富野由悠季監督とその作品をひたすら語るブログ

TOMINOSUKI / 富野愛好病
http://kaito2198.blog43.fc2.com/

プロフィール

Author:kaito2198
台湾人。
ただのファンです。

twitterは@kaito2198です。

仕事やブログ関係のご連絡は
kaito2198@hotmail.comまでお願いします。

給華文圈之富野由悠季愛好者的一些話
關於本站文章的轉載聲明

富野監督関連資料一覧

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

グーバーウォーク

『Gのレコンギスタ』情報小ネタ5つ

2014/06/27 00:33|GのレコンギスタTRACKBACK:0COMMENT:1
このエントリーを含むはてなブックマーク はてなブックマーク - 『Gのレコンギスタ』情報小ネタ5つ
 富野由悠季監督の最新作『ガンダム Gのレコンギスタ』の小ネタをお伝えします。



1、ダムエー2014年8月号

【速報】富野由悠季監督の新作「ガンダム Gのレコンギスタ」世界観をいち早く解説!│シャア専用ニュース

月刊ガンダムエース2014年8月号
「ガンダム Gのレコンギスタ」最新情報
作品解説 要約版

▽本作の舞台は宇宙世紀の次の世紀“リギルド・センチュリー”であるが、この時代には「宇宙世紀時代の技術体系を進歩させてはならない」というタブーが存在する。その反面、モビルスーツやミノフスキー粒子に関するテクノロジーは健在で…

 この情報は、ダムエーの独自なスクープとなっている模様です。また、富野原作、さびしうろあき氏作画の「ベルトーチカ・チルドレン」も今月から連載ですので、試しに読んでもいいかもしれません。

GUNDAM A (ガンダムエース) 2014年 08月号 [雑誌]GUNDAM A (ガンダムエース) 2014年 08月号 [雑誌]
渡邊隆史

KADOKAWA 2014-06-26

Amazonで詳しく見る by AZlink



2、電撃HOBBY2014年8月号

 
電撃HOBBY MAGAZINE (ホビーマガジン) 2014年 08月号 [雑誌]電撃HOBBY MAGAZINE (ホビーマガジン) 2014年 08月号 [雑誌]


KADOKAWA

Amazonで詳しく見る by AZlink


3、「ガンダムフロント東京」企画展が7月19日より今秋の新シリーズにフィーチャー!

「ガンダムフロント東京」7月19日より新限定グッズ発売!企画展は今秋の新シリーズにフィーチャー! | GUNDAM.INFO | 公式ガンダム情報ポータルサイト

同じく7月19日(土)より、好評開催中の「機動戦士ガンダム35周年展」の一部が、今秋公開予定のガンダム新シリーズ2作品にフィーチャーした内容へと入れ替えられるほか、実物大ガンダム立像を普段見ることのできない角度から楽しめる「ウォークスルー」も実施。

 文言上の方便かもしれませんが、さり気なくBF2期も「公開」と言っていましたね。

HG 1/144 ベアッガイ III (ガンダムビルドファイターズ)HG 1/144 ベアッガイ III (ガンダムビルドファイターズ)


バンダイ
売り上げランキング : 314

Amazonで詳しく見る by AZlink


4、G-セルフの角について



5、「HG Gのレコンギスタシリーズ ラインナップ続々と登場予定」

ガンプラ「ガンダム Gのレコンギスタ」シリーズ

 今の時点でラインナップにあるのは主役機のG-セルフと海賊機のグリモアの二機しかいません。プラモ試作写真があるのは、G-セルフのみ。なんとも寂しい話ですが、今はまだ6月。

 少なく予定ではあるが、バンダイ側から「HG Gのレコンギスタシリーズ ラインナップ続々と登場予定」という一応の告知が出てきましたんで、それに期待します。売り上げがよければ、来年にMGですかね。

 あ、ちなみに「G-セルフ(仮)」の「仮」によくわからない方がいますが、たぶんG-セルフそのものが仮ではなく、この大気圏用装備のことを言っています。逆に考えると、別のバックパック装備の発売も視野中です。めでたしめでたし。



 本格的に更新がきていませんので、どれも小粒な情報ですが、それでもこうして一つずつピースが揃ってきている期待感は、実に愉快なものです。

 とはいえ、この記事を書いて思ったんですが、どうやらG-レコのあらゆる情報を網羅して紹介するのは無理のような気がします。すくなくとも、私ごときではとても無理です。なので、以降も情報をフォローする記事を書きますが、速報性や網羅性に関しては、どうしても犠牲が出てくると思います。これについてぜひご了承ください。
コメント
Gセルフはスポンサーの要望を取り入れたのかしら?
バックパック換装とかそれにともない色変化とか
とら #-|2014/06/28(土) 08:38 [ 編集 ]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURLはこちら
http://kaito2198.blog43.fc2.com/tb.php/1519-e7b027e2

ブログ内検索

なんとなく富野商品

リンク

このブログをリンクに追加する

カテゴリー

まともに機能しなくてすみません。これからゆっくりペースで直します。

RSSフィード

FC2カウンター

富野監督作品一覧

  • 海のトリトン
  • しあわせの王子
  • 勇者ライディーン
  • ラ・セーヌの星
  • 無敵超人ザンボット3
  • 無敵鋼人ダイターン3
  • 機動戦士ガンダム
  • 伝説巨神イデオン
  • 機動戦士ガンダム(劇場版)
  • 機動戦士ガンダムⅡ 哀戦士編
  • 戦闘メカ ザブングル
  • 機動戦士ガンダムⅢ めぐりあい宇宙編
  • 伝説巨神イデオン・接触篇 -A CONTACT-
  • 伝説巨神イデオン・発動篇 -Be Invoked-
  • 聖戦士ダンバイン
  • ザブングル グラフィティ
  • 重戦機エルガイム
  • 機動戦士Zガンダム
  • 機動戦士ガンダムZZ
  • 機動戦士ガンダム 逆襲のシャア
  • 機動戦士ガンダムF91
  • 機動戦士Vガンダム
  • 闇夜の時代劇 正体を見る
  • バイストンウェル物語 ガーゼィの翼
  • ブレンパワード
  • ∀ガンダム
  • 劇場版∀ガンダムⅠ 地球光
  • 劇場版∀ガンダムⅡ 月光蝶
  • OVERMAN キングゲイナー
  • 機動戦士Ζガンダム A New Translation -星を継ぐ者-
  • 機動戦士ΖガンダムⅡ A New Translation -恋人たち-
  • リーンの翼
  • 機動戦士ΖガンダムⅢ A New Translation -星の鼓動は愛-
  • RING OF GUNDAM
  • ガンダム Gのレコンギスタ
  • 富野参加作品一覧

  • 鉄腕アトム
  • 戦え!オスパー
  • リボンの騎士
  • 巨人の星
  • アニマル1
  • 夕やけ番長
  • 海底少年マリン
  • どろろ
  • 紅三四郎
  • 巨人の星対鉄腕アトム
  • おらぁグズラだど
  • 男一匹ガキ大将
  • ムーミン
  • シートン動物記
  • 赤き血のイレブン
  • アタックNo.1
  • あしたのジョー
  • 男ドアホウ!甲子園
  • 昆虫物語 みなしごハッチ
  • さすらいの太陽
  • 天才バカボン
  • ふしぎなメルモ
  • 新・オバケのQ太郎
  • 国松様のお通りだい
  • いなかっぺ大将
  • 正義を愛する者 月光仮面
  • アニメ・ドキュメント ミュンヘンのへの道
  • モンシェリCoCo
  • ハゼドン
  • ど根性ガエル
  • けろっこデメタン
  • ワンサくん
  • 山ねずみロッキーチャック
  • 侍ジャイアンツ
  • 新造人間キャシャーン
  • アルプスの少女ハイジ
  • ゼロテスター
  • 昆虫物語 新みなしごハッチ
  • 小さなバイキングビッケ
  • 宇宙戦艦ヤマト
  • 破裏拳ポリマー
  • フランダースの犬
  • 母をたずねて三千里
  • アンデス少年ペペロの冒険
  • 超電磁ロボ コン・バトラーV
  • ゴワッパー5 ゴーダム
  • ろぼっ子ビートン
  • あらいぐまラスカル
  • 合身戦隊メカンダーロボ
  • 超電磁マシーン ボルテスV
  • シートン動物記 くまの子ジャッキー
  • ヤッターマン
  • ペリーヌ物語
  • 闘将ダイモス
  • 未来少年コナン
  • とびだせ!マシーン飛竜
  • まんが日本昔ばなし
  • 宇宙魔神ダイケンゴー
  • 赤毛のアン
  • 科学忍者隊ガッチャマンⅡ
  • ザ・ウルトラマン
  • 宇宙大帝ゴッドシグマ
  • ルパン三世(TV第2シリーズ)
  • 新世紀GPXサイバーフォーミュラ
  • 銀河漂流バイファム
  • ママは小学4年生
  • GUNDAM EVOLVE 5
  •  |  富野作品感想 | 富野由悠季関連 | 井荻麟関連 | 富野情報 | 富野雑談 | レビュー | ブログ運営 | 日常話 | 未分類 | 給華文讀者 | Gのレコンギスタ | 
    Copyright(C) 2007All Rights Reserved. TOMINOSUKI / 富野愛好病
    Powered by FC2ブログ.
    template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.