富野由悠季監督とその作品をひたすら語るブログ

TOMINOSUKI / 富野愛好病
http://kaito2198.blog43.fc2.com/

プロフィール

kaito2198

Author:kaito2198
台湾人。
ただのファンです。

twitterは@kaito2198です。

仕事やブログ関係のご連絡は
kaito2198@hotmail.comまでお願いします。

給華文圈之富野由悠季愛好者的一些話
關於本站文章的轉載聲明

富野監督関連資料一覧

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

グーバーウォーク

富野由悠季監督「トミノ流のトミノ」電子書籍リリース! 

2014/08/01 17:22|富野情報TRACKBACK:0COMMENT:0
このエントリーを含むはてなブックマーク はてなブックマーク - 富野由悠季監督「トミノ流のトミノ」電子書籍リリース! 
 去年後半年に角川のウェブマガジンに連載された富野由悠季監督の「トミノ流のトミノ」は、このたび電子書籍になりました。


機動戦士ガンダム総監督・富野由悠季 電子書籍3作同時リリース - MSN産経ニュース

株式会社ブックウォーカーが展開するコンパクトな電子書籍専用レーベル【カドカワ・ミニッツブック】は機動戦士ガンダムの総監督・富野由悠季による「トミノ流のトミノ」シリーズ3作『“かわいい”から始まる創作論』『トミノ流「風立ちぬ」論 』『新しい時代の人間論』の3作の配信を開始しました。

NEWS RELEASE
2014年 8月1日
株式会社ブックウォーカー

機動戦士ガンダム総監督・富野由悠季
電子書籍3作同時リリース
1.『“かわいい”から始まる創作論』
2.『トミノ流「風立ちぬ」論』
3.『新しい時代の人間論』

株式会社ブックウォーカー(本社:東京都千代田区 代表取締役社長:安本洋一)が展開するコンパクトな電子書籍専用レーベル【カドカワ・ミニッツブック】は機動戦士ガンダムの総監督・富野由悠季による「トミノ流のトミノ」シリーズ3作『“かわいい”から始まる創作論』『トミノ流「風立ちぬ」論 』『新しい時代の人間論』の3作の配信を開始しました。

■ガンダムの富野監督が明かす自身の創作論やジブリ映画批評を電子書籍化!
15年ぶりの新作「ガンダム Gのレコンギスタ」を制作する富野監督が、メルマガサービス「ちょくマガ」で繰り広げた持論の数々を電子書籍化。今回は、「ガンダム」を生み出すまでの日々を明かした『“かわいい”から始まる創作論』、宮崎駿監督の大ヒット映画「風立ちぬ」を論じた『トミノ流「風立ちぬ」論』、新作ガンダム着想の原点となった『新しい時代の人間論』をリリースします。

 今のところ公式もファンの人もこれの詳細を伝えていませんので、以下で紹介します。

 実は、これは去年の内容からの再編集となっています。ちょくマガの時は急いでアップロードしたものであったためか、毎回のフォーマットは異なったりしています。それを今回の書籍化で改めて統一な形にしたことで、実に読みやすくなっています

 で、今回発行された内容は、それぞれ以下のちょくマガを収録しています。

トミノ流のトミノ1 “かわいい”から始まる創作論 ~チャチな「鉄腕アトム」から「ガンダム」に至るまで~ | ミニッツブック

『トミノ流のトミノ1.
“かわいい”から始まる創作論
~チャチな「鉄腕アトム」から「ガンダム」に至るまで~』
富野由悠季・著

【目次】
■“かわいい”が仕事の能率を上げる。
■鉄腕アトムで得た自信と屈辱。
■社会の底辺に身を置き、「死に至る病」…絶望を実感する日々。
■自分から自由になって、初めてものは作れる。

●トミノ流のトミノ vol.001~004
→トミノ流のトミノ vol.001 "かわいい"をエンジン・キーにする
→トミノ流のトミノ vol.002 卑屈に社会の最下層から這い上がる
→トミノ流のトミノ vol.003 子供に向かって作るということ
→トミノ流のトミノ vol.004 自分から自由になって初めて、モノは作れる

トミノ流のトミノ1 “かわいい”から始まる創作論 ~チャチな「鉄腕アトム」から「ガンダム」に至るまで~ (カドカワ・ミニッツブック)トミノ流のトミノ1 “かわいい”から始まる創作論 ~チャチな「鉄腕アトム」から「ガンダム」に至るまで~ (カドカワ・ミニッツブック)
富野 由悠季

KADOKAWA / 角川マガジンズ
売り上げランキング : 323

Amazonで詳しく見る by AZlink


トミノ流のトミノ2 トミノ流「

風立ちぬ」論 ~ファンタジーとリアリズム~ | ミニッツブック
『トミノ流のトミノ2.
トミノ流「風立ちぬ」論
~ファンタジーとリアリズム~』
富野由悠季・著

【目次】
■リアリズムに立脚するからファンタジーに力が生まれる。
■飛行機好きから見た『風立ちぬ』におけるリアリズム。
■人はまだ、技術をきちんと使いこなせていない。
■宮崎アニメの中でも『風立ちぬ』を高く評価する理由。

●トミノ流のトミノ vol.005~9
→トミノ流のトミノ vol.005 『風立ちぬ』私記その1
→トミノ流のトミノ vol.006 『風立ちぬ』私記その2
→トミノ流のトミノ vol.007 『風立ちぬ』私記その3
→トミノ流のトミノ vol.008 『風立ちぬ』私記その4
→トミノ流のトミノ vol.009 『風立ちぬ』私記その5

トミノ流のトミノ2 トミノ流「風立ちぬ」論 ~ファンタジーとリアリズム~ (カドカワ・ミニッツブック)トミノ流のトミノ2 トミノ流「風立ちぬ」論 ~ファンタジーとリアリズム~ (カドカワ・ミニッツブック)
富野 由悠季

KADOKAWA / 角川マガジンズ
売り上げランキング : 566

Amazonで詳しく見る by AZlink


トミノ流のトミノ3 新しい時代の人間論 ~現代人の知らない、失われた日本人の美徳~ | ミニッツブック

『トミノ流のトミノ3.
新しい時代の人間論
~現代人の知らない、失われた日本人の美徳~』
富野由悠季・著

【目次】
■悪しきものとして抹殺された日本人の美徳。
■日本人独特の世界観とヒューマニズム。
■西洋人を驚かせた、日本人の“性愛”。
■暗いイメージを吹き飛ばす江戸期の封建社会。
■これからの人間が目指すべきもの。

●トミノ流のトミノ vol.010~14
→トミノ流のトミノ vol.010 失われた日本文明~『逝きし世の面影』を読む
→トミノ流のトミノ vol.011 失われた日本文明~『逝きし世の面影』を読む2
→トミノ流のトミノ vol.012 失われた日本文明~『逝きし世の面影』を読む3
→トミノ流のトミノ vol.013 失われた日本文明~『逝きし世の面影』を読む4
→トミノ流のトミノ vol.014 失われた日本文明~『逝きし世の面影』を読む5

トミノ流のトミノ3 新しい時代の人間論 ~現代人の知らない、失われた日本人の美徳~ (カドカワ・ミニッツブック)トミノ流のトミノ3 新しい時代の人間論 ~現代人の知らない、失われた日本人の美徳~ (カドカワ・ミニッツブック)
富野 由悠季

KADOKAWA / 角川マガジンズ
売り上げランキング : 718

Amazonで詳しく見る by AZlink


 全体的にいえば、1と2と3はそれぞれ富野監督本人の経験談、『風立ちぬ』分析、読書感想文というものです。どちらもトミノならではの考察や論理が溢れていて、どれも読んでで面白いですが、あえて言えば、個人のオススメ度は1>3>2というものです。2は『風立ちぬ』一作を深く切り込みますし、3はまず自分で本を読めだからです。

 あと、今回のミニッツブック1~3では1~14回が収録されましたが、残りは以下となっています。

トミノ流のトミノ vol.015 非あまちゃんファンになった
トミノ流のトミノ vol.016 「非あまちゃんファンになった」の反響
トミノ流のトミノ vol.017 尾田栄一郎は森鴎外である その1
トミノ流のトミノ vol.018 尾田栄一郎は森鴎外である その2
トミノ流のトミノ vol.019 『進撃の巨人』の表現が放置される日本のインテリジェンス
トミノ流のトミノ vol.020 インテリジェンスでは問題を解決できない
トミノ流のトミノ vol.021 大人になるということは人として劣化していくこと
トミノ流のトミノ vol.022 やっぱり"大人は敵"だった
トミノ流のトミノ vol.023 都会化された表現とローカルな表現の重さ
トミノ流のトミノ vol.024 労働は人間を高める行為でもある。働いて、明るい未来を作れ!

 14回までの内容に比べて、15回以後は基本的に話題がかなり飛んだりしますので、一つにまとめるのはさぞ難儀だと思いますが、それでも無理やりテーマ的に捉えると、15~16回、17~20回、21~24回は別々なテーマと読み取ることもできなくはありません。

 なので、変則的な「あまちゃん」話も含めると、この【カドカワ・ミニッツブック】の「トミノ流のトミノ」もあと三回くらい販売できると思います。


 最後にもう一つ。このシリーズは税別の300円で売られています。「えーページ数少ないのにこんな値段?」と思う人もいるかもしれません。

 しかし、ちょくマガ配信当初の一記事100円、1ヶ月購読300円に比べると、むしろ今回のほうが安いくらいです。また、今回の『ガンダム Gのレコンギスタ』は別にして、たまに雑誌に載っている富野監督のインタビューよりも安いです。

 しかも、富野監督の言葉は刺激になります。タメになる、のではなく、刺激になります。監督の言葉に対して同意でも否定でも、なんらかの刺激を受け、脳を活化させるのに違いませんので、皆さんもぜひ読んでみてください。



 ひさびさの更新です。Gレコの情報は追ってまとめます。

コメント
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURLはこちら
http://kaito2198.blog43.fc2.com/tb.php/1534-d9e4b122

ブログ内検索

なんとなく富野商品

リンク

このブログをリンクに追加する

カテゴリー

まともに機能しなくてすみません。これからゆっくりペースで直します。

RSSフィード

FC2カウンター

富野監督作品一覧

  • 海のトリトン
  • しあわせの王子
  • 勇者ライディーン
  • ラ・セーヌの星
  • 無敵超人ザンボット3
  • 無敵鋼人ダイターン3
  • 機動戦士ガンダム
  • 伝説巨神イデオン
  • 機動戦士ガンダム(劇場版)
  • 機動戦士ガンダムⅡ 哀戦士編
  • 戦闘メカ ザブングル
  • 機動戦士ガンダムⅢ めぐりあい宇宙編
  • 伝説巨神イデオン・接触篇 -A CONTACT-
  • 伝説巨神イデオン・発動篇 -Be Invoked-
  • 聖戦士ダンバイン
  • ザブングル グラフィティ
  • 重戦機エルガイム
  • 機動戦士Zガンダム
  • 機動戦士ガンダムZZ
  • 機動戦士ガンダム 逆襲のシャア
  • 機動戦士ガンダムF91
  • 機動戦士Vガンダム
  • 闇夜の時代劇 正体を見る
  • バイストンウェル物語 ガーゼィの翼
  • ブレンパワード
  • ∀ガンダム
  • 劇場版∀ガンダムⅠ 地球光
  • 劇場版∀ガンダムⅡ 月光蝶
  • OVERMAN キングゲイナー
  • 機動戦士Ζガンダム A New Translation -星を継ぐ者-
  • 機動戦士ΖガンダムⅡ A New Translation -恋人たち-
  • リーンの翼
  • 機動戦士ΖガンダムⅢ A New Translation -星の鼓動は愛-
  • RING OF GUNDAM
  • ガンダム Gのレコンギスタ
  • 富野参加作品一覧

  • 鉄腕アトム
  • 戦え!オスパー
  • リボンの騎士
  • 巨人の星
  • アニマル1
  • 夕やけ番長
  • 海底少年マリン
  • どろろ
  • 紅三四郎
  • 巨人の星対鉄腕アトム
  • おらぁグズラだど
  • 男一匹ガキ大将
  • ムーミン
  • シートン動物記
  • 赤き血のイレブン
  • アタックNo.1
  • あしたのジョー
  • 男ドアホウ!甲子園
  • 昆虫物語 みなしごハッチ
  • さすらいの太陽
  • 天才バカボン
  • ふしぎなメルモ
  • 新・オバケのQ太郎
  • 国松様のお通りだい
  • いなかっぺ大将
  • 正義を愛する者 月光仮面
  • アニメ・ドキュメント ミュンヘンのへの道
  • モンシェリCoCo
  • ハゼドン
  • ど根性ガエル
  • けろっこデメタン
  • ワンサくん
  • 山ねずみロッキーチャック
  • 侍ジャイアンツ
  • 新造人間キャシャーン
  • アルプスの少女ハイジ
  • ゼロテスター
  • 昆虫物語 新みなしごハッチ
  • 小さなバイキングビッケ
  • 宇宙戦艦ヤマト
  • 破裏拳ポリマー
  • フランダースの犬
  • 母をたずねて三千里
  • アンデス少年ペペロの冒険
  • 超電磁ロボ コン・バトラーV
  • ゴワッパー5 ゴーダム
  • ろぼっ子ビートン
  • あらいぐまラスカル
  • 合身戦隊メカンダーロボ
  • 超電磁マシーン ボルテスV
  • シートン動物記 くまの子ジャッキー
  • ヤッターマン
  • ペリーヌ物語
  • 闘将ダイモス
  • 未来少年コナン
  • とびだせ!マシーン飛竜
  • まんが日本昔ばなし
  • 宇宙魔神ダイケンゴー
  • 赤毛のアン
  • 科学忍者隊ガッチャマンⅡ
  • ザ・ウルトラマン
  • 宇宙大帝ゴッドシグマ
  • ルパン三世(TV第2シリーズ)
  • 新世紀GPXサイバーフォーミュラ
  • 銀河漂流バイファム
  • ママは小学4年生
  • GUNDAM EVOLVE 5
  •  |  富野作品感想 | 富野由悠季関連 | 井荻麟関連 | 富野情報 | 富野雑談 | レビュー | ブログ運営 | 日常話 | 未分類 | 給華文讀者 | Gのレコンギスタ | 
    Copyright(C) 2007All Rights Reserved. TOMINOSUKI / 富野愛好病
    Powered by FC2ブログ.
    template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.