富野由悠季監督とその作品をひたすら語るブログ

TOMINOSUKI / 富野愛好病
http://kaito2198.blog43.fc2.com/

プロフィール

kaito2198

Author:kaito2198
台湾人。
ただのファンです。

twitterは@kaito2198です。

仕事やブログ関係のご連絡は
kaito2198@hotmail.comまでお願いします。

給華文圈之富野由悠季愛好者的一些話
關於本站文章的轉載聲明

富野監督関連資料一覧

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

グーバーウォーク

吉卜力的危機與轉機

2008/10/12 02:06|未分類TRACKBACK:0COMMENT:0
このエントリーを含むはてなブックマーク はてなブックマーク - 吉卜力的危機與轉機
たまに母語で書かないとね。


 08年夏天,宮崎駿睽違四年的新作「崖上的波妞」上映了。波妞一出,果然掃票房,並且已穩坐史上前十大票房之位。但與此同時,動畫界卻流傳著一個耳語,那就是:「吉卜力究竟能不能撐個未來十年呢?」直到前一陣子,這還只是一個笑話,但到了最近幾年,原先的笑話卻開始染上真實的色彩。
 吉卜力起初是為了提供宮崎駿及高畑勲長篇創作環境而設立,而成立多年以來,也確實一直以兩人為主軸進行運作。但自從99年高畑的「隔壁的山田君」失敗以來,原先的雙人制作體制突然剩下宮崎一人,隨著其年齡長,整個制作公司後繼無人的危機也慢慢開始浮現。
 觀察吉卜力在24年以來,總共制作了16部長篇作品,其中宮崎一人便佔了8部,高畑4部,其他人則只佔了4部,可看見前兩者所佔比重之大。以長篇導演來培育新人的部分,可分為內部拔擢以及外部招聘,其中經內部拔擢而成為導演的,便是95年「心之聲」的近藤喜文(故)及06年「地海戰記」的宮崎吾朗,而外部招聘則是93年「海潮之聲」的望月智充以及02年「貓的報恩」的森田宏幸。然而這些作品,在整個制作體制上卻都出現了不少問題,其關鍵之一就在:宮崎駿於吉卜力的絕對君臨。
 吉卜力是屬於制作公司,所以在比重上必然會傾向以動畫師出身的宮崎駿主宰的形式,因此其意向便顯得十分有影響力。04年細田守的「霍爾的移動城堡」降板事件想必還令人記憶猶新,不過實際上同樣的事早就在88年的「魔女宅急便」發生過了,其主要原因便是制作體制過於接近以宮崎式運作,因而無法與外部導演配合。這兩部最後都由宮崎駿自身擔任導演,而類似問題也發生在94年「海潮之聲」以及95年「心之谷」上。前者雖全由新手操刀,但其體制及風格在隔年即被宮崎重整為宮崎風,至於後者則是劇本以及分鏡都由宮崎擔綱,使得導演的自主權大受限制。再加上當時被稱為宮崎接班人的近藤喜文在數年後去世,使得原本就缺乏演出家的吉卜力更加雪上加霜。整體說來,宮崎以外的導演作對吉卜力的影響,顯得零碎而相當有限。

 吉卜力並非未嘗試過變革。宮崎曾於98年開了半年的演出家養成學校「東小金井村塾」,其主要受講者有宮地昌幸、奥村正志、玉井夕海等,其他人日後大多也都有一定成就,但,他們都已經離開了吉卜力。換句話說,走演出家路線的人才,由於宮崎主導體制太強,幾乎都不會留在內部發展,這導致吉卜力除了宮崎及高畑兩人以外,所擁有的人才都僅限於作畫方面,同時也使得導演的需求更是迫在眉睫。
 在「貓」與「霍爾」之後,無法再找到適合人選來擔任導演的吉卜力,推出的是毫無經驗的宮崎之子・吾朗。執掌「地海戰記」的他,既可說是長久以來人才匱乏導致外行人竟是唯一人選體制弊害的象徵,而世襲、外行指導內行、動畫部門的被壓抑等更有可能成為對吉卜力的致命一擊,因為吾朗是目前除了宮崎、高畑以外,唯一屬於內部的「導演級人物」。只要不早日解決這個狀況,吉卜力隨著宮崎、高畑一同消逝的觀點,恐怕會不久後真的實現。
 另一方面,00年前後獨立的年輕新手們,在經過一段跌跌撞撞的自力摸索後,竟然不約而同聚集到另一位大導演―富野由悠季身邊。經過02年「KING GAINER」的磨練,以吉田健一為首的前吉卜力新手們,紛紛開始活躍起來:吉田是「交響詩篇」的動畫總監,安藤雅司成為今敏導演的左右手,宮地昌幸今年執導處女作「亡念」,笹木信作則在多部作品等負責分鏡。其中的因緣際會,也只能說是命運捉弄。
 當前吉卜力有幾個可能的發展方向。第一,繼續引進外部新人,然後適時拔擢內部老手:縱然過去都告失敗,但仍然是最穩健的方法。第二,藉著另一塊分野―短篇動畫來當作培育演出家的土地:這點並非不可能,雖然短篇仍大多操於宮崎手上,但屬於高畑弟子的百瀬義行已有實績,也被相當看好。第三,繼續推動吾朗主導,在為其累積經驗的同時,也減退其父的影響力。然而這有相當的困難度,不但須有整體水準降低的覺悟,而且等於是在與時間賽跑,所以較好的是與其他方法併用。
 吉卜力早先雖是為宮崎、高畑所設立的工作室,但作為獨立營運體,就必須找到自我延續的方法。面臨關鍵時刻,希望吉卜力能夠順利轉型,在創作面上也真正成為一間企業,不要成了一代絕響。

(基於文脈,本文刻意忽略鈴木敏夫、高畑勲等人,在此特別註明)



あくまで後輩のために書いたものだから、
内容間違っても殴らないでよ。
本当は富野に関連するものを書きたいが、
「ジブリものを書けよ!」といわれたんだから、仕方なく…


コメント
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURLはこちら
http://kaito2198.blog43.fc2.com/tb.php/211-faa797cf

ブログ内検索

なんとなく富野商品

リンク

このブログをリンクに追加する

カテゴリー

まともに機能しなくてすみません。これからゆっくりペースで直します。

RSSフィード

FC2カウンター

富野監督作品一覧

  • 海のトリトン
  • しあわせの王子
  • 勇者ライディーン
  • ラ・セーヌの星
  • 無敵超人ザンボット3
  • 無敵鋼人ダイターン3
  • 機動戦士ガンダム
  • 伝説巨神イデオン
  • 機動戦士ガンダム(劇場版)
  • 機動戦士ガンダムⅡ 哀戦士編
  • 戦闘メカ ザブングル
  • 機動戦士ガンダムⅢ めぐりあい宇宙編
  • 伝説巨神イデオン・接触篇 -A CONTACT-
  • 伝説巨神イデオン・発動篇 -Be Invoked-
  • 聖戦士ダンバイン
  • ザブングル グラフィティ
  • 重戦機エルガイム
  • 機動戦士Zガンダム
  • 機動戦士ガンダムZZ
  • 機動戦士ガンダム 逆襲のシャア
  • 機動戦士ガンダムF91
  • 機動戦士Vガンダム
  • 闇夜の時代劇 正体を見る
  • バイストンウェル物語 ガーゼィの翼
  • ブレンパワード
  • ∀ガンダム
  • 劇場版∀ガンダムⅠ 地球光
  • 劇場版∀ガンダムⅡ 月光蝶
  • OVERMAN キングゲイナー
  • 機動戦士Ζガンダム A New Translation -星を継ぐ者-
  • 機動戦士ΖガンダムⅡ A New Translation -恋人たち-
  • リーンの翼
  • 機動戦士ΖガンダムⅢ A New Translation -星の鼓動は愛-
  • RING OF GUNDAM
  • ガンダム Gのレコンギスタ
  • 富野参加作品一覧

  • 鉄腕アトム
  • 戦え!オスパー
  • リボンの騎士
  • 巨人の星
  • アニマル1
  • 夕やけ番長
  • 海底少年マリン
  • どろろ
  • 紅三四郎
  • 巨人の星対鉄腕アトム
  • おらぁグズラだど
  • 男一匹ガキ大将
  • ムーミン
  • シートン動物記
  • 赤き血のイレブン
  • アタックNo.1
  • あしたのジョー
  • 男ドアホウ!甲子園
  • 昆虫物語 みなしごハッチ
  • さすらいの太陽
  • 天才バカボン
  • ふしぎなメルモ
  • 新・オバケのQ太郎
  • 国松様のお通りだい
  • いなかっぺ大将
  • 正義を愛する者 月光仮面
  • アニメ・ドキュメント ミュンヘンのへの道
  • モンシェリCoCo
  • ハゼドン
  • ど根性ガエル
  • けろっこデメタン
  • ワンサくん
  • 山ねずみロッキーチャック
  • 侍ジャイアンツ
  • 新造人間キャシャーン
  • アルプスの少女ハイジ
  • ゼロテスター
  • 昆虫物語 新みなしごハッチ
  • 小さなバイキングビッケ
  • 宇宙戦艦ヤマト
  • 破裏拳ポリマー
  • フランダースの犬
  • 母をたずねて三千里
  • アンデス少年ペペロの冒険
  • 超電磁ロボ コン・バトラーV
  • ゴワッパー5 ゴーダム
  • ろぼっ子ビートン
  • あらいぐまラスカル
  • 合身戦隊メカンダーロボ
  • 超電磁マシーン ボルテスV
  • シートン動物記 くまの子ジャッキー
  • ヤッターマン
  • ペリーヌ物語
  • 闘将ダイモス
  • 未来少年コナン
  • とびだせ!マシーン飛竜
  • まんが日本昔ばなし
  • 宇宙魔神ダイケンゴー
  • 赤毛のアン
  • 科学忍者隊ガッチャマンⅡ
  • ザ・ウルトラマン
  • 宇宙大帝ゴッドシグマ
  • ルパン三世(TV第2シリーズ)
  • 新世紀GPXサイバーフォーミュラ
  • 銀河漂流バイファム
  • ママは小学4年生
  • GUNDAM EVOLVE 5
  •  |  富野作品感想 | 富野由悠季関連 | 井荻麟関連 | 富野情報 | 富野雑談 | レビュー | ブログ運営 | 日常話 | 未分類 | 給華文讀者 | Gのレコンギスタ | 
    Copyright(C) 2007All Rights Reserved. TOMINOSUKI / 富野愛好病
    Powered by FC2ブログ.
    template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.