富野由悠季監督とその作品をひたすら語るブログ

TOMINOSUKI / 富野愛好病
http://kaito2198.blog43.fc2.com/

プロフィール

kaito2198

Author:kaito2198
台湾人。
ただのファンです。

twitterは@kaito2198です。

仕事やブログ関係のご連絡は
kaito2198@hotmail.comまでお願いします。

給華文圈之富野由悠季愛好者的一些話
關於本站文章的轉載聲明

富野監督関連資料一覧

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

グーバーウォーク

富野新作『Gのレコンギスタ』の13の見所を大予想

2014/04/23 01:18|GのレコンギスタTRACKBACK:0COMMENT:8
このエントリーを含むはてなブックマーク はてなブックマーク - 富野新作『Gのレコンギスタ』の13の見所を大予想
 どうも、一週間ぶりです。今回は、富野由悠季監督の期待の新作『ガンダム Gのレコンギスタ』について、将来の放送に備えて、まず作品に出てくるであろう見所を勝手に予想する記事です。

 全体の見所を13ポイントとしてあげますので、何かご意見ありましたら是非コメント欄に残してね。



01.ベルリくんはどういうキャラなの?

 さて、本作の男主人公にして第一主人公であるベルリくんですが、今までの主人公と違い、キャピタルタワーの高官である親を持ち、いわゆる特権階級という出身なのです。とはいえ、PVを見る限り明るい笑顔をしてるんで、屈折なく育った心身健全児という感触を受けます。

 しかし、実はベルリくんはどうも海賊のアイーダさんとは姉弟なのです。しかも、そのアイーダさんはいつか女王になるかもしれません。となると、ベルリくんの出自にもなんらかの謎が隠しているかもしれません。民主的な組織からいきなり王国を作るとかはあまり想像できませんので、下手にすれば2人は『キングゲイナー』のゲイン・ビジョウみたいに、どこかの亡国の王子と姫様なのかもしれませんね。

 まあ、それはともかくとして、最初は敵対する相手として対面することであれば、ひょっとしたら冒頭ではベルリくんが実の姉と互いに恋愛感情を持つようになる、というやや危ない香りが漂っている話を見れるかもしれません。某SEEDアニメのキラとカガリではありませんが、是非見たいものです。


02.物語はどのように展開されるの?

 物語全体の展開を予測することはさすがにできませんので、冒頭だけ。

 まず、主人公はなんらかの原因として故郷から追われて、大きな船に乗って旅を出ます。これはもう富野アニメの黄金パターンとして外せないものでしょう(ごく一部例外あり)。そのパターンを考えると、真面目に学生をやっているベルリくんも多分第3話くらいでどこかの船に乗って出てちゃうのでしょう。

 もっとも、ベルリくんは今までの富野作品の主人公と違って、極めてハイクラスの人間です。キャピタルタワーの高官である親を持ち、いわゆる特権階級の人間ですから、いろいろなしがらみで身軽に動くこともできないのでしょう。

 しかし、そこは富野パワーだ。とにかく宿無しの無宿人になる宿命なので、ベルリくんはおそらく第3話あたりになんらかの出来事で、発作的に学校から飛び出して、海賊の船にでも乗るかもしれません。その際、隣の学園一の美少女ノレド、捕獲されたアイーダ、保護されたラライヤ全員を一緒に連れ出すため、学校全員の敵になる。そんな刺激的な展開がほしいですね。


03.ベルリくんは誰と結ばれるの?

 ベルリくんは青少年ですから、当然劇中では恋の一つくらいはするのでしょう。しかし、実際問題として、途中までの恋愛模様はさておき、最終的に誰と結ばれる問題が残っています。あいにく、女主人公のアイーダさんは姉らしいなので、富野がいきなり『恋風』にでもハマらない限り、おそらく2人の恋が実ることはないでしょう。

 となる、別の女性とのお付き合いも予想されます。特にラライヤっていう、いかにも不思議ちゃん的なところを持つ子とは、何かドラマがあるのではないかと、やはり勘ぐります。

 とはいえ、富野のことだ。なんだかんだ幼馴染の隣にいるのがだいたいの落とし所でしょうから、ベルリくんは最終的に幼馴染的な存在であるノレドちゃんと結ばれると予想します。もっとも未来の物語だから、そんなせこいことをせず、好意を持つ女性全員を妻にするくらいの度胸を見せてほしいものですね、『ハネムーンサラダ』みたいに(笑)。


04.アイーダは誰と結ばれるの?

 本来、女性キャラにおける第一人者である女主人公は、男性キャラにおける第一人者である男主人公と結ばれるのが相場ですが、何せ2人はどうも姉弟なので、本当に出来たら激しく興奮しますが、ちびっ子に見せたい富野のことだから、そんなドラマがあるはずもなく、2人が結ばれる可能性は普通にゼロでしょう。

 となると、アイーダは必然的に他の男の子と結ばなければなりません。もちろん、物語のラストまで独身である可能性だってあります。しかし、恋愛脳というわけではありませんが、さすがに物語が終わっても独身というのはいささか可哀相のように感じます。

 現時点、PVに出てくる男性キャラはベルリくんを除くと、ベルリくんの同級生というルインらしき人物ともじゃもじゃオッサンの2人しかいませんが、『∀ガンダム』のキエル・ハイムを考えると、アイーダに相応しい素敵な男性は、ひょっとしたら「仮面」に似合う男なのかもしれません(自分の顔を隠して伴侶を立てる、という意味でも仮面キャラは通用できますしね)。


05.ラライヤは不幸になるの?

 ラライヤ。その外見といい、名前といい、どうしても『機動戦士ガンダム』のララァ・スンを想起せざるを得ないものです。アイーダにGセッター(主人公メカの仮名)を与え、そのうえ何かの謎を知っているらしいラライヤは、たとえ宇宙世紀におけるニュータイプもしくは強化人間的な匂いが無くても、普通に「別格的な存在」という立ち位置で劇中に出てくる感じです。

 となると、彼女はひょっとしたらその出自のゆえ、なんらか不幸の運命を見舞われるなのかもしれません。いわゆる白富野だからって、油断にはなりません。『ブレンパワード』だって、普通に死ぬ人は死にますし。

 しかし、やはり『OVERMANキングゲイナー』のシンシア・レーンのように、白富野の明るいパワーでなんとか救い上げたいです。そのうえ、なんらかコメディパートに巻き込ませて、恋愛もさせて、その不思議ちゃんぶりを打ち破りたいものです。そういう意味では、ララァに救済を与えるというわけではありませんが、ガンダムワールドの薄幸の少女だっていつか幸せを掴めますよ~と。


06.主役機はどこらへんが特殊なの?(主人公が乗る必然性とは?)

 今回の主役機、Gセッター(嘘)。一番特徴なのは角と大きな目ですが、戦うアニメからには、なんらか特別なところがないといけません。最新鋭機ということは決定事項として、なぜ海賊が持つのはよく分かりませんが、たぶん後ろにいるなんらかのスポンサーもしくは勢力が与えたものなのでしょう。

 で、最初はアイーダ機であるGセッターが、いずれベルリくんの乗機ともなると、なんらかの必然性を持たないといけません。単純にベルリくんが一番強いからという可能性もなくありませんが、そうなればただのガンダム無双になっちゃいます。なので、もっと説得力ある言い訳を用意しないといけません。

 ベルリとアイーダ2人が乗るのは事実として、そこから考えられる可能性の一つとしては、彼ら2人しか乗れない、もしくは2人が乗るときしか実力を出せないという特殊なギミックが搭載されていることです。そうなれば、作劇面においても設定面においても説得力を与えられます。ベタすぎるかもしれませんが、今回の「Gレコ」はそもそも『∀』が真逆さに翻したような作品という雰囲気ですので、やや作為的な設定でも許されるのでしょう。


07.第三勢力は出てくるのか?

 富野作品では、権力の正当性を疑うという意味で、ほぼ100%といっていいほど、敵の陣営から第三勢力が登場する展開はあります。今回でいえば、現時点判明した勢力を数えると、キャピタルタワー側があり、宇宙海賊側があり、そしてアメリアという国家勢力があるので、ちょうど都合で三つの勢力が出ています。

 もちろん、これ以上さらに別の勢力が出てくる可能性はあります。アイーダがやがて女王として君臨し、ベルリくんがそれを支える立場ともなってくると、主人公一味が自ら一勢力になる可能性だってないわけがありません(あまり考えられませんが)。もちろん、そうなると整理整頓が必要ともなってくるので、『Zガンダム』のように構図が複雑に見えることは無いはずです。

 どのみち、第三勢力みたいな陣営が登場するのは仕方ないとして、やはり最後で勝手に勢力割れというパターンはできるだけ避けてほしいものですね。


08.木星的な暗躍勢力は出てくるのか?

 『∀ガンダム』が例外として、今までの富野ガンダムでは、必ず木星船団みたいに物語の表面上に浮上しない暗躍する組織が存在しています。そういう意味では、今回のように本格的な宇宙SFドラマでは、そういう存在がいる可能性は充分考えられます。

 一応、富野的な考え方をシュミレーションすると、木星みたいに「遠すぎる惑星を拠点にすることによって独立性を保つ」ということなので、今までとおりの「木星」、もしくはあまり見られていない「火星」を本拠地にする勢力が出てくるかもしれません。とはいえ、今までと違って、スペースコロニー(と地球)ではなく、地球と地球にいる宇宙エレベーターが今回のメイン舞台なので、番狂わせという意味で、地球側に近い金星が選ばれるかもしれません。

 ただまあ、金星は人が住めるわけがありませんので、さすがに無いだろう…。


09.今回のハロはどういうものなの?

 画像を見れば分かるとおり、今回のハロは今までのハロとはかなり異なります。主人公のペットというのがおおよその相場ですが、ピンクということから見れば、女の子の持ち物という可能性もあります。となると、ベルリくんがノレドに送ったペットロボットとかの存在なのかもしれません。

 それから、今回のハロは上の言ったとおり、外見からすでに違いますので、ギミック面において『Vガンダム』に登場してたハロみたいに活劇方面に大活躍してくれると嬉しいですね。


10.仮面キャラは出てくるのか?

 ガンダムシリーズの由緒正しい伝統の一つとして、「仮面キャラが必ず登場する」という法則があります。しかし、実はこれがガンダムの黄金パターンというよりも、そもそも富野が作った伝統なので、今回の『Gレコ』もやはりどこに仮面キャラが登場する可能性は大いにあります。

 しかも、富野作品となると、仮面キャラはだいたい正体がバレバレという場合は多いので、仮にGレコの仮面キャラがあるとしても、おそらく主人公の近くに出てくるのではないかと考えられます。


11.女装は出てくるのー?

出る(確信)。


12.井荻麟は来るのか?

 今回の『Gのレコンギスタ』は、仮に4クールでしたら、4曲くらいのテーマソングはあるはずです。2クールだとしても、2曲くらいはあるはずです。それに、挿入歌やイメージソングなども加えたら、相当の歌付き曲が考えられます。となると、井荻麟、つまり富野由悠季監督本人が作詞を手がけられる余地は相当あると想像できます。

 商売のために、オープニング、ひいてはエンディングテーマまでがJポップのヒットシンガーに任せることは仕方ないとしても、せめて商売からやや離れているところの挿入歌あたりは、ガッツリ井荻麟にしてほしいものです。それらの挿入歌は、作品を強化する側面がありますから、ファンの好き嫌いを抜きにしても、まったくのビジネスライク以外で考えると、井荻作詞は「多いほど良い」と言い切れます。

 今のところ、井荻は全部80曲の作詞を作ってあります。80曲目は2009年のものでしたので、今回限りに井荻麟作詞が出るとすれば、5年越しの活動となります。そういう意味では期待せずにいられません。


13.富野小説は来るのか?

 Gレコは、そもそも『はじめたいキャピタルGの物語』として始めたものです。それに、富野は元々小説からスタートしたかったという意欲も示しました。結果的いうと、そして、我々は三年くらい待たせられた挙句、雑誌自体が廃刊という最高にイカした展開を強いられました。

 しかし、結果的に頓挫したとはいえ、オオカミコドモ…ではなく、オオカミ少年というわけではありませんが、もし富野さんに気力がありましたら、やはり小説で読みたいものですね。富野の小説は、なんだかんだオリジナリティ溢れて、そこらへんのUの小説とかとは訳が違います。



 以上は、期待の新作『ガンダム Gのレコンギスタ』に対する大予想13連発です。ユニコーンが終わるまでは、おそらくなんらかの新情報も入ってこないでしょうから、今のうちに楽しめることをしなくちゃ。皆さんはもしご意見ご感想ありましたら、気軽に書き込みましょう。
コメント
女装....ああ....ロラン....(・ω・;)あるわ....
#-|2014/04/23(水) 01:50 [ 編集 ]
こんな力作の記事をお疲れさま。
さすがkaitoさんすごいよ…女装が見える…
既にその名雪は #uOPtQN5g|2014/04/23(水) 02:25 [ 編集 ]
>そのアイーダさんはいつか女王になるかもしれません。

やっぱりムーンレイスの初代女王?
名無しさん@ニュース2ch #-|2014/04/23(水) 02:40 [ 編集 ]
最近ラブライブにもハマってしまったゴン太です(挨拶)
そういえば、台湾でもラブライブが大人気だそうで、
Gレコでベルリ君の部屋に、何気にラブライブのμ'sのポスターが貼ってあったり…
なんて小ネタもあったら面白そうですねw
(BGMはμ'sの「START:DASH!!」でw)

オイラとしての見どころですが、キャラとかはもちろんですが、
それを演じるキャストの皆さんが誰になるのか?も注目ですね。
オイラの予想としては、島崎信長さん、悠木碧さん、早見沙織さん、
あと個人的には、ラブライブのμ'sメンバーから、飯田里穂さん、久保ユリカさん、
楠田亜衣奈さん、Pileさん、新田恵海さんとか、
他には仲谷明香(なかや・さやか)さんにも出てほしいですね。
なかやんは現在「ハピネスチャージプリキュア!」のOP歌って大活躍してます。

MSの方は、ユニコーンみたいに「生体認証システム」を導入するのかな?
前にも書いたんですが、ストライクガンダムのストライカーパックシステムみたいな
装備換装システムはありそうですね。高機動戦タイプのエアロユニットとか、
接近戦特化型のアサルトユニットとか。

主題歌は、間違いなく井荻麟作詞は来そうですね。
もし主題歌が水樹奈々様だったら、奈々様との共作になりそうかな?
EDがangelaなら、atsukoさん(ボーカル、作詞)との共作になりそうですね。
これなら音楽制作はキングレコード・スターチャイルドが担当しそうですね。
スタチャは長い間ガンダムシリーズやサンライズ作品に関わってきたので、
Gレコを機にまたサンライズ作品に関わってほしいですね(^^)
angelaとか喜多村英梨さん、米倉千尋さんとか強力なアーティストさんもいますし。

あと、TVシリーズなので
放送枠はMBS・TBS系列の日5枠がオイラの中では有力候補ですね。
今月から始まった「ハイキュー!!」が2クール確定なので、
早くて10月5日日曜夕方5時から放送!と予想してます。
ゴン太 #JptxlV1o|2014/04/23(水) 21:01 [ 編集 ]
シミュレーションがシュミレーションになってますよ。
#-|2014/04/24(木) 00:35 [ 編集 ]
声優は今までの御大から考えると本職声優じゃない人を起用するんじゃないですかね
上手なら本職でもそうじゃなくても別にいいんですけど

美少女ばっかり連れ出したらそりゃあ学校の敵になりますねw

井荻麟作詞なら作曲が気になります
まぁ菅野祐悟さんかな
キンゲ繋がりで田中公平先生なら最高ですが

関係ないけどユニコーンにグスタフ・カールが登場するそうで、御大がOKを出したのかぁと意外に思いました
デルピッポ #FKySkP76|2014/04/24(木) 00:36 [ 編集 ]
結構いいとこ突いてますよw
名無し #ZEqp4aRo|2014/04/24(木) 08:09 [ 編集 ]
>#-さん
>既にその名雪はさん
女装はありますよね…。

>名無しさん@ニュース2chさん
ニュースのところから来たお客さんですか? 珍しいですね。
そこまで直接にムーンレィスと繋ぐかどうかは分かりませんが、月にいる勢力でしたら、そういう想像も許容されますもんね。

>ゴン太さん
声に関しては、ほとんど声優を知りませんので、イメージしようがありません。すみません。
主題歌は前に言ったように、例えば水樹さんみたいな人気シンガーに井荻作詞というのは理想的ですよね。
枠に関して、仰ったとおり日5がベストですよね。
15年ぶりの地上波という意味でも、視聴者が多い枠であることを祈るしかありませんが。

>#-さん
ありがとうございます。直します。

>デルピッポさん
声優は今回も半分半分くらいだと思います。
グスタフ・カールは…登場メカの版権まで持ってないからね(白目)。

>名無し #ZEqp4aRoさん
あれ、やはり女装はあたりますね☆(棒)
褒めていただいてありがとうございます。
kaito2198 #-|2014/04/24(木) 12:24 [ 編集 ]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURLはこちら
http://kaito2198.blog43.fc2.com/tb.php/1487-b79d14d2

ブログ内検索

なんとなく富野商品

リンク

このブログをリンクに追加する

カテゴリー

まともに機能しなくてすみません。これからゆっくりペースで直します。

RSSフィード

FC2カウンター

富野監督作品一覧

  • 海のトリトン
  • しあわせの王子
  • 勇者ライディーン
  • ラ・セーヌの星
  • 無敵超人ザンボット3
  • 無敵鋼人ダイターン3
  • 機動戦士ガンダム
  • 伝説巨神イデオン
  • 機動戦士ガンダム(劇場版)
  • 機動戦士ガンダムⅡ 哀戦士編
  • 戦闘メカ ザブングル
  • 機動戦士ガンダムⅢ めぐりあい宇宙編
  • 伝説巨神イデオン・接触篇 -A CONTACT-
  • 伝説巨神イデオン・発動篇 -Be Invoked-
  • 聖戦士ダンバイン
  • ザブングル グラフィティ
  • 重戦機エルガイム
  • 機動戦士Zガンダム
  • 機動戦士ガンダムZZ
  • 機動戦士ガンダム 逆襲のシャア
  • 機動戦士ガンダムF91
  • 機動戦士Vガンダム
  • 闇夜の時代劇 正体を見る
  • バイストンウェル物語 ガーゼィの翼
  • ブレンパワード
  • ∀ガンダム
  • 劇場版∀ガンダムⅠ 地球光
  • 劇場版∀ガンダムⅡ 月光蝶
  • OVERMAN キングゲイナー
  • 機動戦士Ζガンダム A New Translation -星を継ぐ者-
  • 機動戦士ΖガンダムⅡ A New Translation -恋人たち-
  • リーンの翼
  • 機動戦士ΖガンダムⅢ A New Translation -星の鼓動は愛-
  • RING OF GUNDAM
  • ガンダム Gのレコンギスタ
  • 富野参加作品一覧

  • 鉄腕アトム
  • 戦え!オスパー
  • リボンの騎士
  • 巨人の星
  • アニマル1
  • 夕やけ番長
  • 海底少年マリン
  • どろろ
  • 紅三四郎
  • 巨人の星対鉄腕アトム
  • おらぁグズラだど
  • 男一匹ガキ大将
  • ムーミン
  • シートン動物記
  • 赤き血のイレブン
  • アタックNo.1
  • あしたのジョー
  • 男ドアホウ!甲子園
  • 昆虫物語 みなしごハッチ
  • さすらいの太陽
  • 天才バカボン
  • ふしぎなメルモ
  • 新・オバケのQ太郎
  • 国松様のお通りだい
  • いなかっぺ大将
  • 正義を愛する者 月光仮面
  • アニメ・ドキュメント ミュンヘンのへの道
  • モンシェリCoCo
  • ハゼドン
  • ど根性ガエル
  • けろっこデメタン
  • ワンサくん
  • 山ねずみロッキーチャック
  • 侍ジャイアンツ
  • 新造人間キャシャーン
  • アルプスの少女ハイジ
  • ゼロテスター
  • 昆虫物語 新みなしごハッチ
  • 小さなバイキングビッケ
  • 宇宙戦艦ヤマト
  • 破裏拳ポリマー
  • フランダースの犬
  • 母をたずねて三千里
  • アンデス少年ペペロの冒険
  • 超電磁ロボ コン・バトラーV
  • ゴワッパー5 ゴーダム
  • ろぼっ子ビートン
  • あらいぐまラスカル
  • 合身戦隊メカンダーロボ
  • 超電磁マシーン ボルテスV
  • シートン動物記 くまの子ジャッキー
  • ヤッターマン
  • ペリーヌ物語
  • 闘将ダイモス
  • 未来少年コナン
  • とびだせ!マシーン飛竜
  • まんが日本昔ばなし
  • 宇宙魔神ダイケンゴー
  • 赤毛のアン
  • 科学忍者隊ガッチャマンⅡ
  • ザ・ウルトラマン
  • 宇宙大帝ゴッドシグマ
  • ルパン三世(TV第2シリーズ)
  • 新世紀GPXサイバーフォーミュラ
  • 銀河漂流バイファム
  • ママは小学4年生
  • GUNDAM EVOLVE 5
  •  |  富野作品感想 | 富野由悠季関連 | 井荻麟関連 | 富野情報 | 富野雑談 | レビュー | ブログ運営 | 日常話 | 未分類 | 給華文讀者 | Gのレコンギスタ | 
    Copyright(C) 2007All Rights Reserved. TOMINOSUKI / 富野愛好病
    Powered by FC2ブログ.
    template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.