富野由悠季監督とその作品をひたすら語るブログ

TOMINOSUKI / 富野愛好病
http://kaito2198.blog43.fc2.com/

プロフィール

kaito2198

Author:kaito2198
台湾人。
ただのファンです。

twitterは@kaito2198です。

仕事やブログ関係のご連絡は
kaito2198@hotmail.comまでお願いします。

給華文圈之富野由悠季愛好者的一些話
關於本站文章的轉載聲明

富野監督関連資料一覧

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

グーバーウォーク

『ガイア・ギア』読書中

2009/05/03 00:31|富野作品感想TRACKBACK:0COMMENT:0
このエントリーを含むはてなブックマーク はてなブックマーク - 『ガイア・ギア』読書中
 ついに最後の未読の富野由悠季小説、ガイア・ギアに突入することになりました。

 思えば、この『ガイア・ギア』の変遷は実に面白い。連載前の予告では、この作品は『機動戦士ガイア・ギア~逆襲のシャア』と名づけられたものでした。ご存知の通り、『逆襲のシャア』は元々『Zガンダム』の最初期企画のタイトル名で、たぶん富野もこのフレーズに相当気に入れてるから、一度『Z』でボツになったにも関わらず、この小説のタイトルのネーミングに流用しようとした。
 で、1987年4月号から始まった連載が、企画期間も入れても、おそらく映画『逆襲のシャア』よりちょっと遅い時期で決定したものだと思います(ZZの後半で映画版ガンダムの企画が始まったという話を信じれば)。で、『ガイア・ギア』ももちろんある意味の「逆襲のシャア」ですが、いかんせん富野はアニメをメインにしてる人ですから、この「逆襲のシャア」というフレーズは最終的にアムロとシャアの物語である映画版の正式タイトルになったというわけです(具体的な発表日はまだ調べなきゃわかりませんけど)。

 しかし、ここでは注目してほしいのは「逆襲のシャア」ということ。今の『Z』の話を見れば、すでに初期案の「逆襲のシャア」版『Z』とかけ離れているが、よく見れば、今の『Z』もやはりシャアの物語でした。となれば、『Z』のシャアは何に対する逆襲するのか? 今回は『Z』話ではありませんからあえて語らないけど、この論法を則れば、『ガイア・ギア』のシャア(アフランシだけど)も、映画『逆襲のシャア』のシャアも、それぞれ何かに対して逆襲を仕掛けていたに違いない。
 で、上を見たとおり、『ガイア・ギア』は映画『逆シャア』よりちょっと遅い時期始まったものの、実はほとんど同時期な作品と見なしてもいいにも関わらず、2人のシャアは同時に違う何かに対する逆襲をかけたということから見れば、『ガイア・ギア』は実をいうと皆さんがよく知ってる『ファースト』から『逆シャア』のシャアに対するカウンターではなく、逆にもっと別の何かに対する反撃なのではないでしょうか。
 ちょっとメタファーな視点を入れれば、シャアの記憶から逃げようとするアフランシは、まさにガンダムの呪縛から逃げようとする富野本人だが、こういう読み方は、ここではしたくない。となれば、アフランシと『ガイア・ギア』は何を意味するのかということについて、皆さんにも考えて欲しいものです。


 また、連載第5回までは『機動戦士ガイア・ギア』ってのも興味深いです。「機動戦士」をつくことならば、いやでも『ガンダム』世界に組まれることになります。が、連載当初は一度付いていた。
 これを入れるのは作者の意かどうかはわかりませんし、逆に、どういうわけで連載6回目以後「機動戦士」を外したのももちろん知る筈もありませんけど、ここで最初「機動戦士」を入れたのは作者である富野の意思と仮定すれば、興味深い事態になるのです。いつまでもガンダムの続編がイヤで公言してならない富野が、なぜここで意図的に『ガイア・ギア』をガンダム世界に組めようとしたんでしょうか?
 これとは逆に、ほぼ同時期の1987年5月号から始まった『ハイ・ストリーマー』は、かえって『ガンダム』から脱出するような動きが見えます(最終的は失敗に終わりましたが)。
 ごく真っ当な続編である映画話に則る小説は「逆襲のシャア」を使いたくない上、ガンダム抜きでやりたかったのに、なぜ時間軸が大きく離れて、ほとんど続編にならない続編で「逆襲のシャア」と「機動戦士ガンダム」でやりたかったのだろう? この点について、また考えてみたいです。

 前も言ったとおり、富野は(特にガンダムの)物語の時間軸を処理すること、実はたった一度も遡ることがありませんでした。となれば、一度前に進んだ劇世界を、富野のなかでまた戻るのは、実はかなり無理なことなのかもしれません。何せ非常に歴史意識を持ちながら作る作家ですから。
 で、当時のガンダムの方法論でいえば、サンライズかバンダイかは知りませんけど、『ガイア・ギア』を封殺したいことも分からなくもないけど、時間軸を前に進むしかなかった方法論しか持ってない(ここの「しか持ってない」は誤解しないでほしい)富野にとっても、この作品は最終的でもまた映画『逆シャア』→『F91』のガンダムから離れざるをえませんかもしれなかった。
 それは果たしてプラスになったかマイナスになったかはわかりませんけど、この変遷がもしかしたら、今まで想像以上この作品に影響を与えたのかもしれません。何せほかの書き下ろしやまったく別のものと違って、一度「ガンダムであった」「連載もの」ですから。

 と、ぐだぐだ言ってるけど、実は作品はまた読んでいない。読み終わったらまた別の感想が出てるかもしれませんので、また別の日で『ガイア・ギア』を語りたいと思います。


 ついでに、うちのベイベの写真を載せておきます。
ハムハム
ヘルメットがこよなく愛するナイスガイです。
コメント
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURLはこちら
http://kaito2198.blog43.fc2.com/tb.php/430-1cbb3101

ブログ内検索

なんとなく富野商品

リンク

このブログをリンクに追加する

カテゴリー

まともに機能しなくてすみません。これからゆっくりペースで直します。

RSSフィード

FC2カウンター

富野監督作品一覧

  • 海のトリトン
  • しあわせの王子
  • 勇者ライディーン
  • ラ・セーヌの星
  • 無敵超人ザンボット3
  • 無敵鋼人ダイターン3
  • 機動戦士ガンダム
  • 伝説巨神イデオン
  • 機動戦士ガンダム(劇場版)
  • 機動戦士ガンダムⅡ 哀戦士編
  • 戦闘メカ ザブングル
  • 機動戦士ガンダムⅢ めぐりあい宇宙編
  • 伝説巨神イデオン・接触篇 -A CONTACT-
  • 伝説巨神イデオン・発動篇 -Be Invoked-
  • 聖戦士ダンバイン
  • ザブングル グラフィティ
  • 重戦機エルガイム
  • 機動戦士Zガンダム
  • 機動戦士ガンダムZZ
  • 機動戦士ガンダム 逆襲のシャア
  • 機動戦士ガンダムF91
  • 機動戦士Vガンダム
  • 闇夜の時代劇 正体を見る
  • バイストンウェル物語 ガーゼィの翼
  • ブレンパワード
  • ∀ガンダム
  • 劇場版∀ガンダムⅠ 地球光
  • 劇場版∀ガンダムⅡ 月光蝶
  • OVERMAN キングゲイナー
  • 機動戦士Ζガンダム A New Translation -星を継ぐ者-
  • 機動戦士ΖガンダムⅡ A New Translation -恋人たち-
  • リーンの翼
  • 機動戦士ΖガンダムⅢ A New Translation -星の鼓動は愛-
  • RING OF GUNDAM
  • ガンダム Gのレコンギスタ
  • 富野参加作品一覧

  • 鉄腕アトム
  • 戦え!オスパー
  • リボンの騎士
  • 巨人の星
  • アニマル1
  • 夕やけ番長
  • 海底少年マリン
  • どろろ
  • 紅三四郎
  • 巨人の星対鉄腕アトム
  • おらぁグズラだど
  • 男一匹ガキ大将
  • ムーミン
  • シートン動物記
  • 赤き血のイレブン
  • アタックNo.1
  • あしたのジョー
  • 男ドアホウ!甲子園
  • 昆虫物語 みなしごハッチ
  • さすらいの太陽
  • 天才バカボン
  • ふしぎなメルモ
  • 新・オバケのQ太郎
  • 国松様のお通りだい
  • いなかっぺ大将
  • 正義を愛する者 月光仮面
  • アニメ・ドキュメント ミュンヘンのへの道
  • モンシェリCoCo
  • ハゼドン
  • ど根性ガエル
  • けろっこデメタン
  • ワンサくん
  • 山ねずみロッキーチャック
  • 侍ジャイアンツ
  • 新造人間キャシャーン
  • アルプスの少女ハイジ
  • ゼロテスター
  • 昆虫物語 新みなしごハッチ
  • 小さなバイキングビッケ
  • 宇宙戦艦ヤマト
  • 破裏拳ポリマー
  • フランダースの犬
  • 母をたずねて三千里
  • アンデス少年ペペロの冒険
  • 超電磁ロボ コン・バトラーV
  • ゴワッパー5 ゴーダム
  • ろぼっ子ビートン
  • あらいぐまラスカル
  • 合身戦隊メカンダーロボ
  • 超電磁マシーン ボルテスV
  • シートン動物記 くまの子ジャッキー
  • ヤッターマン
  • ペリーヌ物語
  • 闘将ダイモス
  • 未来少年コナン
  • とびだせ!マシーン飛竜
  • まんが日本昔ばなし
  • 宇宙魔神ダイケンゴー
  • 赤毛のアン
  • 科学忍者隊ガッチャマンⅡ
  • ザ・ウルトラマン
  • 宇宙大帝ゴッドシグマ
  • ルパン三世(TV第2シリーズ)
  • 新世紀GPXサイバーフォーミュラ
  • 銀河漂流バイファム
  • ママは小学4年生
  • GUNDAM EVOLVE 5
  •  |  富野作品感想 | 富野由悠季関連 | 井荻麟関連 | 富野情報 | 富野雑談 | レビュー | ブログ運営 | 日常話 | 未分類 | 給華文讀者 | Gのレコンギスタ | 
    Copyright(C) 2007All Rights Reserved. TOMINOSUKI / 富野愛好病
    Powered by FC2ブログ.
    template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.