富野由悠季監督とその作品をひたすら語るブログ

TOMINOSUKI / 富野愛好病
http://kaito2198.blog43.fc2.com/

プロフィール

kaito2198

Author:kaito2198
台湾人。
ただのファンです。

twitterは@kaito2198です。

仕事やブログ関係のご連絡は
kaito2198@hotmail.comまでお願いします。

給華文圈之富野由悠季愛好者的一些話
關於本站文章的轉載聲明

富野監督関連資料一覧

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

グーバーウォーク

『ガンダム Gのレコンギスタ』のBlu-ray&DVD修正で何が変わるの?

2015/04/21 00:34|GのレコンギスタTRACKBACK:0COMMENT:2
このエントリーを含むはてなブックマーク はてなブックマーク - 『ガンダム Gのレコンギスタ』のBlu-ray&DVD修正で何が変わるの?
 ガンダムシリーズの最新テレビ作品、富野由悠季監督の最新作『ガンダム Gのレコンギスタ』は3月いっぱいに本放送が終えましたが、テレビ放送やインターネット配信はいまでも絶賛進行中です。

 一方、そんな「G-レコ」のBlu-ray&DVD版は好評発売中で、今月に第5巻を迎えます。ところで、富野監督は今回テレビ放送だけでなく、「Blu-ray&DVD版を修正しますから、ぜひ買ってください」という発言をしました。本放送時、現場の制限を受けたとはいえ、かつて円盤修正に否定的なスタンスを取り、なおかつ(実質的に販促文句とはいえ)「買ってはいけません」といってきた富野監督の発言だけに、実はかなり衝撃的な話だといえるかもしれません。

 そういうわけで、今日は富野由悠季監督およびG-レコに関するスタッフの発言を中心に、Blu-ray&DVD版の修正内容および意義についてまとめたいと思っております。



1、富野総監督とキャラクターに聞く67のQ&A

AnimeJpan2015 G-レコ関係メモ - シャア専用ブログ@アクシズ

Q.36 上井草凛さんから富野総監督への質問 Q.G-レコは面白いですけど、分かりにくいところもたくさんありました。小説で書くと、ものすごく分かりやすくて面白い内容になると思いますが、小説を書くつもりはありますか?

僕のキャリアで言えば、小説を書くというのも許されるかもしれないと思ってます。が、G-レコは書けないと思います。と言うのは、本当に分かりにくい所もあるから、ノベルスにして解説をしたいと思ってるんですが、解説をして良い様な作品ではない気がする。G-レコは今回完全に動画作品として、アニメとして、かなり良い所に行ってると思ってます。ですからです。分かりにくいところに関しては本当に申し訳ないと思っていますが、もうちょっと分かりやすく観る方法があります。Blu-rayを是非ご覧ください。かなり分かりやすくなっています

 ここでは、ソフト版を「分かりやすい」だといいましたが、何をもって分かりやすくなるとはまだ明言しませんでした。


2、エンタミクス2015年6月号インタビュー

そんな意見(筆者注:分かりにくいという評判)も踏まえてBlu-ray&DVD版では、クォリティアップのための手直し作業を行っています。テンポの速い作品だからこそ、ダビングのバランスや正確さが作品の面白さに直結してしまうのです。音楽なども差し替えて、現時点の完全版といえるところまで持ってきているので、放送時とかなり違った印象で楽しめるはずです。やはりパッケージ版に関しては対価に値する商品を提供しなければという思いは強いですしね。

 ここでいう話は、つまりオンエア版のバランスと正確さが足りなかったといっているのです。オンエア版は正直今日のテレビアニメのなかではもう十分クォリティが高い部類なのですが、それでも監督の意に添えませんので、さらなるクォリティアップを計り、オンエア版と打って変わって、より「完全版」なるものに持っていくということです。



3、twitter公式アカウントの説明(中の人:仲寿和制作デスク)

 twitterでは引用できませんので、当該箇所を以下に抽出。「あくまで「見やすくする」ためのリテイク」「見ていて気持ちよいテンポ」。シーンの構成が変わらないことを考えると、おそらく秒数やカメラワークのスピードなどに関する調整はかなり行うと予想できます。



4、『ガンダム Gのレコンギスタ』オリジナルサウンドトラック 富野由悠季x菅野祐悟対談

富野 (前略)今回の『G-レコ』で露見したことがあって、半分以上絵についてない状態でやったものなので、論理的に詰めただけでは突破できない部分がどうしても出てきてしまったので、Blu-ray用のダビングの直しはかなりやってます音楽の上げ下げをちょっとやるだけで化けるからです。「菅野祐悟が書いてくれた曲を伊達には使わねえぞ」っていうのは見せたいですからね。菅野祐悟のこういうソースをいただいたんだからここまで弄れるよね、ここまで使えるよねと、実演させてもらえたのは、やっぱりこの音だからです。
菅野 玉葱の回(22話)の最後はうれしかったですけどね。ふたりが再会するシーン。
富野 でもすみません、あの回なんか実を言うと全体の仕上がりは最悪で。Blu-rayになったらもう一度観返してください。

--マスク大尉とマニィが再会するところはすごく感動しましたよ。そこであの曲が流れて目頭が熱くなりました。
富野 それに関してはもう「当たり前だろ!」と言いたいですけど、オンエア状態での泣きは、最低レベルでした。Blu-rayでは、「ここまで変わるか」というのが何本かあるんですよ

 さらに、ここでは音楽の使い方まで変わると発言しました。そして確証が無いのですが、最後の赤字の部分を踏まえて解釈すると、ひょっとしたら声のリテイクもあるかもしれません。



5、キャラデザイン&作画チーフの吉田健一氏


 吉田氏はあくまで個人の感想を語っていますので、ここでの引用はあくまで補足的に紹介していることを先に断っておきます。が、当たり前なんですが、リテイクには作画の修正がつきものです。そして吉田氏が作画チーフであるからには、当然自ら修正も行うのでしょう。



結論:Blu-ray&DVD版リテイクで『G-レコ』は(現時点の)「完全版」となる

 以上を簡単にまとめると、Blu-ray&DVD版リテイクは「分かりやすく、見やすく、面白くするために、ダビングのバランスや正確さを図りつつ、見ていて気持ちよいテンポに仕上げ、作画を修正し、音楽を含める音などもいじることによって、クォリティアップを達成し、放送時とかなり違った印象で楽しめる、現時点で完全版と言える内容」のようです。ちょっと自分でも何かを言っているか分かりませんが、富野監督およびスタッフの発言を曲解したくありませんので、忠実に書きました。

 当然、物語そのものが変わるわけではありませんので、構造的に同一なものです。しかしながら、編集の名人でもある富野監督がここまでテレビアニメの作品を弄るのはめったにないことですし、それによって『G-レコ』がさらに見やすくて分かりやすくて面白いものになってくれれば、それは当然とても良いことです。ある意味、円盤を購入する人たちに対するご褒美みたいなものです。

 以上の話をもって、『ガンダム Gのレコンギスタ』のBlu-ray&DVD版の第5巻以降は、ますます見逃せないものだと言えます。そういう意味では、皆さんはぜひBlu-ray&DVDを購入し、自分の目と身体でそのリニューアルされる「G-レコ」ワールドを堪能してください。





 以上は、これから発売される第5巻についての高まる期待を述べました。一方、すでに発売された既存の巻数に関して、やはり発売元および制作側にはきちんとフォローしてほしいものです。特に、第2巻に関しては明らかなミスがありました。以下はアマゾンのレビューより引用。

Amazon.co.jp: ガンダム Gのレコンギスタ 2(特装限定版) [Blu-ray]の TYUJIさんのレビュー

しかしながら残念ながらこのBDでは第5話の最後、メガファウナが宇宙に上がる印象的なシーンのカット(着火のタイミングだけ)が何故か差替えられており、にもかかわらず音がTV放送時そのままなので、音のタイミングが全く合っていないという、悪い編集がされています。

 とのことです。私自身も購入しましたが、やはりそのような現象がありました。これについて、今のところ発売元はまだ何のアナウンスがありませんでした。回収再交換をしろとはいいませんが、せめてこれからの発売に関してきちんと修正した上で、この件を公式的にアナウンスしてもらいたいものです。それこそが正しい責任の取り方です。

コメント
まずは総集編映画からというオファーがあるという発言が嬉しかった
「まずは」ということは新作も可能性ありなんだなと
とら #-|2015/04/21(火) 17:08 [ 編集 ]
気になっていた情報をわかりやすくしていただいて
ありがとうございます!

まぁ今後はこちらがスタンダードになるのでしょうから、
いつかは(ちょっと弱き)必ず手に入れたいと思いました。

でも、その分本放送分はレアになるのかな?

この間のトークショーでもMXとかの最近はじめた再放送とかなら
もしかしたら〜と小形さんが話してましたから、そうなると余計に。
まそ #-|2015/04/22(水) 15:23 [ 編集 ]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURLはこちら
http://kaito2198.blog43.fc2.com/tb.php/1623-4233af47

ブログ内検索

なんとなく富野商品

リンク

このブログをリンクに追加する

カテゴリー

まともに機能しなくてすみません。これからゆっくりペースで直します。

RSSフィード

FC2カウンター

富野監督作品一覧

  • 海のトリトン
  • しあわせの王子
  • 勇者ライディーン
  • ラ・セーヌの星
  • 無敵超人ザンボット3
  • 無敵鋼人ダイターン3
  • 機動戦士ガンダム
  • 伝説巨神イデオン
  • 機動戦士ガンダム(劇場版)
  • 機動戦士ガンダムⅡ 哀戦士編
  • 戦闘メカ ザブングル
  • 機動戦士ガンダムⅢ めぐりあい宇宙編
  • 伝説巨神イデオン・接触篇 -A CONTACT-
  • 伝説巨神イデオン・発動篇 -Be Invoked-
  • 聖戦士ダンバイン
  • ザブングル グラフィティ
  • 重戦機エルガイム
  • 機動戦士Zガンダム
  • 機動戦士ガンダムZZ
  • 機動戦士ガンダム 逆襲のシャア
  • 機動戦士ガンダムF91
  • 機動戦士Vガンダム
  • 闇夜の時代劇 正体を見る
  • バイストンウェル物語 ガーゼィの翼
  • ブレンパワード
  • ∀ガンダム
  • 劇場版∀ガンダムⅠ 地球光
  • 劇場版∀ガンダムⅡ 月光蝶
  • OVERMAN キングゲイナー
  • 機動戦士Ζガンダム A New Translation -星を継ぐ者-
  • 機動戦士ΖガンダムⅡ A New Translation -恋人たち-
  • リーンの翼
  • 機動戦士ΖガンダムⅢ A New Translation -星の鼓動は愛-
  • RING OF GUNDAM
  • ガンダム Gのレコンギスタ
  • 富野参加作品一覧

  • 鉄腕アトム
  • 戦え!オスパー
  • リボンの騎士
  • 巨人の星
  • アニマル1
  • 夕やけ番長
  • 海底少年マリン
  • どろろ
  • 紅三四郎
  • 巨人の星対鉄腕アトム
  • おらぁグズラだど
  • 男一匹ガキ大将
  • ムーミン
  • シートン動物記
  • 赤き血のイレブン
  • アタックNo.1
  • あしたのジョー
  • 男ドアホウ!甲子園
  • 昆虫物語 みなしごハッチ
  • さすらいの太陽
  • 天才バカボン
  • ふしぎなメルモ
  • 新・オバケのQ太郎
  • 国松様のお通りだい
  • いなかっぺ大将
  • 正義を愛する者 月光仮面
  • アニメ・ドキュメント ミュンヘンのへの道
  • モンシェリCoCo
  • ハゼドン
  • ど根性ガエル
  • けろっこデメタン
  • ワンサくん
  • 山ねずみロッキーチャック
  • 侍ジャイアンツ
  • 新造人間キャシャーン
  • アルプスの少女ハイジ
  • ゼロテスター
  • 昆虫物語 新みなしごハッチ
  • 小さなバイキングビッケ
  • 宇宙戦艦ヤマト
  • 破裏拳ポリマー
  • フランダースの犬
  • 母をたずねて三千里
  • アンデス少年ペペロの冒険
  • 超電磁ロボ コン・バトラーV
  • ゴワッパー5 ゴーダム
  • ろぼっ子ビートン
  • あらいぐまラスカル
  • 合身戦隊メカンダーロボ
  • 超電磁マシーン ボルテスV
  • シートン動物記 くまの子ジャッキー
  • ヤッターマン
  • ペリーヌ物語
  • 闘将ダイモス
  • 未来少年コナン
  • とびだせ!マシーン飛竜
  • まんが日本昔ばなし
  • 宇宙魔神ダイケンゴー
  • 赤毛のアン
  • 科学忍者隊ガッチャマンⅡ
  • ザ・ウルトラマン
  • 宇宙大帝ゴッドシグマ
  • ルパン三世(TV第2シリーズ)
  • 新世紀GPXサイバーフォーミュラ
  • 銀河漂流バイファム
  • ママは小学4年生
  • GUNDAM EVOLVE 5
  •  |  富野作品感想 | 富野由悠季関連 | 井荻麟関連 | 富野情報 | 富野雑談 | レビュー | ブログ運営 | 日常話 | 未分類 | 給華文讀者 | Gのレコンギスタ | 
    Copyright(C) 2007All Rights Reserved. TOMINOSUKI / 富野愛好病
    Powered by FC2ブログ.
    template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.