富野由悠季監督とその作品をひたすら語るブログ

TOMINOSUKI / 富野愛好病
http://kaito2198.blog43.fc2.com/

プロフィール

kaito2198

Author:kaito2198
台湾人。
ただのファンです。

twitterは@kaito2198です。

仕事やブログ関係のご連絡は
kaito2198@hotmail.comまでお願いします。

給華文圈之富野由悠季愛好者的一些話
關於本站文章的轉載聲明

富野監督関連資料一覧

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

グーバーウォーク

野性時代5月号、富野冲方対談で大ヒット!!

2010/04/16 13:09|富野情報TRACKBACK:0COMMENT:2
このエントリーを含むはてなブックマーク はてなブックマーク - 野性時代5月号、富野冲方対談で大ヒット!!
 先日、『リーンの翼』の発売記念として、野性時代に冲方丁氏と富野由悠季監督の対談が掲載されることを紹介しました。

冲方丁と富野由悠季、「野性時代」にて対談!

 当人である冲方氏も対談後、こんな話を残ったくらいです。

ぷらりずむ黙契録
※本日の一言とお知らせ※
○野性時代誌にて『リーンの翼』刊行記念に富野由悠季監督と対談させていただきました。

○野性時代誌にて『リーンの翼』刊行記念に富野由悠季監督と対談させていただきました。
 野性時代次号にて掲載されます。死ぬほど怖かったよ母ちゃん。
 五年前だったら本当には相手の怖さが分からなかったであろうことが怖かったです。
 とにかく、単純計算で、これまでに、冲方の四十倍の仕事量をしてのけてきた方です。普通はできません。ありえません。富野監督が二十代のとき、上にいたのが手塚治虫です。基準と経験値の絶対量が違いすぎます。それ以外にも、アニメ業界で原作小説という概念をもたらすなど、仕事そのものを創造したりと、監督が果たしてきたことがらの規模をあらためて実感。ただ圧倒されました。
 文芸賞をいただいて浮かれていた気分を、かけらも残さず吹き飛ばして下さいました。
 この特大級の怖さ、なんとしてもにしたいと思います。
 監督の「一言」はぜひ野性時代誌にてご覧下さい。 怖くて書けません。ガンバレ、ライターさん。

 冲方PTSD回避のための脳内イメージお絵かき。先日の富野監督との対談後、『シグルイ』のワンシーンがリアルにフラッシュバックして止まらず、仕事にならないので。リーンの翼をはばたかせる虎である。勝てねえ。

 

リーンの翼 1リーンの翼 1
(2010/03/20)
富野 由悠季

商品詳細を見る


 多才の冲方氏をしてこんな言葉を吐くのですが、実際、「野生時代 Vol.78 『リーンの翼』刊行記念対談 富野由悠季×冲方丁 物語構造の構築作法」を称した対談は、このほどインパクトあって刺激なものでした。なので、皆さんも是非一度この二つの作家の対談を読んでください。

―― まず、冲方さん、「リーンの翼」をお読みになった感想はいかがでしたか?
冲方 正直、圧倒されています。単行本4冊、原稿用紙4000枚ものボリュームで第二次世界大戦中の日本、異世界バイストン・ウェル、現代の日本が構築されている。

富野 テレビシリーズの映画をつくったことで、取り扱うべきエピソードを選ぶことに関しては、かなり訓練されたと思っています。今回は「記憶の質量」という考え方で、各章に入れるべきエピソードを選んでいきました。(略)
冲方 「リーンの翼」を読んで、シーンを是か非かで判断していく技術は、僕も時間をかけて身につけたいものだと感じました
富野 映画というものは気分だけでは撮れません。映画は構造でコンストラクションするものなんです。その経験が僕に役に立ったと思っています。

冲方 僕も小説を書くときは構造を意識します。でも富野さんの言葉で一番びっくりするのは「行き当たりばったり」から「構造を意識する」というダイナミズムです。
富野 世間は様式が確立していないと受け入れてくれません。その様式を探しているときは仕事としては、いちばんおもしろいんです。「行き当たりばったり」から「構造」を見出して様式化するというロジックの発見です。

冲方 必要性があるものを是か非かで分けていくと、本当に必要性のある文体がでてくるものだと思います。でも、富野さんの文章は一ヶ所だけを抜きとっても全部がついてくる。文章と内容がわかちがたい。もっと言うと、富野さん本人がわかちがたい。そういう印象が「リーンの翼」に感じました。
富野 そう言われると、嬉しいのと同時に恥ずかしいのね。「リーンの翼」は「富野は27年間でこの程度しか学びませんでした」と告白しているみたいな本に思えて。だから脱稿してから一ヶ月間、ずっと憂鬱なんです。やはり、作家から切り離された固有の作品を書きたかったんですけどね。
冲方 僕がの言葉を噛み砕くと……富野さんはヘラクレス神話みたいに二千年残るものが描きたいんだとおっしゃっているように聞こえるんですが。
富野 目標値を高くおかないと、僕程度の人間には小説なんて書けませんよ。

富野 (前略)今の時代の志では漫画やアニメはダメになってしまうでしょう。才能のある人に来てほしい業界なんです。ですから、そんな心配をしていたときに、あなたの名前を聞いて、一息つけたような気がしたんですよ。
冲方 そ、そうですか。ありがとうございます。
富野 (前略)年寄りは、百人に教えて、その中から自分を追い越してくれる一人の才能を待つ努力をしなきゃいけないんです。そして、才能が現れたときは潰しには行かない。そういう心持ちを作らなければならない。でもそれは口で言うほど簡単じゃないんだよね。手塚先生なんてライバルに対して嫉妬の固まりのような人だったし、僕だって、冲方さんには嫉妬心が湧くから、我慢する努力をしてますモン。
冲方 ……僕はその監督の姿勢を心して見守らせていただきます(笑)。
富野 今日お会いして確信できました。お前みたいなイケメン、やっぱり嫌いだ(笑)!

(自分も買ったんですが、まだ届いていませんので、以上はシャア専用ブログ@アクシズが文字起ししたものです。char_blogさん、ありがとうございます。)

リーンの翼 2リーンの翼 2
(2010/03/20)
富野 由悠季

商品詳細を見る


 この対談を受けて、冲方氏はまたブログでこんな話を残したのです。

ぷらりずむ黙契録
※本日のお知らせと一言※
○野性時代5月号にて富野監督との対談が掲載されております。

野性時代5月号にて富野監督との対談が掲載されております。
野性時代がアマゾンで12位という記録的な売り上げを見せており、ぜひとも「ぶらりずむ」でも「対談記事掲載」の告知を
野性時代前担当。これは「富野効果」でありましょうか。非力ながら人柱としての役目を果たせて本望でございます。

監督がぜひもう一度とおっしゃっております
ニュータイプ富野監督担当者。対談後にて。

  ゜(  Д、 ゜ ) 
冲方丁。対談後のニュータイプ富野監督担当者のご連絡をいただいた際の顔である。


 とても微笑ましい(?)話ですが、実際、「AMARAN」というアマゾンでのランキングの推移を見れるサイトを見ますと、以下の結果が見れます。

20100416114108378.jpg

 発売日4/12だと、最高はなんと12位だけではなく10位です。全書籍のなかでは、これはかなり売れるほうです。今は品切れのため、注文できない状態ですが。


20100416113855878.jpg

 さらに、アマゾンに登録されて発売前の予約段階では、なんと最高は堂々の3位まで上ったそうです。ほかの号の野性時代と比べれば、この号はいかに注目されてるのがわかります。こうなりゃ冲方氏が言ってる富野効果もただの褒め言葉ではないことですね。

リーンの翼 3リーンの翼 3
(2010/03/20)
富野 由悠季

商品詳細を見る


 また、冲方氏のブログによりますと、富野監督は冲方氏の才能を認めてるだけでなく、冲方氏にもとても気に入ってるようで、「是非もう一度対談してほしい」というオファーをNTの担当編集に通じて出したんですから、実現する暁には、きっと我々はまたとても刺戟になるような話が読めるのでしょう。

 ですから、ニュータイプさん、いつものようにもったいぶってないで、もっとページ数を割って、6ページか8ページか10ページの対談にしてくださいね!

リーンの翼 4リーンの翼 4
(2010/03/20)
富野 由悠季

商品詳細を見る

コメント
お久しぶりです。対談面白く読ませていただきました。
個人的には富野監督×脚本冲方氏の組み合わせで1本アニメを作って欲しいなぁなどと思っています。あの2人は作風の相性も結構いいと思うので。まぁ正直言って実現可能性は高くないでしょうが・・。
bonzoku #-|2010/04/17(土) 11:59 [ 編集 ]
私も「原作・監督 富野由悠季、シリーズ構成・脚本 冲方丁」を妄想してます(笑)。
とにかくお二人はもう一度対談するらしいですので、またこれからの動向を見守っていきたいですね。
kaito2198 #L2WcHO2o|2010/04/17(土) 20:29 [ 編集 ]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURLはこちら
http://kaito2198.blog43.fc2.com/tb.php/742-33ef2b25

ブログ内検索

なんとなく富野商品

リンク

このブログをリンクに追加する

カテゴリー

まともに機能しなくてすみません。これからゆっくりペースで直します。

RSSフィード

FC2カウンター

富野監督作品一覧

  • 海のトリトン
  • しあわせの王子
  • 勇者ライディーン
  • ラ・セーヌの星
  • 無敵超人ザンボット3
  • 無敵鋼人ダイターン3
  • 機動戦士ガンダム
  • 伝説巨神イデオン
  • 機動戦士ガンダム(劇場版)
  • 機動戦士ガンダムⅡ 哀戦士編
  • 戦闘メカ ザブングル
  • 機動戦士ガンダムⅢ めぐりあい宇宙編
  • 伝説巨神イデオン・接触篇 -A CONTACT-
  • 伝説巨神イデオン・発動篇 -Be Invoked-
  • 聖戦士ダンバイン
  • ザブングル グラフィティ
  • 重戦機エルガイム
  • 機動戦士Zガンダム
  • 機動戦士ガンダムZZ
  • 機動戦士ガンダム 逆襲のシャア
  • 機動戦士ガンダムF91
  • 機動戦士Vガンダム
  • 闇夜の時代劇 正体を見る
  • バイストンウェル物語 ガーゼィの翼
  • ブレンパワード
  • ∀ガンダム
  • 劇場版∀ガンダムⅠ 地球光
  • 劇場版∀ガンダムⅡ 月光蝶
  • OVERMAN キングゲイナー
  • 機動戦士Ζガンダム A New Translation -星を継ぐ者-
  • 機動戦士ΖガンダムⅡ A New Translation -恋人たち-
  • リーンの翼
  • 機動戦士ΖガンダムⅢ A New Translation -星の鼓動は愛-
  • RING OF GUNDAM
  • ガンダム Gのレコンギスタ
  • 富野参加作品一覧

  • 鉄腕アトム
  • 戦え!オスパー
  • リボンの騎士
  • 巨人の星
  • アニマル1
  • 夕やけ番長
  • 海底少年マリン
  • どろろ
  • 紅三四郎
  • 巨人の星対鉄腕アトム
  • おらぁグズラだど
  • 男一匹ガキ大将
  • ムーミン
  • シートン動物記
  • 赤き血のイレブン
  • アタックNo.1
  • あしたのジョー
  • 男ドアホウ!甲子園
  • 昆虫物語 みなしごハッチ
  • さすらいの太陽
  • 天才バカボン
  • ふしぎなメルモ
  • 新・オバケのQ太郎
  • 国松様のお通りだい
  • いなかっぺ大将
  • 正義を愛する者 月光仮面
  • アニメ・ドキュメント ミュンヘンのへの道
  • モンシェリCoCo
  • ハゼドン
  • ど根性ガエル
  • けろっこデメタン
  • ワンサくん
  • 山ねずみロッキーチャック
  • 侍ジャイアンツ
  • 新造人間キャシャーン
  • アルプスの少女ハイジ
  • ゼロテスター
  • 昆虫物語 新みなしごハッチ
  • 小さなバイキングビッケ
  • 宇宙戦艦ヤマト
  • 破裏拳ポリマー
  • フランダースの犬
  • 母をたずねて三千里
  • アンデス少年ペペロの冒険
  • 超電磁ロボ コン・バトラーV
  • ゴワッパー5 ゴーダム
  • ろぼっ子ビートン
  • あらいぐまラスカル
  • 合身戦隊メカンダーロボ
  • 超電磁マシーン ボルテスV
  • シートン動物記 くまの子ジャッキー
  • ヤッターマン
  • ペリーヌ物語
  • 闘将ダイモス
  • 未来少年コナン
  • とびだせ!マシーン飛竜
  • まんが日本昔ばなし
  • 宇宙魔神ダイケンゴー
  • 赤毛のアン
  • 科学忍者隊ガッチャマンⅡ
  • ザ・ウルトラマン
  • 宇宙大帝ゴッドシグマ
  • ルパン三世(TV第2シリーズ)
  • 新世紀GPXサイバーフォーミュラ
  • 銀河漂流バイファム
  • ママは小学4年生
  • GUNDAM EVOLVE 5
  •  |  富野作品感想 | 富野由悠季関連 | 井荻麟関連 | 富野情報 | 富野雑談 | レビュー | ブログ運営 | 日常話 | 未分類 | 給華文讀者 | Gのレコンギスタ | 
    Copyright(C) 2007All Rights Reserved. TOMINOSUKI / 富野愛好病
    Powered by FC2ブログ.
    template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.