富野由悠季監督とその作品をひたすら語るブログ

TOMINOSUKI / 富野愛好病
http://kaito2198.blog43.fc2.com/

プロフィール

kaito2198

Author:kaito2198
台湾人。
ただのファンです。

twitterは@kaito2198です。

仕事やブログ関係のご連絡は
kaito2198@hotmail.comまでお願いします。

給華文圈之富野由悠季愛好者的一些話
關於本站文章的轉載聲明

富野監督関連資料一覧

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

グーバーウォーク

月刊アニメージュ1999年9月号富野由悠季および『∀ガンダム』関連記事

2009/04/05 16:29|富野由悠季関連TRACKBACK:0COMMENT:2
このエントリーを含むはてなブックマーク はてなブックマーク - 月刊アニメージュ1999年9月号富野由悠季および『∀ガンダム』関連記事
関連記事
月刊アニメージュ1999年7月号富野由悠季および『∀ガンダム』関連記事
月刊アニメージュ1999年8月号富野由悠季および『∀ガンダム』関連記事

 さて、7月号と8月号に続いて、ついに『∀』ガンダムファンと富野ファンにはたまらない大型記事にきました。内容があまりにも多すぎるため、今日から4回を分けて紹介します。
 そういや、たぶんこの頃からのことだったんだろう、僕はニュータイプからアニメージュに鞍替えしたのは。今読み返してみると、アニメージュのほうが間違いなく読み応えがありますしね。


1.∀ガンダム ウワサの真相30問
 この号の一番目玉になる記事。内容が長いため、別の記事で改めて紹介します。

∀ガンダム ウワサの真相30問(上)
∀ガンダム ウワサの真相30問(中)
∀ガンダム ウワサの真相30問(下)

2.制作設定安川浩司氏、放送スケジュールコラムでのコメント。ちなみに、この号の発売日前後の放送話数は以下の通り。

(第17話「建国のダストブロー」:7/30
第18話「キエルとディアナ」:8/6
第19話「ソシエの戦争」:8/13
第20話「アニス・パワー」:8/20
第21話「ディアナ奮戦」:8/27
第22話「ハリーの災難」:9/3
第23話「テテスの遺書」:9/10

知ってますー?
 ギャロップって知ってますー? 昔ランバ・ラルって人が乗ってた陸戦艇なんですけど……、今度これにそっくりな、やっぱり『ギャロップ』ってのが出ます……。
 フラットって知ってますー? 第1話ロランが乗って来たやつでプラモにもなってるのに出番が少なくて困ってたんですけど、今度いっぱい出て来てプルプル震えたり、変形したりします……。
 ハリーって知ってますー? 金色のスモーに乗った赤いメガネかけてる人なんですけど、今度その素顔とあの赤メガネがどうやって顔についていうのかー? わかります……。
 ターンエーって知ってますー? うちの主役メカのヒゲの事なんですけど…今度、洗濯します…(?)。
                              安川浩司(設定制作/サンライズ



3.上田大王のターン∀ガンダム解体画報第4回第12話~スペシャル版。イラストはこちらから。
 今月の注目点は「同サイズ同士のタイマンも見れはじめ、ここ数回ずいぶん質の良いロボットバトルを見せてもらった気がします。それにつけてもルジャーナの輩の乱暴なキャラ立ち。泣きを持ちネタにしきった小尉。温泉での17才ロランのオカマぶり。そこと矛盾するディアナさまのケツへのメンチ。「おんどりのように」等なんか見どころが微妙…1クールは過ぎてった」。相変わらずポイントを抑えてる鑑賞ですね。


4.読者投稿の『∀ガンダム』感想。おなじみの『アニメージュ』読者投稿に載ってたやつ。実はいいことを仰ったんで、ここで紹介します。

みんな、早くトミノアニメにかえってこーい!!
 いやぁ~、「∀ガンダム」がこれほど面白いとは、まったく予想外でした。作画&彩色とともに過剰な装飾を避けつつも安っぽさを感じさせない”目に優しい映像”。
 恰好良さよりもフォルムのユニークさ&ユーモラスな動きを追求したデザインとメカ描写。とくに第6話「忘れられた過去」でヒョコヒョコ歩くカプル&鉄球を引きずるヒゲがすごく楽しかった。
 だが、何と言っても「∀」の魅力は「見ていてホッとする」の一言に尽きます。例えるなら森林浴の気持ちよさ。ひんやり心地良いのです。
 これは緑あふれる舞台設定に加え、登場キャラが”思想・観念の入れ物”ではなく”血の通った生身の人間”だからでしょう。焼き立てのパンをかじったり、股間をぶつけて痛がったり、素直で健やかなロランの言動につい引き込まれてしまいます。
 僕が特に好きなエピソードは、第6話の降臨したディアナ様が建物の壁をなで回し、さらにひっくり返ったスモーとヒゲを見て笑いこらえるところ。それに第7話「貴婦人修行」で、キエルとロランがお化粧に失敗して笑い出すシーン。それから、月と地球の”話し合い”=交渉過程を丹念に織り込んだ一連の描写も、旧来のロボットものを逸脱していて興味深かったです。あの舞踏会の前後は、もっと時間をかけてじっくり見たかったんですねぇ(鬼太郎ルックの某ファイヤーマンが◎)。
 シド・ミード氏によるガンダムのデザインについては、放映前は「カッコ悪ぅぅぅ」と思ったけど、いざ動き出してからは一向気になりません。キエルお嬢さんの「おヒゲのホワイトドール?」というセリフ、あの一言でグンと親近感が増し、違和感が消えちゃいました。とはいえ、第8話で胸部ハッチから牛が出てきた時は仰天しましたが(笑)。
 ともあれ、「∀ガンダム」はホントおもしろいです。「エヴァ」的な”トラウマに塩を刷り込むアニメ”に食傷気味のみなさん! トミノ監督の起死回生”大回転エビ投げハイジャンプ分身魔球”とも呼ぶべき新生ガンダムで、ゆっくりと心の傷をいやしてみてはいかがでしょう?
 というわけで、「みんな、早く富野アニメに帰ってこ~い!」x2。
                              奈良県/塩山糊生

 本当、こういうゆとりが大切ですね。∀以後のあの二つの『ガンダム』の惨状見れば、やっぱり人間の心を触れさせるような作品こそ、10年後20年後でもちゃんと語り継がれるものですね。


コメント
俺さ、毎回ロランが次女をひっぱたいて落ち着かせて、ロラン落涙のシーンを見るたび毎回何故か泣くのだ(笑)
きちんと作劇の順番があるから「待ってました~」と泣けるわけです。
また、下手くそ(笑)なワーって泣き声がいいわけよ!!
だから僕は... #-|2009/04/05(日) 17:33 [ 編集 ]
そうですよ、あそこは泣けますし、非常に自然な演技(演技、演技…まあ演技だな)ですね。自分も先週1話と2話を見返したばかりですが、たった2話であそこまで仲良し家族を描いたのに、非常に感心してるんです。だから僕は...さんが仰った3話での感動さも、ちゃんと1話と2話の積み重ねがある上のものなんだなと思いました。富野アニメが感動的なのは、得体の知れない何かが宿ってるのではなく、そういった作劇の丁寧さによるものだと、あまり語られていませんけど、そういう部分こそ本当の演出の差だと思いますよ。

しかし、やはりアニメ業界のプロからでも「富野作品はよくわからないけど面白いとか心を揺さぶる力強さがある」という感想がよく耳に入ってるような。なんだかな…勉強不足?
kaito2198 #L2WcHO2o|2009/04/05(日) 22:38 [ 編集 ]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURLはこちら
http://kaito2198.blog43.fc2.com/tb.php/402-fd52ce47

ブログ内検索

なんとなく富野商品

リンク

このブログをリンクに追加する

カテゴリー

まともに機能しなくてすみません。これからゆっくりペースで直します。

RSSフィード

FC2カウンター

富野監督作品一覧

  • 海のトリトン
  • しあわせの王子
  • 勇者ライディーン
  • ラ・セーヌの星
  • 無敵超人ザンボット3
  • 無敵鋼人ダイターン3
  • 機動戦士ガンダム
  • 伝説巨神イデオン
  • 機動戦士ガンダム(劇場版)
  • 機動戦士ガンダムⅡ 哀戦士編
  • 戦闘メカ ザブングル
  • 機動戦士ガンダムⅢ めぐりあい宇宙編
  • 伝説巨神イデオン・接触篇 -A CONTACT-
  • 伝説巨神イデオン・発動篇 -Be Invoked-
  • 聖戦士ダンバイン
  • ザブングル グラフィティ
  • 重戦機エルガイム
  • 機動戦士Zガンダム
  • 機動戦士ガンダムZZ
  • 機動戦士ガンダム 逆襲のシャア
  • 機動戦士ガンダムF91
  • 機動戦士Vガンダム
  • 闇夜の時代劇 正体を見る
  • バイストンウェル物語 ガーゼィの翼
  • ブレンパワード
  • ∀ガンダム
  • 劇場版∀ガンダムⅠ 地球光
  • 劇場版∀ガンダムⅡ 月光蝶
  • OVERMAN キングゲイナー
  • 機動戦士Ζガンダム A New Translation -星を継ぐ者-
  • 機動戦士ΖガンダムⅡ A New Translation -恋人たち-
  • リーンの翼
  • 機動戦士ΖガンダムⅢ A New Translation -星の鼓動は愛-
  • RING OF GUNDAM
  • ガンダム Gのレコンギスタ
  • 富野参加作品一覧

  • 鉄腕アトム
  • 戦え!オスパー
  • リボンの騎士
  • 巨人の星
  • アニマル1
  • 夕やけ番長
  • 海底少年マリン
  • どろろ
  • 紅三四郎
  • 巨人の星対鉄腕アトム
  • おらぁグズラだど
  • 男一匹ガキ大将
  • ムーミン
  • シートン動物記
  • 赤き血のイレブン
  • アタックNo.1
  • あしたのジョー
  • 男ドアホウ!甲子園
  • 昆虫物語 みなしごハッチ
  • さすらいの太陽
  • 天才バカボン
  • ふしぎなメルモ
  • 新・オバケのQ太郎
  • 国松様のお通りだい
  • いなかっぺ大将
  • 正義を愛する者 月光仮面
  • アニメ・ドキュメント ミュンヘンのへの道
  • モンシェリCoCo
  • ハゼドン
  • ど根性ガエル
  • けろっこデメタン
  • ワンサくん
  • 山ねずみロッキーチャック
  • 侍ジャイアンツ
  • 新造人間キャシャーン
  • アルプスの少女ハイジ
  • ゼロテスター
  • 昆虫物語 新みなしごハッチ
  • 小さなバイキングビッケ
  • 宇宙戦艦ヤマト
  • 破裏拳ポリマー
  • フランダースの犬
  • 母をたずねて三千里
  • アンデス少年ペペロの冒険
  • 超電磁ロボ コン・バトラーV
  • ゴワッパー5 ゴーダム
  • ろぼっ子ビートン
  • あらいぐまラスカル
  • 合身戦隊メカンダーロボ
  • 超電磁マシーン ボルテスV
  • シートン動物記 くまの子ジャッキー
  • ヤッターマン
  • ペリーヌ物語
  • 闘将ダイモス
  • 未来少年コナン
  • とびだせ!マシーン飛竜
  • まんが日本昔ばなし
  • 宇宙魔神ダイケンゴー
  • 赤毛のアン
  • 科学忍者隊ガッチャマンⅡ
  • ザ・ウルトラマン
  • 宇宙大帝ゴッドシグマ
  • ルパン三世(TV第2シリーズ)
  • 新世紀GPXサイバーフォーミュラ
  • 銀河漂流バイファム
  • ママは小学4年生
  • GUNDAM EVOLVE 5
  •  |  富野作品感想 | 富野由悠季関連 | 井荻麟関連 | 富野情報 | 富野雑談 | レビュー | ブログ運営 | 日常話 | 未分類 | 給華文讀者 | Gのレコンギスタ | 
    Copyright(C) 2007All Rights Reserved. TOMINOSUKI / 富野愛好病
    Powered by FC2ブログ.
    template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.