富野由悠季監督とその作品をひたすら語るブログ

TOMINOSUKI / 富野愛好病
http://kaito2198.blog43.fc2.com/

プロフィール

Author:kaito2198
台湾人。
ただのファンです。

twitterは@kaito2198です。

仕事やブログ関係のご連絡は
kaito2198@hotmail.comまでお願いします。

給華文圈之富野由悠季愛好者的一些話
關於本站文章的轉載聲明

富野監督関連資料一覧

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

グーバーウォーク

井荻麟作詞論 第56回 「ミイヤの祭り」

2016/01/17 12:31|井荻麟関連TRACKBACK:0COMMENT:0
このエントリーを含むはてなブックマーク はてなブックマーク - 井荻麟作詞論 第56回 「ミイヤの祭り」
 井荻麟作詞論は、富野由悠季監督が書いた作詞を語る記事シリーズなのです。今日の第56回では、テレビアニメ『OVERMANキングゲイナー』の挿入歌である「ミイヤの祭り」を語りたいと思います。



ミイヤの祭り
作詞:井荻麟/作曲:田中公平/編曲:岸村正実/歌:宮城小百合

あたしのところへ 旅をしにおいで
あたしといっしょに 東に行こうよ

 前回で紹介した「本当かい!」と同じく、1話でさっそく劇中の「肉声」として使われた挿入歌だ。歌手や曲調はもちろん、作風から使い方まで「本当かい!」とほぼ同じであるものの、タイトルで示したとおり、本編でほぼ謎である人物「ミイヤ・ラウジン」をめぐる歌でもある。



 『キングゲイナー』の世界においては、勝手にどこか行くエクソダスというものは犯罪行為である。

あなたを連れて ヤーパンへ
ドームを捨てて エクソダス
あたしといっしょ エクソダス

 にもかかわらず、この歌は「本当かい!」以上に、あからさまにエクソダスを称えている。

氷に吹雪に ブリザードなんて
そりゃ アッホ そりゃ アッホ

 それに留まらず、現状(政権)に対する批判もあからさまに入っている意味では、「本当かい!」以上に強く「エクソダスはいいもの」というプロパガンダのメッセージを打ち出している。エクソダスが頻発し、ポリス全体をめぐる祭りでも公然と歌われる劇中世界の現状を見れば、下手な政治活動よりも有効だろうと想像できる。

鑿(のみ)と金床 持ってさえいりゃ
もっと遠くへ エクソダス

愛と勇気を 持ってさえいりゃ
もっと遠くへ エクソダス

 このへんの歌詞から見てもわかるとおり、エクソダスの辛さに関しては想定に入っているからこそ、あえて「エクソダスの旅自体は祭り」という旅の身軽さと衝動を煽っている。オープニングテーマ「キングゲイナー・オーバー!」の「愛と勇気は言葉」と一緒に見ると、なんとも皮肉に満ちる内容であろう。



 そしてこれを伝説となっている者であり、今の五賢人でもある「ミイヤ・ラウジン」の名を使って行うものだから憎い。

ミイヤのフェスティバル それはエクソダス

 本編を見ればわかるとおり、ミイヤに関する描写はあくまで断片的に留まっている。それゆえに、ミイヤが歌う唄と、その唄が受け入れられている使い方は、間接的にミイヤを描き、世界観を示すものとなっている。

 そして、昔のミイヤはともかく、現代のミイヤがただの能天気な流れの歌い姫であることを考えると、ミイヤを通してエクソダスという理念を伝えるというのは、ミイヤの実人格を無視し、ただ御神輿/媒体として扱うこともわかる。極端にいえば、歌を伝えられるようなミイヤさえいれば、本当の賢人としてのミイヤがいなくても構わない構造となっている。

 つまり、ミイヤはあくまでメッセージを運ぶための役割に過ぎないのだ。本編での使われ方を見ると面白い。祭りの初めは、まず現状に疑問を持たせ、約束の地を想像させる「本当かい!」を流すだけに留まる。そして、祭りがクライマックスのところになると、今度ははっきりとした答えを持つ「ミイヤの祭り」を放送する。そういう意味では、「ミイヤの祭り」は「本当かい!」と対になる曲ではあるし、後者に対するアンサーとも捉えられる



 最後になるが、個人的に興味深いと思っているのは以下の言葉だ。

鑿(のみ)と金床 持ってさえいりゃ

 上の説明とおり、ここで鑿(のみ)と金床を取り上げたのは、、おそらくエクソダスの身軽さを強調するためであろうし、これらの道具は基礎的にして神話のモチーフにも使われているような工作道具だからだろうが、それにしてもここでハマると意外性が出てくる。ご存知かもしれないが、監督の富野は非常に工学の大切さを訴えている人だ。それと無関係だと仮定しても、やはりドームを捨てても、全員が第一次産業(農業)だけでは生きられないから、このような注意をあえて入れたのかな?



 ここで少しだけ本編の話をしたいと思います。劇中のエクソダス支持派であるサラは「エクソダスが悪いものだと思わせちゃうのはシベリア鉄道のプロパガンダのせいだ」と言いましたが、上の説明でわかるとおり、「ミイヤの祭り」に集約されている思想と歌の存在自体は、やはり一つ壮大なプロパガンダなのです。

 いいえ、それどころか、本編で見せた描写を見る限り、伝説のミイヤが成す事業のスケールはそもそもヤーパン云々に収まれないことである上、ミイヤはヤーパンとの関係が一切示されていません。そういう意味では、ミイヤがヤーパンのエクソダスを支持することも、ミイヤがヤーパンの五賢人であることも、そもそも「宣伝」に過ぎず、単にエクソダス派の捏造という可能性が高い

 そういう意味では、『キングゲイナー』は『∀ガンダム』の「平気で嘘をつく人たち」の問題意識を継承していたし、「騙されてるか?」と自問するメッセージもまた後の『Gのレコンギスタ』を彷彿しているのでしょう。

コメント
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURLはこちら
http://kaito2198.blog43.fc2.com/tb.php/1674-3aff714a

ブログ内検索

なんとなく富野商品

リンク

このブログをリンクに追加する

カテゴリー

まともに機能しなくてすみません。これからゆっくりペースで直します。

RSSフィード

FC2カウンター

富野監督作品一覧

  • 海のトリトン
  • しあわせの王子
  • 勇者ライディーン
  • ラ・セーヌの星
  • 無敵超人ザンボット3
  • 無敵鋼人ダイターン3
  • 機動戦士ガンダム
  • 伝説巨神イデオン
  • 機動戦士ガンダム(劇場版)
  • 機動戦士ガンダムⅡ 哀戦士編
  • 戦闘メカ ザブングル
  • 機動戦士ガンダムⅢ めぐりあい宇宙編
  • 伝説巨神イデオン・接触篇 -A CONTACT-
  • 伝説巨神イデオン・発動篇 -Be Invoked-
  • 聖戦士ダンバイン
  • ザブングル グラフィティ
  • 重戦機エルガイム
  • 機動戦士Zガンダム
  • 機動戦士ガンダムZZ
  • 機動戦士ガンダム 逆襲のシャア
  • 機動戦士ガンダムF91
  • 機動戦士Vガンダム
  • 闇夜の時代劇 正体を見る
  • バイストンウェル物語 ガーゼィの翼
  • ブレンパワード
  • ∀ガンダム
  • 劇場版∀ガンダムⅠ 地球光
  • 劇場版∀ガンダムⅡ 月光蝶
  • OVERMAN キングゲイナー
  • 機動戦士Ζガンダム A New Translation -星を継ぐ者-
  • 機動戦士ΖガンダムⅡ A New Translation -恋人たち-
  • リーンの翼
  • 機動戦士ΖガンダムⅢ A New Translation -星の鼓動は愛-
  • RING OF GUNDAM
  • ガンダム Gのレコンギスタ
  • 富野参加作品一覧

  • 鉄腕アトム
  • 戦え!オスパー
  • リボンの騎士
  • 巨人の星
  • アニマル1
  • 夕やけ番長
  • 海底少年マリン
  • どろろ
  • 紅三四郎
  • 巨人の星対鉄腕アトム
  • おらぁグズラだど
  • 男一匹ガキ大将
  • ムーミン
  • シートン動物記
  • 赤き血のイレブン
  • アタックNo.1
  • あしたのジョー
  • 男ドアホウ!甲子園
  • 昆虫物語 みなしごハッチ
  • さすらいの太陽
  • 天才バカボン
  • ふしぎなメルモ
  • 新・オバケのQ太郎
  • 国松様のお通りだい
  • いなかっぺ大将
  • 正義を愛する者 月光仮面
  • アニメ・ドキュメント ミュンヘンのへの道
  • モンシェリCoCo
  • ハゼドン
  • ど根性ガエル
  • けろっこデメタン
  • ワンサくん
  • 山ねずみロッキーチャック
  • 侍ジャイアンツ
  • 新造人間キャシャーン
  • アルプスの少女ハイジ
  • ゼロテスター
  • 昆虫物語 新みなしごハッチ
  • 小さなバイキングビッケ
  • 宇宙戦艦ヤマト
  • 破裏拳ポリマー
  • フランダースの犬
  • 母をたずねて三千里
  • アンデス少年ペペロの冒険
  • 超電磁ロボ コン・バトラーV
  • ゴワッパー5 ゴーダム
  • ろぼっ子ビートン
  • あらいぐまラスカル
  • 合身戦隊メカンダーロボ
  • 超電磁マシーン ボルテスV
  • シートン動物記 くまの子ジャッキー
  • ヤッターマン
  • ペリーヌ物語
  • 闘将ダイモス
  • 未来少年コナン
  • とびだせ!マシーン飛竜
  • まんが日本昔ばなし
  • 宇宙魔神ダイケンゴー
  • 赤毛のアン
  • 科学忍者隊ガッチャマンⅡ
  • ザ・ウルトラマン
  • 宇宙大帝ゴッドシグマ
  • ルパン三世(TV第2シリーズ)
  • 新世紀GPXサイバーフォーミュラ
  • 銀河漂流バイファム
  • ママは小学4年生
  • GUNDAM EVOLVE 5
  •  |  富野作品感想 | 富野由悠季関連 | 井荻麟関連 | 富野情報 | 富野雑談 | レビュー | ブログ運営 | 日常話 | 未分類 | 給華文讀者 | Gのレコンギスタ | 
    Copyright(C) 2007All Rights Reserved. TOMINOSUKI / 富野愛好病
    Powered by FC2ブログ.
    template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.