富野由悠季監督とその作品をひたすら語るブログ

TOMINOSUKI / 富野愛好病
http://kaito2198.blog43.fc2.com/

プロフィール

kaito2198

Author:kaito2198
台湾人。
ただのファンです。

twitterは@kaito2198です。

仕事やブログ関係のご連絡は
kaito2198@hotmail.comまでお願いします。

給華文圈之富野由悠季愛好者的一些話
關於本站文章的轉載聲明

富野監督関連資料一覧

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

グーバーウォーク

日常のたわごと

2009/06/26 22:11|未分類TRACKBACK:0COMMENT:2
このエントリーを含むはてなブックマーク はてなブックマーク - 日常のたわごと
 ここん数日なかなか更新する時間が見つからないので、軽い話だけ。

1.
 今更気付いてしまったが、記事のタイトルにこれを使うのは、すでに三回目という事実。語彙が貧乏な人ですから、仕方がありません。
 あと、昔は日記文を書かないと言いながら、結局書いちゃうという情けない自分。しかし、富野話なんてそうそうたやすく出るものではないですし、私とて毎日富野監督の話を考えていません。いや、今日の昼寝だって監督を夢見たんですが…。


2.
 最近仕事の締め切りは厳しいので、いまだに『Z』小説の4巻と苦戦しています。というか、数えると4本目の小説ですが、正直内容はあまり面白くはない。少なく3本目の『リーンの翼』のほうがはるかに面白いです。これには訳がありますが、今は話す時間がありませんから、とりあえず前の言ってた「業務処理的」性格が一因としかいえません。

 しかし、そうは言いながらも、やはり興味深い記述がところどころ出てくるな、Zガンダムの小説は。いろいろありますが、とりあえず自分が今目にしたのはスニーカー版4巻目P153-154のコレ:

 アーガマから射出されたメガバズーガ・ランチャーを、シャアは百式の手に掴ませると、メガバズーガ・ランチャーのエンジンを開いた。
 これと百式の推力で、ようやくゼータ・ガンダムの推力に匹敵する。

 この話から話を広げれば、「富野作品で見た強さの序列」あるいは「富野のメカ強さ観」みたいな話もできるかもしれませんな。


3.
 小説で展開される『ガンダムUC』はガンダムエース8月号をもって完結したそうです。ダムエーは来週まで入手できませんけど、とりあえず読んでからは以下の話を完結したいと思います。

福井晴敏の小説『機動戦士ガンダムUC』の問題点を語り尽くす その1
福井晴敏の小説『機動戦士ガンダムUC』の問題点を語り尽くす その2

 正直あのときはアニメ化発表以前これを終わらせたかったのですが、結局話の結末を知ってから書くほうがいいと思い、今日まで引き伸ばしたんですが、ここ数日いろいろなところから聴いた情報を拝見している限り、上で挙げた福井晴敏氏の七点の問題について自分は思い間違ってないと知り、安心しました。なので、来月いっぱいまではその3を書き終りたいと思います。
 また、この優れる『ユニコーン』に対する感想を読んで、とても納得しました。文中で一番的を射る指摘というのは

 他にも、表現として「学校のグラウンドくらい」っていう言葉を使っていたんですが、これは富野監督だったら「スペース・コロニーのハイスクールの標準的なグラウンドのサイズくらい」なんて言い方をすると思うんですよ。富野監督って、あくまで宇宙世紀の常識の上で文章を書くんですけど、福井氏は現実世界の日本という国で文章を書いてるんですよね。そのあたりが凄く引っかかります。

にありますね。福井氏はどうなるか正直自分にとってどうでもいいのですが、この「グラウンド論」を読んで、富野監督がいかにフィクション世界の思考を徹して、それから作り手の節度を持っていらっしゃるのを再確認しました。まあ、もっとも両者は完全に違うタイプな書き手ですが、少なく今回の例から見ても、富野監督のほうが適切と伺えると思いますね。


4.
 NTを買いました!
 ガイアギア連載のための1990年8~12月号、1991年1~12月号。ガイアギアラジオドラマ情報のための1992年5~10月号、富野インタビュー目当ての1993年4月号、1994年3月号など、とりあえず補充しました。
 しかしなオイ。インタビュー少ないなコレ。元々ビジュアル重視ですから、アニメージュとは比べれないところですが、それにしても編集部のどうしょうもない文をいっぱい載ってるのはな…。いや、優秀な記事もあるにはあるのですが、多くは版権絵の下に紹介文というか持ち上げる文というか…。
 それからNTは一つ非常に悪いところがあります。それがタイトルで作り手の話にフォーカスしてくれないところ。アニメージュならスタッフが出ますと、必ずタイトルで示すのに、NTはそんなのより編集部自ら書いた煽りを優先する。たとえばNT1998年10月号。この号には『ブレンパワード』のスタッフ座談会があるのに、記事の表題は「再生の神秘 ブレンパワード ついにベールを脱いだ、新種ブレンパワードと最強のグランチャー"バロンズゥ"登場!!」としか書いてなかった。これはすごく嫌だな。


5.
 この前久しぶりコーエーの歴史ゲーム新作、つまり『三国志12』が発表され、また今日『信長の野望』の新作『天道』も発表されました。この2、3年以来、いつまでも無双しかしてないコーエーを見て諦めつつある私にとって、とても嬉しいことです。
 しかし、本音をいいますと、三国志よりも信長よりも、本当に期待しているのはあの『太閤立志伝』の続編『6』です。コンセプトといい、ゲーム性といい、拡張性といい、あの戦国人生を体験するゲームはもう一度楽しめたいですな。何せ『5』はすでに2004年と5年も前の作品ですから。

KOEI The Best 太閤立志伝VKOEI The Best 太閤立志伝V
(2005/08/26)
Windows

商品詳細を見る

 実をいいますと、秀吉という人物が大好きです。多少脚色されてるとはいえ、あの機敏溢れる陽気な人物像も、一農民から関白にまで登りあがった功績も、間違いなく日本史上でももっとも魅力がある一人だと思っています。
 

コメント
 はじめまして。初めて投稿させていただきますが、いつも楽しく拝見させていただいてもらっています。
 私は既にユニコーンの最終回を読んだのですが、kaito2198さんの仰る通り福井氏の文章は読み難くてしょうがないですね。キャラクターの心象や場面や状況説明を事細かに描写して、読者自身が想像する楽しみを殺すかのような文章は、読んでいて辛かったです。まぁこれは好みの問題ですかね(^_^;)
 私にはどうにも富野氏の過去の作品の影がちらつき純粋に一つの作品として楽しめず、俗っぽい感想しか持てませんでした。ですが、kaito2198さんのように富野氏の作品を深く考察している方なら私のような浅い評価ではなく、もっと違う評価を下すのではないかと思います。
 お忙しい中まとめ上げるのは大変かと思いますが、その3のまとめ楽しみにしています!それとこれは個人的なお願いなのですが、kaito2198さんのVガンダムについての考察を見てみたいです。先日の記事にもVガンダムが好きと見受けられる一節があったので、Vガン好きな私としては興味津津です。いつか気が向いた時で結構ですので、是非お願いします。
yasu103 #s.Y3apRk|2009/06/27(土) 10:52 [ 編集 ]
yasu103さん、はじめまして。いつも富野由悠季監督に関する話ばかり書いてるkaito2198と申します。コメントを寄せてくださって、誠にありがとうございます。ご覧のとおり、話題は一部にしか限られているブログですが、どうかこれからもよろしくお願いいたします。

ユニコーンは今までの福井方法論に則ったものだと思います。別にそれが悪いとは言いませんけど、ガンダムと相性が悪いのは事実だと思います。正直あまり富野監督以外のガンダムに大して興味を持っていませんから、最後もう一つ記事で一区切りにして、ユニコーン話を終わらせたいです。

『Vガンダム』は、富野監督の作品のなかでも極めて特殊、そしてよく出来ている作品だと思います。もちろん、私も大好きです。私見ですが、『Vガンダム』には『Z』のリメイクや『イデオン』論の延長など色々な側面があるため、正直とても難しい作品だと思いますが、機会があれば、いつか私も試しに語ってみようと思いますから、そのときはまたご指導ご鞭撻のほどよろしくお願いします。
kaito2198 #L2WcHO2o|2009/06/27(土) 13:33 [ 編集 ]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURLはこちら
http://kaito2198.blog43.fc2.com/tb.php/482-67208987

ブログ内検索

なんとなく富野商品

リンク

このブログをリンクに追加する

カテゴリー

まともに機能しなくてすみません。これからゆっくりペースで直します。

RSSフィード

FC2カウンター

富野監督作品一覧

  • 海のトリトン
  • しあわせの王子
  • 勇者ライディーン
  • ラ・セーヌの星
  • 無敵超人ザンボット3
  • 無敵鋼人ダイターン3
  • 機動戦士ガンダム
  • 伝説巨神イデオン
  • 機動戦士ガンダム(劇場版)
  • 機動戦士ガンダムⅡ 哀戦士編
  • 戦闘メカ ザブングル
  • 機動戦士ガンダムⅢ めぐりあい宇宙編
  • 伝説巨神イデオン・接触篇 -A CONTACT-
  • 伝説巨神イデオン・発動篇 -Be Invoked-
  • 聖戦士ダンバイン
  • ザブングル グラフィティ
  • 重戦機エルガイム
  • 機動戦士Zガンダム
  • 機動戦士ガンダムZZ
  • 機動戦士ガンダム 逆襲のシャア
  • 機動戦士ガンダムF91
  • 機動戦士Vガンダム
  • 闇夜の時代劇 正体を見る
  • バイストンウェル物語 ガーゼィの翼
  • ブレンパワード
  • ∀ガンダム
  • 劇場版∀ガンダムⅠ 地球光
  • 劇場版∀ガンダムⅡ 月光蝶
  • OVERMAN キングゲイナー
  • 機動戦士Ζガンダム A New Translation -星を継ぐ者-
  • 機動戦士ΖガンダムⅡ A New Translation -恋人たち-
  • リーンの翼
  • 機動戦士ΖガンダムⅢ A New Translation -星の鼓動は愛-
  • RING OF GUNDAM
  • ガンダム Gのレコンギスタ
  • 富野参加作品一覧

  • 鉄腕アトム
  • 戦え!オスパー
  • リボンの騎士
  • 巨人の星
  • アニマル1
  • 夕やけ番長
  • 海底少年マリン
  • どろろ
  • 紅三四郎
  • 巨人の星対鉄腕アトム
  • おらぁグズラだど
  • 男一匹ガキ大将
  • ムーミン
  • シートン動物記
  • 赤き血のイレブン
  • アタックNo.1
  • あしたのジョー
  • 男ドアホウ!甲子園
  • 昆虫物語 みなしごハッチ
  • さすらいの太陽
  • 天才バカボン
  • ふしぎなメルモ
  • 新・オバケのQ太郎
  • 国松様のお通りだい
  • いなかっぺ大将
  • 正義を愛する者 月光仮面
  • アニメ・ドキュメント ミュンヘンのへの道
  • モンシェリCoCo
  • ハゼドン
  • ど根性ガエル
  • けろっこデメタン
  • ワンサくん
  • 山ねずみロッキーチャック
  • 侍ジャイアンツ
  • 新造人間キャシャーン
  • アルプスの少女ハイジ
  • ゼロテスター
  • 昆虫物語 新みなしごハッチ
  • 小さなバイキングビッケ
  • 宇宙戦艦ヤマト
  • 破裏拳ポリマー
  • フランダースの犬
  • 母をたずねて三千里
  • アンデス少年ペペロの冒険
  • 超電磁ロボ コン・バトラーV
  • ゴワッパー5 ゴーダム
  • ろぼっ子ビートン
  • あらいぐまラスカル
  • 合身戦隊メカンダーロボ
  • 超電磁マシーン ボルテスV
  • シートン動物記 くまの子ジャッキー
  • ヤッターマン
  • ペリーヌ物語
  • 闘将ダイモス
  • 未来少年コナン
  • とびだせ!マシーン飛竜
  • まんが日本昔ばなし
  • 宇宙魔神ダイケンゴー
  • 赤毛のアン
  • 科学忍者隊ガッチャマンⅡ
  • ザ・ウルトラマン
  • 宇宙大帝ゴッドシグマ
  • ルパン三世(TV第2シリーズ)
  • 新世紀GPXサイバーフォーミュラ
  • 銀河漂流バイファム
  • ママは小学4年生
  • GUNDAM EVOLVE 5
  •  |  富野作品感想 | 富野由悠季関連 | 井荻麟関連 | 富野情報 | 富野雑談 | レビュー | ブログ運営 | 日常話 | 未分類 | 給華文讀者 | Gのレコンギスタ | 
    Copyright(C) 2007All Rights Reserved. TOMINOSUKI / 富野愛好病
    Powered by FC2ブログ.
    template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.