンバー入り。韓国からは2001年の朴賛浩投手らが選ばれており、日本、韓国に続くアジアからの球宴出場選手となった。
 故障者の代替選出とはいえ、今季は自慢の快速球を武器に3勝1敗で防御率0・99。28歳の左腕は「最初の台湾選手となって誇りに思う。でも僕が最後の選手にはならない。後から続くはず」と笑顔を振りまいた。(共同)



時事ドットコム:意気込む球宴ルーキー=米大リーグ球宴

 ナ・リーグで初めてオールスターに臨む左腕投手2人が、喜びと意気込みを示した。
 レッズの40歳、ローズは「オールド・ルーキーの自分を誇りに思う。今が人生で一番の瞬間だ」と満面に笑み。リリーフとして今季の前半、チームの久々の首位独走に貢献している。ドジャースの郭泓志は欠場選手の代替としてメンバー入り。「勝つことも大切だが、とにかく楽しんでやりたい」。数々の故障を乗り越え、夢をかなえた。
 ア・リーグはイチローをはじめ左の好打者が多いだけに、両投手の出来が球宴のカギを握るかもしれない。(アナハイム時事)
(2010/07/13-11:55)

 ちなみに郭の今シーズンの対左被安打数は未だに完璧の「0」なので、対イチローでもよい効果を発揮してほしいですね。

コメント
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURLはこちら
http://kaito2198.blog43.fc2.com/tb.php/805-3e7369f2

ブログ内検索

なんとなく富野商品

リンク

このブログをリンクに追加する

カテゴリー

まともに機能しなくてすみません。これからゆっくりペースで直します。

RSSフィード

FC2カウンター

富野監督作品一覧

  • 海のトリトン
  • しあわせの王子
  • 勇者ライディーン
  • ラ・セーヌの星
  • 無敵超人ザンボット3
  • 無敵鋼人ダイターン3
  • 機動戦士ガンダム
  • 伝説巨神イデオン
  • 機動戦士ガンダム(劇場版)
  • 機動戦士ガンダムⅡ 哀戦士編
  • 戦闘メカ ザブングル
  • 機動戦士ガンダムⅢ めぐりあい宇宙編
  • 伝説巨神イデオン・接触篇 -A CONTACT-
  • 伝説巨神イデオン・発動篇 -Be Invoked-
  • 聖戦士ダンバイン
  • ザブングル グラフィティ
  • 重戦機エルガイム
  • 機動戦士Zガンダム
  • 機動戦士ガンダムZZ
  • 機動戦士ガンダム 逆襲のシャア
  • 機動戦士ガンダムF91
  • 機動戦士Vガンダム
  • 闇夜の時代劇 正体を見る
  • バイストンウェル物語 ガーゼィの翼
  • ブレンパワード
  • ∀ガンダム
  • 劇場版∀ガンダムⅠ 地球光
  • 劇場版∀ガンダムⅡ 月光蝶
  • OVERMAN キングゲイナー
  • 機動戦士Ζガンダム A New Translation -星を継ぐ者-
  • 機動戦士ΖガンダムⅡ A New Translation -恋人たち-
  • リーンの翼
  • 機動戦士ΖガンダムⅢ A New Translation -星の鼓動は愛-
  • RING OF GUNDAM
  • ガンダム Gのレコンギスタ
  • 富野参加作品一覧

  • 鉄腕アトム
  • 戦え!オスパー
  • リボンの騎士
  • 巨人の星
  • アニマル1
  • 夕やけ番長
  • 海底少年マリン
  • どろろ
  • 紅三四郎
  • 巨人の星対鉄腕アトム
  • おらぁグズラだど
  • 男一匹ガキ大将
  • ムーミン
  • シートン動物記
  • 赤き血のイレブン
  • アタックNo.1
  • あしたのジョー
  • 男ドアホウ!甲子園
  • 昆虫物語 みなしごハッチ
  • さすらいの太陽
  • 天才バカボン
  • ふしぎなメルモ
  • 新・オバケのQ太郎
  • 国松様のお通りだい
  • いなかっぺ大将
  • 正義を愛する者 月光仮面
  • アニメ・ドキュメント ミュンヘンのへの道
  • モンシェリCoCo
  • ハゼドン
  • ど根性ガエル
  • けろっこデメタン
  • ワンサくん
  • 山ねずみロッキーチャック
  • 侍ジャイアンツ
  • 新造人間キャシャーン
  • アルプスの少女ハイジ
  • ゼロテスター
  • 昆虫物語 新みなしごハッチ
  • 小さなバイキングビッケ
  • 宇宙戦艦ヤマト
  • 破裏拳ポリマー
  • フランダースの犬
  • 母をたずねて三千里
  • アンデス少年ペペロの冒険
  • 超電磁ロボ コン・バトラーV
  • ゴワッパー5 ゴーダム
  • ろぼっ子ビートン
  • あらいぐまラスカル
  • 合身戦隊メカンダーロボ
  • 超電磁マシーン ボルテスV
  • シートン動物記 くまの子ジャッキー
  • ヤッターマン
  • ペリーヌ物語
  • 闘将ダイモス
  • 未来少年コナン
  • とびだせ!マシーン飛竜
  • まんが日本昔ばなし
  • 宇宙魔神ダイケンゴー
  • 赤毛のアン
  • 科学忍者隊ガッチャマンⅡ
  • ザ・ウルトラマン
  • 宇宙大帝ゴッドシグマ
  • ルパン三世(TV第2シリーズ)
  • 新世紀GPXサイバーフォーミュラ
  • 銀河漂流バイファム
  • ママは小学4年生
  • GUNDAM EVOLVE 5
  •  |  富野作品感想 | 富野由悠季関連 | 井荻麟関連 | 富野情報 | 富野雑談 | レビュー | ブログ運営 | 日常話 | 未分類 | 給華文讀者 | Gのレコンギスタ | 
    Copyright(C) 2007All Rights Reserved. TOMINOSUKI / 富野愛好病
    Powered by FC2ブログ.
    template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.