富野由悠季監督とその作品をひたすら語るブログ

TOMINOSUKI / 富野愛好病
http://kaito2198.blog43.fc2.com/

プロフィール

kaito2198

Author:kaito2198
台湾人。
ただのファンです。

twitterは@kaito2198です。

仕事やブログ関係のご連絡は
kaito2198@hotmail.comまでお願いします。

給華文圈之富野由悠季愛好者的一些話
關於本站文章的轉載聲明

富野監督関連資料一覧

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

グーバーウォーク

『センゴク 一統記』は小牧長久手の戦いをもって終結する。そして新章へ……と思うよね

2015/04/10 14:58|未分類TRACKBACK:0COMMENT:0
このエントリーを含むはてなブックマーク はてなブックマーク - 『センゴク 一統記』は小牧長久手の戦いをもって終結する。そして新章へ……と思うよね
 前も言いましたが、私は『センゴク』という戦国時代を描く作品がかなり好きです。連載が進むのにつれて、リアルになりつつも初心を忘れない描写には、ものすごく好感を持っています。もちろん、主人公である仙石秀久家は史実の人物を出さずに、もっぱらオリジナルキャラで持たすのにいささか文句がないわけではありませんが…。



 それはともかく、最近「センゴク」の第三シリーズ「一統記」では賤ヶ岳の戦いが終わり、いよいよ小牧長久手の戦いに突入する局面に入りつつあります。そして単行本を数えると、すでに12巻に入っていました。

 今までの法則でいうと、15巻をもって一旦区きりをして、また新シリーズに突入のがセオリーです。もちろん、物語はあくまで連続しているものですので、新シリーズに入っても特に何が変わるわけではありません。それでも、無印は別にして、「天正記」も「一統記」もやはりテーマというか目標みたいなものが存在していますので、現行シリーズの「一統記」が15巻で終わって、そこから新シリーズに入るのもごく自然なことだと思います。



 そうはいいながらも、やはりネット上には「一統記なのに、天下統一してないじゃん」や「統一するならば、このままシリーズが継続するじゃね?」という声が存在しています。

 まったく違います。そもそも、作者は「一統記」の目指す目標をとっくに劇中で明言しました。第5巻のP55-57のところ、信長が明智光秀に討たれた話を受けて、毛利家と和睦して撤退を決意した秀吉に対して、官兵衛は以下の話をしました。

黒田「当初は綿密な戦略でことを成すはずであった。

しかし、それを許さぬ状況となった。

毛利が体制を立て直すまで、和睦はもって数年…いや一年。

秀吉「その一年の間に 明智に勝つ算段と…」

黒田「否 制すべきは明智のみならず 柴田も丹羽も滝川も

日ノ本にまたがる織田家諸将全て制し 一統せねばならぬ

それ以外に 生き残る道はござらぬ」

 そうです。そもそも「一統」は織田家の勢力を全部制する意味です。なので、物語は小牧長久手の戦いに突入することが必至となった今では、信雄くんのみならず、家康まで臣服させるところまでいけるかどうかはいささか分かりませんが、とりあえず一統記はこのあたりで一旦終結するのは間違いないでしょう。

センゴク一統記(12) (ヤンマガKCスペシャル)センゴク一統記(12) (ヤンマガKCスペシャル)
宮下 英樹

講談社
売り上げランキング : 330

Amazonで詳しく見る by AZlink


 そして、第4シリーズではいよいよ『センゴク』が本格的に書こうとするテーマに入るのでしょう。

 そうです。タイトルのとおり、この作品の主人公はあくまで仙石権兵衛秀久なのです(四国で戦っているから最近非常に影薄いのですが)。山崎の戦い、賤ヶ岳の戦い、小牧長久手の戦いと連続に重大な戦いに無縁な仙石なのですが(史実だから仕方ない)、残りの天下統一事業においては大活躍…とまで言えないけど、少なくとも大半参加しています。

 軽く考えても以下のものがあります:

1585年3月-4月 紀州征伐 参加

1585年6月-8月 四国征伐 参加

 讃岐10万石国主へ転封

(この間に九州で忍者してる?)

1587年1月 九州征伐…戸次川の戦い 参加、そして大敗

 戦後所領没収で追放

(この間は何をするのだろう…)

1590年2月-7月 小田原征伐 参加、そして大復活

 戦後で大名復帰


 と、仙石の復活劇までの経歴を並べただけでも、これだけがあります。

 仮に第4シリーズも15巻まで完走する予定でしたら、上の話だけではいささか足りないかもしれません。が、家康との関係、秀吉との関係、関が原、さらに大阪の陣で息子が両方に分けて戦う話など、ネタはいくらでもあります。わざわざと真田との因縁を描くなどと、おそらく作者もやる気があると思いますが、そればかりは連載と人気などとの相談になるのでしょう。



 というわけで、第4シリーズは秀吉だけでなく、家康にも絡む場合だと、やはりタイトルは「天下記」とかになるのでしょう。「一統記」も残りわずか3巻くらいで30回満たさないボリュームですが、小牧長久手の戦いを描く以上、権兵衛はもう出番がないのでしょう。次のシリーズで、作者と権兵衛は果たしてどんな物語を見せてくれるのか? それは今から楽しみで仕方ありません。


過去記事

石高比べ――『センゴク』と『へうげもの』のもう一つの楽しみ方

センゴク(1) (ヤンマガKCスペシャル)センゴク(1) (ヤンマガKCスペシャル)
宮下 英樹

講談社
売り上げランキング : 44031

Amazonで詳しく見る by AZlink
センゴク天正記(1) (ヤンマガKCスペシャル)センゴク天正記(1) (ヤンマガKCスペシャル)
宮下 英樹

講談社
売り上げランキング : 64351

Amazonで詳しく見る by AZlink
センゴク一統記(1) (ヤンマガKCスペシャル)センゴク一統記(1) (ヤンマガKCスペシャル)
宮下 英樹

講談社
売り上げランキング : 33017

Amazonで詳しく見る by AZlink
コメント
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURLはこちら
http://kaito2198.blog43.fc2.com/tb.php/1625-22ac373c

ブログ内検索

なんとなく富野商品

リンク

このブログをリンクに追加する

カテゴリー

まともに機能しなくてすみません。これからゆっくりペースで直します。

RSSフィード

FC2カウンター

富野監督作品一覧

  • 海のトリトン
  • しあわせの王子
  • 勇者ライディーン
  • ラ・セーヌの星
  • 無敵超人ザンボット3
  • 無敵鋼人ダイターン3
  • 機動戦士ガンダム
  • 伝説巨神イデオン
  • 機動戦士ガンダム(劇場版)
  • 機動戦士ガンダムⅡ 哀戦士編
  • 戦闘メカ ザブングル
  • 機動戦士ガンダムⅢ めぐりあい宇宙編
  • 伝説巨神イデオン・接触篇 -A CONTACT-
  • 伝説巨神イデオン・発動篇 -Be Invoked-
  • 聖戦士ダンバイン
  • ザブングル グラフィティ
  • 重戦機エルガイム
  • 機動戦士Zガンダム
  • 機動戦士ガンダムZZ
  • 機動戦士ガンダム 逆襲のシャア
  • 機動戦士ガンダムF91
  • 機動戦士Vガンダム
  • 闇夜の時代劇 正体を見る
  • バイストンウェル物語 ガーゼィの翼
  • ブレンパワード
  • ∀ガンダム
  • 劇場版∀ガンダムⅠ 地球光
  • 劇場版∀ガンダムⅡ 月光蝶
  • OVERMAN キングゲイナー
  • 機動戦士Ζガンダム A New Translation -星を継ぐ者-
  • 機動戦士ΖガンダムⅡ A New Translation -恋人たち-
  • リーンの翼
  • 機動戦士ΖガンダムⅢ A New Translation -星の鼓動は愛-
  • RING OF GUNDAM
  • ガンダム Gのレコンギスタ
  • 富野参加作品一覧

  • 鉄腕アトム
  • 戦え!オスパー
  • リボンの騎士
  • 巨人の星
  • アニマル1
  • 夕やけ番長
  • 海底少年マリン
  • どろろ
  • 紅三四郎
  • 巨人の星対鉄腕アトム
  • おらぁグズラだど
  • 男一匹ガキ大将
  • ムーミン
  • シートン動物記
  • 赤き血のイレブン
  • アタックNo.1
  • あしたのジョー
  • 男ドアホウ!甲子園
  • 昆虫物語 みなしごハッチ
  • さすらいの太陽
  • 天才バカボン
  • ふしぎなメルモ
  • 新・オバケのQ太郎
  • 国松様のお通りだい
  • いなかっぺ大将
  • 正義を愛する者 月光仮面
  • アニメ・ドキュメント ミュンヘンのへの道
  • モンシェリCoCo
  • ハゼドン
  • ど根性ガエル
  • けろっこデメタン
  • ワンサくん
  • 山ねずみロッキーチャック
  • 侍ジャイアンツ
  • 新造人間キャシャーン
  • アルプスの少女ハイジ
  • ゼロテスター
  • 昆虫物語 新みなしごハッチ
  • 小さなバイキングビッケ
  • 宇宙戦艦ヤマト
  • 破裏拳ポリマー
  • フランダースの犬
  • 母をたずねて三千里
  • アンデス少年ペペロの冒険
  • 超電磁ロボ コン・バトラーV
  • ゴワッパー5 ゴーダム
  • ろぼっ子ビートン
  • あらいぐまラスカル
  • 合身戦隊メカンダーロボ
  • 超電磁マシーン ボルテスV
  • シートン動物記 くまの子ジャッキー
  • ヤッターマン
  • ペリーヌ物語
  • 闘将ダイモス
  • 未来少年コナン
  • とびだせ!マシーン飛竜
  • まんが日本昔ばなし
  • 宇宙魔神ダイケンゴー
  • 赤毛のアン
  • 科学忍者隊ガッチャマンⅡ
  • ザ・ウルトラマン
  • 宇宙大帝ゴッドシグマ
  • ルパン三世(TV第2シリーズ)
  • 新世紀GPXサイバーフォーミュラ
  • 銀河漂流バイファム
  • ママは小学4年生
  • GUNDAM EVOLVE 5
  •  |  富野作品感想 | 富野由悠季関連 | 井荻麟関連 | 富野情報 | 富野雑談 | レビュー | ブログ運営 | 日常話 | 未分類 | 給華文讀者 | Gのレコンギスタ | 
    Copyright(C) 2007All Rights Reserved. TOMINOSUKI / 富野愛好病
    Powered by FC2ブログ.
    template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.