富野由悠季監督とその作品をひたすら語るブログ

TOMINOSUKI / 富野愛好病
http://kaito2198.blog43.fc2.com/

プロフィール

kaito2198

Author:kaito2198
台湾人。
ただのファンです。

twitterは@kaito2198です。

仕事やブログ関係のご連絡は
kaito2198@hotmail.comまでお願いします。

給華文圈之富野由悠季愛好者的一些話
關於本站文章的轉載聲明

富野監督関連資料一覧

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

グーバーウォーク

富野ガンダムキャラ年齢脳内適正その① ファーストガンダム編

2012/08/21 22:36|富野作品感想TRACKBACK:0COMMENT:6
このエントリーを含むはてなブックマーク はてなブックマーク - 富野ガンダムキャラ年齢脳内適正その① ファーストガンダム編
 これはアニメではよく知られている現象なんですけど、アニメのなかの人物の年齢、つまりいわゆるアニメ年齢ってヤツは、よく人物の実際年齢より数歳若いと設定されています。実際、設定年齢は確かに一種のポーズとして機能しているため、一見いかにも劇中の話と乖離している年の設定でも、掴みとしてその効用を発揮していることも多いです。
 
とはいいものの、今回は一切難しい話がしません。自分の脳内ガンダム人物の年齢と時間を話してみたいです。


第1回 機動戦士ガンダム:
今となって、「1年戦争」はもうすっかり公式設定になってしまったが、ぶっちゃけそれがありえないな。機体開発云々抜きでも、ホワイトベースクルーたちが経ってた経験は体感として4ヶ月はどうしても無理があるため、自分のなかでは1年くらいとなっている。

アムロ
「青少年」というカテゴリのなかにいれば、はっきり言って設定年齢の15歳よりもっと上でもかまわないため、自分のなかでは18歳となっている。

シャア
設定年齢は20歳。士官学校卒業で、戦場で数々の戦績を挙げて、「赤い彗星」という異名をも獲得したピークにいる若手という感じなので、25歳

ブライト
設定年齢は19歳だが、新米士官ながらも突然艦長代理に任されて、いつも神経過敏になってるところから見れば、連邦とジオンの差を抜きにしても、シャアほど経験があるとは思えないから、大体23歳くらいかな。

ミライ
設定年齢は18歳。歳はブライトとたぶん近いから、22、3歳くらい。ミライやブライトみたいな年は現実でいえばまだまだ青いですが、「青少年」のアムロから見れば「青年」の彼らはもう十分「大人」だから、これくらいの年齢差はあってもいいと思う。

セイラさん
設定年齢は17歳。聡明で高貴な金髪さんは、アムロとミライの間にいる年くらいだから、20歳は適正。

カイ
設定年齢は実はアムロよりも2歳年上の17歳だが、アムロと同じでいいだろうから18歳

ハヤト
まあアムロと同じくらい18歳でいいよ。つかこいつはアムロの対照組だからな。

フラウ
彼女の半端じゃない無防備さはさすがにアムロと同歳と信じがたい。ある意味珍しく設定年齢と近いキャラ。だが15歳はさすがにちょっとアムロの18歳とかけ離れてるからギリギリ世間(男?)知らずでも許される16歳にしよう。

カツ・レツ・キッカ
全部5歳くらい。カツだけ年が下がったが、その成長する姿を見るとね…。

リュウ
ブライトよりもうちょっと新米だったから22歳

ララァ
設定年齢17歳。若い年で色々経って達観になっちゃってる彼女は、17、8歳だろうと言いたいけど、面倒くさいからアムロの18歳でもかまわない。

ランバ・ラル
この人の設定年齢は確か35歳かな?ありえないな。スタッフたちの理想的なオヤジタイプな人ですから、45歳くらいにしてもらわないと困るな。

ハモンさん
なんと設定年齢不明。成熟女性の色香が漂う彼女は、まったく同等ではなく、ラルを慕う感じもありますので、ちょっと年を離れてるほうが正解かもしれないので、35歳

ギレン・ザビ
設定年齢35歳。ヒトラーをモデルにしている彼は、まあ50歳でいいよな。政治家だし。

ドズル・ザビ
設定年齢28歳。たとえ設定年齢でどう言われようと、こいつは僕の脳内では40歳に決まっている。ガチガチの軍人だから晩婚もありえるが、それ以上遅くなったらさすがに困るので、40代の初頭にした。

キシリア・ザビ
設定年齢24歳!あの辣腕さから見ても、あの顔から見ても、20代…いや30代前半でも歴然とした年齢詐欺だから、30代後半…いや、37歳だろう。実際彼女はどこかシャアを気にしている節がありますが、個人の経験で一言言ってもらうと、あの年の女性でも十分ありえることですよ?

ガルマ・ザビ
設定年齢はシャアと同じ20歳なので、ここでは25歳にする。この年でも十分坊やだからさ。

デギン・ザビ
設定年齢62歳だが、政治においてまったく穏健派であることと、末子を溺愛するようなので、たぶん50代後半得た子に違いない。ゆえに、78歳(ギレンを生んだ歳も考慮すると)。

マチルダさん
設定年齢は不明。(青少年的な意味で)おばさんにならない29歳。これとても重要。


 あくまで自分のなかではあるが、こういう形にすると、あの話もかなり合理的になるんじゃないのか、と思っていますけどね。まあ、年齢に対する感度は時代性もありますから、一概とはいえませんが。





コメント
こんにちは~。今回の話面白く全て納得です。

さて、最近?実年齢と見た目の違いについて、現実世界で考える。割と40代や30代の人とかって平気で10歳位サバ読みオッケーだし、実際そうみえる。日本人の幼稚化!!と叱って下さい(笑)
だけどその元にある、各々個人の40代30代のイメージってどこからくるのか...
まあ大概老けているわけですが...
自分の母親からのイメージかな?

お坊ちゃんは見た目年齢どうりかな?元気過ぎるけどね(笑)

それとミライさんは是非二つ上の姉さん女房でよろしく~。
だから坊ちゃんは... #-|2009/02/23(月) 12:33 [ 編集 ]
思わぬところから貴客がいらしてくださって、嬉しゅうございます。「朋、遠方より来たるあり、亦楽しからずや」とは、まさにこういうことですな。

さて、その「あるべき大人の姿」はどこから来るものといわれたら、やはり両親の世代くらいですよね。私の父なんかは日本の定義でいうと団塊世代の人ですが、実際の社会像は日本とかけ離れてた部分もありますので、一概にはいえませんけど、一言でいうと…「家を背負って、家族を養ってくれる人たち」なんじゃないでしょうかね。いや、社会に対する役割などを含めて、無責任の部分もあるかもしれませんけど、それでも、あの背中を見て育てられたのは、ある意味本当に幸せなものだと思いますね。実際、自分があの世代に比べて、いろいろお利口さんになってる部分もいろいろあると自覚してますが、事業など上の世代を超える部分を掴んでいる今でも、どうしても坊ちゃん気質を捨てないままで年をとる感じがありますよ。まあ、ランバ・ラルになれなくても、シャア・アムロレベルでもいいかな?という心構えでがんばりますね。

それと、ミライさんですね…。ブライドと同年代ってのは間違いないのですが、わずかですがブライドに甘えたい気分からしたら、正直いままで年上ってのはちょっと考えたことないですね。それに、戦前本格に社会的な地位を持ってカムランと付き合ったことない、またスレッガーさんに割と本気に惚れてる部分から見ても、社会に出て2~3年の女性より、もうちょっと経験が少ないような気がしますので、たぶんブライドと同じくらいなんじゃないのかな? あと、ブライドも彼女に対して奥手ながら年下気分(富野作品の年下男ならきっと発揮するアレです)を丸出ししないし、確かブライドの設定年齢はミライより一歳年上だったことから見れば、非常に難しいけれど、やはり年下かもしれませんというのは、私の意見ですね。

補足:監察官というそれなりの役職を務めているカムランは25~6歳。スレッガーさんはマチルダさんと同じやり手連邦士官で、ギリギリ29歳くらい。
kaito2198 #L2WcHO2o|2009/02/23(月) 14:53 [ 編集 ]
あ、それに、あのリュウさんより年上のミライさんは、さすがにちょっとアレですしね。
kaito2198 #L2WcHO2o|2009/02/23(月) 14:58 [ 編集 ]
若いと言うよりも幼いと思われる30代日本人男です。
自身含め、困ったものです。

拝読しましたが私の印象もほぼkaitoさんと同じですね。

ただ、ラルがギレンより年下というところは私は反対に思ってました。
子供の時のセイラとかシャアとラルとの描写ではどのくらいでしたっけ?
(すぐに思い出せない…)

ハモンがギレンのお下がりというような噂(?)なので
ギレンの方がラルよりも上の方が自然な感じもしますが、
屈辱的には(なんだそりゃ)ギレンの方が下の方がいいかなぁとか思ったり。

というかジオン側の設定年齢は(シャアやガルマを除いて)ひどすぎですねぇ…。
まそきぃ〜 #-|2012/08/22(水) 12:30 [ 編集 ]
ラルはギレンとの関係性で考えていませんでした。
自分が意識したのはあくまでハモンとの熟年カップル、それから「皆の親父さん」というイメージでしたので、
40代のほうがいいじゃないのかなと思いました。
ラルは確かキャスバル坊やの時代では青年だったので、このくらいの年齢差はあるんだろうなと。

つかこのシリーズはまだまだ続くわけですが、こうして反応を得られてとても嬉しいです。
kaito2198 #L2WcHO2o|2012/08/22(水) 15:47 [ 編集 ]
冨野総監督のガンダムのでジオンって世代の違いが出てるような、もともとサイド3って単なる行政単位だったのから自治政府としてジオン公国になっていくわけで、初期の警備隊出身のランバ・ラルとかと士官学校を出たシャアの世代とはえらい違いかと
森 和正 #4ph23zis|2017/08/17(木) 01:27 [ 編集 ]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURLはこちら
http://kaito2198.blog43.fc2.com/tb.php/353-9e2a4314

ブログ内検索

なんとなく富野商品

リンク

このブログをリンクに追加する

カテゴリー

まともに機能しなくてすみません。これからゆっくりペースで直します。

RSSフィード

FC2カウンター

富野監督作品一覧

  • 海のトリトン
  • しあわせの王子
  • 勇者ライディーン
  • ラ・セーヌの星
  • 無敵超人ザンボット3
  • 無敵鋼人ダイターン3
  • 機動戦士ガンダム
  • 伝説巨神イデオン
  • 機動戦士ガンダム(劇場版)
  • 機動戦士ガンダムⅡ 哀戦士編
  • 戦闘メカ ザブングル
  • 機動戦士ガンダムⅢ めぐりあい宇宙編
  • 伝説巨神イデオン・接触篇 -A CONTACT-
  • 伝説巨神イデオン・発動篇 -Be Invoked-
  • 聖戦士ダンバイン
  • ザブングル グラフィティ
  • 重戦機エルガイム
  • 機動戦士Zガンダム
  • 機動戦士ガンダムZZ
  • 機動戦士ガンダム 逆襲のシャア
  • 機動戦士ガンダムF91
  • 機動戦士Vガンダム
  • 闇夜の時代劇 正体を見る
  • バイストンウェル物語 ガーゼィの翼
  • ブレンパワード
  • ∀ガンダム
  • 劇場版∀ガンダムⅠ 地球光
  • 劇場版∀ガンダムⅡ 月光蝶
  • OVERMAN キングゲイナー
  • 機動戦士Ζガンダム A New Translation -星を継ぐ者-
  • 機動戦士ΖガンダムⅡ A New Translation -恋人たち-
  • リーンの翼
  • 機動戦士ΖガンダムⅢ A New Translation -星の鼓動は愛-
  • RING OF GUNDAM
  • ガンダム Gのレコンギスタ
  • 富野参加作品一覧

  • 鉄腕アトム
  • 戦え!オスパー
  • リボンの騎士
  • 巨人の星
  • アニマル1
  • 夕やけ番長
  • 海底少年マリン
  • どろろ
  • 紅三四郎
  • 巨人の星対鉄腕アトム
  • おらぁグズラだど
  • 男一匹ガキ大将
  • ムーミン
  • シートン動物記
  • 赤き血のイレブン
  • アタックNo.1
  • あしたのジョー
  • 男ドアホウ!甲子園
  • 昆虫物語 みなしごハッチ
  • さすらいの太陽
  • 天才バカボン
  • ふしぎなメルモ
  • 新・オバケのQ太郎
  • 国松様のお通りだい
  • いなかっぺ大将
  • 正義を愛する者 月光仮面
  • アニメ・ドキュメント ミュンヘンのへの道
  • モンシェリCoCo
  • ハゼドン
  • ど根性ガエル
  • けろっこデメタン
  • ワンサくん
  • 山ねずみロッキーチャック
  • 侍ジャイアンツ
  • 新造人間キャシャーン
  • アルプスの少女ハイジ
  • ゼロテスター
  • 昆虫物語 新みなしごハッチ
  • 小さなバイキングビッケ
  • 宇宙戦艦ヤマト
  • 破裏拳ポリマー
  • フランダースの犬
  • 母をたずねて三千里
  • アンデス少年ペペロの冒険
  • 超電磁ロボ コン・バトラーV
  • ゴワッパー5 ゴーダム
  • ろぼっ子ビートン
  • あらいぐまラスカル
  • 合身戦隊メカンダーロボ
  • 超電磁マシーン ボルテスV
  • シートン動物記 くまの子ジャッキー
  • ヤッターマン
  • ペリーヌ物語
  • 闘将ダイモス
  • 未来少年コナン
  • とびだせ!マシーン飛竜
  • まんが日本昔ばなし
  • 宇宙魔神ダイケンゴー
  • 赤毛のアン
  • 科学忍者隊ガッチャマンⅡ
  • ザ・ウルトラマン
  • 宇宙大帝ゴッドシグマ
  • ルパン三世(TV第2シリーズ)
  • 新世紀GPXサイバーフォーミュラ
  • 銀河漂流バイファム
  • ママは小学4年生
  • GUNDAM EVOLVE 5
  •  |  富野作品感想 | 富野由悠季関連 | 井荻麟関連 | 富野情報 | 富野雑談 | レビュー | ブログ運営 | 日常話 | 未分類 | 給華文讀者 | Gのレコンギスタ | 
    Copyright(C) 2007All Rights Reserved. TOMINOSUKI / 富野愛好病
    Powered by FC2ブログ.
    template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.