富野由悠季監督とその作品をひたすら語るブログ

TOMINOSUKI / 富野愛好病
http://kaito2198.blog43.fc2.com/

プロフィール

kaito2198

Author:kaito2198
台湾人。
ただのファンです。

twitterは@kaito2198です。

仕事やブログ関係のご連絡は
kaito2198@hotmail.comまでお願いします。

給華文圈之富野由悠季愛好者的一些話
關於本站文章的轉載聲明

富野監督関連資料一覧

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

グーバーウォーク

井荻麟作詞論 第51回「CENTURY COLOR」

2015/04/08 02:01|井荻麟関連TRACKBACK:0COMMENT:2
このエントリーを含むはてなブックマーク はてなブックマーク - 井荻麟作詞論 第51回「CENTURY COLOR」
 井荻麟作詞論の記事は、富野由悠季監督が書いた作詞を語るものです。全部は100回以上の予定です。今日の第51回では、テレビアニメ『∀ガンダム』の2ndオープニング「CENTURY COLOR」について語りたいと思います。



CENTURY COLOR

作詞:井荻麟、浜口祐夢/作曲:浜口祐夢/編曲:RAY-GUNS/歌:RAY-GUNS

赤い 赤い 花びらよ [Uh..Century Color]
青い 青い 羽根になれ [Uh..Million Color]
あなたの未来染めて藍(あい)して 生まれ変わってゆく...

 2ndオープニングでありながら、異例的に1クールほどしか使われなかった曲であるため、純粋な視聴者にとってあまり馴染みのない曲と言われている。

 富野の述懐によると、もともと最後まで1stオープニングの「ターンAターン」を使うつもりだったが、外部の商業的な思惑で、この曲の追加を余儀なくされたという。その経緯から1クールにしか使われてなかったが、当初の予定にはなかったにせよ、単純な結果としては、凄く優れる出来が残していたと言える。



 歌手や曲調などで考えると、前期とはうって変わったようなイメージが強いのだが、歌詞を吟味すれば、案外近いところもある。

繰り返す季節達が 心と身体を洗ってくれる
あなたの中にある傷口をいたわり 深く癒し合いながら

ほんのちいさなツボミ ふたりで育てる
藍(あい)だけでいい 永遠(ずっ)と...

 このようにして、「ターンAターン」で取り上げた「歴史の悠久(=時=繰り返す季節)」「人の人の結合(=癒し合いながら )」、そして「人との繋がりでじっくり歴史の傷痕を癒す」「未来を築く(=ふたりで育てる )」などの要素は、実はこの曲にも全部含めている。

 つまり、この作詞は決して単純なビジネスの要請による産物ではない。テーマにおいても、前期と後期オープニングの二曲はまったく同質といっていい。そういう意味でも、『∀ガンダム』のテーマが最初から最後までブレていなかったことはオープニングからも伺える。

 しかし、それだけではない。「CENTURY COLOR」の特徴はむしろ前期からの問題意識を継承しつつ、さらに開放感を与えたところにある。



 作詞で使われている「色遣い」を見れば一目瞭然で、「ターンAターン」が「黒」や「烙印」「悲しみ」「せつなさ」など暗い色調のフレーズに綴られたのに対して、「CENTURY COLOR」は「赤」「青」「藍」「夢」など鮮やかで軽い色調を中心に展開されている。また、前者が西城秀樹氏の重みのある歌い方であるのに対して、後者がRAY-GUNSの奔放で自由な歌い方という要素も相まって、『∀ガンダム』のテーマである「全否定・全肯定」のうちの「全肯定」のニュアンスを強く感じさせてくれる

 これは、映像表現からも伺える。「ターンAターン」のオープニング映像では、黒歴史の断片(歴代ガンダム作品の映像)が黒い太陽に収束して燃え尽きるのに対して、「CENTURY COLOR」では逆に地球から開放され、葉となり、ロランの手で光となっていくという極めて対照的な形となっている。両方が同じ問題意識を持ちながらも、前者を前置きにして後者を見ると、その全肯定である健やかさと解放感をより一層実感できる。

 さらに邪推すると、赤と青という色は容易にガンダムのトリコロールカラーを想起できることからも、かつてガンダムシリーズのしがらみに縛られ、苦しみ続けていた富野は、ようやくガンダムを再び肯定したといえるし、そのような赤と青を帯びている∀ガンダムは、まさに人に希望を与えてくれるガンダムということを仄めかしているかもしれない。

 つまり、この曲はターンAターンをスプリングボードにして大きく跳ね上がった会心作で、放送前から制作された1stオープニングと違って、監督の富野が放送中の空気と作品が持っている豊穣な養分を吸い取ったからこそ、ようやく出来上がった曲である。そういう意味では、この「赤」を「藍」で「青」にするという鮮やかな色彩感覚は、まさに作家・富野由悠季の復活を象徴するものでしょう。



 ところで、この作詞は例に漏れず英語が入っているが、タイトルにもなっていることから、富野が手がけたものと言っていいだろう。

  「センチュリーカラー」「ミリオンカラー」は直訳すると「世紀の色」「百万個の色」で、ストレートに「(人類が歴史を重ねた)世紀には無限の色がある」 と解かすことが素直なのだが、だからといって、あえてそのフレーズから性的な意味を見出すこともごく自然であろう。このようにして、セックスは1stオープニングから受け継いだテーマの一つであり、いわゆる白富野の命題の一つでもあるから。


 最後、この作詞は井荻麟、浜口祐夢の連名となっているが、その合作の内実は判明されていない。しかし、浜口氏の述懐で言及した井荻パートの難解さから察するに、浜口氏が手がけたパートは井荻作詞を受けて作った「比較的分かりやすい部分」と理解できなくもない。

 このロジックで考えると、以下の「歩く」ことを中心にする部分が、浜口氏の手による可能性は比較的に大きいでしょう。

こんな大きな世界で 僕らは出会った
歩き続ける ために...

名もなき未来地図を探して 強く 強く 夢紡いでいた
生まれ変われるまで...

コメント
わかりやすいご説明、ありがとうございました。
#-|2016/06/02(木) 15:29 [ 編集 ]
読んでいただきありがとうございます。
∀関係のテーマは作詞を通して表現してたとは思っております。
kaito2198 #L2WcHO2o|2016/06/05(日) 20:57 [ 編集 ]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURLはこちら
http://kaito2198.blog43.fc2.com/tb.php/1621-5eca5fd1

ブログ内検索

なんとなく富野商品

リンク

このブログをリンクに追加する

カテゴリー

まともに機能しなくてすみません。これからゆっくりペースで直します。

RSSフィード

FC2カウンター

富野監督作品一覧

  • 海のトリトン
  • しあわせの王子
  • 勇者ライディーン
  • ラ・セーヌの星
  • 無敵超人ザンボット3
  • 無敵鋼人ダイターン3
  • 機動戦士ガンダム
  • 伝説巨神イデオン
  • 機動戦士ガンダム(劇場版)
  • 機動戦士ガンダムⅡ 哀戦士編
  • 戦闘メカ ザブングル
  • 機動戦士ガンダムⅢ めぐりあい宇宙編
  • 伝説巨神イデオン・接触篇 -A CONTACT-
  • 伝説巨神イデオン・発動篇 -Be Invoked-
  • 聖戦士ダンバイン
  • ザブングル グラフィティ
  • 重戦機エルガイム
  • 機動戦士Zガンダム
  • 機動戦士ガンダムZZ
  • 機動戦士ガンダム 逆襲のシャア
  • 機動戦士ガンダムF91
  • 機動戦士Vガンダム
  • 闇夜の時代劇 正体を見る
  • バイストンウェル物語 ガーゼィの翼
  • ブレンパワード
  • ∀ガンダム
  • 劇場版∀ガンダムⅠ 地球光
  • 劇場版∀ガンダムⅡ 月光蝶
  • OVERMAN キングゲイナー
  • 機動戦士Ζガンダム A New Translation -星を継ぐ者-
  • 機動戦士ΖガンダムⅡ A New Translation -恋人たち-
  • リーンの翼
  • 機動戦士ΖガンダムⅢ A New Translation -星の鼓動は愛-
  • RING OF GUNDAM
  • ガンダム Gのレコンギスタ
  • 富野参加作品一覧

  • 鉄腕アトム
  • 戦え!オスパー
  • リボンの騎士
  • 巨人の星
  • アニマル1
  • 夕やけ番長
  • 海底少年マリン
  • どろろ
  • 紅三四郎
  • 巨人の星対鉄腕アトム
  • おらぁグズラだど
  • 男一匹ガキ大将
  • ムーミン
  • シートン動物記
  • 赤き血のイレブン
  • アタックNo.1
  • あしたのジョー
  • 男ドアホウ!甲子園
  • 昆虫物語 みなしごハッチ
  • さすらいの太陽
  • 天才バカボン
  • ふしぎなメルモ
  • 新・オバケのQ太郎
  • 国松様のお通りだい
  • いなかっぺ大将
  • 正義を愛する者 月光仮面
  • アニメ・ドキュメント ミュンヘンのへの道
  • モンシェリCoCo
  • ハゼドン
  • ど根性ガエル
  • けろっこデメタン
  • ワンサくん
  • 山ねずみロッキーチャック
  • 侍ジャイアンツ
  • 新造人間キャシャーン
  • アルプスの少女ハイジ
  • ゼロテスター
  • 昆虫物語 新みなしごハッチ
  • 小さなバイキングビッケ
  • 宇宙戦艦ヤマト
  • 破裏拳ポリマー
  • フランダースの犬
  • 母をたずねて三千里
  • アンデス少年ペペロの冒険
  • 超電磁ロボ コン・バトラーV
  • ゴワッパー5 ゴーダム
  • ろぼっ子ビートン
  • あらいぐまラスカル
  • 合身戦隊メカンダーロボ
  • 超電磁マシーン ボルテスV
  • シートン動物記 くまの子ジャッキー
  • ヤッターマン
  • ペリーヌ物語
  • 闘将ダイモス
  • 未来少年コナン
  • とびだせ!マシーン飛竜
  • まんが日本昔ばなし
  • 宇宙魔神ダイケンゴー
  • 赤毛のアン
  • 科学忍者隊ガッチャマンⅡ
  • ザ・ウルトラマン
  • 宇宙大帝ゴッドシグマ
  • ルパン三世(TV第2シリーズ)
  • 新世紀GPXサイバーフォーミュラ
  • 銀河漂流バイファム
  • ママは小学4年生
  • GUNDAM EVOLVE 5
  •  |  富野作品感想 | 富野由悠季関連 | 井荻麟関連 | 富野情報 | 富野雑談 | レビュー | ブログ運営 | 日常話 | 未分類 | 給華文讀者 | Gのレコンギスタ | 
    Copyright(C) 2007All Rights Reserved. TOMINOSUKI / 富野愛好病
    Powered by FC2ブログ.
    template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.