富野由悠季監督とその作品をひたすら語るブログ

TOMINOSUKI / 富野愛好病
http://kaito2198.blog43.fc2.com/

プロフィール

kaito2198

Author:kaito2198
台湾人。
ただのファンです。

twitterは@kaito2198です。

仕事やブログ関係のご連絡は
kaito2198@hotmail.comまでお願いします。

給華文圈之富野由悠季愛好者的一些話
關於本站文章的轉載聲明

富野監督関連資料一覧

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

グーバーウォーク

富野新ガンダム『Gのレコンギスタ』の「リギルド・センチュリー」の意味を考えよう

2014/05/23 23:10|GのレコンギスタTRACKBACK:0COMMENT:8
このエントリーを含むはてなブックマーク はてなブックマーク - 富野新ガンダム『Gのレコンギスタ』の「リギルド・センチュリー」の意味を考えよう
 富野由悠季監督の最新作である『ガンダム Gのレコンギスタ』は発表されました。富野監督5年ぶりの新作であると同時に、最新のガンダムシリーズ作品でもあることで、大きな注目を集めています。

 残念ながら、Gレコの新しい情報はおそらく来月まで待たなければなりません。現時点、我々が知らされる情報は、以下の一文のみです。

「ガンダム Gのレコンギスタ」は、「機動戦士ガンダム」シリーズで描かれた「宇宙世紀」の次の世紀「リギルド・センチュリー」を舞台に、宇宙エレベーターを守る組織キャピタルガードのパイロット候補生ベルリ・ゼナムの冒険を描いた作品。

 なんともワクワクさせる一文です。そのなかには、まるで我々が35年前に初めて「1stガンダム」を目撃したような興奮が秘めています。

 しかし一方、多くの人はこういう疑問を浮かぶのでしょう。「リギルド・センチュリーってなーに?」、と。

 以上の理由から、今日は「リギルド・センチュリー」についての意味を考えみたいと思います。



1. 「リギルド・センチュリー」は富野による造語

 まず、理解しなければならない前提は、「リギルド・センチュリー」の「リギルド」という単語はそもそもの造語です。誰が作ったものかは判明できませんが、まぁ、十中八九は富野由悠季監督本人による造語でしょう。

 となると、「リギルド」に何か意味が付加させるのも、必然なことだと言えるのでしょう。理由はもちろん、富野監督だから。


2. リギルドは「リ」+「ギルド」

 では、「リギルド・センチュリー」は一体どういう意味でしょう。

 英語で考えると、「リギルド」という言葉は存在していません。となると、「リギルド」はおそらく「リ」「ギルド」に分割できます。

 事実、アメリカなど海外のアニメフォーラムでは、「リギルド・センチュリーはRe-guild Centuryじゃね?」という論調が主流となっています。



3. リ・ギルドは「Re-guild」ではなく「Re-gild」

 海外では、「リギルド・センチュリー」は「Re-guild Century」と解かれています。しかし、実はこれは不正確なのです。

 なぜならば、「guild」の語源は「同業者組合」です。「リギルド」の「リ」が、シンプルに「再」という意味ならば、「再・同業者組合」というのは、そもそも言葉になっていません。つまり、「ギルド」は別の意味です。

 そして、辞書を引きますと、「gild」というもう一つの言葉が出てきます。こちらは「金メッキする,金色に塗る,見栄えを良くする」という意味です。動詞ですから、「re」がつくのもごく自然なことです。

 つまり、「リギルド」は実は「Re-gild」という意味です。



4. リギルド=Re-gildは、すなわち「再メッキ」という意味

 「リギルド」が「Re-gild」であれば、その意味は日本語に変換すると、「再メッキ」という意味になります。

 「再メッキを経て到来した時代」――それは、すなわち『Gのレコンギスタ』の「リギルド・センチュリー」です。



5. 「再メッキ」の世紀は…一体どういう世紀?

 しかし、そもそも「再メッキの世紀」はいったいどういう時代なのでしょう。

 とりあえず、「めっき」という語源から考えれば、以下の三つの可能性は考えられます。

再び輝きを取り戻した時代
 メッキの語源が金から来たと同じように、そもそもメッキという行為は卑金属に輝く外見を与えるものですので、この意味に従うと、「リギルド・センチュリー」は、人々が今の自分たちの進歩を謳歌し、ようやく昔の宇宙世紀のように繁栄を取り戻したという意義になります。

偽りの繁栄の時代
 逆の意味からも考えられます。 「メッキがはがれる」という言葉があるように、メッキは時折「表面的で浅はかなもの」という意味で使われています。

 つまり、劇中では①の意味で使われるものの、実は②の意義が含まれている、という富野らしいダブルミーニングも想像できます。

③より強固になる時代

 以上の①も②も実にしっくり来るものです。前世紀(宇宙世紀)の大戦による混乱期を経て、人類がようやくキャピタル・タワーを中心とする文明圏を立ちなおしたという意味では、「リギルド・センチュリー」=「再構築された世紀」はまさにそのとおりでしょう。

 しかし、もう一つの意味が隠していると思えてなりません。リギルドセンチュリーに関する解釈は分かれますが、どのみち「Gレコ」の物語が発生したということは、この再メッキされた時代のもとで、人類は再び混乱な局面に直面することになるだろう。

 混乱を乗り越えるからこそ、人類はより良き時代を迎えることができる。つまり、人類は試験を直面されることによって、「再メッキ」=「より強固になるための行為」になります。

 そして、その暁には、リギルド・センチュリーは本当の意味での「リギルド・センチュリー」=「再構築された世紀」になるだろう。



結論 リギルド・センチュリーは、再構築するための時代なのだ

 以上の論点をまとめると、『Gのレコンギスタ』の「リギルド・センチュリー」に関して、以下の結論になります。

Ⅰ リギルド・センチュリーは「Re-gild Century」=「再メッキの世紀」
Ⅱ リギルド・センチュリーには三重の意味が付加されている
Ⅲ リギルド・センチュリーに起きた混乱を乗り越えることによって、人類は強くなれる


 一つの言葉に対しても、ここまで考え抜いたのは、実に富野由悠季監督らしい匠の心です。「Gのレコンギスタ」は果たしてどのような物語になるだろうと、今から期待が高まるばかりです。

コメント
re-killedだったりして
音感がいまいちだったので濁点に…
#-|2014/05/24(土) 04:08 [ 編集 ]
白の時代にそれは無いのではないかと。
kaito2198 #-|2014/05/24(土) 04:18 [ 編集 ]
宇宙世紀から再びメッキ塗装された世界ってことか

何か産業革命とか高度経済成長とか思い浮かべます
デルピッポ #FKySkP76|2014/05/25(日) 01:40 [ 編集 ]
自分は衰退からようやく回復したというイメージですね。
『はじめたいG』を読む限り、人類は大混乱を経たそうですし。
kaito2198 #-|2014/05/26(月) 02:04 [ 編集 ]
旧世紀の連邦による支配をギルドに見立てて、リギルド=再構築された組織の世紀
という意味も表面的にはあるのかも、と思いました。
あまたん #-|2014/07/16(水) 16:20 [ 編集 ]
そうですね、純粋に日本語として考えるとき、これはありと思います。
自分は外国人ゆえ、ついに英語の綴りまで考えちゃったからかもしれませんが、なかなかそういう発想に至りませんでしたね。
kaito2198 #-|2014/07/16(水) 17:23 [ 編集 ]
この時代からさらに衰退期を経てターンAにつながっていくんですね
#-|2014/10/17(金) 00:01 [ 編集 ]
かしこまった時代の繋がりにあまり興味ないですけど、
先にリングオブガンダムの時代が来るから、むしろこれから上昇するのではないでしょうかね。
kaito2198 #L2WcHO2o|2014/10/18(土) 00:11 [ 編集 ]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURLはこちら
http://kaito2198.blog43.fc2.com/tb.php/1498-a8cd6ba1

ブログ内検索

なんとなく富野商品

リンク

このブログをリンクに追加する

カテゴリー

まともに機能しなくてすみません。これからゆっくりペースで直します。

RSSフィード

FC2カウンター

富野監督作品一覧

  • 海のトリトン
  • しあわせの王子
  • 勇者ライディーン
  • ラ・セーヌの星
  • 無敵超人ザンボット3
  • 無敵鋼人ダイターン3
  • 機動戦士ガンダム
  • 伝説巨神イデオン
  • 機動戦士ガンダム(劇場版)
  • 機動戦士ガンダムⅡ 哀戦士編
  • 戦闘メカ ザブングル
  • 機動戦士ガンダムⅢ めぐりあい宇宙編
  • 伝説巨神イデオン・接触篇 -A CONTACT-
  • 伝説巨神イデオン・発動篇 -Be Invoked-
  • 聖戦士ダンバイン
  • ザブングル グラフィティ
  • 重戦機エルガイム
  • 機動戦士Zガンダム
  • 機動戦士ガンダムZZ
  • 機動戦士ガンダム 逆襲のシャア
  • 機動戦士ガンダムF91
  • 機動戦士Vガンダム
  • 闇夜の時代劇 正体を見る
  • バイストンウェル物語 ガーゼィの翼
  • ブレンパワード
  • ∀ガンダム
  • 劇場版∀ガンダムⅠ 地球光
  • 劇場版∀ガンダムⅡ 月光蝶
  • OVERMAN キングゲイナー
  • 機動戦士Ζガンダム A New Translation -星を継ぐ者-
  • 機動戦士ΖガンダムⅡ A New Translation -恋人たち-
  • リーンの翼
  • 機動戦士ΖガンダムⅢ A New Translation -星の鼓動は愛-
  • RING OF GUNDAM
  • ガンダム Gのレコンギスタ
  • 富野参加作品一覧

  • 鉄腕アトム
  • 戦え!オスパー
  • リボンの騎士
  • 巨人の星
  • アニマル1
  • 夕やけ番長
  • 海底少年マリン
  • どろろ
  • 紅三四郎
  • 巨人の星対鉄腕アトム
  • おらぁグズラだど
  • 男一匹ガキ大将
  • ムーミン
  • シートン動物記
  • 赤き血のイレブン
  • アタックNo.1
  • あしたのジョー
  • 男ドアホウ!甲子園
  • 昆虫物語 みなしごハッチ
  • さすらいの太陽
  • 天才バカボン
  • ふしぎなメルモ
  • 新・オバケのQ太郎
  • 国松様のお通りだい
  • いなかっぺ大将
  • 正義を愛する者 月光仮面
  • アニメ・ドキュメント ミュンヘンのへの道
  • モンシェリCoCo
  • ハゼドン
  • ど根性ガエル
  • けろっこデメタン
  • ワンサくん
  • 山ねずみロッキーチャック
  • 侍ジャイアンツ
  • 新造人間キャシャーン
  • アルプスの少女ハイジ
  • ゼロテスター
  • 昆虫物語 新みなしごハッチ
  • 小さなバイキングビッケ
  • 宇宙戦艦ヤマト
  • 破裏拳ポリマー
  • フランダースの犬
  • 母をたずねて三千里
  • アンデス少年ペペロの冒険
  • 超電磁ロボ コン・バトラーV
  • ゴワッパー5 ゴーダム
  • ろぼっ子ビートン
  • あらいぐまラスカル
  • 合身戦隊メカンダーロボ
  • 超電磁マシーン ボルテスV
  • シートン動物記 くまの子ジャッキー
  • ヤッターマン
  • ペリーヌ物語
  • 闘将ダイモス
  • 未来少年コナン
  • とびだせ!マシーン飛竜
  • まんが日本昔ばなし
  • 宇宙魔神ダイケンゴー
  • 赤毛のアン
  • 科学忍者隊ガッチャマンⅡ
  • ザ・ウルトラマン
  • 宇宙大帝ゴッドシグマ
  • ルパン三世(TV第2シリーズ)
  • 新世紀GPXサイバーフォーミュラ
  • 銀河漂流バイファム
  • ママは小学4年生
  • GUNDAM EVOLVE 5
  •  |  富野作品感想 | 富野由悠季関連 | 井荻麟関連 | 富野情報 | 富野雑談 | レビュー | ブログ運営 | 日常話 | 未分類 | 給華文讀者 | Gのレコンギスタ | 
    Copyright(C) 2007All Rights Reserved. TOMINOSUKI / 富野愛好病
    Powered by FC2ブログ.
    template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.