富野由悠季監督とその作品をひたすら語るブログ

TOMINOSUKI / 富野愛好病
http://kaito2198.blog43.fc2.com/

プロフィール

kaito2198

Author:kaito2198
台湾人。
ただのファンです。

twitterは@kaito2198です。

仕事やブログ関係のご連絡は
kaito2198@hotmail.comまでお願いします。

給華文圈之富野由悠季愛好者的一些話
關於本站文章的轉載聲明

富野監督関連資料一覧

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

グーバーウォーク

日本に行く日程決めました!

2010/07/05 22:15|日常話TRACKBACK:0COMMENT:6
このエントリーを含むはてなブックマーク はてなブックマーク - 日本に行く日程決めました!
 特定の目的はないけれど、一応今年の夏つか来月には、日本に行くことが決めました。3年ぶりの日本の旅になります。日程は、8/10から8/19までの10日9泊です。


 正直、円高が日々続いている今、なんか行きたい意欲が半分削られてる気分がしないでもないのですが、それでも日本はお久しぶりで、なんだかんだ楽しみにしていますし、今回は半分学校の後輩たちをガイドするために行くようなものなので、全力遊びまくるつもりでございます。


 で、特定の目的や目標はないけれど、一応目当てはあります。

1.富野関連ものトレジャーハント:去年玖足手帖のグダちんさんがまんだらけの大富野展で半分を買い占めたくらいの勢いを見て三日間も眠らずに嫉妬しつづけた以来、自分のなかの富野心は肥大していき、ハイパー化しています。このままだと自滅しかねませんので、富野分を補給することによってオーラ力を鍛えます。

2.後輩たちのガイド:具体的はコミケとかまんだらけとか秋葉原とか乙女ロードとか。はあ…オタクくさいですな。一人だけ靖国神社に行きたくてしかたない後輩がいるのは謎ですが。

3.富野の映画を見る:正直の話、日本の映画館で映画を見たことがありませんので、富野監督の出演をスクリーンで見たい気分。ただ、7月末はすでにNHKの放送があるので、行くほどの価値がない映画だったら再考かも。

4.上井草やサンライズ周辺に遊蕩:もしかして富野監督に会えるかも。

5.あと、もし友達に会えれば最高ですが、そもそも誰が関東に住んでるのがすら分からないのがネックですね。いや、そもそも自分は人見知り激しいタイプですしな。


 それはともかく、とにかく来月日本に行きます。日本のみなさん、よろしくお願いいたしますね。

コメント
まんだらけの時の本はまだ読み切ってません(T_T)
ガーゼィのVHSならこの間、古本屋で見かけましたな。
300円でした。
東京の古書店巡りは楽しいです。まあ、ネットで買えますがね。
私もムック系はあまり所持しておりませんので欲しくもあり、財布が怖くもあり。
団体旅行との事で、大変なこともあるでしょうが、お気を付けていらして下さい。
私は暇だけはありますのでチャンスが在ればお会いしたいです。
私が台湾に行く収入はムリそうです
グダ #-|2010/07/06(火) 18:23 [ 編集 ]
浅草と東京スカイツリー周辺の案内なら、お任せください。
starship #-|2010/07/06(火) 19:41 [ 編集 ]
なのですごく続きが気になりますね。
展開は小説を読めばだいたい分かりましたが、ファラン・ファの登場やほかのアニメならではの演出も見所ですよね。
ガーゼィのアニメの出来は決してよくないと知ってますが。
kaito2198 #L2WcHO2o|2010/07/07(水) 09:41 [ 編集 ]
機会があれば一緒に行きたいですね。
kaito2198 #L2WcHO2o|2010/07/07(水) 19:24 [ 編集 ]
はじめまして、こんばんは。
kaito2198さんの熱意に同じ富野ファンとして頭が下がるばかりです。
素敵な掘り出し物がたくさん見つかると良いですね。

>富野関連もののレジャーハント

富野関連とはチガウのですが、
『BA-BHA』という本に収録されている
『組長のはまったガンダム』という短編小説が
凄まじく秀逸なので、kaito2198さんには
是非!手にして読んでほしいです。

1stガンダムをとおして、
日本の前近代の消失がなぞられていく物語,
でもあるので、考察しがいもあるかと思います。

では‥
Sachi #Dy0Je4bo|2010/07/12(月) 00:47 [ 編集 ]
はじめまして、Sachiさん。褒めていただいて光栄です。これからもどうかご指導ご鞭撻の程よろしくお願いいたします。

今ググッてみましたが、「BA-BAH その他」という橋本治さんの著作ですね。面白そうですので、日本に行ったら探します。
kaito2198 #L2WcHO2o|2010/07/12(月) 09:22 [ 編集 ]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURLはこちら
http://kaito2198.blog43.fc2.com/tb.php/799-3adced4a

ブログ内検索

なんとなく富野商品

リンク

このブログをリンクに追加する

カテゴリー

まともに機能しなくてすみません。これからゆっくりペースで直します。

RSSフィード

FC2カウンター

富野監督作品一覧

  • 海のトリトン
  • しあわせの王子
  • 勇者ライディーン
  • ラ・セーヌの星
  • 無敵超人ザンボット3
  • 無敵鋼人ダイターン3
  • 機動戦士ガンダム
  • 伝説巨神イデオン
  • 機動戦士ガンダム(劇場版)
  • 機動戦士ガンダムⅡ 哀戦士編
  • 戦闘メカ ザブングル
  • 機動戦士ガンダムⅢ めぐりあい宇宙編
  • 伝説巨神イデオン・接触篇 -A CONTACT-
  • 伝説巨神イデオン・発動篇 -Be Invoked-
  • 聖戦士ダンバイン
  • ザブングル グラフィティ
  • 重戦機エルガイム
  • 機動戦士Zガンダム
  • 機動戦士ガンダムZZ
  • 機動戦士ガンダム 逆襲のシャア
  • 機動戦士ガンダムF91
  • 機動戦士Vガンダム
  • 闇夜の時代劇 正体を見る
  • バイストンウェル物語 ガーゼィの翼
  • ブレンパワード
  • ∀ガンダム
  • 劇場版∀ガンダムⅠ 地球光
  • 劇場版∀ガンダムⅡ 月光蝶
  • OVERMAN キングゲイナー
  • 機動戦士Ζガンダム A New Translation -星を継ぐ者-
  • 機動戦士ΖガンダムⅡ A New Translation -恋人たち-
  • リーンの翼
  • 機動戦士ΖガンダムⅢ A New Translation -星の鼓動は愛-
  • RING OF GUNDAM
  • ガンダム Gのレコンギスタ
  • 富野参加作品一覧

  • 鉄腕アトム
  • 戦え!オスパー
  • リボンの騎士
  • 巨人の星
  • アニマル1
  • 夕やけ番長
  • 海底少年マリン
  • どろろ
  • 紅三四郎
  • 巨人の星対鉄腕アトム
  • おらぁグズラだど
  • 男一匹ガキ大将
  • ムーミン
  • シートン動物記
  • 赤き血のイレブン
  • アタックNo.1
  • あしたのジョー
  • 男ドアホウ!甲子園
  • 昆虫物語 みなしごハッチ
  • さすらいの太陽
  • 天才バカボン
  • ふしぎなメルモ
  • 新・オバケのQ太郎
  • 国松様のお通りだい
  • いなかっぺ大将
  • 正義を愛する者 月光仮面
  • アニメ・ドキュメント ミュンヘンのへの道
  • モンシェリCoCo
  • ハゼドン
  • ど根性ガエル
  • けろっこデメタン
  • ワンサくん
  • 山ねずみロッキーチャック
  • 侍ジャイアンツ
  • 新造人間キャシャーン
  • アルプスの少女ハイジ
  • ゼロテスター
  • 昆虫物語 新みなしごハッチ
  • 小さなバイキングビッケ
  • 宇宙戦艦ヤマト
  • 破裏拳ポリマー
  • フランダースの犬
  • 母をたずねて三千里
  • アンデス少年ペペロの冒険
  • 超電磁ロボ コン・バトラーV
  • ゴワッパー5 ゴーダム
  • ろぼっ子ビートン
  • あらいぐまラスカル
  • 合身戦隊メカンダーロボ
  • 超電磁マシーン ボルテスV
  • シートン動物記 くまの子ジャッキー
  • ヤッターマン
  • ペリーヌ物語
  • 闘将ダイモス
  • 未来少年コナン
  • とびだせ!マシーン飛竜
  • まんが日本昔ばなし
  • 宇宙魔神ダイケンゴー
  • 赤毛のアン
  • 科学忍者隊ガッチャマンⅡ
  • ザ・ウルトラマン
  • 宇宙大帝ゴッドシグマ
  • ルパン三世(TV第2シリーズ)
  • 新世紀GPXサイバーフォーミュラ
  • 銀河漂流バイファム
  • ママは小学4年生
  • GUNDAM EVOLVE 5
  •  |  富野作品感想 | 富野由悠季関連 | 井荻麟関連 | 富野情報 | 富野雑談 | レビュー | ブログ運営 | 日常話 | 未分類 | 給華文讀者 | Gのレコンギスタ | 
    Copyright(C) 2007All Rights Reserved. TOMINOSUKI / 富野愛好病
    Powered by FC2ブログ.
    template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.