富野由悠季監督とその作品をひたすら語るブログ

TOMINOSUKI / 富野愛好病
http://kaito2198.blog43.fc2.com/

プロフィール

kaito2198

Author:kaito2198
台湾人。
ただのファンです。

twitterは@kaito2198です。

仕事やブログ関係のご連絡は
kaito2198@hotmail.comまでお願いします。

給華文圈之富野由悠季愛好者的一些話
關於本站文章的轉載聲明

富野監督関連資料一覧

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

グーバーウォーク

富野 in 韓国3

2008/10/14 20:44|富野由悠季関連TRACKBACK:0COMMENT:0
このエントリーを含むはてなブックマーク はてなブックマーク - 富野 in 韓国3
関連記事
■富野 in 韓国

今更と感じないでもないが、前のヤツと微妙に違ったので、貼る。
自分翻訳バージョンもやってみたが、
ヤケクソでネットの上にあるヤツを貼る。

■富野由悠季:「アニメにだけのめりこんでいてはオタクになるだけだ」

ガンダムシリーズの原作者で監督の富野由悠季は、日本のロボットアニメの生き証人だ。彼は1979年、 当時としては破格的にリアリズムを追求した「機動戦士ガンダム」でセンセーションを巻き起こし、その後同作品から多くのシリーズ作が生まれるとともに「ガンダムワールド」の父になった。大韓民国コンテンツフェア参加のために訪韓した富野由悠季に会った。彼は、良いアニメを作るには多様な人生経験が必要であり、優れたアニメーターの条件として、アニメ自体を好むよりもその中に込められたメッセージに集中することを強調した。


Q:ガンダムは、それまでのロボットアニメとは違うリアルなロボット物の嚆矢として知られている。ガンダムを演出するようになった過程、そして作品で訴えたかったことは何か?

--単純にSF映画を作りたかっただけだ。作品の意図としては「ファーストガンダム」を登場させて「人類の革新」を見せようとした。その後、ガンダムのそうしたコンセプトは歳月を経てシリーズとして発展したが、最近のガンダムシリーズの様子については私が話すべき事柄ではない。


Q:ガンダムの背景を戦争に設定したのは、特別な理由があるのか?

--戦争物を作るためにガンダムを作ったのではない。戦争を背景にしたのは玩具会社の要求のためだ。毎週新しい悪役モビルスーツを生み出せるシステムは国家的規模の戦争しかないから戦争を選んだのであって、最初から戦争物として意図したわけではない。


Q:玩具を作るための手段だと言ったが、作品を製作する際に玩具会社が関与することは多いの2か?

--玩具会社は直接関与しないが、作品のスポンサーとして参加する。スポンサーが作る玩具を広報せねばならず、戦争を通じて毎回モビルスーツを登場させることは製作時に必ず守らねばならない不文律だ。ところがガンダムは放映当時10歳以下の子供達がガンダム玩具を買ってくれなかった。そのため投資が中断したりした。当初のスポンサーは子供向け玩具だけ作っていた会社で、10歳以上をターゲットにした玩具は作ることができず、結局バンダイがガンダム事業を行なうことになった。


Q:日本は著作権管理が厳格なことで知られるが、あなたは原作者なのにガンダムに関する権利が無いと聞いたが。

--私はガンダムの原作者ではあるが権利者ではない。別途の著作権管理会社がガンダムシリーズの製作、商品化事業など全ての部分を管理する。したがって原作者として特段得られる収入は無い。このように会社が著作権を管理するのは世界で日本が唯一だ。<中略>


Q:韓国にもファンが相当多い。アニメーターを目指す人への助言は?

--アニメを絶対好きになってはいけない。アニメが好きだと、その枠の中に閉じこめられてしまう。アニメという媒体に他のメッセージを入れることが重要だと思うし、だからこそアニメが嫌いでなければならないというのが私の考えだ。それでこそ多様な技法をアニメに動員することができる。より具体的に言うと、30歳までは多様な人生経験をしながら他の人に伝えたいことを捜して、それをアニメなり映画なりに投映できる経験が必要だ。また、そういう人が業界に多くならねばならない。単にアニメにばかりのめりこんでいては、オタクになるだけだ。アニメがではなく、その中に込められたメッセージが好きでなければならない。

▽ソース:CINE21(韓国語)(2008-10-13 10:00)
http://www.cine21.com/Article/article_view.php?mm=005002003&article_id=53357
http://news.naver.com/main/read.nhn?mode=LSD&mid=sec&sid1=106&oid=140&aid=0000012277



コメント
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURLはこちら
http://kaito2198.blog43.fc2.com/tb.php/217-c5744737

ブログ内検索

なんとなく富野商品

リンク

このブログをリンクに追加する

カテゴリー

まともに機能しなくてすみません。これからゆっくりペースで直します。

RSSフィード

FC2カウンター

富野監督作品一覧

  • 海のトリトン
  • しあわせの王子
  • 勇者ライディーン
  • ラ・セーヌの星
  • 無敵超人ザンボット3
  • 無敵鋼人ダイターン3
  • 機動戦士ガンダム
  • 伝説巨神イデオン
  • 機動戦士ガンダム(劇場版)
  • 機動戦士ガンダムⅡ 哀戦士編
  • 戦闘メカ ザブングル
  • 機動戦士ガンダムⅢ めぐりあい宇宙編
  • 伝説巨神イデオン・接触篇 -A CONTACT-
  • 伝説巨神イデオン・発動篇 -Be Invoked-
  • 聖戦士ダンバイン
  • ザブングル グラフィティ
  • 重戦機エルガイム
  • 機動戦士Zガンダム
  • 機動戦士ガンダムZZ
  • 機動戦士ガンダム 逆襲のシャア
  • 機動戦士ガンダムF91
  • 機動戦士Vガンダム
  • 闇夜の時代劇 正体を見る
  • バイストンウェル物語 ガーゼィの翼
  • ブレンパワード
  • ∀ガンダム
  • 劇場版∀ガンダムⅠ 地球光
  • 劇場版∀ガンダムⅡ 月光蝶
  • OVERMAN キングゲイナー
  • 機動戦士Ζガンダム A New Translation -星を継ぐ者-
  • 機動戦士ΖガンダムⅡ A New Translation -恋人たち-
  • リーンの翼
  • 機動戦士ΖガンダムⅢ A New Translation -星の鼓動は愛-
  • RING OF GUNDAM
  • ガンダム Gのレコンギスタ
  • 富野参加作品一覧

  • 鉄腕アトム
  • 戦え!オスパー
  • リボンの騎士
  • 巨人の星
  • アニマル1
  • 夕やけ番長
  • 海底少年マリン
  • どろろ
  • 紅三四郎
  • 巨人の星対鉄腕アトム
  • おらぁグズラだど
  • 男一匹ガキ大将
  • ムーミン
  • シートン動物記
  • 赤き血のイレブン
  • アタックNo.1
  • あしたのジョー
  • 男ドアホウ!甲子園
  • 昆虫物語 みなしごハッチ
  • さすらいの太陽
  • 天才バカボン
  • ふしぎなメルモ
  • 新・オバケのQ太郎
  • 国松様のお通りだい
  • いなかっぺ大将
  • 正義を愛する者 月光仮面
  • アニメ・ドキュメント ミュンヘンのへの道
  • モンシェリCoCo
  • ハゼドン
  • ど根性ガエル
  • けろっこデメタン
  • ワンサくん
  • 山ねずみロッキーチャック
  • 侍ジャイアンツ
  • 新造人間キャシャーン
  • アルプスの少女ハイジ
  • ゼロテスター
  • 昆虫物語 新みなしごハッチ
  • 小さなバイキングビッケ
  • 宇宙戦艦ヤマト
  • 破裏拳ポリマー
  • フランダースの犬
  • 母をたずねて三千里
  • アンデス少年ペペロの冒険
  • 超電磁ロボ コン・バトラーV
  • ゴワッパー5 ゴーダム
  • ろぼっ子ビートン
  • あらいぐまラスカル
  • 合身戦隊メカンダーロボ
  • 超電磁マシーン ボルテスV
  • シートン動物記 くまの子ジャッキー
  • ヤッターマン
  • ペリーヌ物語
  • 闘将ダイモス
  • 未来少年コナン
  • とびだせ!マシーン飛竜
  • まんが日本昔ばなし
  • 宇宙魔神ダイケンゴー
  • 赤毛のアン
  • 科学忍者隊ガッチャマンⅡ
  • ザ・ウルトラマン
  • 宇宙大帝ゴッドシグマ
  • ルパン三世(TV第2シリーズ)
  • 新世紀GPXサイバーフォーミュラ
  • 銀河漂流バイファム
  • ママは小学4年生
  • GUNDAM EVOLVE 5
  •  |  富野作品感想 | 富野由悠季関連 | 井荻麟関連 | 富野情報 | 富野雑談 | レビュー | ブログ運営 | 日常話 | 未分類 | 給華文讀者 | Gのレコンギスタ | 
    Copyright(C) 2007All Rights Reserved. TOMINOSUKI / 富野愛好病
    Powered by FC2ブログ.
    template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.