富野由悠季監督とその作品をひたすら語るブログ

TOMINOSUKI / 富野愛好病
http://kaito2198.blog43.fc2.com/

プロフィール

Author:kaito2198
台湾人。
ただのファンです。

twitterは@kaito2198です。

仕事やブログ関係のご連絡は
kaito2198@hotmail.comまでお願いします。

給華文圈之富野由悠季愛好者的一些話
關於本站文章的轉載聲明

富野監督関連資料一覧

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

グーバーウォーク

1988年台湾のトンデモ記事 「逆襲のシャア」が「新機動戦士 邪悪博士の反撃」!?

2013/12/19 23:58|富野雑談TRACKBACK:0COMMENT:6
このエントリーを含むはてなブックマーク はてなブックマーク - 1988年台湾のトンデモ記事 「逆襲のシャア」が「新機動戦士 邪悪博士の反撃」!?
 1988年台湾の雑誌が書いたトンデモ記事を見つけましたので、以下で紹介します。

 『機動戦士』は1979年に放送されたテレビアニメで、うちの三話が映画にもなったシリーズなのだ。作者の富野由悠季は本業がエンジニアのアニメーターで、『機動戦士』漫画、テレビ、映画、関連玩具商売の成功で、今や自家用飛行機を持つほどの大手企業の社長になり、大成功を収めている人物。富野氏は2年前からエジプトのピラミッド遺跡、マヤの古代遺跡、アンコール遺跡を遊歴したのち、今年3月中旬でワイドスクリーンの『新機動戦士 邪悪博士の反撃』という新作映画を作ったが、その興行がすこぶる好調を記録している。

 新作のあらすじは以下の通り。宇宙世紀0093年、「機動戦士」に破られて行方不明となった梟(フクロウ)博士が、また突然姿を現し、自ら大統領と名乗り、「ネオ宇宙地獄軍団」を率いて、地球連合政府に挑戦し、小惑星「アクシズ」を操縦し、地球を破壊しようとする。そんな間一髪の危機のなかで、正義少年アロー・リーは、地球連邦政府が最新技術で作った「新機動戦士」に乗り、地球を救ったのであった。

 この記事の本文だけでも噴飯ものですが、映画のキャプチャに対する説明もまた絶品です。



20131219222335740.jpg

▲アロー・リーが仲間たちと一緒に「新機動戦士」に乗り、「ネオ宇宙地獄軍団」を迎撃する。

20131219222356349.jpg

▲アクシズ惑星で激戦している「新機動戦士」とフクロウ博士の「ファイアーファイター」。

20131219222300895.jpg

▲「新機動戦士」に負けっぱなしするフクロウ博士に対し、ナナイはいつも彼を慰めて、地球へ大反撃させるように励ましている。

20131219222317168.jpg

▲アロー・リーが反撃計画を邪魔するのを恐れるため、地球へ潜入し、アロー・リーを暗殺しようとするフクロウ博士。

20131219222409653.jpg

▲「新機動戦士」の最終秘密兵器「レーザーボール」


 記事中の作者や作品に対する認識はネタ性たっぷりなので、ネタ記事と思わず疑う日本の方々もいると思います。

 しかし、この雑誌は台湾においては至ってまともな出版物でしたので、作者本人が不勉強だったという可能性もあるにせよ、当時台湾の大手雑誌においても、ガンダムに対する認知度はこの程度でしかないことなのでしょうね。

 もちろん、当時の台湾は戒厳解除したばかりでしたし、当時のバンダイは香港重視という方針でしたので、一概どうこうとはいえませんが、それにしてもこんな微笑ましい時代もあったとは、今の日本人にとってはおおよそ想像できませんよね。



 ちなみに、この記事は台湾のテレビ関係の雑誌がアニメ・マンガ・ゲームが子供に対する影響を論じるもので、それによると、『ドラえもん』が「軟性アニメ」で、『ガンダム』が「硬性アニメ」だそうです。

 この記事を読んだ方の御意見知りたいです。ぜひご感想を残してください。

コメント
レーザーボールですか。投げつけてアクシズ破壊、ですかね。





陽 #-|2013/12/20(金) 02:04 [ 編集 ]
ナナイだけ何故か名前も記述も大体合ってますね。
ファイアースターターはスティーブン・キングの小説かな?
硬性アニメというのは硬派アニメとかそういう類のものでしょうか?
ksk #-|2013/12/21(土) 01:17 [ 編集 ]
>陽さん
そうですね、この記事で一番謎の記述でしたよ。

>kskさん
ご指摘のとおり、軟派と硬派に訳すべきです。
記事の面白さのために、ニュアンスは正確に翻訳しましたが、一部の表現はあえてやっていますんで。
しかしナナイの話は…ああいうストレートな表現だから、ナナメ読みもできなくなる…ということなんじゃないですかね。
kaito2198 #L2WcHO2o|2013/12/21(土) 22:19 [ 編集 ]
かなり面白い記事ですね。
アニメ・マンガ・ゲームが子供に与える影響についての記事ということですが、
逆シャアはどういった文脈で紹介されているんでしょうか?
あと、その雑誌のアニメ等に対するスタンスがどんな感じなのかも気になります。
グリーン #JUGsyThY|2013/12/22(日) 00:50 [ 編集 ]
ネタじゃないからこその面白さ!
面白い、とても面白い!

ネオ宇宙地獄軍には志願したくない!

しかし書いた人は本当に観て書いたんですかねぇ…。
ナナイの部分だけが印象に残ったんでしょうか。
(そもそもそこをわざわざチョイスするあたり…)

シャアと梟は読みが近いのでしょうか?

今も横書きの読み方って右から左でしたっけ???
日本と同じであるときから変わったのでしょうか?
まそきぃ〜 #-|2013/12/22(日) 11:50 [ 編集 ]
>グリーンさん
ガンダムに関する言及は以上のとおりでした。
文章全体はゲームに対する懸念に重きを置き、少なくともアニメに対するイメージはそれほど悪くない模様でした。
上で言ってた軟性アニメにせよ硬性アニメにせよ、
「親は心配しているかもしれないが、それほど影響はないと思う」と作者も擁護している?模様でした。

>まそきぃ〜
ご明察。
「梟」は「シャオ」という発音でした。記事上の面白さであえて紹介しませんでしたが。
新聞は今でも縦で右から左ですね。ただし今政府の正式文書は横の左から右になってます。
kaito2198 #L2WcHO2o|2013/12/24(火) 12:18 [ 編集 ]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURLはこちら
http://kaito2198.blog43.fc2.com/tb.php/1415-ea44e523

ブログ内検索

なんとなく富野商品

リンク

このブログをリンクに追加する

カテゴリー

まともに機能しなくてすみません。これからゆっくりペースで直します。

RSSフィード

FC2カウンター

富野監督作品一覧

  • 海のトリトン
  • しあわせの王子
  • 勇者ライディーン
  • ラ・セーヌの星
  • 無敵超人ザンボット3
  • 無敵鋼人ダイターン3
  • 機動戦士ガンダム
  • 伝説巨神イデオン
  • 機動戦士ガンダム(劇場版)
  • 機動戦士ガンダムⅡ 哀戦士編
  • 戦闘メカ ザブングル
  • 機動戦士ガンダムⅢ めぐりあい宇宙編
  • 伝説巨神イデオン・接触篇 -A CONTACT-
  • 伝説巨神イデオン・発動篇 -Be Invoked-
  • 聖戦士ダンバイン
  • ザブングル グラフィティ
  • 重戦機エルガイム
  • 機動戦士Zガンダム
  • 機動戦士ガンダムZZ
  • 機動戦士ガンダム 逆襲のシャア
  • 機動戦士ガンダムF91
  • 機動戦士Vガンダム
  • 闇夜の時代劇 正体を見る
  • バイストンウェル物語 ガーゼィの翼
  • ブレンパワード
  • ∀ガンダム
  • 劇場版∀ガンダムⅠ 地球光
  • 劇場版∀ガンダムⅡ 月光蝶
  • OVERMAN キングゲイナー
  • 機動戦士Ζガンダム A New Translation -星を継ぐ者-
  • 機動戦士ΖガンダムⅡ A New Translation -恋人たち-
  • リーンの翼
  • 機動戦士ΖガンダムⅢ A New Translation -星の鼓動は愛-
  • RING OF GUNDAM
  • ガンダム Gのレコンギスタ
  • 富野参加作品一覧

  • 鉄腕アトム
  • 戦え!オスパー
  • リボンの騎士
  • 巨人の星
  • アニマル1
  • 夕やけ番長
  • 海底少年マリン
  • どろろ
  • 紅三四郎
  • 巨人の星対鉄腕アトム
  • おらぁグズラだど
  • 男一匹ガキ大将
  • ムーミン
  • シートン動物記
  • 赤き血のイレブン
  • アタックNo.1
  • あしたのジョー
  • 男ドアホウ!甲子園
  • 昆虫物語 みなしごハッチ
  • さすらいの太陽
  • 天才バカボン
  • ふしぎなメルモ
  • 新・オバケのQ太郎
  • 国松様のお通りだい
  • いなかっぺ大将
  • 正義を愛する者 月光仮面
  • アニメ・ドキュメント ミュンヘンのへの道
  • モンシェリCoCo
  • ハゼドン
  • ど根性ガエル
  • けろっこデメタン
  • ワンサくん
  • 山ねずみロッキーチャック
  • 侍ジャイアンツ
  • 新造人間キャシャーン
  • アルプスの少女ハイジ
  • ゼロテスター
  • 昆虫物語 新みなしごハッチ
  • 小さなバイキングビッケ
  • 宇宙戦艦ヤマト
  • 破裏拳ポリマー
  • フランダースの犬
  • 母をたずねて三千里
  • アンデス少年ペペロの冒険
  • 超電磁ロボ コン・バトラーV
  • ゴワッパー5 ゴーダム
  • ろぼっ子ビートン
  • あらいぐまラスカル
  • 合身戦隊メカンダーロボ
  • 超電磁マシーン ボルテスV
  • シートン動物記 くまの子ジャッキー
  • ヤッターマン
  • ペリーヌ物語
  • 闘将ダイモス
  • 未来少年コナン
  • とびだせ!マシーン飛竜
  • まんが日本昔ばなし
  • 宇宙魔神ダイケンゴー
  • 赤毛のアン
  • 科学忍者隊ガッチャマンⅡ
  • ザ・ウルトラマン
  • 宇宙大帝ゴッドシグマ
  • ルパン三世(TV第2シリーズ)
  • 新世紀GPXサイバーフォーミュラ
  • 銀河漂流バイファム
  • ママは小学4年生
  • GUNDAM EVOLVE 5
  •  |  富野作品感想 | 富野由悠季関連 | 井荻麟関連 | 富野情報 | 富野雑談 | レビュー | ブログ運営 | 日常話 | 未分類 | 給華文讀者 | Gのレコンギスタ | 
    Copyright(C) 2007All Rights Reserved. TOMINOSUKI / 富野愛好病
    Powered by FC2ブログ.
    template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.