富野由悠季監督とその作品をひたすら語るブログ

TOMINOSUKI / 富野愛好病
http://kaito2198.blog43.fc2.com/

プロフィール

kaito2198

Author:kaito2198
台湾人。
ただのファンです。

twitterは@kaito2198です。

仕事やブログ関係のご連絡は
kaito2198@hotmail.comまでお願いします。

給華文圈之富野由悠季愛好者的一些話
關於本站文章的轉載聲明

富野監督関連資料一覧

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

グーバーウォーク

『∀ガンダム』の音を演じる者たち―朴璐美、高橋理恵子、村田秋乃、青羽剛、稲田徹座談会

2009/04/16 19:37|富野由悠季関連TRACKBACK:0COMMENT:6
このエントリーを含むはてなブックマーク はてなブックマーク - 『∀ガンダム』の音を演じる者たち―朴璐美、高橋理恵子、村田秋乃、青羽剛、稲田徹座談会
関連記事
月刊アニメージュ1999年10月号富野由悠季および『∀ガンダム』関連記事

 昨日の予告のとおり、アニメージュ99年10月号に収録してある『ターンエーガンダム』の声優さんの座談会を紹介。参加者はロラン・セアック役の朴璐美、ディアナ・ソレル/キエル・ハイム両役の高橋理恵子、ソシエ・ハイム役の村田秋乃、グエン・ラインフォード役の青羽剛、そしてハリー・オード役の稲田徹。

∀ガンダム 明日はどっちだ 声優大座談会
「ボクたちはこれから一体どうなってしまうのでしょう」

強く吹き荒れ始めた戦争の風。
ロランたちを巻き込むその風は、
さらに強く地球と月の間を吹き抜けていく……。
シリアスさを増すストーリーもいよいよ中盤。
メイン・キャラを演じる5人に、
これまでの苦労や今後の展開への希望などを
自由に語ってもらった。
この座談会に、今後のドラマの綾を
読み解く鍵があるかも?



5人が語るお互いのキャラクターの魅力
 座談会を行ったのは、22話『テテスの遺言』のアフレコ直後。アフレコ中のテンションもそのままスタート!
――アフレコで印象深かったことから自由にお話をしていただければ……
村田 私からですか? 私はギャバンからのプロポーズがうれしかったです。ウェディングドレスも着るみたいだし。
稲田 婚約してからそれからは?
村田 それは秘密です。
稲田 ロランがちょっと嫉妬してるよ。
青羽 ロランはディアナ様だろう。
 いや……。
青羽 気が多いなあ。ひとり占めか。
稲田 許せないな、男として(笑)。そういえば(高橋)理恵子さんはギャバンがお気に入りらしい。
高橋 私は最初からギャバンがカッコいいって言ってるんですよ。
村田 ソシエはロランやギャバンと出会ったり、お父さんが亡くなったりして大人になってきているんだよ、って富野監督から言われたんです。あと印象的なのは、お父さんが亡くなったシーンと、カプルが手をブラブラさせながら走るのが可愛かったことです。
稲田 確かに、モビルスーツに乗れた感動っていうのはありますよね。
青羽 ボクも監督にグエンは乗らないんですか、って聞いたことがある。そうしたら「グエンは乗らないな。乗っても操縦できないだろうな」って。
稲田 ハリーの一発目のセリフがモビルスーツに乗っている時なんですよ。キャラクターを最初に見たときは、もっと斜に構えた感じかと思ったけど、監督からのアドバイスでもっと人間味のある奴だってわかりました。だから、帰還民からの訴えをディアナ様に報告すると約束するシーン(『ローラの牛』)は、印象的ですね。好戦的というより、月の民が地球に帰化して、幸せに暮らすことを望んでいるんじゃないかと。目を赤い特殊なサングラスで隠して、「昆虫」とよく言われていますけど(笑)、いい奴なんですよ。
 そういえば先週のアフレコ(『ハリーの災難』)で素顔、出てたよね。大学院生みたいだった(笑)。
稲田 でも、美形は美形でしょう。一時期は、サングラスの下がヤコップみたいな目だったらどうしょう(笑)。そうしたら、芝居を変えなければいけない、と悩んでた(笑)から安心した。
 絶対、そうだと思ってた(笑)。
――高橋さんはいかがですか。
高橋 私はまず絵にセリフを合わせるのが大変で……。二役なので、台本に「ディアナ」とあれば、逆にキエルだ、と思うようにしているんですけれど、時にモノローグと書いてある時もあって、それはそのままでいいので迷っちゃうんです(笑)。それから、ディアナってしっかり者で、何でもわかっている人だと思っていたので、野戦病院で傷ついている人を見て驚くシーンは意外でしたね。そういえば、私はシャボン玉が好きなんで、ディアナがシャボン玉を見るシーンは印象的でした。
 理恵子さんのシャボン玉と同じで、私は金魚が好きなんですよ。だから、1話で金魚が出たときに、出会いってあるもんだななんて思ったりしました。そう、あの金魚がメリーさんっていう名前だったのに驚いた。金魚の謎がどんどん明らかになっていく(笑)。
青羽 実は金魚がメインだったのかな。
稲田 金魚は、台本の表紙に5回ぐらい載ってますよね。
 うん。金魚とローラは載っても、なぜかロランは載らないんです。でもロランを見ていると、常にどの行動をとっても、バカがつくぐらい素直だなあって思いません? そのバカ素直さゆえに、物事にこだわらず、足し算よりも引き算がうまくて結果的にスムーズにいってるのかな?
青羽 いや、行動力があるんだよ。で、本当は5やれば済むことを、10ぐらいやっちゃうんだよね。
稲田 でも、みんなのことを好きみたいですよね。嫌いな人はいなさそう。
 人のマイナス面は絶対に見ないというか、それをプラスに変えてしまうぞ、というところがある。そういう力のある子だと思うんですけど。
青羽 そういう点でいくと、グエンって、誰も本気で好きになってないじゃないですか。女の子にはもてるけど、絶対自分から行かない。だから、そういう点でも、今後ロマンスみたいなものがあるのかというのは、すごく気になるところですよね。あるいは、ずっと恋をしないのか。ミリシャが暴走した後、ミハエルとまた再会しても、起らないじゃないですか。あのあたりに、すごい策略家だなと。こいつを今、敵に回しちゃいかんとか、取りあえず味方につけておいたほうがいいとかいろいろ考えている。度量の深さを感じますよね。

果たしてキャラクターたちはどうなるのか
――今後、キャラがこうなってほしいという希望はありますか?
 物語の展開は一切わかってなくて、今の時点でもソシエが婚約するっていうぐらいしか聞いていないです。でも、あまり深く先を考えず、もらった台本の中から感じたものだけでやろうと思っているんです。そこから出てくるのが、ロランじゃないかと思っています。あと希望は、いろんな女の人にもてるハーレム状態、かな(笑)。
高橋 ディアナには月には戻らないで地球の人と暮らして何とかしたいという思いがあるので、それがうまくいってほしいです。それから以前、キエルってグエンのことが好きなのかと思ってたら「キエルは、人を利用してるだけだ」と説明されて驚いたんです。今は、ハリーに心を寄せているようですけど、どうなるんでしょうか……。
稲田 やった、やった。春が来た。あ、朴さんがにらんでる(笑)。やっぱりハリーの場合、一番に来るのはディアナ様のことだと思うんです。そこでは男女の愛は求めていない気がする。でも、ディアナ様がうまくいっちゃったら面白くないぞみたいな、極めて人間的な部分もあるしなあ。そうなったらいつも冷静なハリーも冷静じゃなくなっちゃうかもしれないですね。
村田 戦争が始まる前の、成人式で踊ったり、歌ったりしているような、ああいう生活のほうがみんな楽しいじゃないですか。だから戦争は早く終わらせたいですね。できれば、月のディアナ様もキエルも、入れ変わっている状態から戻って、みんな仲よく、もうちょっと庶民的になっていったら、楽しいのになと思います。でも、悲劇的なほうが面白いかも(笑)。
稲田 それは確かに。
青羽 多分、平和になったら終わっちゃうからね。そういえば、演出家の人がポロッと「もしかして、最後の一番悪いやつはグエンになるんじゃないの」っていう恐ろしいことを言ってた。そうなったら、僕、本領発揮だなと思ってるんだけど(笑)。グエンは滅多なことではキレない。だからグエンがキレたときは、相当ヤバい時ですね。でも、物語の先は知らないほうが楽しくない?
稲田 そうですね。
 知らないほうがいいよね。
稲田 わくわくするよ。
 自分で感動しながら、自分で驚きながら、演じてる。
稲田 きっとそれを見て、富野監督もニヤリとしてるんだろうな。
――最後に読者にメッセージがありましたらお願いします。
村田 出演者のみんなも先のことがわからないので、演じるたびに驚いたり喜んだり、役の気持ちと一緒になって進んでいる感じがあるんです。そこがリアルだと思うので、登場しているキャラが、そのまま実写だと思って見てください。
高橋 人間ドラマとして、一話一話もそうなんですけど、大きな流れがありますよね。その中でいろんな人が、いろんなことにぶつかって悩み、成長していくというドラマとして楽しんでもらえればうれしいです。
 月と地球が舞台だから、ちょっとフィクションに飛びすぎて実感できないかもしれないけど、自分の立場をキャラクターにフッと置き換えたときに、ものすごく実感として感じ取れるドラマだと思います。喜怒哀楽を思いっきり出して、見てほしいです。以上。
青羽 『ガンダム』だからメカ・シーンも見せ場の一つではあると思うんです。でも、富野監督の作品って、人間ドラマがすごく深く描かれているから、誰かに感情移入してもらって、同じようにこの時代、2345年という時代を一緒に生きていこうって感じですね。入り込んで見れば見るほど、すごい面白いですよ。
稲田 歴代のガンダムと比較するんでなく、『∀ガンダム』という作品として見てほしいですね。そういう部分にこだわると損だと思いますよ。だから、ヒゲとか、赤いサングラスとか虎縞の服とかにとらわれず(笑)、物語の流れを見てください。


5人が選んだ 私の印象的なシーン
長い物語も折り返し地点に近づいてきた。自ら演じるキャラに思い入れたっぷりの皆さんが選んだマイ・ベストはこれだ。

自分の正体を明かすロラン
朴さんが選んだのは、8話でロランが思わず「自分はムーンレィスだ」と正体を明かしてしまうシーン。「台本を休憩中にいただいて読んでいたんです。『ローラの牛』だから牛の話だと思っていたら一番最後に、あんなセリフがあるjなうですか。あつくなってお芝居した、思い入れがすごくあるシーンです。ロラン的に言うと、あのシーンが一番、自分の中のものとロランのものがシンクロできた瞬間でした。やっとロランを実感できましたね」

建国宣言をするキエル
高橋さんは、ディアナを扮じたキエルが「建国宣言」と偽って地球人と月の人の共存を呼びかけるシーンを挙げた。「キエルが『目も同じで、口も鼻も同じ人間だから』って言ったのは、いつの時代でも通用する真実ですよね。簡単なことで、当たり前のことなんだけど、いつの時代でも戦争はなくならなくて、争いがあって。なぜ人間は戦争をやめることができないのか、という感じがしてあのセリフは印象に残っていますね」

ソシエ、ミリシャに入る
村田さんは、4話のメシェーとの会話が印象深いそうだ。「お父さんが死んじゃって、ふさぎ込んでいるときに、励ましに来たメシェーに『あんたが、そんなどうすんのよ。ロランじゃ頼りないから、一緒に戦おうよ。お父様のかたきが討てるよ』って言われるシーンです。そのまま、ふさぎ込んだままだたら、地味な、戦ったりしない、駄目なソシエのままだったのかなって。メシェーに言われたことが今の強いソシエを作ったと思うんです」

グエン、領民に罵倒される
シーンをいろいろあげてくれた青羽さん。ここでは11話のノックス崩壊のシーンをセレクト。「懐の広いグエンだけれど、あのシーンはちょっとボンボンぽいところが出ていた。彼にとっても予想外の展開だったでしょう。しかも『どこのバカだ』とまで言われたりして。あれはかなり傷ついていたと思う(笑)。あのせりふ、僕自身も慌てふためいちゃって、ロレっちゃって全然できなかったんですよ」

ハリー、陽気に笑う
ハリーを斜に構えたキャラかと思いアフレコに臨んだ稲田さん。「笑いながら『地球の雨とは温かいものだなあ』というシーンを結構皮肉っぽく言うのかと思っていたら、監督から『ハリーという人は、地球の雨の温かさに本気で喜んでいるんだ』ってアドバイスが。だから、本気でハハハハという感じで喜んじゃって構わないと。喜びみたいなものをダイレクトに表現してもらっていいということで、キャラクター像がつかめたんです」


座談会こぼれメモ
 座談会の会場は、アフレコのスタジオの地下にあるレストラン。着席してさあ開始となったときに、ウエイトレスのおばさんが朴さんに一言「今日はおとなしいのね」。いつもは一体どんな大騒ぎをしてるんですか? 朴さん……。座談会ではページの都合で収録できない脱線も多く、キャストのコンビネーションのよさが伝わってきた。

アフレコ風景こぼれメモ
『∀ガンダム』のアフレコは、だいたい午前10時ごろから午後2時過ぎまでかかる長丁場で、出演者も多い。中でも富野由悠季監督の細かな演技指導が特徴で、アフレコの合間に、一言一句にいたるまで丁寧な解説がある。
 右の写真はそんな演技指導の一幕だ。
 また、声優さんに聞くとアフレコとオンエアではまた違った印象があるのがこの作品の特徴だとか。「ベストの芝居をしたつもりでオンエアを見たら、絵でさらにフォローされているというか、増幅してもらってて、ありがとうって感じですね」(稲田さん)。
 ちなみに、この日は稲田さんがハリーとそっくりの赤いサングラスを持ち込んでいたのが話題の一つ。

 明日は休み。


コメント
このコメントは管理人のみ閲覧できます
#|2009/04/17(金) 22:24 [ 編集 ]
おかげさまで、とても助かりました。

しかし、うーん、意外というかもったいないというか、こんなこと言える立場の人間ではないかもしれませんけど、必要な部分だけ切り取って保存するのはどうでしょう? これらの資料はとても貴重なものですので、ぜひ残していただきたいと思いますね。
kaito2198 #L2WcHO2o|2009/04/18(土) 00:28 [ 編集 ]
このコメントは管理人のみ閲覧できます
#|2009/04/18(土) 01:28 [ 編集 ]
わかりました。なんだか無理強いてるような話になっちゃって、申しわけございません。基本的は不甲斐ない人間でしたので、どうかこれからもご指導ご鞭撻の程よろしくお願いいたします。
kaito2198 #L2WcHO2o|2009/04/18(土) 03:00 [ 編集 ]
いえいえ、気にしないでください。こちらこそいつもお世話になっているのに、お気遣いありがとうございます。新聞や雑誌ですが、確かに簡単に捨ててしまうのは、もったいない気もするので、無理しない程度に重要な部分だけ切り取って、ファイルにぶち込んでおきます。それぐらいならできる…気がします(*´Д`)。
Randal #A8/4QVso|2009/04/18(土) 22:00 [ 編集 ]
えっと…すみません、もう返す言葉が思いつきませんので、とりあえず頑張ってください。こっちはいつも応援してます。
kaito2198 #L2WcHO2o|2009/04/19(日) 00:19 [ 編集 ]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURLはこちら
http://kaito2198.blog43.fc2.com/tb.php/415-a865e08b

ブログ内検索

なんとなく富野商品

リンク

このブログをリンクに追加する

カテゴリー

まともに機能しなくてすみません。これからゆっくりペースで直します。

RSSフィード

FC2カウンター

富野監督作品一覧

  • 海のトリトン
  • しあわせの王子
  • 勇者ライディーン
  • ラ・セーヌの星
  • 無敵超人ザンボット3
  • 無敵鋼人ダイターン3
  • 機動戦士ガンダム
  • 伝説巨神イデオン
  • 機動戦士ガンダム(劇場版)
  • 機動戦士ガンダムⅡ 哀戦士編
  • 戦闘メカ ザブングル
  • 機動戦士ガンダムⅢ めぐりあい宇宙編
  • 伝説巨神イデオン・接触篇 -A CONTACT-
  • 伝説巨神イデオン・発動篇 -Be Invoked-
  • 聖戦士ダンバイン
  • ザブングル グラフィティ
  • 重戦機エルガイム
  • 機動戦士Zガンダム
  • 機動戦士ガンダムZZ
  • 機動戦士ガンダム 逆襲のシャア
  • 機動戦士ガンダムF91
  • 機動戦士Vガンダム
  • 闇夜の時代劇 正体を見る
  • バイストンウェル物語 ガーゼィの翼
  • ブレンパワード
  • ∀ガンダム
  • 劇場版∀ガンダムⅠ 地球光
  • 劇場版∀ガンダムⅡ 月光蝶
  • OVERMAN キングゲイナー
  • 機動戦士Ζガンダム A New Translation -星を継ぐ者-
  • 機動戦士ΖガンダムⅡ A New Translation -恋人たち-
  • リーンの翼
  • 機動戦士ΖガンダムⅢ A New Translation -星の鼓動は愛-
  • RING OF GUNDAM
  • ガンダム Gのレコンギスタ
  • 富野参加作品一覧

  • 鉄腕アトム
  • 戦え!オスパー
  • リボンの騎士
  • 巨人の星
  • アニマル1
  • 夕やけ番長
  • 海底少年マリン
  • どろろ
  • 紅三四郎
  • 巨人の星対鉄腕アトム
  • おらぁグズラだど
  • 男一匹ガキ大将
  • ムーミン
  • シートン動物記
  • 赤き血のイレブン
  • アタックNo.1
  • あしたのジョー
  • 男ドアホウ!甲子園
  • 昆虫物語 みなしごハッチ
  • さすらいの太陽
  • 天才バカボン
  • ふしぎなメルモ
  • 新・オバケのQ太郎
  • 国松様のお通りだい
  • いなかっぺ大将
  • 正義を愛する者 月光仮面
  • アニメ・ドキュメント ミュンヘンのへの道
  • モンシェリCoCo
  • ハゼドン
  • ど根性ガエル
  • けろっこデメタン
  • ワンサくん
  • 山ねずみロッキーチャック
  • 侍ジャイアンツ
  • 新造人間キャシャーン
  • アルプスの少女ハイジ
  • ゼロテスター
  • 昆虫物語 新みなしごハッチ
  • 小さなバイキングビッケ
  • 宇宙戦艦ヤマト
  • 破裏拳ポリマー
  • フランダースの犬
  • 母をたずねて三千里
  • アンデス少年ペペロの冒険
  • 超電磁ロボ コン・バトラーV
  • ゴワッパー5 ゴーダム
  • ろぼっ子ビートン
  • あらいぐまラスカル
  • 合身戦隊メカンダーロボ
  • 超電磁マシーン ボルテスV
  • シートン動物記 くまの子ジャッキー
  • ヤッターマン
  • ペリーヌ物語
  • 闘将ダイモス
  • 未来少年コナン
  • とびだせ!マシーン飛竜
  • まんが日本昔ばなし
  • 宇宙魔神ダイケンゴー
  • 赤毛のアン
  • 科学忍者隊ガッチャマンⅡ
  • ザ・ウルトラマン
  • 宇宙大帝ゴッドシグマ
  • ルパン三世(TV第2シリーズ)
  • 新世紀GPXサイバーフォーミュラ
  • 銀河漂流バイファム
  • ママは小学4年生
  • GUNDAM EVOLVE 5
  •  |  富野作品感想 | 富野由悠季関連 | 井荻麟関連 | 富野情報 | 富野雑談 | レビュー | ブログ運営 | 日常話 | 未分類 | 給華文讀者 | Gのレコンギスタ | 
    Copyright(C) 2007All Rights Reserved. TOMINOSUKI / 富野愛好病
    Powered by FC2ブログ.
    template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.