富野由悠季監督とその作品をひたすら語るブログ

TOMINOSUKI / 富野愛好病
http://kaito2198.blog43.fc2.com/

プロフィール

kaito2198

Author:kaito2198
台湾人。
ただのファンです。

twitterは@kaito2198です。

仕事やブログ関係のご連絡は
kaito2198@hotmail.comまでお願いします。

給華文圈之富野由悠季愛好者的一些話
關於本站文章的轉載聲明

富野監督関連資料一覧

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

グーバーウォーク

井荻麟作詞論 第47回 「ターンAターン」

2015/02/03 17:31|井荻麟関連TRACKBACK:0COMMENT:0
このエントリーを含むはてなブックマーク はてなブックマーク - 井荻麟作詞論 第47回 「ターンAターン」
 井荻麟作詞論の記事は富野由悠季監督の作詞を語るものです。全部は100回以上の予定です。今日の第47回では、テレビアニメ『∀ガンダム』のオープニングテーマ「ターンAターン」について語りたいと思います。



ターンAターン
作詞:井荻麟/作曲:小林亜星/編曲:矢田部正/歌:西城秀樹

ターンAターン ターンAターン ターンA

刻が未来にすすむと 誰がきめたんだ
烙印をけす命が 歴史をかきなおす

 『∀ガンダム』は1993-94年放送の『機動戦士Vガンダム』で一旦離れた富野由悠季が5年を経て、ふたたびガンダムに復帰した作品だ。原作者という身に加え、20周年という節目に一旦不本意な形で終わってしまったガンダムの監督を務めることで、今まで商業色が強かった平成三部作にうって変わって、富野は作品作りにおいて製作サイドからかなり自由に任せられた。特にOPの作詞に関しては、93年の『機動戦士Vガンダム』OP1以来なので、オープニングが映像面に関しても作詞面に関しても、かなり原作者の色を反映している。

 そしてこの作詞の特筆すべき特徴は、ガンダムシリーズのスタイルを反映しながら、いわゆる「白富野」「復活富野」といった『ブレンパワード』以降の作風を継承する作りとなっている



 第33回の「Ζ・刻を越えて」と第39回の「STAND UP TO THE VICTORY」でも言及したが、Z以降の富野ガンダムのOPには「意志の表明」という共通的な特徴を持っている。それが劇中の登場人物のものであると同時に、監督から視聴者へストレートに訴える一種のメッセージともなっている。

刻が未来にすすむと 誰がきめたんだ
烙印をけす命が 歴史をかきなおす

 これはもっとも『∀ガンダム』という作品を象徴する詞と言えるのでしょう。この作品の世界観や時代背景を物語ったと同時に、今まで宇宙世紀という軸でどんどん設定年代と内容を掘り下げるガンダム作品、ひいてはどんどん先鋭化してしまっているロボットアニメから脱却し、ふたたび「ファースト」――つまり原点回帰という意志を、作詞の体を借りて訴えている。



 また、白富野的なところも見逃せない。

あなたとの間に 命ある形を
この星に捧げる 愛というしるしで


 これは、明らかにセックスのことを指している。ターンエーにめぐる逸話や劇中で見かける描写でもわかるとおり、富野がこの作品においてもっとも重視しているテーマはまさしく人の性の有り様。そして根源からターンエーという作品に出てくるあらゆる人物を支配しているのはほかでもなく、「セックス」というものだ。

 性別論に関して、男と女の結合こそが人の円融という考え方は今までの富野作品(アニメ・小説問わずに)にも出ている要素なのだが、これほどはっきりとセックスを世代論と地球の再生に緊密な連結にするのは、明らかに今までよりステップアップして、白富野以降のテーマを引き継いている



 さらに、作品におけるキーワードの一つであり、テーマの一つでもある「黒歴史」についての描き方も興味深い。

巡りくる切なさ 悲しみを払って

黒くくすんだ暦を 新たに書き直す

ゆるやかに育てて 傷口を癒そう


 と、このように黒歴史という言葉を別の形で再三に繰り返す。黒歴史は本編の言葉を借りて説明すると、「全否定・全肯定」という言葉に尽きるが、これら「切なさ」「悲しみ」「黒くくすんだ暦」「傷口」などといった歌詞に用いられた言葉からは、西城氏の声の重厚さ、さらに映像の色調も相まって、どうしても「全否定」的なニュアンスが強く入ってしまっている

 もちろん、富野はもともと全話にこの曲を使う意図があるということからわかるとおり、この曲は否定一辺倒な曲ではない。肯定のニュアンスもちゃんと入っている。そういう意味では、この曲はまさしく『∀ガンダム』という作品そのものを体現するものだと言える。

 しかしながら、一つの作品の構成要素が複雑に多様であるように、歌もまた一面的ではない。歌詞-歌声-映像の三位一体で与えられる威力は実にすさまじいもの。単独に聞くと、確かに重厚で荘厳な気品さえ漂っている絶品だ。しかし、対比が生まれると、どうしても比較的に落ち着いた性質を与えられるものだ。そういう意味では、もう一つのオープニングテーマと対になっているところはぜひとも見逃さないでほしいのだが、それは第51回の『CENTURY COLOR』で改めて語ろう。
コメント
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURLはこちら
http://kaito2198.blog43.fc2.com/tb.php/1597-270be0a5

ブログ内検索

なんとなく富野商品

リンク

このブログをリンクに追加する

カテゴリー

まともに機能しなくてすみません。これからゆっくりペースで直します。

RSSフィード

FC2カウンター

富野監督作品一覧

  • 海のトリトン
  • しあわせの王子
  • 勇者ライディーン
  • ラ・セーヌの星
  • 無敵超人ザンボット3
  • 無敵鋼人ダイターン3
  • 機動戦士ガンダム
  • 伝説巨神イデオン
  • 機動戦士ガンダム(劇場版)
  • 機動戦士ガンダムⅡ 哀戦士編
  • 戦闘メカ ザブングル
  • 機動戦士ガンダムⅢ めぐりあい宇宙編
  • 伝説巨神イデオン・接触篇 -A CONTACT-
  • 伝説巨神イデオン・発動篇 -Be Invoked-
  • 聖戦士ダンバイン
  • ザブングル グラフィティ
  • 重戦機エルガイム
  • 機動戦士Zガンダム
  • 機動戦士ガンダムZZ
  • 機動戦士ガンダム 逆襲のシャア
  • 機動戦士ガンダムF91
  • 機動戦士Vガンダム
  • 闇夜の時代劇 正体を見る
  • バイストンウェル物語 ガーゼィの翼
  • ブレンパワード
  • ∀ガンダム
  • 劇場版∀ガンダムⅠ 地球光
  • 劇場版∀ガンダムⅡ 月光蝶
  • OVERMAN キングゲイナー
  • 機動戦士Ζガンダム A New Translation -星を継ぐ者-
  • 機動戦士ΖガンダムⅡ A New Translation -恋人たち-
  • リーンの翼
  • 機動戦士ΖガンダムⅢ A New Translation -星の鼓動は愛-
  • RING OF GUNDAM
  • ガンダム Gのレコンギスタ
  • 富野参加作品一覧

  • 鉄腕アトム
  • 戦え!オスパー
  • リボンの騎士
  • 巨人の星
  • アニマル1
  • 夕やけ番長
  • 海底少年マリン
  • どろろ
  • 紅三四郎
  • 巨人の星対鉄腕アトム
  • おらぁグズラだど
  • 男一匹ガキ大将
  • ムーミン
  • シートン動物記
  • 赤き血のイレブン
  • アタックNo.1
  • あしたのジョー
  • 男ドアホウ!甲子園
  • 昆虫物語 みなしごハッチ
  • さすらいの太陽
  • 天才バカボン
  • ふしぎなメルモ
  • 新・オバケのQ太郎
  • 国松様のお通りだい
  • いなかっぺ大将
  • 正義を愛する者 月光仮面
  • アニメ・ドキュメント ミュンヘンのへの道
  • モンシェリCoCo
  • ハゼドン
  • ど根性ガエル
  • けろっこデメタン
  • ワンサくん
  • 山ねずみロッキーチャック
  • 侍ジャイアンツ
  • 新造人間キャシャーン
  • アルプスの少女ハイジ
  • ゼロテスター
  • 昆虫物語 新みなしごハッチ
  • 小さなバイキングビッケ
  • 宇宙戦艦ヤマト
  • 破裏拳ポリマー
  • フランダースの犬
  • 母をたずねて三千里
  • アンデス少年ペペロの冒険
  • 超電磁ロボ コン・バトラーV
  • ゴワッパー5 ゴーダム
  • ろぼっ子ビートン
  • あらいぐまラスカル
  • 合身戦隊メカンダーロボ
  • 超電磁マシーン ボルテスV
  • シートン動物記 くまの子ジャッキー
  • ヤッターマン
  • ペリーヌ物語
  • 闘将ダイモス
  • 未来少年コナン
  • とびだせ!マシーン飛竜
  • まんが日本昔ばなし
  • 宇宙魔神ダイケンゴー
  • 赤毛のアン
  • 科学忍者隊ガッチャマンⅡ
  • ザ・ウルトラマン
  • 宇宙大帝ゴッドシグマ
  • ルパン三世(TV第2シリーズ)
  • 新世紀GPXサイバーフォーミュラ
  • 銀河漂流バイファム
  • ママは小学4年生
  • GUNDAM EVOLVE 5
  •  |  富野作品感想 | 富野由悠季関連 | 井荻麟関連 | 富野情報 | 富野雑談 | レビュー | ブログ運営 | 日常話 | 未分類 | 給華文讀者 | Gのレコンギスタ | 
    Copyright(C) 2007All Rights Reserved. TOMINOSUKI / 富野愛好病
    Powered by FC2ブログ.
    template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.