富野由悠季監督とその作品をひたすら語るブログ

TOMINOSUKI / 富野愛好病
http://kaito2198.blog43.fc2.com/

プロフィール

kaito2198

Author:kaito2198
台湾人。
ただのファンです。

twitterは@kaito2198です。

仕事やブログ関係のご連絡は
kaito2198@hotmail.comまでお願いします。

給華文圈之富野由悠季愛好者的一些話
關於本站文章的轉載聲明

富野監督関連資料一覧

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

グーバーウォーク

【随時更新】『ガンダム Gのレコンギスタ』を見たお子さんは集まれ! ちびっ子たちのG-レコ感想をまとめてみた

2014/10/21 20:58|GのレコンギスタTRACKBACK:0COMMENT:16
このエントリーを含むはてなブックマーク はてなブックマーク - 【随時更新】『ガンダム Gのレコンギスタ』を見たお子さんは集まれ! ちびっ子たちのG-レコ感想をまとめてみた
  『ガンダム Gのレコンギスタ』は、ガンダムシリーズの最新作です。監督である富野由悠季は、この作品は子供に見せたいアニメと発言しています。

 残念ながらビジネスの都合で、『Gのレコンギスタ』は深夜放送になっています。それでも、めげずに自分の子供たちに見せる大人たちもいます。今日は、そんなG-レコを視聴した子供たちの感想を、ツィッターを中心に紹介したいと思っております。数でいえば決してそれほど多くはありませんが、直に子供の反映を聞けるのは、とても貴重だと思います。

 では、以下の75名のお子さんの感想を見てください!


先行上映後







1、2話放送後
















3話放送後









4話放送後






















5話放送後










 この場を借りて、これらの話を紹介してくださったお父さんとお母さん、そしてお子さんたちに感謝と尊敬の意を申し上げます。


コメント
歷史は捏造記事に騙されない 
幾ら応援サイトでも 断片的な選択される証言も 騙されない
Gレコが子供に不人気のことをカバーされない
人間の記憶は不滅
富野コンテダサい #-|2014/10/15(水) 17:31 [ 編集 ]
子供たちは素直に受け止めていて中々面白いですね。
デレンセン大尉はどうなるんでしょうね?ED観てると若干不安な感じですが…
初代も再放送で人気が出たみたいなので、是非今度は夕方あたりに放送して欲しいものです。
ところでかなり濃い記事を書かれてますが、台湾のロボットアニメファンはどういう作品が好きなんでしょうか?気になります…
わにのこ #oOMmwPKg|2014/10/15(水) 19:03 [ 編集 ]
>上の人さん
あ、そ。
別に選択はしていませんけれど、ご自分で検索すれば分かりますよ。
「確実に」好きな子供も存在していますよ。
世界はあなたの想像する範囲外にだってありますから。
kaito2198 #L2WcHO2o|2014/10/15(水) 19:45 [ 編集 ]
わにのこさん、コメントありがとうございます。
そうですね、今は深夜ではありますが、いつか再放送で夕方とかの時間でより多くの人に見せたいですね。

>台湾のロボットアニメファン
そうですね、私はそれほど詳しくありませんが、全体的に日本と同じ傾向なんじゃないですかね。
ただ一つだけ違うのは、こちらに放送枠の制限がありませんので、あらゆるアニメは等しく見られていることです。
kaito2198 #L2WcHO2o|2014/10/15(水) 19:50 [ 編集 ]
こんにちは!
うちも冨野監督の言いつけどおり親子で見ていますよ。
ちなみに娘は7才。
ハロビィーのシーンがお気に入りで、その一挙手一投足に大喜びです。
マスコットって大切なんですね。
物語についても、おいおい語り合いたいと思います。
OA #Qee8251U|2014/10/15(水) 21:31 [ 編集 ]
そうですね、うちの家族のちびっ子もノベルが大好きですよ。
これからもみんなでワイワイ見たいと思います。
kaito2198 #L2WcHO2o|2014/10/15(水) 21:57 [ 編集 ]
私の息子は まだ七才で メインターゲットの十才には 及ばないので、やはり興味はMS中心に なりますね。
中でも 三話のモンテーロの出撃シーンは 動物の名前を連呼 して喜んでました。
自分的にはイマイチだった ジャガーとヘビの 鉢合わせシーンが特に 、下の弟と顔を合わせて一番笑っていたので、あれは必須だったんだなぁ、と思いました。

ユニコーン等は、子供に見せても MSシーン以外は 見ていないのですが、Gレコは 会話シーンもよく見ています。
やはり、法王さまが 二足歩行メカに乗っていたり、部屋の中に カバやハロビー が いるだけで、子供には ヒキになるみたいです。

二足メカのアクションや桟橋三段跳びも 喜んでました。

あと 以外だったのが、七才ともなれば 読み書きに 少し慣れて来て、富野台詞&ネーミング に反応している所ですね。
「ジャベリンは、こう使うッ!」とか 立ち上がって何度も真似して 言ってました。

これからも、Gレコは 子供の反応込みで 観ていこうと思ってます。

ホウワ トウタ #-|2014/10/15(水) 22:10 [ 編集 ]
こちらこそ感謝しなくちゃいけません。
素敵なお話を皆さんに提供してくださったホウワさんにはただただ感謝です。

確かに、子供は素直に動物やノベルなどかわいい場面に反応してますよね。
ジャベリンというかクリムくんは性格が強烈な分、子供には印象が強いのでしょうね。
というわけで、これからホウワさんとお子さんたちと一緒に続きを見たいと思っております。
kaito2198 #L2WcHO2o|2014/10/16(木) 02:39 [ 編集 ]
みなさんのご意見とても参考になりました!

こわいけど、うちの娘に見せるか、
やはり見させなければならぬか。
とすこし背中を押された感じ。

ラライアとクリムがいいってお子様が多かったですが、
自分もそんな感じということは、
その方々と同じ精神年齢、う〜ん。

監督のターゲットである十代のご意見も
もっと聞きたいところですが、
なかなかこの世代は難しいですかね。
こじらせはじめてますからね。

変な先入観フィルターができてないくらい小さい子か、
そういうものをとっぱらうことが出来るような年齢になった大人が
一番、楽しめそうですね。
(中途半端ニ若イ人ノ方ガ、イガイト 頭ハ固イモノ)
まそ #-|2014/10/16(木) 11:23 [ 編集 ]
ぜひ見せてあげてください。そして解説してあげてください。
このような出来が完璧とは言えませんが、それでも面白さ以上に何かがあるはずです。
それを子供に見せるのは、ぜったいに悪いことじゃないです。
入り口はなんでもいい。プラモもいいしラライヤもいいし、クリムもいいしトイレもよし。

確かに青少年たちの感想は地味に気になりますが、
しばらくそんなgレコ好きな子供たちと一緒に続きを見守りたいと思っております。
kaito2198 #L2WcHO2o|2014/10/18(土) 00:13 [ 編集 ]
G-セルフのプラモの売れ行きはどうなのでしょうか?

気になります
とら #-|2014/10/18(土) 07:07 [ 編集 ]
おそらく日本ではもっとも入荷しているアマゾンでは売り切れ状態になっているくらいの売れ行きです。
個々の模型店も売り切れ報告がありますが、まあ新作のプラモとしてはそこそこ悪くないのでしょう。
kaito2198 #L2WcHO2o|2014/10/18(土) 10:21 [ 編集 ]
私自身は子供が居ませんしまだ20代なのですが、これまでの4話と今回の記事を見て思ったのはgレコというのは動画的な面白さを結構散りばめてるなということです。
ちょっとしたキャラの動きや映像ギミック、アイキャッチダンスの掴みの良さ、それに加えてガンダムというネームバリューは本来予定していた夕方時間帯に流せば監督が想定していた対象年齢からそれ以上にまでちょっと見てみようかなと惹きつけるものがあったろうと思わせます。

それに監督の台詞回しというのは時に難解に聞こえるとか不親切だと言われますがそのインパクト性は強いと思うのである種キャッチフレーズ的に頭の中に入りやすいとも思うんですが多少贔屓目も入ってますかね……
通りすがり #-|2014/10/19(日) 14:11 [ 編集 ]
Gレコについて賛否両論取り上げている記事やサイトは多々ありますが、子供達の反応についてまとめたものは初めて読みました。

富野監督はこれを読んで「ニヤッ」と笑っていると思います。

この子供達の反応を読んで、僕が改めて感じたのは「ガンダムは次の世代を育てる畑だ!」ということ。

なのでここ最近10年ほどのアニメを観て先入観で固まってしまった大人ではなく、柔軟な感受性のあるローティーンの若者に観てもらいたいのだろうと思います。

なぜならGレコを毎回観るたびにワクワクするから。(^^)
素問 #x6ORnkSI|2014/10/22(水) 05:43 [ 編集 ]
記事と関係ないのですが、ダムAを読んでいたら、ガンダムを創った男たち の漫画
重版続々話題沸騰と書かれてました
とら #-|2014/10/24(金) 20:35 [ 編集 ]
とらさん、コメントありがとうございます。
なんと! それはいいお知らせですな。
kaito2198 #L2WcHO2o|2014/10/24(金) 21:19 [ 編集 ]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURLはこちら
http://kaito2198.blog43.fc2.com/tb.php/1565-5ff5bbdb

ブログ内検索

なんとなく富野商品

リンク

このブログをリンクに追加する

カテゴリー

まともに機能しなくてすみません。これからゆっくりペースで直します。

RSSフィード

FC2カウンター

富野監督作品一覧

  • 海のトリトン
  • しあわせの王子
  • 勇者ライディーン
  • ラ・セーヌの星
  • 無敵超人ザンボット3
  • 無敵鋼人ダイターン3
  • 機動戦士ガンダム
  • 伝説巨神イデオン
  • 機動戦士ガンダム(劇場版)
  • 機動戦士ガンダムⅡ 哀戦士編
  • 戦闘メカ ザブングル
  • 機動戦士ガンダムⅢ めぐりあい宇宙編
  • 伝説巨神イデオン・接触篇 -A CONTACT-
  • 伝説巨神イデオン・発動篇 -Be Invoked-
  • 聖戦士ダンバイン
  • ザブングル グラフィティ
  • 重戦機エルガイム
  • 機動戦士Zガンダム
  • 機動戦士ガンダムZZ
  • 機動戦士ガンダム 逆襲のシャア
  • 機動戦士ガンダムF91
  • 機動戦士Vガンダム
  • 闇夜の時代劇 正体を見る
  • バイストンウェル物語 ガーゼィの翼
  • ブレンパワード
  • ∀ガンダム
  • 劇場版∀ガンダムⅠ 地球光
  • 劇場版∀ガンダムⅡ 月光蝶
  • OVERMAN キングゲイナー
  • 機動戦士Ζガンダム A New Translation -星を継ぐ者-
  • 機動戦士ΖガンダムⅡ A New Translation -恋人たち-
  • リーンの翼
  • 機動戦士ΖガンダムⅢ A New Translation -星の鼓動は愛-
  • RING OF GUNDAM
  • ガンダム Gのレコンギスタ
  • 富野参加作品一覧

  • 鉄腕アトム
  • 戦え!オスパー
  • リボンの騎士
  • 巨人の星
  • アニマル1
  • 夕やけ番長
  • 海底少年マリン
  • どろろ
  • 紅三四郎
  • 巨人の星対鉄腕アトム
  • おらぁグズラだど
  • 男一匹ガキ大将
  • ムーミン
  • シートン動物記
  • 赤き血のイレブン
  • アタックNo.1
  • あしたのジョー
  • 男ドアホウ!甲子園
  • 昆虫物語 みなしごハッチ
  • さすらいの太陽
  • 天才バカボン
  • ふしぎなメルモ
  • 新・オバケのQ太郎
  • 国松様のお通りだい
  • いなかっぺ大将
  • 正義を愛する者 月光仮面
  • アニメ・ドキュメント ミュンヘンのへの道
  • モンシェリCoCo
  • ハゼドン
  • ど根性ガエル
  • けろっこデメタン
  • ワンサくん
  • 山ねずみロッキーチャック
  • 侍ジャイアンツ
  • 新造人間キャシャーン
  • アルプスの少女ハイジ
  • ゼロテスター
  • 昆虫物語 新みなしごハッチ
  • 小さなバイキングビッケ
  • 宇宙戦艦ヤマト
  • 破裏拳ポリマー
  • フランダースの犬
  • 母をたずねて三千里
  • アンデス少年ペペロの冒険
  • 超電磁ロボ コン・バトラーV
  • ゴワッパー5 ゴーダム
  • ろぼっ子ビートン
  • あらいぐまラスカル
  • 合身戦隊メカンダーロボ
  • 超電磁マシーン ボルテスV
  • シートン動物記 くまの子ジャッキー
  • ヤッターマン
  • ペリーヌ物語
  • 闘将ダイモス
  • 未来少年コナン
  • とびだせ!マシーン飛竜
  • まんが日本昔ばなし
  • 宇宙魔神ダイケンゴー
  • 赤毛のアン
  • 科学忍者隊ガッチャマンⅡ
  • ザ・ウルトラマン
  • 宇宙大帝ゴッドシグマ
  • ルパン三世(TV第2シリーズ)
  • 新世紀GPXサイバーフォーミュラ
  • 銀河漂流バイファム
  • ママは小学4年生
  • GUNDAM EVOLVE 5
  •  |  富野作品感想 | 富野由悠季関連 | 井荻麟関連 | 富野情報 | 富野雑談 | レビュー | ブログ運営 | 日常話 | 未分類 | 給華文讀者 | Gのレコンギスタ | 
    Copyright(C) 2007All Rights Reserved. TOMINOSUKI / 富野愛好病
    Powered by FC2ブログ.
    template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.