富野由悠季監督とその作品をひたすら語るブログ

TOMINOSUKI / 富野愛好病
http://kaito2198.blog43.fc2.com/

プロフィール

kaito2198

Author:kaito2198
台湾人。
ただのファンです。

twitterは@kaito2198です。

仕事やブログ関係のご連絡は
kaito2198@hotmail.comまでお願いします。

給華文圈之富野由悠季愛好者的一些話
關於本站文章的轉載聲明

富野監督関連資料一覧

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

グーバーウォーク

【速報】《鋼彈 Reconguista in G》之中將出現「金星殖民地」!

2014/07/11 16:33|給華文讀者TRACKBACK:0COMMENT:0
このエントリーを含むはてなブックマーク はてなブックマーク - 【速報】《鋼彈 Reconguista in G》之中將出現「金星殖民地」!
 「鋼彈之父」富野由悠季導演將在2014年10月發表新作《鋼彈 Reconguista in G》的電視動畫,而他在日前的雜誌訪談中,提到了本次的新作將出現位在金星上的「殖民地」。這將會是鋼彈史上第一個以金星作為故事背景的作品。

 以下為訪談中有關RiG的主要內容:

●首都塔建設於Regild Century元年,是由宇宙方面往下建造。
●人類移居交通網周邊的居住區,靜靜等待自然環境回復原貌。
●UC的宇宙居民之倖存者(或說殘黨)一等人則在月球的另一側建立據點,與首都塔產生對立。
●金星附近有水殖民地、海殖民地,因為人類在離開地球之際,在心理層面依然需要海洋的存在。
●整體規模大約是直徑100KM深度150M的扁平圓盤狀。
●(富野談)水的殖民地以前從來沒有人製作成影像過,所以自己應該可以自得意滿一下。
●水身設定於潛水艇可以航行的深度,所以將會有以宇宙為背景的潛水艇登場。
●由於海水底部還有支撐水的建築物,所以也能描寫戰鬥場景。
●(富野談)RECONQUISTA並不包含鋼彈再生或奪回鋼彈之意

 話說鋼彈系列既然以宇宙為舞台背景,那麼就不可避免會描寫到人類移居行星的內容。以下為簡單整理。


月球

 關於月球,早在《初代鋼彈》就已經出現,在後來的所有系列之中,月球也都一直佔了不可取代的地位。即便是已不見殖民地蹤影的TURN A鋼彈之中,月球依然是人類在宇宙最重要的據點。

木星

 在鋼彈中僅次於月球重要的行星,則是木星。作為採取資源不可或缺的據點,木星早在《初代鋼彈》便已登場,之後的宇宙世紀系列之中,更出現了在背後操盤、永遠保持中立的旁觀者──木星船團,以及一連串的陰謀者。一直要到《CROSSBONE GUNDAM》才有直接對於木星的描寫。

 不過,木星由於主要成分是氣體,所以人類並非真正住在上頭,而是以飄浮在外的行星為基地生活。

火星

 火星,雖然比起木星要來得近了許多,但在鋼彈系列作品之中,卻是較晚浮上檯面的。或許在於火星為類地行星,但是鋼彈系列的人類在宇宙主要居住在殖民地,因此不缺地住的原因吧。

 1990年的《F90》系列,獨立吉翁軍便是以火星作為根據地,是宇宙世紀系列中最早端出火星的作品。新機動戰記系列中,《W》的最新續作「Frozen Teardrop」之中出現了火星連邦政府。《00》的劇場版之中,火星也一度淪為與外星人交戰場所。到了《AGE》,火星更成為了敵方的大本營。姑且不論現實可行性,我們可以看出火星在創作上的確是較好使用的舞台。

 不過,富野導演本來打算在《V鋼彈》之後拍攝的《POLKA GUNDAM》,就是以火星為故事舞台,所以可說富野的這個案子帶給了上述幾作不小的影響。詳情請見以下文章:富野由悠季與河森正治

太陽系之外

 基本上,鋼彈系列由於是以「人」為主的故事,所以一直都以人類活動範圍為主要舞台,而有個不描寫太陽系之外的不成文規則在。

 《SEED》之中,出現了「宇宙鯨魚」,是最早在動畫中提及太陽系外生命的系列作,只可惜後來其存在於同系列中被徹底抹煞。至於承接而來的《00》,則在劇場版出現了宇宙怪物ELS。

 早先,當BANDAI與SUNRISE尚未對鋼彈出版品進行嚴格管控時,漫畫家長谷川裕一曾經畫了一篇宇宙世紀6XX年完成太陽系外移民,不過現在應該並未受到官方認定。基本上,若以富野導演的影像作品為正宗來看的話,則《RING OF GUNDAM》才是鋼彈史上第一個達成銀河旅行(外太空移民)的作品。作中的環殖民地整個就有如巨大太空船一樣往外移動。



 包含西方的科幻作品在內,金星比起月球、火星等行星,可說是相對較不顯眼的一顆行星。本次富野導演在《鋼彈 Reconguista in G》中以金星的「殖民地」為舞台,又將帶來什麼樣的驚豔呢?且讓我們拭目以待。

 上面引用部分出自TOYUP!!#3,由權威消息通夏亞專用BLOG所介紹。

ベスト・パートナーになるために―男と女が知っておくべき「分かち愛」のルール 男は火星から、女は金星からやってきた (知的生きかた文庫)ベスト・パートナーになるために―男と女が知っておくべき「分かち愛」のルール 男は火星から、女は金星からやってきた (知的生きかた文庫)
ジョン グレイ,John Gray,大島 渚

三笠書房
売り上げランキング : 126

Amazonで詳しく見る by AZlink
コメント
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURLはこちら
http://kaito2198.blog43.fc2.com/tb.php/1527-55c642d9

ブログ内検索

なんとなく富野商品

リンク

このブログをリンクに追加する

カテゴリー

まともに機能しなくてすみません。これからゆっくりペースで直します。

RSSフィード

FC2カウンター

富野監督作品一覧

  • 海のトリトン
  • しあわせの王子
  • 勇者ライディーン
  • ラ・セーヌの星
  • 無敵超人ザンボット3
  • 無敵鋼人ダイターン3
  • 機動戦士ガンダム
  • 伝説巨神イデオン
  • 機動戦士ガンダム(劇場版)
  • 機動戦士ガンダムⅡ 哀戦士編
  • 戦闘メカ ザブングル
  • 機動戦士ガンダムⅢ めぐりあい宇宙編
  • 伝説巨神イデオン・接触篇 -A CONTACT-
  • 伝説巨神イデオン・発動篇 -Be Invoked-
  • 聖戦士ダンバイン
  • ザブングル グラフィティ
  • 重戦機エルガイム
  • 機動戦士Zガンダム
  • 機動戦士ガンダムZZ
  • 機動戦士ガンダム 逆襲のシャア
  • 機動戦士ガンダムF91
  • 機動戦士Vガンダム
  • 闇夜の時代劇 正体を見る
  • バイストンウェル物語 ガーゼィの翼
  • ブレンパワード
  • ∀ガンダム
  • 劇場版∀ガンダムⅠ 地球光
  • 劇場版∀ガンダムⅡ 月光蝶
  • OVERMAN キングゲイナー
  • 機動戦士Ζガンダム A New Translation -星を継ぐ者-
  • 機動戦士ΖガンダムⅡ A New Translation -恋人たち-
  • リーンの翼
  • 機動戦士ΖガンダムⅢ A New Translation -星の鼓動は愛-
  • RING OF GUNDAM
  • ガンダム Gのレコンギスタ
  • 富野参加作品一覧

  • 鉄腕アトム
  • 戦え!オスパー
  • リボンの騎士
  • 巨人の星
  • アニマル1
  • 夕やけ番長
  • 海底少年マリン
  • どろろ
  • 紅三四郎
  • 巨人の星対鉄腕アトム
  • おらぁグズラだど
  • 男一匹ガキ大将
  • ムーミン
  • シートン動物記
  • 赤き血のイレブン
  • アタックNo.1
  • あしたのジョー
  • 男ドアホウ!甲子園
  • 昆虫物語 みなしごハッチ
  • さすらいの太陽
  • 天才バカボン
  • ふしぎなメルモ
  • 新・オバケのQ太郎
  • 国松様のお通りだい
  • いなかっぺ大将
  • 正義を愛する者 月光仮面
  • アニメ・ドキュメント ミュンヘンのへの道
  • モンシェリCoCo
  • ハゼドン
  • ど根性ガエル
  • けろっこデメタン
  • ワンサくん
  • 山ねずみロッキーチャック
  • 侍ジャイアンツ
  • 新造人間キャシャーン
  • アルプスの少女ハイジ
  • ゼロテスター
  • 昆虫物語 新みなしごハッチ
  • 小さなバイキングビッケ
  • 宇宙戦艦ヤマト
  • 破裏拳ポリマー
  • フランダースの犬
  • 母をたずねて三千里
  • アンデス少年ペペロの冒険
  • 超電磁ロボ コン・バトラーV
  • ゴワッパー5 ゴーダム
  • ろぼっ子ビートン
  • あらいぐまラスカル
  • 合身戦隊メカンダーロボ
  • 超電磁マシーン ボルテスV
  • シートン動物記 くまの子ジャッキー
  • ヤッターマン
  • ペリーヌ物語
  • 闘将ダイモス
  • 未来少年コナン
  • とびだせ!マシーン飛竜
  • まんが日本昔ばなし
  • 宇宙魔神ダイケンゴー
  • 赤毛のアン
  • 科学忍者隊ガッチャマンⅡ
  • ザ・ウルトラマン
  • 宇宙大帝ゴッドシグマ
  • ルパン三世(TV第2シリーズ)
  • 新世紀GPXサイバーフォーミュラ
  • 銀河漂流バイファム
  • ママは小学4年生
  • GUNDAM EVOLVE 5
  •  |  富野作品感想 | 富野由悠季関連 | 井荻麟関連 | 富野情報 | 富野雑談 | レビュー | ブログ運営 | 日常話 | 未分類 | 給華文讀者 | Gのレコンギスタ | 
    Copyright(C) 2007All Rights Reserved. TOMINOSUKI / 富野愛好病
    Powered by FC2ブログ.
    template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.