富野由悠季監督とその作品をひたすら語るブログ

TOMINOSUKI / 富野愛好病
http://kaito2198.blog43.fc2.com/

プロフィール

kaito2198

Author:kaito2198
台湾人。
ただのファンです。

twitterは@kaito2198です。

仕事やブログ関係のご連絡は
kaito2198@hotmail.comまでお願いします。

給華文圈之富野由悠季愛好者的一些話
關於本站文章的轉載聲明

富野監督関連資料一覧

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

グーバーウォーク

証拠はないけど、富野監督の新ガンダム『Gのレコンギスタ』(Gレコ)ってこれで延期だよな

2014/01/10 23:38|GのレコンギスタTRACKBACK:0COMMENT:4
このエントリーを含むはてなブックマーク はてなブックマーク - 証拠はないけど、富野監督の新ガンダム『Gのレコンギスタ』(Gレコ)ってこれで延期だよな
 2ヶ月前に、こんな記事を書きました。

『Gのレコンギスタ』はいつ情報公開するの?

 4月公開だと、さすがにこれより遅い情報発表はありえないでしょう。商売において、それが自ら宣伝を放棄したような行為ですから。

 ということで、1月上旬くらいは『Gレコ』情報正式発表のデッドラインだと思います。

 デッドラインということですが、逆に言うと、4月公開だとそれ以上遅れると間に合わないことになります。



 そして、先日シャア専用ニュースさんからアニメ三大誌の速報が届きました。

シャア専用ニュース ガンダムビルドファイターズ 小川正和プロデューサーが語る、スタービルドストライクガンダムのアブソーブ、ディスチャージ、RGの機能

今日はアニメディア、アニメージュ、ニュータイプ2014年2月号を買ってきました。富野由悠季・ガンダム関連の特ダネはアニメディアの「ガンダムビルドファイターズ」小川正和プロデューサーインタビューのみ。アニメージュの「富野に訊け!!」は通常の相談でした。

 正直先月号の予告を読んで、すでにそれなりの覚悟がありましたが、やはりそうなるのは悲しいものです。



 ということで、私は公式でもなんでもありませんが、大胆な予測を勝手に上げます。

 公式ではいままで一度も発表および放送時期をアナウンスしたことがありませんので、正確的に「延期」とは言えないのですが、とりあえず1月上旬の現在でも情報が来ないということは、おそらく富野由悠季監督の新作ガンダム『Gのレコンギスタ』は4月放送にとても間に合わないのでしょう

 これにがっかりする人はきっといると思います。とはいえ、そもそも「2014年4月放送」ってのは、「2013秋情報公開」という話から来たものです。そして、もともと「秋公開」という話は、安田朗ことあきまんが2012年初で漏らした「予定」でした。1年以上の時間を経て、実際の状況が予定と違ってくるのは当たり前として、これに落胆するのはやはり早計だと思います。

 しかし、4月が無理だとすれば、7月か、それとも10月になるのでしょうか。制作ソースのことはよく分かりませんのであえて無視として、3ヶ月の延期は普通にあるかどうかに関わることでしょうけれど、普通に考えたらGレコは10月まで延期することもありえるのでしょう。OVAとTV制作の体制がまるで違うので、「ユニコーン」と『Gのレコンギスタ』は違う班としての作業でしょうけれども、それでも製作的に宣伝に余裕をもたせる意味としても、普通にユニコーンが終わってから本格的な宣言が始まるのではないでしょうか。

 どのみち、最初の予定より遅れているのは確かなようですが、これで制作整備およびクォリティ・アップに繋げれれば、こちらも言うこともありません。3ヶ月だろうと半年だろうと、我々はもう8年も待っていましたから(例によって『ROG』を無視してます)。



 あと、非常に無責任な予測ですが、なんとなく、富野監督の『Gのレコンギスタ』は2クールなのではないかと思っております。もちろん証拠と言えるものは何一つ持っていませんが、自分なりにこういう推測を挙げた理由は4つがあります。

1、製作および制作的な理由からする延期は普通にありますが、1年番組だとそういうフレキシビリティ(枠とか)はおそらくあまり無いと考えられます。なので、逆説的にGレコは1年番組じゃないという話になります。

2、去年10月~今年3月には『ガンダムビルドファイターズ』という作品が放送されます。もしGレコが1年番組という話ならば、もともと4月放送の予定だと「2クール+4クール」というガンダムが1年半も継続的に放送する話になります。これは、今まで一度も前例がなかった放送状態で(Z+ZZとか、V+G+W+Xの例を言わないでください)、むしろ「GBF+Gレコが4クール」という想定のほうがしっくり来ると思います。この想定だと、やはりGレコが2クールという計算になります。

 ただ、ビルドファイターズもGレコもここ数年ようやく出来たチャレンジなので、今までのパターンと異なる可能性も大いにあると考えられます。

3、Gレコはもともと半年前の情報公開という予定でした。もともとの放送予定より3ヶ月切った1月上旬である今では、おそらくもう延期必至でしょう。とはいえ、断片的な情報を鑑みると、2014年4月放送に目指して、ぎりぎりまで宣伝を伸ばしてたような気がしないでもありませんので、最終的な予定は結局GBFみたいに「情報が3ヶ月前公開」といったものじゃないのでしょうか。

 しかし、1年番組ならば、Gレコのもともと予定された「3ヶ月前公開」は宣伝上ややもったいない気もします。歴代ガンダムの公開時期などによく分かりませんので、こういう話は大して信憑性がないと存じますが、それでも1年番組のガンダムクラスの作品を宣伝しようとするならば、少なく半年くらいがほしいのでしょう。3ヶ月ではあまりにも短いのですから。

4、最後は、現実問題としての推測。富野由悠季監督は脚本を全部自分が書いたといいました。そのうえ、できれば全コンテも自分でやりたいと仰られました。1年番組の全コンテは52本があります。仮に2週1本くらいという超ペース(制作しながらの、だ!)だとしても、52本だと2年の時間もかかることになります。できるかどうかは別にして、この予想を立てたということは、富野監督が自ら2年の時間をかけてコンテをやるという話になります。監督はとても慎重な人なので、無根拠な話はしないはずです。なので、このあまりにも現実味がない願望を、おそらくしないはずです。

 しかし、2クールのコンテならば1年くらい済めます。半分強くらい放送前に済ませて、残り半分弱は放送しながら制作する。こういう方法は今までもやってきた体制なので、俄然と可能性が高いです。



 以上の話からして、根拠はないものの、自分が『Gのレコンギスタ』は2クールなのではないかと思うようになった理由です。延期の話以外、なんだかいつもと同じような話が堂々巡りしてるような気分ですけど、何度も言いますと、富野さんが頑張っている以上、こちらが応援しない理由もないでしょう。もちろん、周りにいる宣伝スタッフにはがんばってもらいたいものです。Gレコを盛り上げることができれば、それだけ自分たちの業績にもなるのですから。

 それまでは、我々ができることは『映像の原則』を読みながら、じっくり情報が来るのを待つといいでしょう。

映像の原則 改訂版 (キネマ旬報ムック)映像の原則 改訂版 (キネマ旬報ムック)
富野由悠季

キネマ旬報社
売り上げランキング : 15742

Amazonで詳しく見る by AZlink
コメント
このコメントは管理人のみ閲覧できます
#|2014/01/15(水) 14:28 [ 編集 ]
アドバイスはありがたいですが、そちらこそ断定する理由はあるのでしょうか。
もしあるのでしたら、是非示してください。

こちらがわざわざ「公式的なアナウンスがない」とことわった上、
「関係者が口にした言葉」を基準にするならば、
「延期に近い状態」と言いました。
それを一方的に責められているのは少々おかしいと思います。

こちらはちゃんと節度を持って発言をしているつもりですし、
Gレコに関しては今までも極めてプラス的な話しかしていないはずです。
忠言はありがたく受け取りますが、
関係者でもない方にそのような言い方をされて心外です。

以上はこちらの考えです。
もしまたなにか不都合があれば、またコメントをください。
ありがとうございます。
kaito2198 #L2WcHO2o|2014/01/15(水) 17:27 [ 編集 ]
このコメントは管理人のみ閲覧できます
#|2014/01/16(木) 23:58 [ 編集 ]
分かりました。
まったくこちらの落ち度でございます。
まず、こちらが大変無礼を働いたことに関して、誠心誠意をもってお詫びします。
申し訳がございませんでした。

まったく返す言葉もありません。
情報が公開されれば勝手に盛り上がると知りながらも、まったく注目されてないのがどうしても忍べなくて。
どんな話題(もちろんネガティブな話は避けているつもりでしたが…)でも、
少しだけ関心を集めれればと思ったんですが、
今回のご指摘を受けて、自分の基準が甘かったと改めて知らされました。

大変失礼しました。
これから謹んで行いを改めます。
ただ、こちらとしても富野監督と新作とスタッフの方々を応援する心しかありませんので、
せめてこの点を分かっていただければ嬉しいです。
ブログは、これからも書きます。
勝手な思いですが、富野さんのためになんとかしてあげたいです。
kaito2198 #L2WcHO2o|2014/01/17(金) 06:51 [ 編集 ]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURLはこちら
http://kaito2198.blog43.fc2.com/tb.php/1425-8f8291f7

ブログ内検索

なんとなく富野商品

リンク

このブログをリンクに追加する

カテゴリー

まともに機能しなくてすみません。これからゆっくりペースで直します。

RSSフィード

FC2カウンター

富野監督作品一覧

  • 海のトリトン
  • しあわせの王子
  • 勇者ライディーン
  • ラ・セーヌの星
  • 無敵超人ザンボット3
  • 無敵鋼人ダイターン3
  • 機動戦士ガンダム
  • 伝説巨神イデオン
  • 機動戦士ガンダム(劇場版)
  • 機動戦士ガンダムⅡ 哀戦士編
  • 戦闘メカ ザブングル
  • 機動戦士ガンダムⅢ めぐりあい宇宙編
  • 伝説巨神イデオン・接触篇 -A CONTACT-
  • 伝説巨神イデオン・発動篇 -Be Invoked-
  • 聖戦士ダンバイン
  • ザブングル グラフィティ
  • 重戦機エルガイム
  • 機動戦士Zガンダム
  • 機動戦士ガンダムZZ
  • 機動戦士ガンダム 逆襲のシャア
  • 機動戦士ガンダムF91
  • 機動戦士Vガンダム
  • 闇夜の時代劇 正体を見る
  • バイストンウェル物語 ガーゼィの翼
  • ブレンパワード
  • ∀ガンダム
  • 劇場版∀ガンダムⅠ 地球光
  • 劇場版∀ガンダムⅡ 月光蝶
  • OVERMAN キングゲイナー
  • 機動戦士Ζガンダム A New Translation -星を継ぐ者-
  • 機動戦士ΖガンダムⅡ A New Translation -恋人たち-
  • リーンの翼
  • 機動戦士ΖガンダムⅢ A New Translation -星の鼓動は愛-
  • RING OF GUNDAM
  • ガンダム Gのレコンギスタ
  • 富野参加作品一覧

  • 鉄腕アトム
  • 戦え!オスパー
  • リボンの騎士
  • 巨人の星
  • アニマル1
  • 夕やけ番長
  • 海底少年マリン
  • どろろ
  • 紅三四郎
  • 巨人の星対鉄腕アトム
  • おらぁグズラだど
  • 男一匹ガキ大将
  • ムーミン
  • シートン動物記
  • 赤き血のイレブン
  • アタックNo.1
  • あしたのジョー
  • 男ドアホウ!甲子園
  • 昆虫物語 みなしごハッチ
  • さすらいの太陽
  • 天才バカボン
  • ふしぎなメルモ
  • 新・オバケのQ太郎
  • 国松様のお通りだい
  • いなかっぺ大将
  • 正義を愛する者 月光仮面
  • アニメ・ドキュメント ミュンヘンのへの道
  • モンシェリCoCo
  • ハゼドン
  • ど根性ガエル
  • けろっこデメタン
  • ワンサくん
  • 山ねずみロッキーチャック
  • 侍ジャイアンツ
  • 新造人間キャシャーン
  • アルプスの少女ハイジ
  • ゼロテスター
  • 昆虫物語 新みなしごハッチ
  • 小さなバイキングビッケ
  • 宇宙戦艦ヤマト
  • 破裏拳ポリマー
  • フランダースの犬
  • 母をたずねて三千里
  • アンデス少年ペペロの冒険
  • 超電磁ロボ コン・バトラーV
  • ゴワッパー5 ゴーダム
  • ろぼっ子ビートン
  • あらいぐまラスカル
  • 合身戦隊メカンダーロボ
  • 超電磁マシーン ボルテスV
  • シートン動物記 くまの子ジャッキー
  • ヤッターマン
  • ペリーヌ物語
  • 闘将ダイモス
  • 未来少年コナン
  • とびだせ!マシーン飛竜
  • まんが日本昔ばなし
  • 宇宙魔神ダイケンゴー
  • 赤毛のアン
  • 科学忍者隊ガッチャマンⅡ
  • ザ・ウルトラマン
  • 宇宙大帝ゴッドシグマ
  • ルパン三世(TV第2シリーズ)
  • 新世紀GPXサイバーフォーミュラ
  • 銀河漂流バイファム
  • ママは小学4年生
  • GUNDAM EVOLVE 5
  •  |  富野作品感想 | 富野由悠季関連 | 井荻麟関連 | 富野情報 | 富野雑談 | レビュー | ブログ運営 | 日常話 | 未分類 | 給華文讀者 | Gのレコンギスタ | 
    Copyright(C) 2007All Rights Reserved. TOMINOSUKI / 富野愛好病
    Powered by FC2ブログ.
    template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.