富野由悠季監督とその作品をひたすら語るブログ

TOMINOSUKI / 富野愛好病
http://kaito2198.blog43.fc2.com/

プロフィール

kaito2198

Author:kaito2198
台湾人。
ただのファンです。

twitterは@kaito2198です。

仕事やブログ関係のご連絡は
kaito2198@hotmail.comまでお願いします。

給華文圈之富野由悠季愛好者的一些話
關於本站文章的轉載聲明

富野監督関連資料一覧

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

グーバーウォーク

富野作品のオープニング、エンディングと絵コンテ(6)

2008/11/23 11:40|富野由悠季関連TRACKBACK:0COMMENT:0
このエントリーを含むはてなブックマーク はてなブックマーク - 富野作品のオープニング、エンディングと絵コンテ(6)
関連記事:
■富野作品のオープニング、エンディングと絵コンテ(1)(トリトン~ダイターン)
■富野作品のオープニング、エンディングと絵コンテ(2)(ガンダム~ザブングル)
■富野作品のオープニング、エンディングと絵コンテ(3)(ダンバイン~Zガンダム)
■富野作品のオープニング、エンディングと絵コンテ(4)(ガンダムZZ~Vガンダム)
■富野作品のオープニング、エンディングと絵コンテ(5)(ブレンパワード~∀ガンダム)


一気に完結したいが、今日は忙しいのでキンゲだけ。

OVERMANキングゲイナー

オープニング:コンテ―富野由悠季、演出―森邦宏
ここに至って、いままでの富野と一番違うのは、富野にしては何のひねりも無い。
本編もそうだけど、このオープニングの映像と歌詞が特にそう。
歌詞もそのまま感じを出てる感じで、
『イデオン』とかと違うのは、『コスモスに君と』そのものはドラマなのに、
この『キングゲイナー・オーバー』はドラマじゃない。全然ドラマをしてない。
なので、富野オープニングの一つの到達点と言えるかもしれません。
残念なのは、この作品以後まだ新しい富野テレビシリーズがないため、比べようがないが、
それでもかなりパワフルで単純明快、非常に面白いものだと思う。

さて、前の記事でも言ったが、
白富野のオープニング(=映像+歌詞)の一つ大きな特徴は、
世界観を触れずに、方向付けだけに特化するところ。
で、このオープニングでどういう方向付けをしたのかというと、
もちろんモンキーダンスは決定的な役割を働いたが、
ゲイナーの成長話だってことも前半で遺憾なく発揮していた。
ところが、後半はモンキーダンスと共にコミカルになってあげく、
最後はまるでキングゲイナーこそ
主役(主役ロボットであらず)のようにピックアップして終わるのが、
あえて整合性を捨ててもそのはっちゃけっぷり(荒唐無稽)を表現したいのが見える。
かっこいい部分も注目すべきなのだが、
このOP本当の価値は、やはりそのコミカルなところなんだろうなといわざるを得ない。
(タイトルの下で踊るキンゲとバッハ・クロン、いっぱいなモンキーダンス、ゲイナーとサラ、
敵味方両方手を挙げるとか)

あと、もう一つ特筆なのは、このオープニングの演出処理は森邦宏氏が手掛けること。
演技そのものは大まか富野コンテからのものだが、
エフェクト、細かいタイミング合わせなどが森さんによって作られたもの。
おそらく前のOPEDも別の演出があると思うが、まあクレジットしてないから知らないが。
このオープニングについては、『キングゲイナー エクソダスガイド』では:

――OPの制作は第1話よりも後なのですよね?

森(邦宏) 第3話と並行して作業した記憶があります。内容は富野監督のコンテ(笑)に従うだけですけど、ああいう内容なので逆に真面目に作ったほうが面白くなると考えました。ただ背景はコンテにあまり細かい指示がなかったので、迷いながらも自由にやった部分です。サラとゲイナーが踊る最初のカットは河口(佳高PD)さんのアイデアをもとに背景を林にしたんですが、次のカットはコンテに銀河と支持されていたんで、そこがうまくつながるかどうかがちょっと心配で、BG(背景)をO・L(オーバーラップ)させようかとも思ったんです。でも、動きがつながっていたので、ラッシュを見たら違和感なく見れました。そういう意味では、アクションでカットうぃつなぐ富野フィルムのエッセンスが凝縮された部分といえるかもしれませんね。

――モンキーダンスはインパクトありますね。タイトル画面でも列車が踊っていますし。

森 列車が動くところは、よく「森がやった所だろう」と言われるんですけど、あれはちゃんとコンテに指定があったんですよ。「タイミング合わせて伸び縮みアクション」と。だから、あれは僕の仕業じゃありません(笑)。それからあのモンキーダンスには、参考用のビデオがあるんですよ。シナリオの淺川(美也)さんとその知り合いの方が踊っているもので、それを参考に真面目に作りました。あと、手を伸ばすカットは、最初はみんな一斉に手をあげていたんですが、吉田(健一)さんと相談して、それぞれバラバラに出すことにしました。中でも、ケジナンはやる気なさそうに手をあげるんじゃないの? と打ち合わせで指示をした記憶があります。

――第1話はシリアスなムードが全面に出ていますが、その後の明るいノリには戸惑いませんでしたか?

笹木(信作) 富野監督が第1話のラッシュを見てキャラクター一人一人に「こいつバカだねぇ」って笑ったりしていたんです。僕はそれが今ひとつ理解できなかったんですが、富野の監督の中ではすでにキャラクターの中に潜んだコメディのニュアンスがあったのかもしれません。(中略)第1話の作業が終わった頃かな?富野監督から「今回の参考になるので演出の人はぜひこの舞台を見に行ってほしい」という話があったんです。そこは「六本木金魚」という有名なショーパブで、歌あり、踊りあり、仕掛けありのショーをやっているんです。で、富野監督曰く「『キングゲイナー』はこんなふうにやりたいんだ」と。「こんなふうに言われても、どうやるんだ?」と思ったんですが、OPのコンテを見て「はは~ん」と納得しました。富野監督は人に説明しながら自分に言い聞かせているようなところもあるので、この頃は富野監督自身もシフト・チェンジしようとしていた時期なんだと思います。

――『キングゲイナー』は第3話以前と以後で雰囲気が違いますね。第2話の作業はどうでしたか?

宮地(昌幸) 第2話の作業がスタートする頃にOPの絵コンテが出来上がってきたんですけど、ぶっちゃけて言って、最初は失笑というか、「これでいいの?」という印象でした。ずっと第1話の作業を勉強を兼ねて手伝っていたんで、頭がかなりシリアス寄りになっていたんです。そこで頭の切り替えが早かったのは吉田さんでした。


御覧の通り、このオープニングはスタッフに与える衝撃もかなり大きいのようで、
この部分から見れば、実に『ブレンパワード』のオープニングに通じるものがある。
つまり外部(観客)への功能も内部(スタッフ)への功能も一緒に内包してるような作り。
もしかしたら、これこそ白富野が黒時代の若手育成と一番違うところかもしれません。


エンディング:斧谷稔
これは珍しく富野自身が演出処理を行うもので、成果は見ての通り、
使いまわしのカットとトメ絵だけで、あれだけリズムに乗ってるテンポがあるものが作れる。
どういう意味があるというと、おそらくまったく無いと思うけど、
とにかくかっこいいだろう^^? というようなエンディングでした。


さて、これで富野作品のオープニングは全部完了ですが、
富野のオープニング絵コンテはそれだけではありません。
そう、まだ「アレ」と「アレ」と「アレ」と「アレ」があります。
え?「アレ」と「アレ」はおそらく「アレ」と「アレ」だが、
もう二つの「アレ」はいったい……?というのは、明日の楽しみ^^。


コメント
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURLはこちら
http://kaito2198.blog43.fc2.com/tb.php/269-1a79f04b

ブログ内検索

なんとなく富野商品

リンク

このブログをリンクに追加する

カテゴリー

まともに機能しなくてすみません。これからゆっくりペースで直します。

RSSフィード

FC2カウンター

富野監督作品一覧

  • 海のトリトン
  • しあわせの王子
  • 勇者ライディーン
  • ラ・セーヌの星
  • 無敵超人ザンボット3
  • 無敵鋼人ダイターン3
  • 機動戦士ガンダム
  • 伝説巨神イデオン
  • 機動戦士ガンダム(劇場版)
  • 機動戦士ガンダムⅡ 哀戦士編
  • 戦闘メカ ザブングル
  • 機動戦士ガンダムⅢ めぐりあい宇宙編
  • 伝説巨神イデオン・接触篇 -A CONTACT-
  • 伝説巨神イデオン・発動篇 -Be Invoked-
  • 聖戦士ダンバイン
  • ザブングル グラフィティ
  • 重戦機エルガイム
  • 機動戦士Zガンダム
  • 機動戦士ガンダムZZ
  • 機動戦士ガンダム 逆襲のシャア
  • 機動戦士ガンダムF91
  • 機動戦士Vガンダム
  • 闇夜の時代劇 正体を見る
  • バイストンウェル物語 ガーゼィの翼
  • ブレンパワード
  • ∀ガンダム
  • 劇場版∀ガンダムⅠ 地球光
  • 劇場版∀ガンダムⅡ 月光蝶
  • OVERMAN キングゲイナー
  • 機動戦士Ζガンダム A New Translation -星を継ぐ者-
  • 機動戦士ΖガンダムⅡ A New Translation -恋人たち-
  • リーンの翼
  • 機動戦士ΖガンダムⅢ A New Translation -星の鼓動は愛-
  • RING OF GUNDAM
  • ガンダム Gのレコンギスタ
  • 富野参加作品一覧

  • 鉄腕アトム
  • 戦え!オスパー
  • リボンの騎士
  • 巨人の星
  • アニマル1
  • 夕やけ番長
  • 海底少年マリン
  • どろろ
  • 紅三四郎
  • 巨人の星対鉄腕アトム
  • おらぁグズラだど
  • 男一匹ガキ大将
  • ムーミン
  • シートン動物記
  • 赤き血のイレブン
  • アタックNo.1
  • あしたのジョー
  • 男ドアホウ!甲子園
  • 昆虫物語 みなしごハッチ
  • さすらいの太陽
  • 天才バカボン
  • ふしぎなメルモ
  • 新・オバケのQ太郎
  • 国松様のお通りだい
  • いなかっぺ大将
  • 正義を愛する者 月光仮面
  • アニメ・ドキュメント ミュンヘンのへの道
  • モンシェリCoCo
  • ハゼドン
  • ど根性ガエル
  • けろっこデメタン
  • ワンサくん
  • 山ねずみロッキーチャック
  • 侍ジャイアンツ
  • 新造人間キャシャーン
  • アルプスの少女ハイジ
  • ゼロテスター
  • 昆虫物語 新みなしごハッチ
  • 小さなバイキングビッケ
  • 宇宙戦艦ヤマト
  • 破裏拳ポリマー
  • フランダースの犬
  • 母をたずねて三千里
  • アンデス少年ペペロの冒険
  • 超電磁ロボ コン・バトラーV
  • ゴワッパー5 ゴーダム
  • ろぼっ子ビートン
  • あらいぐまラスカル
  • 合身戦隊メカンダーロボ
  • 超電磁マシーン ボルテスV
  • シートン動物記 くまの子ジャッキー
  • ヤッターマン
  • ペリーヌ物語
  • 闘将ダイモス
  • 未来少年コナン
  • とびだせ!マシーン飛竜
  • まんが日本昔ばなし
  • 宇宙魔神ダイケンゴー
  • 赤毛のアン
  • 科学忍者隊ガッチャマンⅡ
  • ザ・ウルトラマン
  • 宇宙大帝ゴッドシグマ
  • ルパン三世(TV第2シリーズ)
  • 新世紀GPXサイバーフォーミュラ
  • 銀河漂流バイファム
  • ママは小学4年生
  • GUNDAM EVOLVE 5
  •  |  富野作品感想 | 富野由悠季関連 | 井荻麟関連 | 富野情報 | 富野雑談 | レビュー | ブログ運営 | 日常話 | 未分類 | 給華文讀者 | Gのレコンギスタ | 
    Copyright(C) 2007All Rights Reserved. TOMINOSUKI / 富野愛好病
    Powered by FC2ブログ.
    template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.