富野由悠季監督とその作品をひたすら語るブログ

TOMINOSUKI / 富野愛好病
http://kaito2198.blog43.fc2.com/

プロフィール

kaito2198

Author:kaito2198
台湾人。
ただのファンです。

twitterは@kaito2198です。

仕事やブログ関係のご連絡は
kaito2198@hotmail.comまでお願いします。

給華文圈之富野由悠季愛好者的一些話
關於本站文章的轉載聲明

富野監督関連資料一覧

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

グーバーウォーク

「Public/image.METHOD」(中村勇吾 × 富野由悠季)対談の情報

2009/05/17 22:17|富野情報TRACKBACK:0COMMENT:0
このエントリーを含むはてなブックマーク はてなブックマーク - 「Public/image.METHOD」(中村勇吾 × 富野由悠季)対談の情報
 枕詞を置くのはやめよう。ズバリ前言ってたイベントです。

『Public/image.METHOD』| クリエイティブ・カンファレンス

Public/image.SOUNDSに続くPUBLIC/IMAGE.LABEL の新展開第二弾!、クリエイティブカンファレンス『Public/image.METHOD』を5月16日(土)六本木ベルサールにて開催します!
(中略)

中村勇吾 × 富野由悠季
世界的インタラクティブデザイナー「中村勇吾」が是非対談を、と指名したのはなんとガンダムのアニメ監督あり、アニメ業界のレジェンド「富野由悠季」だった!人の心を動かすアニメーションを創り出す日本屈指のプロフェッショナル達は何を語ってくれるのか?
ガンダム30周年も迎え、「アニメーション」の意味が、将来が今問われる!!

 今回対談のご相手である中村勇吾氏は、いうまでもなく有名な凄腕デザイナーですが、富野監督はこの中村氏について、去年このような発言をしたんです。

東映アニメーション研究所 富野由悠季氏・特別講義(2008年)・3

(前略)ついこの間、NHKの「プロフェッショナル」という番組で、中村勇吾という人物が紹介されているのを観て、息の根が止まるくらいビックリしました。ウェブデザイナーで、世界的に有名な人です。2004年に数人で会社を創設して、売り上げが数億という単位になってるそうです。
 ユニクロの通販ページなんかかが、この人のデザインなんだけど、この人の作ったウェブページは、それだけで10分や15分は見てられる、とっても素敵なものです。動く画像、つまりアニメーションを使って、どういうふうに音楽と組み合わせて、どんなコンセプトで何をアピールするか。そういうことがよく考えられているんです。NHKが取り上げるんだから、20代のあなたたちはそれを知ってなくちゃいけません。だからといって、中村勇吾さんの仕事を、僕は全面的には賛成出来ません。ただ、動く画像を処理をしていく、というセンスとか感度に関しては、今の商業主義の最先端を走っている人だと思います。ですから、課題として、彼のことを調べてください。

 と、ほめてくれたのです。というわけで、昨日の話題を無責任放り出して、今日ネットでこのビッグ2の対談のレポートを集めました。


まずは公式サイト。カッコイイなー。
PUBLIC-IMAGE.METHOD


次は中村勇吾氏ご本人が個人日誌nisshi.yugopにて書かれた感想:
Method

Methodで富野さんと対談してきた。
一応、「対談」の企画ではあったのだけど、絶対に富野さんの独演会になるに決まってると思ってた。そしたら実際そのまんまの展開で笑った。とりあえずインタビューアとして精一杯頑張った。会場の人はどういう感想なのかよくわからないが、僕的には「生富野」を間近で体感できて非常に楽しかったです。ありがとうございました。
最後にちょっと喋ったけど、僕は富野さんの、作り手としての、清濁ごっくんと飲み込んだ、むき出しの真摯さに対して、以前から非常にファンだった。今回、ほぼそれだけで対談相手としてリクエストさせて頂いたのだけど、この感じ、会場の皆さんにはちゃんと伝わったのだろうか。たぶん伝わったと思うけど。

 と、なかなか好感触のようです。

 また、中村氏は先月前でもこの企画成立された際の話をなされました。
Nisshi0410

「METHOD」というイベントで、この方と対談するで。シェーファーさん(誰)に「対談希望の人いるか?」って聞かれて反射的に「富野さんっ」て答えたらなんと本当に実現した。
と告知しようとしたら、もう締切られていた。3日で売り切れってどないやねん。
あ、なんか+50名で抽選もしてるらしいです。



それから、広告プランナーである下條泰朗氏のinteractiveに行こう!!でもレポートを掲載されています。詳細はリンク先で読めますが、少しだけ引用。
『Public/image.METHOD』| クリエイティブ・カンファレンス③

○アドビは絵の具 絵の具に振り回されてはいけない

○人が集まるには物語がある。

○僕はオリジナル権が欲しかった。

○人は映像を見るとき センターをみる。

○最後に
目的地をもたないとゴールにいけない。
そのぐらいじゃないと普通の制作者になってしまうよ。
がんばれ。若者



 また、黒猫亭さんもtwitter形式の感想を残りました。少ないので、富野監督に関する部分の全文を引用させていただきました。

18:38 5時間目は中村勇吾と富野由悠季。なんか緊張する。
19:09 富野さん、Adobe協賛イベントで「Adobeの開発者バカ」発言飛び出しました。
20:19 結論:富野由悠季はツンデレ爺。



最後は、casestudyroom393を主宰なさってるsakusanさんの今回のイベントに対するメモ。例によって一部引用。
[EV] PUBLIC/IMAGE.METHOD #1

富:ツールの癖によるオリジナリティの欠如
  絵心の無い人はどれだけディテールを詰めても駄目なものは駄目。
  CGの使い方:アメリ◎、レッドクリフ:×
(中略)

富:動く画としての性能
  →他人が見やすいもの
  →カット切り替えでは、通常は画面中央に目が行く
  →同じようなスピード感に疑問(ハリウッド映画とか)
  →かみて、しもての演技(原理原則)

 また、ここにも少しだけあります。


 自分なりにまとめすると、今回の話題は①ツール論、②才能論、③ガンダム話、④映像の原則という富野話のなかでも集大成的な内容らしい。また、今回フランス映画のアメリについて物語のいい例として挙げてるなど、なんとも全文を読みたい対談だろう。
 明日もし別のレポがあれば、引き続き紹介する予定です。。


コメント
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURLはこちら
http://kaito2198.blog43.fc2.com/tb.php/449-954d1c72

ブログ内検索

なんとなく富野商品

リンク

このブログをリンクに追加する

カテゴリー

まともに機能しなくてすみません。これからゆっくりペースで直します。

RSSフィード

FC2カウンター

富野監督作品一覧

  • 海のトリトン
  • しあわせの王子
  • 勇者ライディーン
  • ラ・セーヌの星
  • 無敵超人ザンボット3
  • 無敵鋼人ダイターン3
  • 機動戦士ガンダム
  • 伝説巨神イデオン
  • 機動戦士ガンダム(劇場版)
  • 機動戦士ガンダムⅡ 哀戦士編
  • 戦闘メカ ザブングル
  • 機動戦士ガンダムⅢ めぐりあい宇宙編
  • 伝説巨神イデオン・接触篇 -A CONTACT-
  • 伝説巨神イデオン・発動篇 -Be Invoked-
  • 聖戦士ダンバイン
  • ザブングル グラフィティ
  • 重戦機エルガイム
  • 機動戦士Zガンダム
  • 機動戦士ガンダムZZ
  • 機動戦士ガンダム 逆襲のシャア
  • 機動戦士ガンダムF91
  • 機動戦士Vガンダム
  • 闇夜の時代劇 正体を見る
  • バイストンウェル物語 ガーゼィの翼
  • ブレンパワード
  • ∀ガンダム
  • 劇場版∀ガンダムⅠ 地球光
  • 劇場版∀ガンダムⅡ 月光蝶
  • OVERMAN キングゲイナー
  • 機動戦士Ζガンダム A New Translation -星を継ぐ者-
  • 機動戦士ΖガンダムⅡ A New Translation -恋人たち-
  • リーンの翼
  • 機動戦士ΖガンダムⅢ A New Translation -星の鼓動は愛-
  • RING OF GUNDAM
  • ガンダム Gのレコンギスタ
  • 富野参加作品一覧

  • 鉄腕アトム
  • 戦え!オスパー
  • リボンの騎士
  • 巨人の星
  • アニマル1
  • 夕やけ番長
  • 海底少年マリン
  • どろろ
  • 紅三四郎
  • 巨人の星対鉄腕アトム
  • おらぁグズラだど
  • 男一匹ガキ大将
  • ムーミン
  • シートン動物記
  • 赤き血のイレブン
  • アタックNo.1
  • あしたのジョー
  • 男ドアホウ!甲子園
  • 昆虫物語 みなしごハッチ
  • さすらいの太陽
  • 天才バカボン
  • ふしぎなメルモ
  • 新・オバケのQ太郎
  • 国松様のお通りだい
  • いなかっぺ大将
  • 正義を愛する者 月光仮面
  • アニメ・ドキュメント ミュンヘンのへの道
  • モンシェリCoCo
  • ハゼドン
  • ど根性ガエル
  • けろっこデメタン
  • ワンサくん
  • 山ねずみロッキーチャック
  • 侍ジャイアンツ
  • 新造人間キャシャーン
  • アルプスの少女ハイジ
  • ゼロテスター
  • 昆虫物語 新みなしごハッチ
  • 小さなバイキングビッケ
  • 宇宙戦艦ヤマト
  • 破裏拳ポリマー
  • フランダースの犬
  • 母をたずねて三千里
  • アンデス少年ペペロの冒険
  • 超電磁ロボ コン・バトラーV
  • ゴワッパー5 ゴーダム
  • ろぼっ子ビートン
  • あらいぐまラスカル
  • 合身戦隊メカンダーロボ
  • 超電磁マシーン ボルテスV
  • シートン動物記 くまの子ジャッキー
  • ヤッターマン
  • ペリーヌ物語
  • 闘将ダイモス
  • 未来少年コナン
  • とびだせ!マシーン飛竜
  • まんが日本昔ばなし
  • 宇宙魔神ダイケンゴー
  • 赤毛のアン
  • 科学忍者隊ガッチャマンⅡ
  • ザ・ウルトラマン
  • 宇宙大帝ゴッドシグマ
  • ルパン三世(TV第2シリーズ)
  • 新世紀GPXサイバーフォーミュラ
  • 銀河漂流バイファム
  • ママは小学4年生
  • GUNDAM EVOLVE 5
  •  |  富野作品感想 | 富野由悠季関連 | 井荻麟関連 | 富野情報 | 富野雑談 | レビュー | ブログ運営 | 日常話 | 未分類 | 給華文讀者 | Gのレコンギスタ | 
    Copyright(C) 2007All Rights Reserved. TOMINOSUKI / 富野愛好病
    Powered by FC2ブログ.
    template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.