富野由悠季監督とその作品をひたすら語るブログ

TOMINOSUKI / 富野愛好病
http://kaito2198.blog43.fc2.com/

プロフィール

kaito2198

Author:kaito2198
台湾人。
ただのファンです。

twitterは@kaito2198です。

仕事やブログ関係のご連絡は
kaito2198@hotmail.comまでお願いします。

給華文圈之富野由悠季愛好者的一些話
關於本站文章的轉載聲明

富野監督関連資料一覧

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

グーバーウォーク

スラスラ読めるオーラバトラー戦記前半と愛すべき邪悪なガロウ・ランたち

2010/05/17 23:11|富野作品感想TRACKBACK:0COMMENT:2
このエントリーを含むはてなブックマーク はてなブックマーク - スラスラ読めるオーラバトラー戦記前半と愛すべき邪悪なガロウ・ランたち
 最近忙しいですが、『オーラバトラー戦記』は相変わらずちょくちょく読んでいます。ガロウ・ラン定番の強獣部隊とミィナ絡みの前半戦が終わって、今はガロウ・ランたちもオーラ・マシンの導入を試し始める後半戦の第3巻中途です。

 それにしても、意外といえば作者に失礼かもしれませんけれど、この『オーラバトラー戦記』は(同じく野性時代にて連載された)前作『リーンの翼』と比べて、さらに一般人にとってもスラスラ読める代物になってると思います。もちろん、『リーンの翼』は別に読みにくくなくて、むしろ青少年~青少年~一般成人に適する読み物だと思いますが、多少くどい話が入ってて、人によって「もっと本編の話(ストーリー)が読みたい」と思われるのもあるかもしれません。
 それもあってか、実際富野の次の連載作『オーラバトラー戦記』には、このような反省がされている感触があります。どの部分なのかというと、それがつまり『リーンの翼』を構成する一大要素である二次世界大戦の日本軍・政府の在りようついての批判と反省といった作者の思想(と同時に、主人公迫水真次郎の思想や思考の一部も構成する)が入ってるくだりです。これら文明や現実に対する主張は『オーラバトラー戦記』の前半ではほとんど見かけておらず、単に純粋なファンタジー・ヒロイック小説という容貌となっています。
 また、『リーンの翼』が剣戟はメインの肉弾戦であるゆえの重厚な描写から一転、『オーラバトラー戦記』は機械戦がメインということもあいまって、アクション場面の描写はかなり軽快になっています。おそらく作品の色違いのための作風調整もあるとい思いますが、前作からの改良と見なしてもいいかもしれません。
 以上の二点から、まだ全巻再読していないものの、個人は『オーラバトラー戦記』が他人にも気軽にオススメできる作品だといいたいです




 それにしても、タイトルにもなってる通り、この『オーラバトラー戦記』はオーラバトラーに乗って空に駆ける騎士たちがメインである話なので、数々ある個性的キャラのなかでも、前半一番目立ちしているのはやはりジョク(城毅)、バーン・バニングス、ガラリア・ニャムヒーなどですが、そんな主人公たちの影にまだ別の意味でのメインキャラクターがいます。
 前も言いましたが、『オーラバトラー戦記』の1巻~4巻はいわゆるバイストン・ウェルの地中に住む邪悪の種族ガロウ・ランとの闘争史ですが、それはあくまでアの国(つまりドレイク)についてるジョク視点から見たもので、いったん「正vs悪」という構図から離れると、4巻以前はギィ・グッガをはじめとしたガロウ・ランたちこそ真の主人公たちという見方もできます

 戦いに通じて将たる器まで大きくして、覇道と邪悪なオーラを纏うようになったガロウ・ラン頭領(御大将)ギィ・グッガ。強獣ハバリー空中部隊を指揮して、オーラボムと互角できるミュラン・マズ。頭が切れて、色んな作戦を実行できて、オーラボムの操縦までできるブラバ。ガロウ・ランらしくない戦術に開眼したため、仲間に見捨てられれてもわが道を行くビダ・ビッタ。どことなく地上人トレンに気があるミハ。オーラバトラーを操縦できるほどの賢明さの持ち主ヘレナァなどなど、ガロウ・ランたちは一人一人個性溢れて輝いてる。
 そんなガロウ・ランたちが最初の野蛮人としか言いようが無い姿から、だんだん知恵を身に付き強大になってゆく過程そのものがバイストン・ウェルの変革を象徴する「変化」で、読んでで非常に面白い。おそらくこれも富野がこの小説に通じて書きたかったものの一つであろう

 野蛮で残酷、それでいて純粋な心性持ちで生命力溢れるガロウ・ラン。4巻以降、このガロウ・ランたちはアニメ『聖戦士ダンバイン』と同じく全面的フェード・アウトすることになりますが、彼らの活躍を見たい方は、是非『リーンの翼』新版の1・2巻か、この『オーラバトラー戦記』の前4巻を読んでください。

オーラバトラー戦記〈1〉アの国の恋 (角川スニーカー文庫)オーラバトラー戦記〈1〉アの国の恋 (角川スニーカー文庫)
(2000/11)
富野 由悠季

商品詳細を見る

オーラバトラー戦記〈2〉戦士・美井奈 (角川スニーカー文庫)オーラバトラー戦記〈2〉戦士・美井奈 (角川スニーカー文庫)
(2000/12)
富野 由悠季

商品詳細を見る

オーラバトラー戦記〈3〉ガロウ・ラン・サイン (角川スニーカー文庫)オーラバトラー戦記〈3〉ガロウ・ラン・サイン (角川スニーカー文庫)
(2001/01)
富野 由悠季

商品詳細を見る

オーラバトラー戦記〈4〉ギィ撃攘 (角川スニーカー文庫)オーラバトラー戦記〈4〉ギィ撃攘 (角川スニーカー文庫)
(2001/01)
富野 由悠季

商品詳細を見る


コメント
「オーラバトラー戦記」って読みやすいのはギィ・グッガとの戦いが終わる辺りまでで、
その後は情景描写が場面によって異なっていたり、論理が飛躍したりして読みにくくなりません?
最初いいペースで読めていたのが、そのあとガクッと落ちて塩漬けにしてしまったことを思い出しました。
子犬 #HL3aOXhs|2010/05/18(火) 06:19 [ 編集 ]
4巻以後を読むときは改めて感想を伝えます。前半の『ダンバイン』をベースにしない部分はとにかく読みやすいですよね。
kaito2198 #L2WcHO2o|2010/05/18(火) 16:16 [ 編集 ]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURLはこちら
http://kaito2198.blog43.fc2.com/tb.php/764-6fb19ed8

ブログ内検索

なんとなく富野商品

リンク

このブログをリンクに追加する

カテゴリー

まともに機能しなくてすみません。これからゆっくりペースで直します。

RSSフィード

FC2カウンター

富野監督作品一覧

  • 海のトリトン
  • しあわせの王子
  • 勇者ライディーン
  • ラ・セーヌの星
  • 無敵超人ザンボット3
  • 無敵鋼人ダイターン3
  • 機動戦士ガンダム
  • 伝説巨神イデオン
  • 機動戦士ガンダム(劇場版)
  • 機動戦士ガンダムⅡ 哀戦士編
  • 戦闘メカ ザブングル
  • 機動戦士ガンダムⅢ めぐりあい宇宙編
  • 伝説巨神イデオン・接触篇 -A CONTACT-
  • 伝説巨神イデオン・発動篇 -Be Invoked-
  • 聖戦士ダンバイン
  • ザブングル グラフィティ
  • 重戦機エルガイム
  • 機動戦士Zガンダム
  • 機動戦士ガンダムZZ
  • 機動戦士ガンダム 逆襲のシャア
  • 機動戦士ガンダムF91
  • 機動戦士Vガンダム
  • 闇夜の時代劇 正体を見る
  • バイストンウェル物語 ガーゼィの翼
  • ブレンパワード
  • ∀ガンダム
  • 劇場版∀ガンダムⅠ 地球光
  • 劇場版∀ガンダムⅡ 月光蝶
  • OVERMAN キングゲイナー
  • 機動戦士Ζガンダム A New Translation -星を継ぐ者-
  • 機動戦士ΖガンダムⅡ A New Translation -恋人たち-
  • リーンの翼
  • 機動戦士ΖガンダムⅢ A New Translation -星の鼓動は愛-
  • RING OF GUNDAM
  • ガンダム Gのレコンギスタ
  • 富野参加作品一覧

  • 鉄腕アトム
  • 戦え!オスパー
  • リボンの騎士
  • 巨人の星
  • アニマル1
  • 夕やけ番長
  • 海底少年マリン
  • どろろ
  • 紅三四郎
  • 巨人の星対鉄腕アトム
  • おらぁグズラだど
  • 男一匹ガキ大将
  • ムーミン
  • シートン動物記
  • 赤き血のイレブン
  • アタックNo.1
  • あしたのジョー
  • 男ドアホウ!甲子園
  • 昆虫物語 みなしごハッチ
  • さすらいの太陽
  • 天才バカボン
  • ふしぎなメルモ
  • 新・オバケのQ太郎
  • 国松様のお通りだい
  • いなかっぺ大将
  • 正義を愛する者 月光仮面
  • アニメ・ドキュメント ミュンヘンのへの道
  • モンシェリCoCo
  • ハゼドン
  • ど根性ガエル
  • けろっこデメタン
  • ワンサくん
  • 山ねずみロッキーチャック
  • 侍ジャイアンツ
  • 新造人間キャシャーン
  • アルプスの少女ハイジ
  • ゼロテスター
  • 昆虫物語 新みなしごハッチ
  • 小さなバイキングビッケ
  • 宇宙戦艦ヤマト
  • 破裏拳ポリマー
  • フランダースの犬
  • 母をたずねて三千里
  • アンデス少年ペペロの冒険
  • 超電磁ロボ コン・バトラーV
  • ゴワッパー5 ゴーダム
  • ろぼっ子ビートン
  • あらいぐまラスカル
  • 合身戦隊メカンダーロボ
  • 超電磁マシーン ボルテスV
  • シートン動物記 くまの子ジャッキー
  • ヤッターマン
  • ペリーヌ物語
  • 闘将ダイモス
  • 未来少年コナン
  • とびだせ!マシーン飛竜
  • まんが日本昔ばなし
  • 宇宙魔神ダイケンゴー
  • 赤毛のアン
  • 科学忍者隊ガッチャマンⅡ
  • ザ・ウルトラマン
  • 宇宙大帝ゴッドシグマ
  • ルパン三世(TV第2シリーズ)
  • 新世紀GPXサイバーフォーミュラ
  • 銀河漂流バイファム
  • ママは小学4年生
  • GUNDAM EVOLVE 5
  •  |  富野作品感想 | 富野由悠季関連 | 井荻麟関連 | 富野情報 | 富野雑談 | レビュー | ブログ運営 | 日常話 | 未分類 | 給華文讀者 | Gのレコンギスタ | 
    Copyright(C) 2007All Rights Reserved. TOMINOSUKI / 富野愛好病
    Powered by FC2ブログ.
    template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.