富野由悠季監督とその作品をひたすら語るブログ

TOMINOSUKI / 富野愛好病
http://kaito2198.blog43.fc2.com/

プロフィール

Author:kaito2198
台湾人。
ただのファンです。

twitterは@kaito2198です。

仕事やブログ関係のご連絡は
kaito2198@hotmail.comまでお願いします。

給華文圈之富野由悠季愛好者的一些話
關於本站文章的轉載聲明

富野監督関連資料一覧

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

グーバーウォーク

『∀ガンダム』と『Gのレコンギスタ』の年代設定に対する私見

2015/09/02 00:28|富野雑談TRACKBACK:1COMMENT:4
このエントリーを含むはてなブックマーク はてなブックマーク - 『∀ガンダム』と『Gのレコンギスタ』の年代設定に対する私見
 先日のGレコ研究会では、富野由悠季監督は観客の質問に対して、『∀ガンダム』と『ガンダムGのレコンギスタ』に関する話をしました。個人的にそれほど驚いた話でもありませんが(確かに予想外でしたが)、それがネットを中心に大きな話題になってしまっているようです。

夜のGレコ研究会〜富野由悠季編〜「∀は宇宙世紀から500年後」発言について

 なので、今日はその話題についてちょっとだけ自分の感想を述べたいと思っております。





 上の話は、こちらの基本的な考えです。監督の言うことは無視していいとは言いませんが、基本的にその発言は作ってた本人の心境を述べるようなものだと理解しています。

 そもそも、ターンエーという作品はコンセプトからして、すべてが一度ここに収束する点であることに変わりがありません。Gレコのテーマが「人間はそれでも進む」であるのに対して、ターンエーはそれすら超越して、「生命は巡りめくものである」というものですので、結論的にも∀が究極的だと思っています。そのうえ、その設定の曖昧さが全てを包括できるくらいの広さを持っています。

 それから設定の話でいうと、「Gレコ」という作品を作った時点で、間違いなくGレコは宇宙世紀とターンエーの間の話です。もっとリアルに近いという意味でも、Gレコはターンエーより(我々の)現実に近いものですから、最終的な結論に向かう途中です。



 その気分を理解するためには、以下の記事がとても重要だと考えています。

GALAC2009年12月号 THE PERSON 富野由悠季インタビュー「ロボットなんて、好きじゃない!」

 ここでいう「リングへ向かうまで」というのはまさにGレコなのです。そしてリングオブガンダムはターンエーガンダムより前なのです。ですから、たとえGレコが描写的により進歩的に書かれても、本質はそこにあると思います。

 Gレコは現実をきちんと見なさいよ的な作品で、リングオブガンダムはそんなどうしょうもない現実のなか、それでも希望の種をまかないといけない内容なのです。(人類の最初、そしておそらくたった一回の外宇宙移民)。そしてその時代を経てターンエーの時代になると、それすら忘れられてた頃、人びとは外宇宙の遺産であるターンXとかつて地球の文明を滅ぼしたターンエーに精神を寄与して闘争をする。

 結局、人間は昔の文明隆盛の記憶を忘れてもと、結局本質が何の変らないものであると。でも、それを含めて人間だ。愛すべき人間だ。そのように年を取って世代を重ねて、死んでいくものだ、と。

 設定は当然遊びだけのために存在しているものではありません。しかし、上のような気分の連結を忘れてそれを語ると、忘れてしまうものもあるのではないかと思っております。



 ですから、監督の話を真剣に聞かなくていいとも、監督のいうことが絶対とも言いません。ご自分で作品のリアリティの度合いから全体を考えればいいと思います。

 もちろん、それでも意味を探求したい方はいると思います。真剣に探究するのは意味があると思いますし、またライツ的に真剣に検討してもらうのも決して悪いことではありません。

 そのうえ、自分的にあえて意味付けするとすれば、富野監督は今は劇場版作業をしてるうちに、今まで出来上がったものをさらに覆せないかと模索し始めていると思います。このような考え方もあるかもしれないと、自分に挑戦しているし、観客にも問いかけているようなものだと自分は理解しています。

 以上は私見です。私見というより、取りとめの無い感想に過ぎませんので、一笑して読んでいただければ幸いです。

ガンダム Gのレコンギスタ  9(特装限定版) [Blu-ray]ガンダム Gのレコンギスタ 9(特装限定版) [Blu-ray]
石井マーク,嶋村侑,寿美菜子,佐藤拓也,高垣彩陽

バンダイビジュアル
売り上げランキング : 168

Amazonで詳しく見る by AZlink
ガンダム Gのレコンギスタ オフィシャルガイドブックガンダム Gのレコンギスタ オフィシャルガイドブック
アニメディア編集部

学研パブリッシング 2015-09-23
売り上げランキング : 4759

Amazonで詳しく見る by AZlink
HG 1/144 ガンダム G-セルフ (パーフェクトパック装備型) (ガンダムGのレコンギスタ)HG 1/144 ガンダム G-セルフ (パーフェクトパック装備型) (ガンダムGのレコンギスタ)


バンダイ
売り上げランキング : 73

Amazonで詳しく見る by AZlink

 なお、Gレコ研究会は今回をもって一旦終了のようですが、小形プロデューサーによりますと毎月何かをやりたい模様ですので、9月はオールナイトとなると、10月以降も新しい展開があるのでしょう。楽しみです。

コメント
500年後か、アンチが揚げ足取りそう
それにしても宇宙世紀から500年後はちょっとなぁ
とら #-|2015/09/02(水) 15:59 [ 編集 ]
前略 大塩です。今回の発言を契機に、ガンダムシリーズに関する私の持ちネタを披露しておきました。しかし富野の認識で考察しても、『∀ガンダム』の作り直しは可能と気づき。NHKの大河ドラマも歴史を「捏造」しているのは周知の事実だから。草々
大塩高志 #/5LHBRow|2015/09/03(木) 22:31 [ 編集 ]
とらさん、コメントありがとうございます。
本当にアンチの人はどうしょうもありませんよね。
まぁ監督の時間感は多少変化があると思いますね。
kaito2198 #-|2015/09/07(月) 15:00 [ 編集 ]
大塩様、トラックバックありがとうございます。
記事拝読させていただきました。確かにおっしゃるとおりだと思っております。
まだまだ冷静で見れる人が少ないなか、こうした意見は貴重だと思っております。
kaito2198 #L2WcHO2o|2015/09/08(火) 23:08 [ 編集 ]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
 私が知ったのは 『やらおん!』の記事 ですが私が閲覧するブログでも、 失われた何か と、 富野愛好病 でも扱っていました。いい機会なの『∀ガンダム』が唯一のSFという「俺解釈」を、 披露しますね。論じる前に予め野断りですが、私はガンダムシリーズを含む物語を論ずる場合、 殆ど実際にあったこととして論理を展開したつもり。  しかし例えば富野作品を例にするなら...
プログラマー 大塩高志の断片談義 2015/09/03(木) 22:06
トラックバックURLはこちら
http://kaito2198.blog43.fc2.com/tb.php/1648-9815ecd9

ブログ内検索

なんとなく富野商品

リンク

このブログをリンクに追加する

カテゴリー

まともに機能しなくてすみません。これからゆっくりペースで直します。

RSSフィード

FC2カウンター

富野監督作品一覧

  • 海のトリトン
  • しあわせの王子
  • 勇者ライディーン
  • ラ・セーヌの星
  • 無敵超人ザンボット3
  • 無敵鋼人ダイターン3
  • 機動戦士ガンダム
  • 伝説巨神イデオン
  • 機動戦士ガンダム(劇場版)
  • 機動戦士ガンダムⅡ 哀戦士編
  • 戦闘メカ ザブングル
  • 機動戦士ガンダムⅢ めぐりあい宇宙編
  • 伝説巨神イデオン・接触篇 -A CONTACT-
  • 伝説巨神イデオン・発動篇 -Be Invoked-
  • 聖戦士ダンバイン
  • ザブングル グラフィティ
  • 重戦機エルガイム
  • 機動戦士Zガンダム
  • 機動戦士ガンダムZZ
  • 機動戦士ガンダム 逆襲のシャア
  • 機動戦士ガンダムF91
  • 機動戦士Vガンダム
  • 闇夜の時代劇 正体を見る
  • バイストンウェル物語 ガーゼィの翼
  • ブレンパワード
  • ∀ガンダム
  • 劇場版∀ガンダムⅠ 地球光
  • 劇場版∀ガンダムⅡ 月光蝶
  • OVERMAN キングゲイナー
  • 機動戦士Ζガンダム A New Translation -星を継ぐ者-
  • 機動戦士ΖガンダムⅡ A New Translation -恋人たち-
  • リーンの翼
  • 機動戦士ΖガンダムⅢ A New Translation -星の鼓動は愛-
  • RING OF GUNDAM
  • ガンダム Gのレコンギスタ
  • 富野参加作品一覧

  • 鉄腕アトム
  • 戦え!オスパー
  • リボンの騎士
  • 巨人の星
  • アニマル1
  • 夕やけ番長
  • 海底少年マリン
  • どろろ
  • 紅三四郎
  • 巨人の星対鉄腕アトム
  • おらぁグズラだど
  • 男一匹ガキ大将
  • ムーミン
  • シートン動物記
  • 赤き血のイレブン
  • アタックNo.1
  • あしたのジョー
  • 男ドアホウ!甲子園
  • 昆虫物語 みなしごハッチ
  • さすらいの太陽
  • 天才バカボン
  • ふしぎなメルモ
  • 新・オバケのQ太郎
  • 国松様のお通りだい
  • いなかっぺ大将
  • 正義を愛する者 月光仮面
  • アニメ・ドキュメント ミュンヘンのへの道
  • モンシェリCoCo
  • ハゼドン
  • ど根性ガエル
  • けろっこデメタン
  • ワンサくん
  • 山ねずみロッキーチャック
  • 侍ジャイアンツ
  • 新造人間キャシャーン
  • アルプスの少女ハイジ
  • ゼロテスター
  • 昆虫物語 新みなしごハッチ
  • 小さなバイキングビッケ
  • 宇宙戦艦ヤマト
  • 破裏拳ポリマー
  • フランダースの犬
  • 母をたずねて三千里
  • アンデス少年ペペロの冒険
  • 超電磁ロボ コン・バトラーV
  • ゴワッパー5 ゴーダム
  • ろぼっ子ビートン
  • あらいぐまラスカル
  • 合身戦隊メカンダーロボ
  • 超電磁マシーン ボルテスV
  • シートン動物記 くまの子ジャッキー
  • ヤッターマン
  • ペリーヌ物語
  • 闘将ダイモス
  • 未来少年コナン
  • とびだせ!マシーン飛竜
  • まんが日本昔ばなし
  • 宇宙魔神ダイケンゴー
  • 赤毛のアン
  • 科学忍者隊ガッチャマンⅡ
  • ザ・ウルトラマン
  • 宇宙大帝ゴッドシグマ
  • ルパン三世(TV第2シリーズ)
  • 新世紀GPXサイバーフォーミュラ
  • 銀河漂流バイファム
  • ママは小学4年生
  • GUNDAM EVOLVE 5
  •  |  富野作品感想 | 富野由悠季関連 | 井荻麟関連 | 富野情報 | 富野雑談 | レビュー | ブログ運営 | 日常話 | 未分類 | 給華文讀者 | Gのレコンギスタ | 
    Copyright(C) 2007All Rights Reserved. TOMINOSUKI / 富野愛好病
    Powered by FC2ブログ.
    template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.