富野由悠季監督とその作品をひたすら語るブログ

TOMINOSUKI / 富野愛好病
http://kaito2198.blog43.fc2.com/

プロフィール

Author:kaito2198
台湾人。
ただのファンです。

twitterは@kaito2198です。

仕事やブログ関係のご連絡は
kaito2198@hotmail.comまでお願いします。

給華文圈之富野由悠季愛好者的一些話
關於本站文章的轉載聲明

富野監督関連資料一覧

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

グーバーウォーク

新規組のための『ガンダム Gのレコンギスタ』の楽しみ方

2014/10/02 03:27|富野雑談TRACKBACK:0COMMENT:10
このエントリーを含むはてなブックマーク はてなブックマーク - 新規組のための『ガンダム Gのレコンギスタ』の楽しみ方
 富野由悠季監督の最新アニメ作品『ガンダム Gのレコンギスタ』は、いよいよ10/2の深夜で放送開始です。

 しかし、アニメ視聴はそもそも気軽にするもののはずですから、何かの理由で見ることは一切必要ありません。もちろん、前提もいりません。富野だのガンダム最新作だのは、まったく無意味です。

 今、ロボットに出てくるようなアニメに興味ない方はかなりいると聞き及んでおります。そのようなあなたならば、きっと他のロボットアニメも見ないのでしょう。下手にすれば、アニメ自体に大して興味もないかもしれません。

 それでも、『Gのレコンギスタ』を見るべきです。前提抜きで、見てて面白いから。見てて楽しいから。

 以下は、そんな真っ白な色紙状態から見たい方、つまり新規組のために、Gレコの良さを少しだけ紹介したいと思います。よろしくお願いします。



 
1、キャラが可愛い!

 まず、『Gのレコンギスタ』が一番簡単に目に映る内容は、なによりそのキャラクターの可愛さです。

 きゃびきゃびするチアガールたち。

 綺麗で凛々しく、でもちょっぴり抜けてる、少しだけ年上の女の子。

 誰にもやさしく、元気いっぱいでかわいい幼馴染的な子。

 ミステリアスな不思議ちゃん。

 和風なヤマトナデシコ、でも実はしたたかな女の子、などなど。

 このような感性はかつてのガンダムにはないものです。作為感がなく、自然に安心に見れる女の子がそこにあるのです。もちろん、男の子たちもです。

2、メカは格好いい!

 一部では、今回の主役機G-セルフに格好悪いという悪評を言いふらしている声があります。しかし、本編を見れば、そんなイメージは一気に払拭できるものです。なぜならば、ロボットはロボットらしく格好よく活劇を演じるのです。

 主役機はちゃんと一線を画するポジションを示していて、とても真っ当に活躍しています。

 敵は悪役らしく、ユニークな武器や仇役に相応しい強さを披露し、味方と大バトルを繰り返します。

 そして味方はちゃんと戦ってサポートしてくれますし、身分相応に撃墜もされます。

 このようにロボットがそれぞれ己の本分を徹するチャンバラは、面白くないわけがありません。

3、作画がいい!

 今回の「G-レコ」の作画の鍵を握っている人物は、『キングゲイナー』『エウレカセブン』で活躍した鬼才・吉田健一です。その線が宮崎駿を擁するスタジオジブリに基本を鍛えられて、商業色の強いテレビアニメで磨きぬかれて、今は円熟の域に入りつつあります。

 この作品の作画はとてもいい。しかし、それは今主流となっている綺麗な見せ絵ばかりという意味ではない。

 この作品は、ひたすら「動き」を重視しています。それでいて、線が少ないのに豊かな表情を語ってくれます。キャラは生き生きしてます。

 動きとしてのアニメーションこそは、アニメ本来のもっとも素朴な楽しさなのです。

 まあ論より証拠です。以下をご覧になれば分かるはずです。



4、キャラクターのセリフがいちいちおかしい!

 見てる途中、もしかしたらあなたはこの作品のキャラクターが口にしているセリフに気にするかもしれません。普段のアニメにはおおよそ聞けることができない言い回しで、かといって現実のそれとも違います。そうです。それが『Gのレコンギスタ』の特色の一つです。

 このようにキャラがちょっと芝居かかってる誇張なセリフ回しをするものは、「富野節」とも呼ばれていて、多くのアニメファンには面白がられています。

 でも、それは別にそれほど畏まるものではありません。

 舞台などではよくそのようなセリフを聞けます。

 アニメも一種の「作劇」だから、そのようなおかしい言葉はあってもいいです。

5、展開がちょっと訳分からなくても、なんとなくワクワクする!

 『Gのレコンギスタ』のストーリーは、いたってシンプルなものです。それでいて、画面上の展開が速く、情報も多いため、もしかしたらあなたはちょっと混乱するかもしれません。しかし、それでいいのです。

 よくわからなくても、見てて「ワクワク」だと感じるならばいいのです。展開は先にあるのだから、分からなくたっていいのです。

 ラーメン才遊記じゃないんだから、この作品の「ワクワク」とは一体? 答えは簡単です。

 列車みたいな乗り物になり、宇宙へ行く新鮮さです。

 退屈の授業の途中で、いきなり女の子がクラスに乱入する驚きです。

 修学旅行の真っ最中に、いきなり不良(宇宙海賊)が襲い掛かるスリル感です。

 そして、その不良な女の子が超美人で、一目ぼれしたときの切なさです。

 G-レコは、まさにそのような「ワクワク」が溢れる作品です。

6、音楽がいい!

 今回の音楽は、菅野祐悟氏が担当しています。

 菅野祐悟氏でいえば、たくさんの映画、アニメ、さらに今年の大河ドラマも手がけている方です。

 そのような人が作った音楽ですから、聞き応えは充分あり、どんな年齢が聞いても恥ずかしくないものとなっています。

7、ガンダムなのにガンダムっぽくない

 ひょっとしたら、あなたはたくさんのガンダムを見てきた方なのかもしれません。しかし、そんなあなたならば、きっとGレコに驚くのでしょう。

 ガンダムっぽくないよコレ! いいえ、ロボットの造型の問題ではなく、展開がガンダムっぽくないということです。

 ガンダムなのに、戦争はしない!

 ガンダムなのに、冒険をしている!

 ガンダムなのに、色も雰囲気もまるで違ってくる。全体はポジティブで明るい!

 アニメならばこうであるべきと言えますが、ガンダムがこれだと、ちょっとただ事ではないぞ。楽しいガンダムなんて、かつて一度も存在していなかったから。

8、この監督はもしかしたら、ちょっと凄いかも?

 1、2話を連続見て、1時間の視聴を終えて、もしかしたらあなたはなんとなく面白く感じて、続きを見たくなるかもしれません。もしかしたら、以上の7つのポイントに対して同意するところもあるかもしれません。

 もしあなたはそう感じてるのでしたら、それはきっと正しいのでしょう。視聴者にとって、自分の感覚以上大事なものはないですから。

 今の視聴者は、まず自分がすでに知っているものに安心を示してから、そこから楽しさを探す傾向があると言われています。

 しかし、『Gのレコンギスタ』は真逆なものです。まったく知らないものなのに、なんとなく安心を感じるし、楽しく感じられます。このような楽しみ方は、今のご時世ではちょっと無いものです。ですから、このようなものを作れる監督さんも、もしかしたらすごいなのかもしれません。

 彼の名前は富野由悠季です。経歴がある方ですが、その経歴について特に知る必要はありません。

 しかし、もしあなたがこの『Gのレコンギスタ』を見て面白く感じたら、彼の名前を覚えといたほうがいいかもしれません。なぜならば、彼はこれからも新作を作るつもりでいるからです。さらに別種の面白さを提供してくるなのかもしれないからです。

まとめ

 以上は『ガンダム Gのレコンギスタ』という作品の見所をいくつか紹介しました。ひょっとしたらあなたは、これ以外の面白さを見出せるなのかもしれません。

 しかし、見なければ何も見出せませんし、楽しめることもできません。

 ですから、この作品を見てください。自分の目で、その物語の行く末を確かめてみてください。

コメント
待ちに待った富野新作!自分も今からワクワクしています!
GM4 #-|2014/10/02(木) 20:30 [ 編集 ]
自分はBSでしか見れませんが早く見たいなぁ
キャラの可愛さと作画、音楽は期待してますし富野節炸裂のセリフは楽しみです
デルピッポ #FKySkP76|2014/10/03(金) 00:12 [ 編集 ]
まずは1話2話一挙放送、斧谷コンテのオープングとエンディングがどんなのか、楽しみです。
エヌ #-|2014/10/03(金) 01:04 [ 編集 ]
アニメ自体にさしたる興味のなくとも、このアニメは観る僕です!!
テレビの前で踊るときは、部屋を明るくして、テレビから離れて踊りましょう……。
既にその名雪 #uOPtQN5g|2014/10/03(金) 02:05 [ 編集 ]
どうもこんばんは(´ω`)ノ
いよいよGレコ始まりますね。
僕はBS-TBSの方で見ますが、土曜夜なのでTwitterの実況で荒ぶりそうですw
土曜夜には、他にもBS11で「デンキ街の本屋さん」が23時からあるので、
土曜深夜は、BS11でデンキ街→BS-TBSでGレコってな具合になりそうですw

Gセルフのパイロット制限ですが、
僕の予想としては、ユニコーンガンダムみたいに「生体認証システム」を積んでるのでは?と思います。
Google先生で調べてみたら、ユニコーンのコクピットには「指紋認証システム」と「毛細血管スキャナー」が搭載されているそうで、
Gセルフにもおそらくこれと同じような(もしくは似たような)システムが搭載されているのでは?とにらんでいます。
パイロットを制限しているということは、Gセルフにも何らかの秘密が隠されているような気が…?
ゴン太 #JptxlV1o|2014/10/03(金) 21:27 [ 編集 ]
おめでとうございます。
今までお疲れ様

そしてこれからも・・・

だからぼくは・・・

御大将を陰ながら応援します!!
だからぼくは・・・ #-|2014/10/04(土) 07:50 [ 編集 ]
あぁ早く続きが観たい。
それにしてもどんな作品にも賛否両論はあるが、Gのレコンギスタはハッキリと賛否わかれてる感じがいろんなブログ見て感じました
とら #-|2014/10/05(日) 20:11 [ 編集 ]
ノレドかわいいねぇ、どことなくブレンの比瑪っぽい気がする
ぷうたろう #-|2014/10/06(月) 20:11 [ 編集 ]
みなさん、コメントありがとうございます。
お返事大変遅くなりまして申し訳ございません。

>GM4さん
そうですね、私もワクワクしています。
なにせ3話からは本当に未知なる世界なんですから、今から来週を期待しちゃいます。

>デルピッポさん
BSで見れることでも幸せなものです。
ぜひ何度も何度も見ててください。
僕もそうしますから。

>エヌさん
エンディングには驚きましたね。
opは別の意味で…。カッティングはとてもいいですけどね。

>既にその名雪さん
そうですね、別にアニメに興味がなくても見れる作品だと思います。
このアニメの敵はあらゆる娯楽ですから。
kaito2198 #L2WcHO2o|2014/10/09(木) 17:27 [ 編集 ]
>ゴン太さん
そうですね、2話のアレはそれに近い関係だと思います。
まあこれから見ることです。特にラライヤは何故乗れるかはとても気になりますね。

>だからぼくは・・・ さん
ありがとうございます。
監督は頑張ってますので、ぼくはこれからも頑張ります。

>とらさん
まあ、分かりますね。
ただしそれほど見づらいものではないと思いますので、だんだん好評がさらに高まると思いますよ。

>ぷうたろう さん
ヒメちゃんはいい女の子ですよね。
ただノレドちゃんはもうストレート系ですので、僕は彼女に応援しますよ。
kaito2198 #L2WcHO2o|2014/10/09(木) 17:42 [ 編集 ]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURLはこちら
http://kaito2198.blog43.fc2.com/tb.php/1560-8a2151ad

ブログ内検索

なんとなく富野商品

リンク

このブログをリンクに追加する

カテゴリー

まともに機能しなくてすみません。これからゆっくりペースで直します。

RSSフィード

FC2カウンター

富野監督作品一覧

  • 海のトリトン
  • しあわせの王子
  • 勇者ライディーン
  • ラ・セーヌの星
  • 無敵超人ザンボット3
  • 無敵鋼人ダイターン3
  • 機動戦士ガンダム
  • 伝説巨神イデオン
  • 機動戦士ガンダム(劇場版)
  • 機動戦士ガンダムⅡ 哀戦士編
  • 戦闘メカ ザブングル
  • 機動戦士ガンダムⅢ めぐりあい宇宙編
  • 伝説巨神イデオン・接触篇 -A CONTACT-
  • 伝説巨神イデオン・発動篇 -Be Invoked-
  • 聖戦士ダンバイン
  • ザブングル グラフィティ
  • 重戦機エルガイム
  • 機動戦士Zガンダム
  • 機動戦士ガンダムZZ
  • 機動戦士ガンダム 逆襲のシャア
  • 機動戦士ガンダムF91
  • 機動戦士Vガンダム
  • 闇夜の時代劇 正体を見る
  • バイストンウェル物語 ガーゼィの翼
  • ブレンパワード
  • ∀ガンダム
  • 劇場版∀ガンダムⅠ 地球光
  • 劇場版∀ガンダムⅡ 月光蝶
  • OVERMAN キングゲイナー
  • 機動戦士Ζガンダム A New Translation -星を継ぐ者-
  • 機動戦士ΖガンダムⅡ A New Translation -恋人たち-
  • リーンの翼
  • 機動戦士ΖガンダムⅢ A New Translation -星の鼓動は愛-
  • RING OF GUNDAM
  • ガンダム Gのレコンギスタ
  • 富野参加作品一覧

  • 鉄腕アトム
  • 戦え!オスパー
  • リボンの騎士
  • 巨人の星
  • アニマル1
  • 夕やけ番長
  • 海底少年マリン
  • どろろ
  • 紅三四郎
  • 巨人の星対鉄腕アトム
  • おらぁグズラだど
  • 男一匹ガキ大将
  • ムーミン
  • シートン動物記
  • 赤き血のイレブン
  • アタックNo.1
  • あしたのジョー
  • 男ドアホウ!甲子園
  • 昆虫物語 みなしごハッチ
  • さすらいの太陽
  • 天才バカボン
  • ふしぎなメルモ
  • 新・オバケのQ太郎
  • 国松様のお通りだい
  • いなかっぺ大将
  • 正義を愛する者 月光仮面
  • アニメ・ドキュメント ミュンヘンのへの道
  • モンシェリCoCo
  • ハゼドン
  • ど根性ガエル
  • けろっこデメタン
  • ワンサくん
  • 山ねずみロッキーチャック
  • 侍ジャイアンツ
  • 新造人間キャシャーン
  • アルプスの少女ハイジ
  • ゼロテスター
  • 昆虫物語 新みなしごハッチ
  • 小さなバイキングビッケ
  • 宇宙戦艦ヤマト
  • 破裏拳ポリマー
  • フランダースの犬
  • 母をたずねて三千里
  • アンデス少年ペペロの冒険
  • 超電磁ロボ コン・バトラーV
  • ゴワッパー5 ゴーダム
  • ろぼっ子ビートン
  • あらいぐまラスカル
  • 合身戦隊メカンダーロボ
  • 超電磁マシーン ボルテスV
  • シートン動物記 くまの子ジャッキー
  • ヤッターマン
  • ペリーヌ物語
  • 闘将ダイモス
  • 未来少年コナン
  • とびだせ!マシーン飛竜
  • まんが日本昔ばなし
  • 宇宙魔神ダイケンゴー
  • 赤毛のアン
  • 科学忍者隊ガッチャマンⅡ
  • ザ・ウルトラマン
  • 宇宙大帝ゴッドシグマ
  • ルパン三世(TV第2シリーズ)
  • 新世紀GPXサイバーフォーミュラ
  • 銀河漂流バイファム
  • ママは小学4年生
  • GUNDAM EVOLVE 5
  •  |  富野作品感想 | 富野由悠季関連 | 井荻麟関連 | 富野情報 | 富野雑談 | レビュー | ブログ運営 | 日常話 | 未分類 | 給華文讀者 | Gのレコンギスタ | 
    Copyright(C) 2007All Rights Reserved. TOMINOSUKI / 富野愛好病
    Powered by FC2ブログ.
    template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.