富野由悠季監督とその作品をひたすら語るブログ

TOMINOSUKI / 富野愛好病
http://kaito2198.blog43.fc2.com/

プロフィール

kaito2198

Author:kaito2198
台湾人。
ただのファンです。

twitterは@kaito2198です。

仕事やブログ関係のご連絡は
kaito2198@hotmail.comまでお願いします。

給華文圈之富野由悠季愛好者的一些話
關於本站文章的轉載聲明

富野監督関連資料一覧

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

グーバーウォーク

TORNADO BASEの麻上洋子氏インタビュー

2009/02/17 00:17|富野由悠季関連TRACKBACK:0COMMENT:0
このエントリーを含むはてなブックマーク はてなブックマーク - TORNADO BASEの麻上洋子氏インタビュー
 自分用メモも兼ねて、今日は軽く更新するだけ。

 ネット巡回をしたら、TORNADO BASEでの麻上洋子氏インタビューを発見しました。ちょうど去年初、アニメ夜話『伝説巨神イデオン』前のインタビューなので、話はちょっと夜話で語った富野監督像と被ったりもしたが、それでもかなり興味深い部分があります。

──(ヤマトの)最初の放映が終了したあとで、じわじわっとブームが高まっていきましたよね? そういう人気の上がり方は、どう感じてました?

麻上 嬉しかったですよ。多くの人に観てもらえて。

──声優さんへのインタビューとかも、『ヤマト』が走りだったと思いますけど。

麻上 わたしより20年も先にやってる納谷さんたちには、多分、「こんなこと初めてだ」って驚きはあったと思いますよ。でもわたしは最初だったから、以前との比較はあんまりないんですよ。

──キャラクターの人気なのか、自分の人気なのか、不安になったりはしませんでした? 

麻上 あっ、そりゃキャラクターの人気ですよ。

──でも麻上さん自身のファンも、そこで生まれましたよね?

麻上 それも、『ヤマト』の森雪がなかったらないことだし。たとえば『伝説巨神イデオン』(※22)で、富野由悠季(※23)さんがハルル・アジバ(※24)っていう、すごいコワモテの女性にキャスティングしてくださったけど、それも雪あってこそなんですよ。「森雪の人にハルルをやらせたい」って。振り返れば、原点にはやっぱり雪がいるんです。わたしは演技を広げる意味でも、いつも雪みたいな役ばかりふられるのは嫌だという思いがあったから、ハルル役は嬉しかったですね。でもそれからが七転八倒。自分の中にこういう怖い声を出せる資質があるのかって、すごく戦いました。それを全部見抜いてやらせた富野さんは、偉いなって思います。あの時代は、そういう才能のある人がワッといたのね。

 総監督であるなら、役者の力を見抜くのはある意味当然のことですが、ここで面白いのは、ハルル役に選ばれたのは、「森雪ありき」ということです。声優の選び方は当然十人十色ですが、あえてハルル⇔森雪というギャップを越えて起用するのは、普通なら想像できないし、しない選択はずです。だから、逆にいえば、富野のなかでは、ハルルと森雪はギャップがなく、まったくドッキングしちゃった二人と言えるかもしれません。つまり、ハルルは強情のフリに、実は森雪の心を持っている女性だったのだ!と、いう解釈も、たぶんできるじゃない?

 あと、気になるのはTORNADO BASEの微妙に富野ファンなところ。富野ならば:

※23 富野由悠季
1941年生まれ。日本を代表するアニメ監督のひとり。かつては富野喜幸名義を用いていた。『機動戦士ガンダム』、『伝説巨神イデオン』、『聖戦士ダンバイン』など、代表作多数。西崎義展プロデュースによる『海のトリトン』も、富野監督の演出による。小説家としても多数の作品を発表、その代表作としては、『リーンの翼』、『オーラバトラー戦記』などがある。


 湖川さんならば:

※26 湖川友謙
1950年生まれ。東京ムービー、タツノコプロを経て、77年からは東映系、日本サンライズ双方で活躍。『伝説巨神イデオン』、『聖戦士ダンバイン』などのキャラクターデザインで知られ、『ヤマト』シリーズでは、湖川滋の旧名で、映画『さらば宇宙戦艦ヤマト』の作画監督を務めた。


 麻上さんが演じたハルルの紹介は:

※24 ハルル・アジバ
麻上さんが演じたハルルは、『イデオン』のヒロイン・カララ(声は戸田恵子が担当)の姉という役どころである。軍人の家系に生まれ、男勝りな女傑として育ったが、愛する男と結ばれて女としての幸福を手に入れた妹に嫉妬し、みずから妹を殺害する。そんな業の深いキャラを、麻上さんは見事に熱演した。


 そのイデオンについては:

※22 『伝説巨神イデオン』
1980年に放映された、日本サンライズ(現・サンライズ)制作のロボットアニメ。同じ富野由悠季監督による『機動戦士ガンダム』の大ヒットを受けて映画化もされたが、哲学的で難解な内容だったこともあり、『ガンダム』ほどはヒットしなかった。が、本作こそは『ガンダム』以上に、富野監督の代表作と呼ぶにふさわしいと主張するファンも少なくない。


 そして、何よりこれです:

※13 『ゼロテスター』
『ヤマト』本放送の前年、1973年に放映された、東北新社・創映社(現・サンライズ)制作のSFアニメ。富野由悠季、安彦良和、高橋良輔など、のちにサンライズ・ロボットアニメの黄金期を支えた人材が、スタッフとしてこの作品にも参加していた。声の担当は、吹雪シン:神谷明、荒石ゴウ: 中尾隆聖、リサ:麻上洋子、ヤン:八代駿、ヒロシ:小原乃梨子、剣持キャプテン:広川太一郎

 しかし、↑の監督は確か高橋だよね?


コメント
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURLはこちら
http://kaito2198.blog43.fc2.com/tb.php/345-63ddc5dd

ブログ内検索

なんとなく富野商品

リンク

このブログをリンクに追加する

カテゴリー

まともに機能しなくてすみません。これからゆっくりペースで直します。

RSSフィード

FC2カウンター

富野監督作品一覧

  • 海のトリトン
  • しあわせの王子
  • 勇者ライディーン
  • ラ・セーヌの星
  • 無敵超人ザンボット3
  • 無敵鋼人ダイターン3
  • 機動戦士ガンダム
  • 伝説巨神イデオン
  • 機動戦士ガンダム(劇場版)
  • 機動戦士ガンダムⅡ 哀戦士編
  • 戦闘メカ ザブングル
  • 機動戦士ガンダムⅢ めぐりあい宇宙編
  • 伝説巨神イデオン・接触篇 -A CONTACT-
  • 伝説巨神イデオン・発動篇 -Be Invoked-
  • 聖戦士ダンバイン
  • ザブングル グラフィティ
  • 重戦機エルガイム
  • 機動戦士Zガンダム
  • 機動戦士ガンダムZZ
  • 機動戦士ガンダム 逆襲のシャア
  • 機動戦士ガンダムF91
  • 機動戦士Vガンダム
  • 闇夜の時代劇 正体を見る
  • バイストンウェル物語 ガーゼィの翼
  • ブレンパワード
  • ∀ガンダム
  • 劇場版∀ガンダムⅠ 地球光
  • 劇場版∀ガンダムⅡ 月光蝶
  • OVERMAN キングゲイナー
  • 機動戦士Ζガンダム A New Translation -星を継ぐ者-
  • 機動戦士ΖガンダムⅡ A New Translation -恋人たち-
  • リーンの翼
  • 機動戦士ΖガンダムⅢ A New Translation -星の鼓動は愛-
  • RING OF GUNDAM
  • ガンダム Gのレコンギスタ
  • 富野参加作品一覧

  • 鉄腕アトム
  • 戦え!オスパー
  • リボンの騎士
  • 巨人の星
  • アニマル1
  • 夕やけ番長
  • 海底少年マリン
  • どろろ
  • 紅三四郎
  • 巨人の星対鉄腕アトム
  • おらぁグズラだど
  • 男一匹ガキ大将
  • ムーミン
  • シートン動物記
  • 赤き血のイレブン
  • アタックNo.1
  • あしたのジョー
  • 男ドアホウ!甲子園
  • 昆虫物語 みなしごハッチ
  • さすらいの太陽
  • 天才バカボン
  • ふしぎなメルモ
  • 新・オバケのQ太郎
  • 国松様のお通りだい
  • いなかっぺ大将
  • 正義を愛する者 月光仮面
  • アニメ・ドキュメント ミュンヘンのへの道
  • モンシェリCoCo
  • ハゼドン
  • ど根性ガエル
  • けろっこデメタン
  • ワンサくん
  • 山ねずみロッキーチャック
  • 侍ジャイアンツ
  • 新造人間キャシャーン
  • アルプスの少女ハイジ
  • ゼロテスター
  • 昆虫物語 新みなしごハッチ
  • 小さなバイキングビッケ
  • 宇宙戦艦ヤマト
  • 破裏拳ポリマー
  • フランダースの犬
  • 母をたずねて三千里
  • アンデス少年ペペロの冒険
  • 超電磁ロボ コン・バトラーV
  • ゴワッパー5 ゴーダム
  • ろぼっ子ビートン
  • あらいぐまラスカル
  • 合身戦隊メカンダーロボ
  • 超電磁マシーン ボルテスV
  • シートン動物記 くまの子ジャッキー
  • ヤッターマン
  • ペリーヌ物語
  • 闘将ダイモス
  • 未来少年コナン
  • とびだせ!マシーン飛竜
  • まんが日本昔ばなし
  • 宇宙魔神ダイケンゴー
  • 赤毛のアン
  • 科学忍者隊ガッチャマンⅡ
  • ザ・ウルトラマン
  • 宇宙大帝ゴッドシグマ
  • ルパン三世(TV第2シリーズ)
  • 新世紀GPXサイバーフォーミュラ
  • 銀河漂流バイファム
  • ママは小学4年生
  • GUNDAM EVOLVE 5
  •  |  富野作品感想 | 富野由悠季関連 | 井荻麟関連 | 富野情報 | 富野雑談 | レビュー | ブログ運営 | 日常話 | 未分類 | 給華文讀者 | Gのレコンギスタ | 
    Copyright(C) 2007All Rights Reserved. TOMINOSUKI / 富野愛好病
    Powered by FC2ブログ.
    template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.