富野由悠季監督とその作品をひたすら語るブログ

TOMINOSUKI / 富野愛好病
http://kaito2198.blog43.fc2.com/

プロフィール

kaito2198

Author:kaito2198
台湾人。
ただのファンです。

twitterは@kaito2198です。

仕事やブログ関係のご連絡は
kaito2198@hotmail.comまでお願いします。

給華文圈之富野由悠季愛好者的一些話
關於本站文章的轉載聲明

富野監督関連資料一覧

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

グーバーウォーク

今日は読書日

2009/03/11 21:54|未分類TRACKBACK:0COMMENT:2
このエントリーを含むはてなブックマーク はてなブックマーク - 今日は読書日
 大した内容もないのに、ただただ厚いだけのガンダムエースもそれなり積んでいて、いい加減ウザイですので、さっきは手持ちのダムエーを全部バラして、必要な記事だけを切り抜いて、ほかは全部捨てちゃった。すっきりすっきり。

 一番目当ての『教えてください。富野です。』と『トミノの出来方』の保存は当然なこととして、ほかに残したものといったら、大河原ファクトリーと原点継承のポスターくらいしかないです。あと、福井インタビューや安彦レポートなど本当は自分にとってはいらないものですけど、なんかそのまま捨てるのも勿体無いから、一応切り抜きました。ほかの内容は本当に意味不明なものばかりなので(もちろん面白いヤツもあるけど)、作家さんに申し訳ないけど、全部処分しました。まあ、元々『教えてください。富野です。』と『トミノの出来方』のために買った本ですから、そんなに痛くもないけどね。

 で、今回処分した分は2007年9月号、2008年3月号、2008年7月号、2008年8月号、2009年9月号、2008年11月号、2009年1月号、2009年3月号、あと台湾版の2008年3月号、2008年4月号。『トミノの出来方』を載ってる2008-11、2009-1、2009-3、あと台湾版の二冊は定価買い以外、ほかは全部安売りの際に買ってたもの。台湾版のヤツも買ったのは、いうまでもなく去年の富野由悠季台湾講演のためですが、4月号には台湾角川独占インタビューがあるからまだいいのですが、3月号は本当に損しました。何せ表紙には「富野由悠季監督講演情報大公開」をデカデカ書いてあったのに、実際の記事はわずか1/3ページしかありません。「詐欺だ!」と思わず喚きたくなるけど、まあ自分の迂闊ということにして、富野監督の写真だけ切り取った。

 そうそう、あの小説『ユニコーン』も一応残しています。ガノタでも福井ファンでもありませんから、まったく興味ないけど、連載以来一度も読んだことないから、果たしてどんなもんなのか、としばらく残すことにした。今は読んでる最中です。…とはいえ、もうすでに半分以上を読んでしまったが、はっきりいって、福井ファンがよくもこんなモノを面白いと思うなんて、本当不思議でした。ただただクドイ言い回しと形容表現に箸にも棒にも引っかからない心情描写を加えて、ありきたりのストーリー展開、テンプレに則る人物造型、ファンサービスのための連続のオマージュと懐かしいキャラ。そして何よりテンポが作ってない。こんなのがいいとは、非常に失礼なのですが、口が裂けても、とても言えません。

 こんなのじゃ読む必要ですらないのですが、なんとか違和感を覚えてる部分を取り出して、富野小説の描写と比較できるかどうかの努力は、いまはしています。別に比較する必要がないですし、比較したところでどうしょうもないのですが、今、それをやりたいのが今日がつけたばかりの目標なのです。


コメント
このコメントは管理人のみ閲覧できます
#|2009/03/13(金) 00:23 [ 編集 ]
コメントありがとうございます。この記事は感情任せで書いたものですから、批判はあるんだけれど、批評が含まれていないことについて、いまは反省しています。いまは、自分の意見をもっと具体的な形にして、「批評」っていう形にするように努力しています。
福井氏の富野監督へのリスペクトは、承知しています。福井さんの作風も全部ではありませんけど何冊を読んだことありましたから、通りすがりさんほどではないだろうけど、一応知ってるつもりです。正直、クドイと感じてます、それほど悪いとは思いませんし、すごく丁寧な書き方だと思います。ですから、好きってほどじゃないけど、少なく負の感情は抱いていません。

ですが、ユニコーンは違うのです。福井氏の長台詞、ディテールに富む説明は、この中途半端に知られている作品においては、ほとんど劇世界にフィットバックしていません。
どういうことかというと、『ユニバーサルセンチュリー』を舞台にしてる作品が一番直面している難題は、まさにどうしてもさまざまな既存印象を抱かざるをえない上に、その話の独自な物語を展開しなければなりませんこと。
そうすると、なまじの速度感、なまじのテンポでは、果たして既存のものを振りほどけるかと聞かれたら、それは、もちろん「できません」としか答えません。そこらへんについて、福井氏が一体ガンダムの引力から逃げれたのかどうかは、残念ながら、あともうちょっと一歩という感じが、今回ユニコーンを読んだ感想です。
そういう意味では、福井氏の技量の問題とかじゃなくて、ガンダムはそれだけやっかいなものだと思っています。

それから、キャラとストーリーのテンプレについては、もう作家個人の趣味みたいなもんですから、別にいけないとは言ってませんけど、作家であるには、自分のテンプレを突破するのも…贅沢でいえば義務だと思っています。
もちろん、それができなくとも作家と呼べるほど凄い作家さんもいるのですが、少なく自分はああいうタイプを好きじゃないのです。

心情描写については、それはもう読者の好みさまざまですが、ユニコーンの場合は、自分では「ガンダムらしくない」と思っています。じゃ何がガンダムらしいと聞かれても困っていますが、一つの基準を上げますと、富野監督が書いた一連の小説を参考にしていただければ大丈夫だと思います。
富野監督の小説の心情描写はどんなもんなのか、それは、絶えず状況判断と自己確認を混ぜていて、話の展開と一緒に綿密にどんどん流れてゆくもの。
http://kaito2198.blog43.fc2.com/blog-entry-315.html
ここにはホンの少しの文章しかありませんけど、大体こういう感じです。ご参考になれると幸いですが…。
もちろん、富野監督にマネをする必要はないのですが、あえて比べようとすると、その技量は富野監督に一段と劣っている、というのが自分の感想です。

あと、ファンサービスは度をすぎると、かえって白けちゃうという意見は、ネットでもポチポチ見られますので、ここでは割愛します。

それから、こんな無礼な私に対しては、終始富野監督を「富野さん」と呼んで頂いた点については、本当に感謝しています。お礼を申し上げます。
kaito2198 #L2WcHO2o|2009/03/13(金) 01:24 [ 編集 ]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURLはこちら
http://kaito2198.blog43.fc2.com/tb.php/372-c3f28402

ブログ内検索

なんとなく富野商品

リンク

このブログをリンクに追加する

カテゴリー

まともに機能しなくてすみません。これからゆっくりペースで直します。

RSSフィード

FC2カウンター

富野監督作品一覧

  • 海のトリトン
  • しあわせの王子
  • 勇者ライディーン
  • ラ・セーヌの星
  • 無敵超人ザンボット3
  • 無敵鋼人ダイターン3
  • 機動戦士ガンダム
  • 伝説巨神イデオン
  • 機動戦士ガンダム(劇場版)
  • 機動戦士ガンダムⅡ 哀戦士編
  • 戦闘メカ ザブングル
  • 機動戦士ガンダムⅢ めぐりあい宇宙編
  • 伝説巨神イデオン・接触篇 -A CONTACT-
  • 伝説巨神イデオン・発動篇 -Be Invoked-
  • 聖戦士ダンバイン
  • ザブングル グラフィティ
  • 重戦機エルガイム
  • 機動戦士Zガンダム
  • 機動戦士ガンダムZZ
  • 機動戦士ガンダム 逆襲のシャア
  • 機動戦士ガンダムF91
  • 機動戦士Vガンダム
  • 闇夜の時代劇 正体を見る
  • バイストンウェル物語 ガーゼィの翼
  • ブレンパワード
  • ∀ガンダム
  • 劇場版∀ガンダムⅠ 地球光
  • 劇場版∀ガンダムⅡ 月光蝶
  • OVERMAN キングゲイナー
  • 機動戦士Ζガンダム A New Translation -星を継ぐ者-
  • 機動戦士ΖガンダムⅡ A New Translation -恋人たち-
  • リーンの翼
  • 機動戦士ΖガンダムⅢ A New Translation -星の鼓動は愛-
  • RING OF GUNDAM
  • ガンダム Gのレコンギスタ
  • 富野参加作品一覧

  • 鉄腕アトム
  • 戦え!オスパー
  • リボンの騎士
  • 巨人の星
  • アニマル1
  • 夕やけ番長
  • 海底少年マリン
  • どろろ
  • 紅三四郎
  • 巨人の星対鉄腕アトム
  • おらぁグズラだど
  • 男一匹ガキ大将
  • ムーミン
  • シートン動物記
  • 赤き血のイレブン
  • アタックNo.1
  • あしたのジョー
  • 男ドアホウ!甲子園
  • 昆虫物語 みなしごハッチ
  • さすらいの太陽
  • 天才バカボン
  • ふしぎなメルモ
  • 新・オバケのQ太郎
  • 国松様のお通りだい
  • いなかっぺ大将
  • 正義を愛する者 月光仮面
  • アニメ・ドキュメント ミュンヘンのへの道
  • モンシェリCoCo
  • ハゼドン
  • ど根性ガエル
  • けろっこデメタン
  • ワンサくん
  • 山ねずみロッキーチャック
  • 侍ジャイアンツ
  • 新造人間キャシャーン
  • アルプスの少女ハイジ
  • ゼロテスター
  • 昆虫物語 新みなしごハッチ
  • 小さなバイキングビッケ
  • 宇宙戦艦ヤマト
  • 破裏拳ポリマー
  • フランダースの犬
  • 母をたずねて三千里
  • アンデス少年ペペロの冒険
  • 超電磁ロボ コン・バトラーV
  • ゴワッパー5 ゴーダム
  • ろぼっ子ビートン
  • あらいぐまラスカル
  • 合身戦隊メカンダーロボ
  • 超電磁マシーン ボルテスV
  • シートン動物記 くまの子ジャッキー
  • ヤッターマン
  • ペリーヌ物語
  • 闘将ダイモス
  • 未来少年コナン
  • とびだせ!マシーン飛竜
  • まんが日本昔ばなし
  • 宇宙魔神ダイケンゴー
  • 赤毛のアン
  • 科学忍者隊ガッチャマンⅡ
  • ザ・ウルトラマン
  • 宇宙大帝ゴッドシグマ
  • ルパン三世(TV第2シリーズ)
  • 新世紀GPXサイバーフォーミュラ
  • 銀河漂流バイファム
  • ママは小学4年生
  • GUNDAM EVOLVE 5
  •  |  富野作品感想 | 富野由悠季関連 | 井荻麟関連 | 富野情報 | 富野雑談 | レビュー | ブログ運営 | 日常話 | 未分類 | 給華文讀者 | Gのレコンギスタ | 
    Copyright(C) 2007All Rights Reserved. TOMINOSUKI / 富野愛好病
    Powered by FC2ブログ.
    template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.