富野由悠季監督とその作品をひたすら語るブログ

TOMINOSUKI / 富野愛好病
http://kaito2198.blog43.fc2.com/

プロフィール

kaito2198

Author:kaito2198
台湾人。
ただのファンです。

twitterは@kaito2198です。

仕事やブログ関係のご連絡は
kaito2198@hotmail.comまでお願いします。

給華文圈之富野由悠季愛好者的一些話
關於本站文章的轉載聲明

富野監督関連資料一覧

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

グーバーウォーク

井荻麟強化週間(3)

2008/05/27 01:03|富野由悠季関連TRACKBACK:0COMMENT:0
このエントリーを含むはてなブックマーク はてなブックマーク - 井荻麟強化週間(3)
僕はヘタレなので作詞に関する部分だけ。


座談会 音楽で語るイデオン

出席者
総監督 富野喜幸
作編曲 すぎやまこういち
音響監督 浦上靖夫


(前略)

  「コスモスに君と」にのれました

司会 すぎやま先生に富野さんが依頼された時の名セリフか、くどき文句みたいなものはないのでしょうか?
すぎやま 名セリフねえ、きっと名セリフが出ているんだと思うんだけどね。僕はもう記憶力が悪いから忘れちゃうんだよね。僕はねくどき文句よちもね、あの人が書いてきた、「コスモスに君と」という主題歌の言葉ね、あの詞を見てね、のったの。とてもいい言葉。あれ? いいのかな。
司会 今年にんってオープンになっています。井荻麟イコール富野さんというのは。
すぎやま あー、そうかそうか。じゃ、いいんだ。井荻麟さんのね、作ってきた主題歌の言葉を見てね。あれ見れば僕に対してはくどき文句いらなかったね。あれはとてもよかった。
司会 あの詞に作品の主題が表れていますからね。後はどのような打ち合わせで全体の曲ができたんですか?
すぎやま そうねえ。まずあの主題歌二曲が決まって、全体の曲は、ま、具体的なことはあまり言わないでも以心伝心でわかっちゃったような部分がありますね。富野さんの感受性というか、感覚っていうか、そういったものを言葉とか理屈じゃなくて打ち合わせしている間に、僕の膚で感じていった部分が多いと思うんだけどね。だからすごく文章にしにくいの。書くとなると何て言っていいのかね。
司会 浦上さんが富野さんとお仕事をされている時も、同じように打てば響くと言う感じなのですか?
浦上 ええ、そうですね。
司会 仕事をしている時の富野さんの雰囲気はどのような感じですか?
すぎやま 何か楽しそうに音楽聴いてるね。うん。
司会 音楽的に合わないから詞を直してもらうということはありますか?
すぎやま 今までやったのは全然直してもらわないもの。その通り全部つけちゃった。ピッタリと。「コスモスに君と」もそのまんまだし。

  イデオンだから交響曲になった
(略)

  再度、コスモスに君と

富野 現に「スター・ウォーズ」って映画一本見てもそうなんだけれども、ああいうオーケストレーションのBGMを使うという思いつきはしてますね。例えばそういう部分、場の設定としてのプロデューサーなり、監督なりがそれでいいという風にするのはあったとしても、クリエイトしていくという部分は基本的に映像から入って来たちじゃで違いますからね。ストーリーから入ってきた監督ってのはかなり無力なんです。考えてみたら、自分が監督者でいれば、そういう音響のクリエイトの部分にたずさわっているような気分でいながら、実は全く違うんじゃないかなっていうこだわりを持ち始めるんですね。全く門外漢で、俺はいったい何なんだろうかなっていう気分です。
すぎやま ディテールはそういうことがあるだろうけどね、基本的な方向づけっていうのは、やっぱり富野さんがしたんだと思う。さっきも言ったんだけどね、まず僕は一番最初に「伝説巨神イデオン」の方向性をつかんだきっかけは「コスモスに君と」の詞なの。
富野 あの、それは自分でも充分にわかってます。
すぎやま あれはもう百万言を費やすよりも富野さんの思っているこういう気分ていうのをつかんだわけ。それから後は打ち合わせで、そのいろんなことの話をされている富野さんの言葉のしばし、表情、その他から「伝説巨神イデオン」てものに対して富野さんの思っているイメージっていうかね、その気分というか、その方向というものを僕はつかめたと思ったの。もう充分に伝えられてると思った。僕はその富野さんがこっち向けと言った向きに向かって、一所懸命、ひた走ったわけでね。やっぱり御者は富野さんですよ。
富野 うん、確かにそういう風に言われるとありがたいし、本当にそうだ、と思うんですけど、実はその仕事ってのはディレクター業であるよりもプロデュース業でしょう。演出家っていうのはもう少しその辺のディテールをつかんでていいんじゃないかなって、そういうんなら僕なんかの場合、かなり欠落してるし。
すぎやま ディテールはそれぞれの各部門のプロフェッショナルの人の仕事でさ、富野さんは、はっきり方向を示してくれたから僕はそれでいいと思ってるんだけれどもね。
富野 それはもちろんそうよ。だってほら、逆に言えるのはディレクターよりもやっぱりプロデューサーっぽいんだよね。特にこういうTVシリーズの場合、特にそうでしょ?

『伝説巨神イデオン記録全集④』より

今見ると、司会の富野ヨイショっぶりは痛かったな、
司会は誰でしょうか?小牧あたりか。
あと、この本の出版日期は1981年12月12日、つまり『ガンダムⅡ』と『ザブングル』の間。
話題に上がった曲は『コスモスに君と』以外には迷曲『復活のイデオン』。
ここ面白いのは、富野は作詞をプロデュース業に例えること。
井荻作詞は単に世界観を作るモノだと思ったが、
どうやらトミノはもっと大きな野望を持ってるようだ。
まあ、富野が言ってたプロデュースも、
すぎやま先生が言ってたディレクターも、実は大差がないしね。
コメント
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURLはこちら
http://kaito2198.blog43.fc2.com/tb.php/52-cf2af439

ブログ内検索

なんとなく富野商品

リンク

このブログをリンクに追加する

カテゴリー

まともに機能しなくてすみません。これからゆっくりペースで直します。

RSSフィード

FC2カウンター

富野監督作品一覧

  • 海のトリトン
  • しあわせの王子
  • 勇者ライディーン
  • ラ・セーヌの星
  • 無敵超人ザンボット3
  • 無敵鋼人ダイターン3
  • 機動戦士ガンダム
  • 伝説巨神イデオン
  • 機動戦士ガンダム(劇場版)
  • 機動戦士ガンダムⅡ 哀戦士編
  • 戦闘メカ ザブングル
  • 機動戦士ガンダムⅢ めぐりあい宇宙編
  • 伝説巨神イデオン・接触篇 -A CONTACT-
  • 伝説巨神イデオン・発動篇 -Be Invoked-
  • 聖戦士ダンバイン
  • ザブングル グラフィティ
  • 重戦機エルガイム
  • 機動戦士Zガンダム
  • 機動戦士ガンダムZZ
  • 機動戦士ガンダム 逆襲のシャア
  • 機動戦士ガンダムF91
  • 機動戦士Vガンダム
  • 闇夜の時代劇 正体を見る
  • バイストンウェル物語 ガーゼィの翼
  • ブレンパワード
  • ∀ガンダム
  • 劇場版∀ガンダムⅠ 地球光
  • 劇場版∀ガンダムⅡ 月光蝶
  • OVERMAN キングゲイナー
  • 機動戦士Ζガンダム A New Translation -星を継ぐ者-
  • 機動戦士ΖガンダムⅡ A New Translation -恋人たち-
  • リーンの翼
  • 機動戦士ΖガンダムⅢ A New Translation -星の鼓動は愛-
  • RING OF GUNDAM
  • ガンダム Gのレコンギスタ
  • 富野参加作品一覧

  • 鉄腕アトム
  • 戦え!オスパー
  • リボンの騎士
  • 巨人の星
  • アニマル1
  • 夕やけ番長
  • 海底少年マリン
  • どろろ
  • 紅三四郎
  • 巨人の星対鉄腕アトム
  • おらぁグズラだど
  • 男一匹ガキ大将
  • ムーミン
  • シートン動物記
  • 赤き血のイレブン
  • アタックNo.1
  • あしたのジョー
  • 男ドアホウ!甲子園
  • 昆虫物語 みなしごハッチ
  • さすらいの太陽
  • 天才バカボン
  • ふしぎなメルモ
  • 新・オバケのQ太郎
  • 国松様のお通りだい
  • いなかっぺ大将
  • 正義を愛する者 月光仮面
  • アニメ・ドキュメント ミュンヘンのへの道
  • モンシェリCoCo
  • ハゼドン
  • ど根性ガエル
  • けろっこデメタン
  • ワンサくん
  • 山ねずみロッキーチャック
  • 侍ジャイアンツ
  • 新造人間キャシャーン
  • アルプスの少女ハイジ
  • ゼロテスター
  • 昆虫物語 新みなしごハッチ
  • 小さなバイキングビッケ
  • 宇宙戦艦ヤマト
  • 破裏拳ポリマー
  • フランダースの犬
  • 母をたずねて三千里
  • アンデス少年ペペロの冒険
  • 超電磁ロボ コン・バトラーV
  • ゴワッパー5 ゴーダム
  • ろぼっ子ビートン
  • あらいぐまラスカル
  • 合身戦隊メカンダーロボ
  • 超電磁マシーン ボルテスV
  • シートン動物記 くまの子ジャッキー
  • ヤッターマン
  • ペリーヌ物語
  • 闘将ダイモス
  • 未来少年コナン
  • とびだせ!マシーン飛竜
  • まんが日本昔ばなし
  • 宇宙魔神ダイケンゴー
  • 赤毛のアン
  • 科学忍者隊ガッチャマンⅡ
  • ザ・ウルトラマン
  • 宇宙大帝ゴッドシグマ
  • ルパン三世(TV第2シリーズ)
  • 新世紀GPXサイバーフォーミュラ
  • 銀河漂流バイファム
  • ママは小学4年生
  • GUNDAM EVOLVE 5
  •  |  富野作品感想 | 富野由悠季関連 | 井荻麟関連 | 富野情報 | 富野雑談 | レビュー | ブログ運営 | 日常話 | 未分類 | 給華文讀者 | Gのレコンギスタ | 
    Copyright(C) 2007All Rights Reserved. TOMINOSUKI / 富野愛好病
    Powered by FC2ブログ.
    template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.