富野由悠季監督とその作品をひたすら語るブログ

TOMINOSUKI / 富野愛好病
http://kaito2198.blog43.fc2.com/

プロフィール

kaito2198

Author:kaito2198
台湾人。
ただのファンです。

twitterは@kaito2198です。

仕事やブログ関係のご連絡は
kaito2198@hotmail.comまでお願いします。

給華文圈之富野由悠季愛好者的一些話
關於本站文章的轉載聲明

富野監督関連資料一覧

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

グーバーウォーク

2008年富野由悠季監督台湾訪問レポート(4)

2008/09/01 19:50|富野由悠季関連TRACKBACK:0COMMENT:0
このエントリーを含むはてなブックマーク はてなブックマーク - 2008年富野由悠季監督台湾訪問レポート(4)
関連記事:
■2008年富野由悠季監督台湾訪問レポート(1)
■2008年富野由悠季監督台湾訪問レポート(2)
■2008年富野由悠季監督台湾訪問レポート(3)

グダちんさんの玖足手帖からサルベージしたら、こんなのも見つけた。
書いた覚えは無いな…。



影片: 2008台北國際電玩展實況-富野由悠季-作品導覽

 1/25の講演の前に、富野作品紹介映像も流された。
 富野監督とアアコさんも一番最初の列のVIP席に座って一緒に見た。
 で、僕はちょっとした訳があって、そのVIP席にも座っていただいて、しかもなんと御大とアアコさんの隣に!
 なので、映像が流してる最中、僕は幸いにも監督とアアコさんを近く観察することできた。そのときの状態についてちょっと紹介したいと思います。
 で、動画で示したとおり、流す順番はトリトン~ライディーン~ザンボット3~ダイターン3~ガンダム~イデオン~ガンダム?~ガンダム?~ガンダム?~IDEON~ザブングル~ダンバイン~エルガイム~Z~ZZ~逆シャア~F91~V~ブレン~地球光、月光蝶~キンゲ~リーン~Z1、Z2、Z3なのですが、惜しいことに、ガーゼィはやっぱり黒歴史のままですし、ブレンの裸はやっぱり出てこない。
 あと、これは海外向けの紹介動画なので、各作品もわずか20秒くらいしか流されないから、オープニングのテンポの“妙”は観客に伝えられませんでした。これは個人の一番残念でならないこと。まあ、全部流したら30分以上もかかるからしかたないか。

 で、映像開始。
 始める頃、御大はずっと画面を見つめて、とても真剣な様子。
 そして、アアコさんは何故かトリトン見て笑う 御大は何の表情もないのに…
 ザンボットもダイターンもガンダムもスルーした監督、IDEON見てちょっと微笑む。
 そして、ザブングル~ブレンまで二人ともまるで表情なし。
 で、一方、観客の反応といえば、やっぱり”懐かしい”と”おお、これもか!”というのが多いらしい、 僕の隣のアニメ関係者か政府の某部長もちょっと感心してる様子。

 突然、事態発生!!

 この前に、先に映像を見てください。
 ブレンの後は∀ですが、これについて、御大は依然反応なし。次は地球光と月光蝶、これらはAfter allで繋がっている。次は当然キンゲです。キンゲはやはりというべきか、観客に大受け。あちこちで笑い声が聞こえる。
 でも、トミノの反応はそこから始まったのではなかった
 地球光でフラット降下、ロラン月に吼える、核爆、ディアナとキエル、そして月光蝶の宇宙戦もまったく反応しなかったトミノですが、キエルとハリーのキスシーンを見て、突然笑い始める。それもいかにも照れくさい笑い方。挙句に、手で顔を掩い、指の隙間から映像を見ながら笑ってる。まるで処女のように。アアコさんはちょっと横目でトミノを無表情で見る。
 さらにキンゲのモンキーダンスを見て、また大笑いをするトミノ。今度はなんか何か可笑しいものでも見たような表情でアアコさんと共に笑う。実に微笑むシーンでした。
 トミノのこの一面を見た後こそ、>>148の言うことは初めて理解するようになる気がしてならない

148 :通常の名無しさんの3倍:2008/01/26(土) 15:38:08 ID:???
>「雑誌のインタビューなどで知っていると思いますが、僕はあまり『ロボットもの』というものが好きではない。
>だけど、“鋼弾之父”と紹介されると、感動してしまう。この監督はホントにロボットものが好きだよねえと(他人事のように)感動してしまう。
>だけど基本的には、嫌いです」。
 ここはちょっとニュアンスが間違ってるので、ちょっと補充
 実は講演始める前に、富野作品の紹介は流されていたので、監督もアアコさんも一緒に見た
 「雑誌のインタビューなどで知っていると思いますが、僕はあまりロボットものが好きではない。だけど、さっきの映像を見ると、ああ、この監督はやっぱりロボットものが好きだよねえとついに思ってしまう。だけど、基本的には嫌いです」


コメント
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURLはこちら
http://kaito2198.blog43.fc2.com/tb.php/147-8ec9318f

ブログ内検索

なんとなく富野商品

リンク

このブログをリンクに追加する

カテゴリー

まともに機能しなくてすみません。これからゆっくりペースで直します。

RSSフィード

FC2カウンター

富野監督作品一覧

  • 海のトリトン
  • しあわせの王子
  • 勇者ライディーン
  • ラ・セーヌの星
  • 無敵超人ザンボット3
  • 無敵鋼人ダイターン3
  • 機動戦士ガンダム
  • 伝説巨神イデオン
  • 機動戦士ガンダム(劇場版)
  • 機動戦士ガンダムⅡ 哀戦士編
  • 戦闘メカ ザブングル
  • 機動戦士ガンダムⅢ めぐりあい宇宙編
  • 伝説巨神イデオン・接触篇 -A CONTACT-
  • 伝説巨神イデオン・発動篇 -Be Invoked-
  • 聖戦士ダンバイン
  • ザブングル グラフィティ
  • 重戦機エルガイム
  • 機動戦士Zガンダム
  • 機動戦士ガンダムZZ
  • 機動戦士ガンダム 逆襲のシャア
  • 機動戦士ガンダムF91
  • 機動戦士Vガンダム
  • 闇夜の時代劇 正体を見る
  • バイストンウェル物語 ガーゼィの翼
  • ブレンパワード
  • ∀ガンダム
  • 劇場版∀ガンダムⅠ 地球光
  • 劇場版∀ガンダムⅡ 月光蝶
  • OVERMAN キングゲイナー
  • 機動戦士Ζガンダム A New Translation -星を継ぐ者-
  • 機動戦士ΖガンダムⅡ A New Translation -恋人たち-
  • リーンの翼
  • 機動戦士ΖガンダムⅢ A New Translation -星の鼓動は愛-
  • RING OF GUNDAM
  • ガンダム Gのレコンギスタ
  • 富野参加作品一覧

  • 鉄腕アトム
  • 戦え!オスパー
  • リボンの騎士
  • 巨人の星
  • アニマル1
  • 夕やけ番長
  • 海底少年マリン
  • どろろ
  • 紅三四郎
  • 巨人の星対鉄腕アトム
  • おらぁグズラだど
  • 男一匹ガキ大将
  • ムーミン
  • シートン動物記
  • 赤き血のイレブン
  • アタックNo.1
  • あしたのジョー
  • 男ドアホウ!甲子園
  • 昆虫物語 みなしごハッチ
  • さすらいの太陽
  • 天才バカボン
  • ふしぎなメルモ
  • 新・オバケのQ太郎
  • 国松様のお通りだい
  • いなかっぺ大将
  • 正義を愛する者 月光仮面
  • アニメ・ドキュメント ミュンヘンのへの道
  • モンシェリCoCo
  • ハゼドン
  • ど根性ガエル
  • けろっこデメタン
  • ワンサくん
  • 山ねずみロッキーチャック
  • 侍ジャイアンツ
  • 新造人間キャシャーン
  • アルプスの少女ハイジ
  • ゼロテスター
  • 昆虫物語 新みなしごハッチ
  • 小さなバイキングビッケ
  • 宇宙戦艦ヤマト
  • 破裏拳ポリマー
  • フランダースの犬
  • 母をたずねて三千里
  • アンデス少年ペペロの冒険
  • 超電磁ロボ コン・バトラーV
  • ゴワッパー5 ゴーダム
  • ろぼっ子ビートン
  • あらいぐまラスカル
  • 合身戦隊メカンダーロボ
  • 超電磁マシーン ボルテスV
  • シートン動物記 くまの子ジャッキー
  • ヤッターマン
  • ペリーヌ物語
  • 闘将ダイモス
  • 未来少年コナン
  • とびだせ!マシーン飛竜
  • まんが日本昔ばなし
  • 宇宙魔神ダイケンゴー
  • 赤毛のアン
  • 科学忍者隊ガッチャマンⅡ
  • ザ・ウルトラマン
  • 宇宙大帝ゴッドシグマ
  • ルパン三世(TV第2シリーズ)
  • 新世紀GPXサイバーフォーミュラ
  • 銀河漂流バイファム
  • ママは小学4年生
  • GUNDAM EVOLVE 5
  •  |  富野作品感想 | 富野由悠季関連 | 井荻麟関連 | 富野情報 | 富野雑談 | レビュー | ブログ運営 | 日常話 | 未分類 | 給華文讀者 | Gのレコンギスタ | 
    Copyright(C) 2007All Rights Reserved. TOMINOSUKI / 富野愛好病
    Powered by FC2ブログ.
    template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.