富野由悠季監督とその作品をひたすら語るブログ

TOMINOSUKI / 富野愛好病
http://kaito2198.blog43.fc2.com/

プロフィール

kaito2198

Author:kaito2198
台湾人。
ただのファンです。

twitterは@kaito2198です。

仕事やブログ関係のご連絡は
kaito2198@hotmail.comまでお願いします。

給華文圈之富野由悠季愛好者的一些話
關於本站文章的轉載聲明

富野監督関連資料一覧

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

グーバーウォーク

ガイア・ギア1巻読破と感想

2009/05/20 22:12|富野作品感想TRACKBACK:0COMMENT:4
このエントリーを含むはてなブックマーク はてなブックマーク - ガイア・ギア1巻読破と感想
 今日は長記事書きたくないので、ガイア・ギア1巻の感想を少しだけ書きます。

 最初の場面構成は、まるで洋画だったよな。島。海洋。太陽。熱帯の気候。男と女。潜水。う~ん、まるで文芸映画を見てるようだな。このへん作者には何か明確なイメージがあるよね。
 それから行き先のホンコン。そういえば、富野作品はよくホンコン出てくるよね。人種混雑なところというイメージが先行してるのがわかるが、それにしても、なぜ日本人日本のアニメ・漫画はそんなにホンコン好きだったんだろう?(あと魔都上海とか)

 どころで、前も富野小説は富野アニメと比べて、アイデアを試行する色が強いと言ったが、ガイア・ギアもまた例外じゃない。今のところ、『シーマ・シーマ』のケンサのように育て親から大きな使命を知らされ、迷いながら旅に出るところと、『Vガンダム』のウッソのように、知らないうちに身不相応なものを持つようになって、自分もどこかおかしいと思いながらそれを振るって、直面するさまざまな未知な現実に対応する。
 こうしてみれば、シャアの孫と云われてるウッソが、たとえシャアの孫じゃないとしても、もしかしてアフランシに通じて、シャアと繋がってるかもしれない。考えすぎか。

 第1ヒロイン、エヴァリー・キー。この人はアフランシの帰るべき処、地球の象徴のだろうな。しかし、彼女のアフランシに対する「ア・フランシ」という呼び方はちょっと…嫌だな。
 第2ヒロイン、ミランダ・ハウ。知的で可愛いところもある女性。今のところはまだ女の一面を丸出ししてないからあまり嫌いじゃない。宇宙上がってからのアフランシのパートナーになりそう。
 第3ヒロイン、クリシュナ・パンデント。宇宙作業船の乗務員。『アベニールをさがして』読んだ身として、思わずアケモ・ビックスちゃんにダブってる。

 マハ。メン(Men)・ハンター(Hunter)の頭文字から取ってマ(M)ハ(H)だが、初めて知ったのではないけれど、今回読んでもやはりこういう語呂が大好き。センスがあるよな、富野監督のこういうネーミング。
 HONOR=オノレとか、SNRI=サナリィとか、ほかにもあるだが、今は思い出せない。とにかくこういう奇妙な響きが好き。

 それにしても、伝説化してるシャア像は、我々が『ファースト→逆シャア』に通して知ったシャアより、3倍くらいかっこよくなってるな。それでいて、アフランシのあのような感性は、間違いなく富野ほか作品の主人公より妙に直感的で尊大してる。そのへん、やはりシャアだなとも思ってる。不思議。

 全体から見ると、一巻はペースこそやや緩やかめだが、面白いし、続きも期待させられる。一番のポイントはもちろんアフランシのなかにいるシャア。神秘組織はかえってそんなに重要じゃないという気もする。
 果たしてアフランシはアフランシのままでいられるのか、それとも彼はシャアになるのか、これが、一番ワクワクする。というわけで、明日から二巻を読みます。


コメント
>ホンコン好き
単純に隣国だからじゃないでしょうか というか日本人=ホンコン好きと思われてることにわりとビックリしてます。なんかそう思われる要素あったかなぁ?
ウルセブ #-|2009/05/20(水) 23:25 [ 編集 ]
いや、アニメや漫画の作り手が一時前よく九龍城とか魔都上海とかを使ってたからそう言っただけです。ほら、押井監督も『攻殻』でホンコンですし。
kaito2198 #L2WcHO2o|2009/05/20(水) 23:32 [ 編集 ]
日本のアニメ全般はどうか分かりませんが、富野監督としては、日本以外で比較的に土地勘が分かるというか、そういう場所だったんじゃないでしょうか、と推測。
『ダンバイン』の話だったか『AB戦記』だったかで、ちゃんと風土の感じが分かってないと世界各地の情勢などは描けないなどという、生真面目っぽいことを言っていましたよね、たしか。まあ、でもご指摘のとおり、実際に好きな都市なのかも。中国であって中国ではない、そういう特殊な性質ですかね。
まあ一般論としても、ロケハンしやすい、あるいは日本に居ながらにしてでも資料が入手しやすい、そんなことは言えるのかもしれません。

私も早く2巻以降を入手したいなぁ・・・。
囚人022 #TJwDdEqg|2009/05/21(木) 00:57 [ 編集 ]
一昔前のホンコンは、確かそういう感触だったよね。
kaito2198 #L2WcHO2o|2009/05/21(木) 14:01 [ 編集 ]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURLはこちら
http://kaito2198.blog43.fc2.com/tb.php/450-f523b193

ブログ内検索

なんとなく富野商品

リンク

このブログをリンクに追加する

カテゴリー

まともに機能しなくてすみません。これからゆっくりペースで直します。

RSSフィード

FC2カウンター

富野監督作品一覧

  • 海のトリトン
  • しあわせの王子
  • 勇者ライディーン
  • ラ・セーヌの星
  • 無敵超人ザンボット3
  • 無敵鋼人ダイターン3
  • 機動戦士ガンダム
  • 伝説巨神イデオン
  • 機動戦士ガンダム(劇場版)
  • 機動戦士ガンダムⅡ 哀戦士編
  • 戦闘メカ ザブングル
  • 機動戦士ガンダムⅢ めぐりあい宇宙編
  • 伝説巨神イデオン・接触篇 -A CONTACT-
  • 伝説巨神イデオン・発動篇 -Be Invoked-
  • 聖戦士ダンバイン
  • ザブングル グラフィティ
  • 重戦機エルガイム
  • 機動戦士Zガンダム
  • 機動戦士ガンダムZZ
  • 機動戦士ガンダム 逆襲のシャア
  • 機動戦士ガンダムF91
  • 機動戦士Vガンダム
  • 闇夜の時代劇 正体を見る
  • バイストンウェル物語 ガーゼィの翼
  • ブレンパワード
  • ∀ガンダム
  • 劇場版∀ガンダムⅠ 地球光
  • 劇場版∀ガンダムⅡ 月光蝶
  • OVERMAN キングゲイナー
  • 機動戦士Ζガンダム A New Translation -星を継ぐ者-
  • 機動戦士ΖガンダムⅡ A New Translation -恋人たち-
  • リーンの翼
  • 機動戦士ΖガンダムⅢ A New Translation -星の鼓動は愛-
  • RING OF GUNDAM
  • ガンダム Gのレコンギスタ
  • 富野参加作品一覧

  • 鉄腕アトム
  • 戦え!オスパー
  • リボンの騎士
  • 巨人の星
  • アニマル1
  • 夕やけ番長
  • 海底少年マリン
  • どろろ
  • 紅三四郎
  • 巨人の星対鉄腕アトム
  • おらぁグズラだど
  • 男一匹ガキ大将
  • ムーミン
  • シートン動物記
  • 赤き血のイレブン
  • アタックNo.1
  • あしたのジョー
  • 男ドアホウ!甲子園
  • 昆虫物語 みなしごハッチ
  • さすらいの太陽
  • 天才バカボン
  • ふしぎなメルモ
  • 新・オバケのQ太郎
  • 国松様のお通りだい
  • いなかっぺ大将
  • 正義を愛する者 月光仮面
  • アニメ・ドキュメント ミュンヘンのへの道
  • モンシェリCoCo
  • ハゼドン
  • ど根性ガエル
  • けろっこデメタン
  • ワンサくん
  • 山ねずみロッキーチャック
  • 侍ジャイアンツ
  • 新造人間キャシャーン
  • アルプスの少女ハイジ
  • ゼロテスター
  • 昆虫物語 新みなしごハッチ
  • 小さなバイキングビッケ
  • 宇宙戦艦ヤマト
  • 破裏拳ポリマー
  • フランダースの犬
  • 母をたずねて三千里
  • アンデス少年ペペロの冒険
  • 超電磁ロボ コン・バトラーV
  • ゴワッパー5 ゴーダム
  • ろぼっ子ビートン
  • あらいぐまラスカル
  • 合身戦隊メカンダーロボ
  • 超電磁マシーン ボルテスV
  • シートン動物記 くまの子ジャッキー
  • ヤッターマン
  • ペリーヌ物語
  • 闘将ダイモス
  • 未来少年コナン
  • とびだせ!マシーン飛竜
  • まんが日本昔ばなし
  • 宇宙魔神ダイケンゴー
  • 赤毛のアン
  • 科学忍者隊ガッチャマンⅡ
  • ザ・ウルトラマン
  • 宇宙大帝ゴッドシグマ
  • ルパン三世(TV第2シリーズ)
  • 新世紀GPXサイバーフォーミュラ
  • 銀河漂流バイファム
  • ママは小学4年生
  • GUNDAM EVOLVE 5
  •  |  富野作品感想 | 富野由悠季関連 | 井荻麟関連 | 富野情報 | 富野雑談 | レビュー | ブログ運営 | 日常話 | 未分類 | 給華文讀者 | Gのレコンギスタ | 
    Copyright(C) 2007All Rights Reserved. TOMINOSUKI / 富野愛好病
    Powered by FC2ブログ.
    template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.