富野由悠季監督とその作品をひたすら語るブログ

TOMINOSUKI / 富野愛好病
http://kaito2198.blog43.fc2.com/

プロフィール

kaito2198

Author:kaito2198
台湾人。
ただのファンです。

twitterは@kaito2198です。

仕事やブログ関係のご連絡は
kaito2198@hotmail.comまでお願いします。

給華文圈之富野由悠季愛好者的一些話
關於本站文章的轉載聲明

富野監督関連資料一覧

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

グーバーウォーク

NASAの月面衝突任務と『アベニールをさがして』から見る富野監督の先見の明

2009/10/27 00:47|富野由悠季関連TRACKBACK:0COMMENT:0
このエントリーを含むはてなブックマーク はてなブックマーク - NASAの月面衝突任務と『アベニールをさがして』から見る富野監督の先見の明
 さて、もうちょっとした前のニュースですが、今日思い出したので、今回はこれを話します。


 皆さんは、今月初NASAの月面衝突を覚えていますか? この計画は、月に水はあるかどうかを確認するために、無人探査機を時速9000kmで月の南極付近に激突させ、その衝撃によって舞い上がる塵から、なんとか水蒸気の検出を目指すというもので、NASAの公表によると、この計画は全部7900万ドルをもかかったそうです。もし月に水があれば、未来宇宙作業の時では、我々人類が月で直接に水を取れることができますので、今回の実験はとても重要で、公式アナウンス以来、ただちに世界中の注目を集めてた。
 また、NASAもこの大きなプロジェクトに対して意気揚々で、この計画の公式サイトを建ったり、世界中のメディアや天文愛好者に大きく宣告したり、ネット中継を準備したりとか、激突によって何十kmの砂塵柱を起こすかもしれないと匂わせたりとか、なんかもう乗せる気満々。
 当時のニュースはいっぱいありますので、ここでは1つだけをリンクします。

CNN.co.jp│無人探査機を月面衝突、様子はネットで公開 NASA

 で、このような実験の前では大騒ぎしてるものの、いざ実験を実施したら、その結果はただただ世界中の人々に戸惑い与えるだけだった。
 まず、「技術の問題で」、NASAが一方的にネット中継を中止した。それから、天文愛好者たちが予告した地点を必死に望遠鏡で覗いたが、何も見えなかった。代りに、実験成功の後、NASAは衝突前後の映像をユーチューブにアップした。でも、この映像もまた別の意味でショックだった。

 これがその映像です↓。ガマンして全部を見終わってください。



 どうでしょうか。つまらないでしょう? 衝突した瞬間では何も見えなかったんですし、NASAの控え室もショボすぎて、まるで話になりません。映画みたいな大スペクタクルを期待する人々は、さぞ落胆したんだろう。いや、別に愚民たちが勝手に期待しちゃうだけのことではなく、実際NASA自身もその方向で今回の計画を宣伝していたから、批判されるのも仕方ないと思う。
 これに関して、AP通信はわざわざと「なぜNASAはスピルバーグを必要としているのか」という記事でNASAを揶揄するほどでした。

Why NASA needs Steven Spielberg




 さて、なぜこのニュースを紹介するかというと、このニュースを見た瞬間、自分が思い出したのは、富野由悠季監督が1995年で書いたSFジュヴナイル冒険小説『アベニールをさがしてです。この本のなかの話には、まったく同じ出来事が出てきましたからです。

 時は宇宙開発黎明期。ずっと地球に住んでいるオノレ、笛吹中尉、フール・ケアはあるきっかけによって、初めて宇宙に上げた時の話です。以下は、その部分です。太字は、自分で加えたものです。

「そうだろうけど、種類が多すぎない?」
 オノレが、全部言い終わらないうちに、ドオーンというひどい爆発音がした。
「……!? なんなの!?」
 フール・ケアの甲高い声に、アケモのほうが驚いたようだ。笛吹などは、腰の拳銃に手をもっていった。
「ごめんなさい。録音してるんでしょ。効果音を作っているのかもしれません」
「効果音? 録音……なんだそれ?」
 笛吹が、気色ばんだ。
「そこ、録音スタジオなんです」
「……?」
 開け放したドアからは、録音スタジオらしい光景が覗けた。
 その隣には、ミニチュアのノチックやら隕石のようなものが、星のホリゾントの前におかれて、数台のカメラもセットされていた。
「……なんだ? 見学者か?」
 数台のディスプレイの映像をチェックしていた若者が振り向いたが、すぐに、なにも写っていないような映像を見入った。そのディスプレイには、カウンターのナンバーが走っていたりして、なにかをチェックしているようだった。
「映画でもつくっているのか?」
「そうです。スターバスター・プロジェクトの活躍を紹介する映像を製作しています」
「ええ!?」
 オノレもフール・ケアも、アケモの説明が理解できなかった。
「どういうことなの? 宣伝用?」
「そのクラックが見ているディスプレイの映像が、本物のスターバスター作戦でやっている映像です……そうですよね?」
「そうだよ。今回のやつは、カメラマンがドジで、ディテールがわからなくってさ」
 クラックと呼ばれている若者は、長髪をハンカチでうしろにまとめていた。
「今回のって……一週間ほど前にも、T53Y11っていう流星を爆発しましたよね。その映像は、ニュースで見ましたよ」
「そうだろう。それをもっとわかりやすく紹介する映像は、世界中で欲しがられているんだよ」
 青年は、スローモーションにしたその映像を隣の部屋のスタッフに見せたりしながら、
「CGはやめようや。ここのセットで、もう一度撮影してみよう」
 オノレは、通路に出ながら、
「なんでこんなことをするの?」
「国連主導だからって、税金を使わせてもらっているのよ。実際の映像では迫力ないから、ああやって実際の映像のデータをもとにして説得力のある映像をつくって、世間に納得してもらわないと、予算なんて下りないわ。そうなれば、あたしたちは宇宙に放り出されたままになるでしょ」
「国連も予算獲得のためには、苦労しているというのか?」
 アケモの説明に、笛吹が、不愉快そうな顔を見せた。
「流星撃破の瞬間なんて、外で撮影するんだけど、現物の爆発との速度をあわせるのが難しいって、スタッフはいつも売ろうしています……中尉さん、これ、違法じゃないですよね」
「なにが違法なんだ?」
「ドキュメンタリーは、現実の記録でしょ。ここでやっていることは、創作みたいなものだから……」
「そうだが……映画ができた頃の戦争のニュース・フィルムは、結構、こうやっていたな。諜報とか宣撫用に、ヨーロッパ戦線の戦争シーンをフロリダとかカリフォルニアで撮影してニュース・フィルムにして観せるのは、第一次世界大戦なんかではアメリカが得意だった」

 どうでしょうか。ものすごく似てる話とは思いません? 富野監督が『アベニールをさがして』を書いたときの着眼点はどうやら戦争ニュースフィルムだったが、この95年で書かれた話はなんと恐ろしくほど21世紀の今日の出来事と重ねてたなんて、本当に感服いたしました。
 また、この点から見ても、宇宙冒険小説であっても、富野が書いてる対象は別に宇宙とか技術のことではなく、あくまで「人」だったということが分かるはずです。


 あ、そういや昔は古いアメリカ映画でも似たような「火星に行きましたよ~。でも、本当は嘘だった!」の件を見たことあるらしいが、あれ何なんだろう? まあ、これとはちょっと違うから覚えなくてもいいや。

コメント
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURLはこちら
http://kaito2198.blog43.fc2.com/tb.php/600-de15e507

ブログ内検索

なんとなく富野商品

リンク

このブログをリンクに追加する

カテゴリー

まともに機能しなくてすみません。これからゆっくりペースで直します。

RSSフィード

FC2カウンター

富野監督作品一覧

  • 海のトリトン
  • しあわせの王子
  • 勇者ライディーン
  • ラ・セーヌの星
  • 無敵超人ザンボット3
  • 無敵鋼人ダイターン3
  • 機動戦士ガンダム
  • 伝説巨神イデオン
  • 機動戦士ガンダム(劇場版)
  • 機動戦士ガンダムⅡ 哀戦士編
  • 戦闘メカ ザブングル
  • 機動戦士ガンダムⅢ めぐりあい宇宙編
  • 伝説巨神イデオン・接触篇 -A CONTACT-
  • 伝説巨神イデオン・発動篇 -Be Invoked-
  • 聖戦士ダンバイン
  • ザブングル グラフィティ
  • 重戦機エルガイム
  • 機動戦士Zガンダム
  • 機動戦士ガンダムZZ
  • 機動戦士ガンダム 逆襲のシャア
  • 機動戦士ガンダムF91
  • 機動戦士Vガンダム
  • 闇夜の時代劇 正体を見る
  • バイストンウェル物語 ガーゼィの翼
  • ブレンパワード
  • ∀ガンダム
  • 劇場版∀ガンダムⅠ 地球光
  • 劇場版∀ガンダムⅡ 月光蝶
  • OVERMAN キングゲイナー
  • 機動戦士Ζガンダム A New Translation -星を継ぐ者-
  • 機動戦士ΖガンダムⅡ A New Translation -恋人たち-
  • リーンの翼
  • 機動戦士ΖガンダムⅢ A New Translation -星の鼓動は愛-
  • RING OF GUNDAM
  • ガンダム Gのレコンギスタ
  • 富野参加作品一覧

  • 鉄腕アトム
  • 戦え!オスパー
  • リボンの騎士
  • 巨人の星
  • アニマル1
  • 夕やけ番長
  • 海底少年マリン
  • どろろ
  • 紅三四郎
  • 巨人の星対鉄腕アトム
  • おらぁグズラだど
  • 男一匹ガキ大将
  • ムーミン
  • シートン動物記
  • 赤き血のイレブン
  • アタックNo.1
  • あしたのジョー
  • 男ドアホウ!甲子園
  • 昆虫物語 みなしごハッチ
  • さすらいの太陽
  • 天才バカボン
  • ふしぎなメルモ
  • 新・オバケのQ太郎
  • 国松様のお通りだい
  • いなかっぺ大将
  • 正義を愛する者 月光仮面
  • アニメ・ドキュメント ミュンヘンのへの道
  • モンシェリCoCo
  • ハゼドン
  • ど根性ガエル
  • けろっこデメタン
  • ワンサくん
  • 山ねずみロッキーチャック
  • 侍ジャイアンツ
  • 新造人間キャシャーン
  • アルプスの少女ハイジ
  • ゼロテスター
  • 昆虫物語 新みなしごハッチ
  • 小さなバイキングビッケ
  • 宇宙戦艦ヤマト
  • 破裏拳ポリマー
  • フランダースの犬
  • 母をたずねて三千里
  • アンデス少年ペペロの冒険
  • 超電磁ロボ コン・バトラーV
  • ゴワッパー5 ゴーダム
  • ろぼっ子ビートン
  • あらいぐまラスカル
  • 合身戦隊メカンダーロボ
  • 超電磁マシーン ボルテスV
  • シートン動物記 くまの子ジャッキー
  • ヤッターマン
  • ペリーヌ物語
  • 闘将ダイモス
  • 未来少年コナン
  • とびだせ!マシーン飛竜
  • まんが日本昔ばなし
  • 宇宙魔神ダイケンゴー
  • 赤毛のアン
  • 科学忍者隊ガッチャマンⅡ
  • ザ・ウルトラマン
  • 宇宙大帝ゴッドシグマ
  • ルパン三世(TV第2シリーズ)
  • 新世紀GPXサイバーフォーミュラ
  • 銀河漂流バイファム
  • ママは小学4年生
  • GUNDAM EVOLVE 5
  •  |  富野作品感想 | 富野由悠季関連 | 井荻麟関連 | 富野情報 | 富野雑談 | レビュー | ブログ運営 | 日常話 | 未分類 | 給華文讀者 | Gのレコンギスタ | 
    Copyright(C) 2007All Rights Reserved. TOMINOSUKI / 富野愛好病
    Powered by FC2ブログ.
    template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.