富野由悠季監督とその作品をひたすら語るブログ

TOMINOSUKI / 富野愛好病
http://kaito2198.blog43.fc2.com/

プロフィール

kaito2198

Author:kaito2198
台湾人。
ただのファンです。

twitterは@kaito2198です。

仕事やブログ関係のご連絡は
kaito2198@hotmail.comまでお願いします。

給華文圈之富野由悠季愛好者的一些話
關於本站文章的轉載聲明

富野監督関連資料一覧

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

グーバーウォーク

富野由悠季監督、イタリアにて受賞

2009/04/07 20:23|富野由悠季関連TRACKBACK:0COMMENT:0
このエントリーを含むはてなブックマーク はてなブックマーク - 富野由悠季監督、イタリアにて受賞
 と、いまさらですが、富野監督はどうやらイタリアに行って、2009年度のCartoons on the Bayに参加したようです。

Cartoons on the Bay

 Cartoons on the Bayといえば、今のところ世界唯一テレビアニメに専門するアニメフェスティバルで、毎年さまざまのテレビアニメに対する賞以外、「The Pulcinella Awards for the Career」というアニメクリエーターに与える個人キャリア賞と、「The Studio of the Year Award」というアニメスタジオに与える賞などがある、非常に特別なアニメフェスティバルである。
 今年のキャリア賞の受賞人はもちろん、我が富野由悠季総監督。そして年度スタジオ賞はサンライズに与えた(ちなみに、受賞代理は今サンライズの代表取締役会長吉井孝幸氏)。日本人の受賞者はこれまで、長年イタリアで活動しているグレイアニメ作家湯崎夫沙子のみなので、本格的な日本アニメ受賞者の第一人といえます(スタジオ賞はテレコム、アイジー、東映に続いて4軒目)。
 ちなみに、今度このフェスティバルに参加した日本代表のゲストは富野と吉井氏以外、サンライズ所属としてのアニメーター遠藤裕一さんと、東映アニメーションの「かんじ かずはや」さんのわずか4名(湯崎氏はイタリア代表として参加)。

湯崎夫沙子 出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
文化庁メディア芸術祭のブログによる湯崎夫沙子の告知
(ちなみに、この人は昭和12年生まれらしいので、富野より結構年上)


 で、このフェスティバルでは、富野は受賞しているほか、以下のイベントにも関わっていた。

Thursday April 2nd OPENING (4/2のオープニングデー)
10.00 a.m. - 01.00 p.m.
Retrospect SUNRISE and YOSHIYUKI TOMINO
2.30 - 6.30 p.m.
Retrospect SUNRISE and YOSHIYUKI TOMINO
(サンライズと富野の回顧プログラム。『逆シャア』などを放映したらしい)

Saturday April 4th CROSSMEDIA DAY (4/4のクロスメディアデー)
10.30 - 11.30 a.m.
Press conference YOSHIYUKI TOMINO
Speaker: Yoshiyuki Tomino, writer, director and anime author
Roberto Genovesi, Artistic Director Cartoons on the Bay
(1時間の記者会)

4.00 - 5.30 p.m.
YOSHIYUKI TOMINO MEETS THE PUBLIC
(1時間半に及ぶ公開イベント)


 で、この公開イベントのレポートは、以下のブログには載ってあります。イタリア語で書かれているので、なにを書いているのはほとんど分かりませんが、イベントでの動画も少しうPされていますから、見てください。

Cartoons on The bays: il gran giorno di Yoshiuki Tomino
Video Yoshiuki Tomino al Cartoons on The bays

 動画で見る限り、ガンダム以外は、『ダイターン』や『∀』に対する質問を出してる人が多いらしい。さすがイタリア、『ダイターン』はやはり未だに人気あるですね。あと、富野以外重大な話でいえば、どうやらガンダムユニコーンは2010年で映画化するらしいという。まあ、どうでもいいが。
 イタリアでのイベントなので、レポートや感想などもおそらくイタリア語で書かれるものが多いだろうけど、ここ数日引き続き頑張って別のヤツも探すつもりです。


 ネットで探したかぎり、1/27の公式告知はどうやら一番早いヤツのようです。まったく気付かなかった。恥ずかしいな。というわけで、2009年富野情報富野が行ったことある国も更新。


コメント
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURLはこちら
http://kaito2198.blog43.fc2.com/tb.php/404-cccf1a8c

ブログ内検索

なんとなく富野商品

リンク

このブログをリンクに追加する

カテゴリー

まともに機能しなくてすみません。これからゆっくりペースで直します。

RSSフィード

FC2カウンター

富野監督作品一覧

  • 海のトリトン
  • しあわせの王子
  • 勇者ライディーン
  • ラ・セーヌの星
  • 無敵超人ザンボット3
  • 無敵鋼人ダイターン3
  • 機動戦士ガンダム
  • 伝説巨神イデオン
  • 機動戦士ガンダム(劇場版)
  • 機動戦士ガンダムⅡ 哀戦士編
  • 戦闘メカ ザブングル
  • 機動戦士ガンダムⅢ めぐりあい宇宙編
  • 伝説巨神イデオン・接触篇 -A CONTACT-
  • 伝説巨神イデオン・発動篇 -Be Invoked-
  • 聖戦士ダンバイン
  • ザブングル グラフィティ
  • 重戦機エルガイム
  • 機動戦士Zガンダム
  • 機動戦士ガンダムZZ
  • 機動戦士ガンダム 逆襲のシャア
  • 機動戦士ガンダムF91
  • 機動戦士Vガンダム
  • 闇夜の時代劇 正体を見る
  • バイストンウェル物語 ガーゼィの翼
  • ブレンパワード
  • ∀ガンダム
  • 劇場版∀ガンダムⅠ 地球光
  • 劇場版∀ガンダムⅡ 月光蝶
  • OVERMAN キングゲイナー
  • 機動戦士Ζガンダム A New Translation -星を継ぐ者-
  • 機動戦士ΖガンダムⅡ A New Translation -恋人たち-
  • リーンの翼
  • 機動戦士ΖガンダムⅢ A New Translation -星の鼓動は愛-
  • RING OF GUNDAM
  • ガンダム Gのレコンギスタ
  • 富野参加作品一覧

  • 鉄腕アトム
  • 戦え!オスパー
  • リボンの騎士
  • 巨人の星
  • アニマル1
  • 夕やけ番長
  • 海底少年マリン
  • どろろ
  • 紅三四郎
  • 巨人の星対鉄腕アトム
  • おらぁグズラだど
  • 男一匹ガキ大将
  • ムーミン
  • シートン動物記
  • 赤き血のイレブン
  • アタックNo.1
  • あしたのジョー
  • 男ドアホウ!甲子園
  • 昆虫物語 みなしごハッチ
  • さすらいの太陽
  • 天才バカボン
  • ふしぎなメルモ
  • 新・オバケのQ太郎
  • 国松様のお通りだい
  • いなかっぺ大将
  • 正義を愛する者 月光仮面
  • アニメ・ドキュメント ミュンヘンのへの道
  • モンシェリCoCo
  • ハゼドン
  • ど根性ガエル
  • けろっこデメタン
  • ワンサくん
  • 山ねずみロッキーチャック
  • 侍ジャイアンツ
  • 新造人間キャシャーン
  • アルプスの少女ハイジ
  • ゼロテスター
  • 昆虫物語 新みなしごハッチ
  • 小さなバイキングビッケ
  • 宇宙戦艦ヤマト
  • 破裏拳ポリマー
  • フランダースの犬
  • 母をたずねて三千里
  • アンデス少年ペペロの冒険
  • 超電磁ロボ コン・バトラーV
  • ゴワッパー5 ゴーダム
  • ろぼっ子ビートン
  • あらいぐまラスカル
  • 合身戦隊メカンダーロボ
  • 超電磁マシーン ボルテスV
  • シートン動物記 くまの子ジャッキー
  • ヤッターマン
  • ペリーヌ物語
  • 闘将ダイモス
  • 未来少年コナン
  • とびだせ!マシーン飛竜
  • まんが日本昔ばなし
  • 宇宙魔神ダイケンゴー
  • 赤毛のアン
  • 科学忍者隊ガッチャマンⅡ
  • ザ・ウルトラマン
  • 宇宙大帝ゴッドシグマ
  • ルパン三世(TV第2シリーズ)
  • 新世紀GPXサイバーフォーミュラ
  • 銀河漂流バイファム
  • ママは小学4年生
  • GUNDAM EVOLVE 5
  •  |  富野作品感想 | 富野由悠季関連 | 井荻麟関連 | 富野情報 | 富野雑談 | レビュー | ブログ運営 | 日常話 | 未分類 | 給華文讀者 | Gのレコンギスタ | 
    Copyright(C) 2007All Rights Reserved. TOMINOSUKI / 富野愛好病
    Powered by FC2ブログ.
    template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.