富野由悠季監督とその作品をひたすら語るブログ

TOMINOSUKI / 富野愛好病
http://kaito2198.blog43.fc2.com/

プロフィール

kaito2198

Author:kaito2198
台湾人。
ただのファンです。

twitterは@kaito2198です。

仕事やブログ関係のご連絡は
kaito2198@hotmail.comまでお願いします。

給華文圈之富野由悠季愛好者的一些話
關於本站文章的轉載聲明

富野監督関連資料一覧

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

グーバーウォーク

富野由悠季の「萌え」に対する4つの発言 その2

2008/11/29 00:41|富野由悠季関連TRACKBACK:0COMMENT:14
このエントリーを含むはてなブックマーク はてなブックマーク - 富野由悠季の「萌え」に対する4つの発言 その2
今のところ、富野は「萌えアニメ」については、4つの発言があります。1番目は2005年11月23日デジタルハリウッド大学院で行われた「萌えてはいけない」というトークイベント。2番目はこのアニメージュ2006年7月号富野に訊け!!の質問。3番目は竹書房2006年12月で出版した『機動戦士ガンダム 連邦SIDE』のなかのインタビュー。そして4番目は「電撃PLAYSTATION」の2007年9月14日号の付録「Re:Play VOL.9」の特集「ACEの証」に収録されている富野監督のインタビューです。ここでは、その2番目を紹介します。

富野に訊け!!第45回

美少女たちが賑やかに活躍するアニメ作品は、多くのファンに支持されていますが、中にはこんな風に感じている人もいるようです。それでは富野監督、よろしくお願いします!!

QUESTION 49
富野監督は「萌えアニメ」をどう思いますか?
福島県/クリームカレーさん

 富野さん、初めまして。
 悩みというより疑問に近いのですが、気になることがありハガキを送りました。
 私はアニメやマンガが大好きなのですが、どうも「萌えアニメ、萌えマンガ」 というものにあまり感心しないのです。萌えアニメなどにありがちな過激なお色気シーン、下ネタや、大人数の美少女キャラクター、あざとい脚本など、もはやオタクの人たちにしか受けないアニメなどが最近多いと感じました。なんだかそういうアニメは、オタクの人たちの人気をとるためだけに作品を作っているように思えます。もはや商品展開が見え見えな作品自体が、ただの「商品」に思えてきました。こんな風に言えるのは、僕自身が以前かなりの美少女オタクだったからです。18の若造が偉そうに言ってしまったのですが、富野さんはどう思いますか?
 ぜひ意見を頂きたいので、どうおぞよろしくお願い致します。


 まず最初に、僕が美少女アニメをどう思っているか?という答えからお話しましょう。 クリームカレーさんの文章には、正しい意見が書かれていますし、僕もまったく同じ思いを抱いています。そしていわゆる「萌えアニメ」の問題点も、この文章に書いてありますから、今更僕が何かを言う必要はありません。
 では、何故こういう風に「商品」しか作られないのだろうか、ということをお教えしましょう。こういった問題は、僕自身も幼い頃から考えていました。以前もお話ししましたが、僕は小学生の時『ゴジラ』(編集注:昭和29年公開の第1作)を観て、「せっかくの怪獣映画なのだから、もっと怪獣と人間を絡めたドラマを作るべきなのに、何故それをしないのか」と大変腹が立ちました。そして中学くらいの時に、その事について自分なりの内容を手に入れたのです。つまり、「この映画の作り手たちが、<子供が観る怪獣映画なのだから、この程度の内容でいいだろう>と考え、手を抜いたのではないか?」と。そうでなければ、あんな変な薬品ひとつで怪獣を消してしまうなんてラストを思いつくはずがありません。
 今の話と同じで、結局萌えアニメを制作している人たちは、クリームカレーさんの様に美少女オタクだった経験がないのではないでしょうか。そのために、「商売になる」という理由で作品を作ってるだけの話なのです。本当に「美少女アニメが好き」とか、そういう要素が自分の中にあると自覚している人は、それで商売をすることに恥や照れを感じたりするし、真性のオタクならばそれを隠すでしょう。オタクでないからこそ、商売として割り切って美少女を扱う作品を作ることができるのです。
 ここからの問題は、それを自覚した上でクリームカレーさんが未来に向けて、何をどうしていくかということです。18歳の若造……と自分で思っているかもしれませんが、あなたはもう立派な大人です。これからそういう大人たちに混じって仕事をすることになりますから、どうせなら自分が勝つことができる、もっと売れるものを作ろうという努力をすべきです。先の話の通り、『ゴジラ』に不満を持った僕は、「あのシーンはこうしたらいいんじゃないか?」とあれこれと考えましたが、思えばそれが今の仕事につながっていると思いますし、荒唐無稽なものと現実の人間を結びつけるドラマということを意識した結果が『ガンダム』であるということも言い切れます。
 さらに言うなら、もしあなたがこういったクリエイティブな仕事をしようとする時には、かつて自分が美少女オタクだったことを武器にすることができますので、それを活用することを考えてください。そういうセンスはとても大事なのです。例えば、バイセクシャル嗜好で考えてみましょう。「完璧に男性と女性は分離している」というのは、実は男性社会の迷信だと思います。一般のお客さんはバイセクシャル的の嗜好を誰でも持っていますので、中性的な――男性だったら女性的な面を持つ、女性だったら男性的な一面を持つ――キャラはかなり好きです。一世を風靡した『ベルサイユのばら』のオスカル。あれは男装の麗人という極めて中世的なキャラが受けているという要素があります。また、鉄腕アトムというキャラクターは一見少年ですが、実に女性的なキャラクターです。他にも、それに当てはまるようなキャラクターを、あなたもたくさん思い出せるでしょう。
 そして何より、バイセクシャルな視点を持つことができれば、男性なら自分の男らしさ、女性は自分の女らしさを客観視でき、より多角的に物を見たり考えることが可能なのです。そういう日常的なことも含めて、将来のことを考えるにあたって、あなたも自分の性癖を認めていって、それを日常の中に、仕事の中に、勉強の中に活用して頂きたいと思います。
 当然クリームカレーさんは自分が美少女オタクだった照れや恥があるでしょうし、その部分だけで仕事を進めたら、あなたが書いているとおりの狭い範囲のお客さん向きの商品しか作れないでしょう。しかし、あなたは「それは恥ずかしいぞ」と思っています。その感覚をベースにして100万人が喜ぶ作品を作ろうと考えればいいのです。
 クリームカレーさんの10年先、20年先を見通した企画や作品を是非見せて頂きたいと思います。


現在の「萌えアニメ」に対する疑問や不満があるならその熱い想いをモチベーションに変えてあなたの力で変えていこう!

こんなところでもクソ真面目で志が高い返答は、さすがに富野としか言いようがありません。しかし、別にこれに限った話じゃないけど、どうも富野のなか微妙に「オタク」を褒め言葉として使うような気がしないでもありませんな。平安貴族とかをもオタクと例えちゃうあたりは、なんかもう「ある方面をマスターした人間」としてオタクという言葉を使うよな……。

あと『ベルサイユのばら』についてですが、これはどうやら富野の長女さんと次女さんが幼いころ読んでたマンガらしいですが、実際富野も読んでいる様子。まあ、マンガはともかく、アニメの監督はあの2人ですから、チェックしないはずがないですね。

コメント
正しいにもほどがある。
と、いうよりも最近の萌えもどきアニメは漫画原作が殆どで、
原作者自体が人物の機微を描けてないのが原因じゃないのか?
んで、そのいけない部分が作品の主な部分になってって、
そこばかりをアニメにする、と。
#-|2009/10/09(金) 00:06 [ 編集 ]
そうですね、あのへんは一種消費的な「売り」になりやすいですからね。しかし富野監督の愛嬌あるキャラのほうが長期でいえば魅力的であったと思いますので、あの愛嬌に少しだけ「萌え」を付き加えれば、新種というかまったく新しい萌えキャラが出てくるんじゃないかと思ったんですよ。
kaito2198 #L2WcHO2o|2009/10/09(金) 01:26 [ 編集 ]
あー、成る程。だから萌えアニメって糞なんだ。
何か一歩進んだ気分。
#mQop/nM.|2009/10/09(金) 16:09 [ 編集 ]
でもエルフェンリートみたいな作品は日本じゃ受けないのも事実
まあこれはグロがすぎたのもあるかもしんないけどねー
マブラヴやガンスリ(1期)みたいな作品が増えすぎるのもなんだとおもうし
#-|2009/10/09(金) 19:18 [ 編集 ]
>#mQop/nM.さん
すべてが悪いとは思いませんけれど、確かに消費しやすい/消費されやすい方向に特化してるゆえ、商品としても作品としても賞味期限が短いってのがあると思いますよ。それでいで、だんだん限界が見えてるってのもなんだか…。

そういう意味では、今でこそ新しい「萌え」が発見しないと、これから色々まずいんなんじゃないでしょうかと思いますけどね。

>二人目の名無しさん
挙げた三つのタイトルはまた萌えとは別のベクトルの問題だと思います。当然、ある程度広がりがあるのはいいことだと思いますが、度がすぎるとかえって拒否感を呼ぶことになりますね。

自分の経験でお話しますと、漫画とアニメのストーリーや雰囲気、作りなどは別にして、ガンスリの「設定」はじつをいうとかなり自分の好みですが、良いかどうかはまた別の話です。そういうことだと思います。
kaito2198 #L2WcHO2o|2009/10/09(金) 23:43 [ 編集 ]
インターネットの普及によって’見もしないもの’に対して異見を言う人が増えただけなのではないかと思う
見なくても知る機会、意見を言う機会も増えたし。

興味ないものには我関せずの精神で生きようとは思わないのかな?
#-|2009/10/12(月) 16:30 [ 編集 ]
何のことを指しているのはいささかよく分かりませんけれど、確かおっしゃる一面があると思います。しかしながら萌えアニメに関する話を仰るなら、すでに業界内外問わずに多くの人が指摘してきたものですから、多少参考になれる部分もあるんじゃないかなと思っています。
kaito2198 #L2WcHO2o|2009/10/12(月) 18:19 [ 編集 ]
富野監督を呼び捨てにするのは失礼だと思います。
#FXX4C8os|2009/10/20(火) 23:54 [ 編集 ]
公人に敬称をつける方が日本語としてはおかしいよ。
#-|2009/10/21(水) 09:06 [ 編集 ]
>富野監督を呼び捨てにするのは失礼だと思います。
富野、トミノ、富野監督、富野総監督、御禿……違う場合に応じて富野監督への呼称も変わるのですが、もう1年前の記事なので、当時はどういった意図でなぜ富野と呼んだのはもう忘れました。すみませんね。

>公人に敬称をつける方が日本語としてはおかしいよ。
代りに返答してくださって、ありがとうございます。
そうですね、ただ自分はこのへんの感覚はいい加減なので、所構わず公人を敬称と呼んじゃう場合もかなりあります^^;。
kaito2198 #L2WcHO2o|2009/10/23(金) 09:42 [ 編集 ]
はげになら抱かれてもいい
頭のいい人はソンケイできるね
ひとみ #-|2009/11/04(水) 11:48 [ 編集 ]
奇遇ですね、私もまったく同じ考え方をしますよ。

…自分が男という点以外ね。
kaito2198 #L2WcHO2o|2009/11/04(水) 23:21 [ 編集 ]
このコメントは管理人のみ閲覧できます
#|2014/04/17(木) 01:25 [ 編集 ]
>秘密コメントさん
あ、そ。
kaito2198 #-|2014/04/17(木) 20:29 [ 編集 ]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURLはこちら
http://kaito2198.blog43.fc2.com/tb.php/187-b83b251a

ブログ内検索

なんとなく富野商品

リンク

このブログをリンクに追加する

カテゴリー

まともに機能しなくてすみません。これからゆっくりペースで直します。

RSSフィード

FC2カウンター

富野監督作品一覧

  • 海のトリトン
  • しあわせの王子
  • 勇者ライディーン
  • ラ・セーヌの星
  • 無敵超人ザンボット3
  • 無敵鋼人ダイターン3
  • 機動戦士ガンダム
  • 伝説巨神イデオン
  • 機動戦士ガンダム(劇場版)
  • 機動戦士ガンダムⅡ 哀戦士編
  • 戦闘メカ ザブングル
  • 機動戦士ガンダムⅢ めぐりあい宇宙編
  • 伝説巨神イデオン・接触篇 -A CONTACT-
  • 伝説巨神イデオン・発動篇 -Be Invoked-
  • 聖戦士ダンバイン
  • ザブングル グラフィティ
  • 重戦機エルガイム
  • 機動戦士Zガンダム
  • 機動戦士ガンダムZZ
  • 機動戦士ガンダム 逆襲のシャア
  • 機動戦士ガンダムF91
  • 機動戦士Vガンダム
  • 闇夜の時代劇 正体を見る
  • バイストンウェル物語 ガーゼィの翼
  • ブレンパワード
  • ∀ガンダム
  • 劇場版∀ガンダムⅠ 地球光
  • 劇場版∀ガンダムⅡ 月光蝶
  • OVERMAN キングゲイナー
  • 機動戦士Ζガンダム A New Translation -星を継ぐ者-
  • 機動戦士ΖガンダムⅡ A New Translation -恋人たち-
  • リーンの翼
  • 機動戦士ΖガンダムⅢ A New Translation -星の鼓動は愛-
  • RING OF GUNDAM
  • ガンダム Gのレコンギスタ
  • 富野参加作品一覧

  • 鉄腕アトム
  • 戦え!オスパー
  • リボンの騎士
  • 巨人の星
  • アニマル1
  • 夕やけ番長
  • 海底少年マリン
  • どろろ
  • 紅三四郎
  • 巨人の星対鉄腕アトム
  • おらぁグズラだど
  • 男一匹ガキ大将
  • ムーミン
  • シートン動物記
  • 赤き血のイレブン
  • アタックNo.1
  • あしたのジョー
  • 男ドアホウ!甲子園
  • 昆虫物語 みなしごハッチ
  • さすらいの太陽
  • 天才バカボン
  • ふしぎなメルモ
  • 新・オバケのQ太郎
  • 国松様のお通りだい
  • いなかっぺ大将
  • 正義を愛する者 月光仮面
  • アニメ・ドキュメント ミュンヘンのへの道
  • モンシェリCoCo
  • ハゼドン
  • ど根性ガエル
  • けろっこデメタン
  • ワンサくん
  • 山ねずみロッキーチャック
  • 侍ジャイアンツ
  • 新造人間キャシャーン
  • アルプスの少女ハイジ
  • ゼロテスター
  • 昆虫物語 新みなしごハッチ
  • 小さなバイキングビッケ
  • 宇宙戦艦ヤマト
  • 破裏拳ポリマー
  • フランダースの犬
  • 母をたずねて三千里
  • アンデス少年ペペロの冒険
  • 超電磁ロボ コン・バトラーV
  • ゴワッパー5 ゴーダム
  • ろぼっ子ビートン
  • あらいぐまラスカル
  • 合身戦隊メカンダーロボ
  • 超電磁マシーン ボルテスV
  • シートン動物記 くまの子ジャッキー
  • ヤッターマン
  • ペリーヌ物語
  • 闘将ダイモス
  • 未来少年コナン
  • とびだせ!マシーン飛竜
  • まんが日本昔ばなし
  • 宇宙魔神ダイケンゴー
  • 赤毛のアン
  • 科学忍者隊ガッチャマンⅡ
  • ザ・ウルトラマン
  • 宇宙大帝ゴッドシグマ
  • ルパン三世(TV第2シリーズ)
  • 新世紀GPXサイバーフォーミュラ
  • 銀河漂流バイファム
  • ママは小学4年生
  • GUNDAM EVOLVE 5
  •  |  富野作品感想 | 富野由悠季関連 | 井荻麟関連 | 富野情報 | 富野雑談 | レビュー | ブログ運営 | 日常話 | 未分類 | 給華文讀者 | Gのレコンギスタ | 
    Copyright(C) 2007All Rights Reserved. TOMINOSUKI / 富野愛好病
    Powered by FC2ブログ.
    template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.