富野由悠季監督とその作品をひたすら語るブログ

TOMINOSUKI / 富野愛好病
http://kaito2198.blog43.fc2.com/

プロフィール

Author:kaito2198
台湾人。
ただのファンです。

twitterは@kaito2198です。

仕事やブログ関係のご連絡は
kaito2198@hotmail.comまでお願いします。

給華文圈之富野由悠季愛好者的一些話
關於本站文章的轉載聲明

富野監督関連資料一覧

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

グーバーウォーク

富野由悠季監督が「進撃の巨人」を批判?? ちょっと違うなのよね

2013/12/02 15:29|富野雑談TRACKBACK:0COMMENT:12
このエントリーを含むはてなブックマーク はてなブックマーク - 富野由悠季監督が「進撃の巨人」を批判?? ちょっと違うなのよね
 最近、富野由悠季監督が角川書店の有料ウェブマガジン「ちょくマガ」で言った『進撃の巨人』についての言及は、インターネット上のあちこちで話題になっている模様です。

富野由悠季/トミノ流のトミノ - ちょくマガ|KADOKAWA
トミノ流のトミノ vol.019
『進撃の巨人』の表現が放置される日本のインテリジェンス


 賛同するかどうかは別にして、ちゃんと冷静に受け止めている人もいるものの、現在でいうと「激おこぷんぷん丸」という状態に陥っている人が大半です。

 私は別に富野監督のスポークマンではありませんし、富野監督の言説を擁護するつもりもありません。公開された言説である以上、議論にかけられるのは当たり前なことですから。

 しかし、全文を見せずに偏見入りでの節録はアフィリエイトまとめブログによるいつもの手であるのに、ろくに吟味もせずに反応しちゃう人たちを見れば、さすがに違和感を感じせずにいられません。

 以下は、一人のウェブマガジンの当該記事を全文読んだ人の感想です。スポークマンじゃないですので富野監督の代りに弁解しませんが、とりあえず読んだ上の真実だけをお伝えします。なんらかの参考になれれば幸いです。



富野は進撃の巨人をちゃんと読んでいた

 記事をちゃんと読めば分かりますが、富野監督はちゃんと「進撃」をちゃんと読んでいました。

 よって、「読んでもいないのに批判するな!」という激おこぷんぷん丸な人たちは失望するかもしれません。



富野は作者を攻撃していない

 記事をちゃんと読めば分かりますが、富野監督は作者の創作のバックグラウンドにあるものを取り上げましたが、それがいけないと一言も言っていません

 内なる思いを創作物にぶつける行為は創作者にとっては当たり前のことですし、そもそもいじめられっ子の件は、作者本人がテレビで言っていた話でした。



富野はエログロな作品がいけないと言っていない

 「進撃」はエログロかどうかはさておき、記事をちゃんと読めば分かりますが、富野監督は作者を攻撃していませんし、作品はあれでいいと言っていました。むしろ、気になるのは作品にまつわる環境と言いました。

 確かにああいう作品を無条件に許容してしまう社会とビジネスは議論すべきことが大いにあると思いますが、まあそれも記事を読めばご自分で考える話だと思います。



富野は進撃よりワンピースのほうが面白いと言っていない

 記事をちゃんと読めば分かりますが、富野監督は別に進撃より「ワンピース」のほうが面白いと言っていません。それどころか、「ワンピース」に無くて「進撃」があるものも取り上げています。

 各自の作者および作品評はあるのですが、どちらのほうが良いという評が無いというより、どちらにも独自な良さがあると言っています。そもそも文章の着眼点はこの二作で創作のあり方を考えている話であって、批判・批評ではないですし。



富野は別に嫉妬していない

 記事をちゃんと読めば分かりますが、富野監督は「進撃」に対して別に嫉妬していませんし、悔しいとも感じていません。

 富野監督だからって、四六時中ヒット作品に嫉妬しているわけではありません。



富野は別にツンデレしているわけではない

 記事を読めば分かりますが、富野監督は別にツンデレと取られるような反応をしていません。

 富野監督だからって、四六時中ツンデレしているわけではありません。



結論1:記事を読めば分かる

 パッと思いつけた話をいくつか説明しました。それらの話は一つの結論に収束できます。

 記事を読めば分かる

 有料ウェブマガジンだから、全ての人に購読するのを強要できません。しかし、せめて当該記事の全編を読んでから、話の意味を吟味してほしい。そのうえ富野さんがバカなことを言っていると思うならば、それで結構。

 しかし、公開している分だけで批判するような意見は、砂上の楼閣を根拠にものを言っているのに等しいものです。スマートじゃない反応です。

 人の話半分しか聞かないうちに反応しちゃう人はリアルでは嫌われます。これは現実の生活で誰もか体感していることのはずです。だから、インターネットの上だからってそういう自分を許しちゃう理由はありません

 もちろん、この話は読まずに「富野監督はいいことを言うね!」と言っている方に対しても言えます。



結論2:アフィリエイトブログに踊らされるかどうかの決定権は自分にある

 そもそも、「進撃の巨人」に関する富野監督の記事はとっくに2週間も前の話でした。それを今更アフィリエイトまとめブログが取り上げることで、今さら激おこぷんぷん丸するのはとても後ろ向きのことです。

 まして、アフィリエイトブログは話題性とアクセス数稼ぎのために、わざと過激なタイトル付けや言い回し改変をするのに決まっているのに、そのまんまの反応しか取れない自分に危惧すべきなのではないでしょうか。

 全ての人に富野監督を理解してあげて、とは言いません。だが他人をジャッジする前に、自省すべきことがあるのではないかと皆さんには分かってほしいものです。

 もちろん、有料ウェブマガジンの一部しか読んでないのに、反発することに何の躊躇もない自分をおかしくないと思わない時点では、「蜀犬日に吠ゆ」にしかなりません。そういう事実もちゃんと受け止めないネットリテラシーでは、たとえ「老害」「ブーメラン」「おまえが言うな」「氏ね」「他人の作品に口出すな」「負け惜しみ」「偉ぶっちゃって」「キチガイ」と言っても、他人には響きません。ただ無意味な罵言と空しい自分を残すだけです。

 アフィリエイトブログに踊らされるかどうかの決定権は、自分にあります。他人がとっくに通った道で、今更自分があえて踏むのもかまいませんが、人生においてとても損であると同時に、あまりにも寂しいことだと感じます。



番外:ちょくマガさん、それってどうよ?

 炎上とはいささか異なりますけど、無料部分の編集の仕方を見ても分かるとおり、ネット上のこういうリアクションは実はある程度ちょくマガ側がそう仕向けたことです。

 ある部分、ビジネスのためなら、それもやむを得ないのでしょう。正直、インターネット上の有象無象な声は、とっとと無視して次へ行くのがベストです。

 しかし、ここまで作者の本意とまったく違う受け止め方をされたら、さすがにちょくマガ側は公式的になんらかのアナウンスがすべきなのではないでしょうか。

 別に擁護とか火消しをしろとは言っていせん。ただせめて「皆さんからの反響が大きいですが、この後でも話があるよー気になる方はウェブマガジンを購読してねー」くらい言わないと、本当に雑誌側が富野監督を使ってマッチポンプをする話になるのでしょう。

 ということで、この件に関してちょくマガさんに多少不満を持たないわけではありませんが、とりあえずここで一つ宣伝してあげます。

 「全文を読んでから語ってください。購読はこちらからです」→

進撃の巨人(12) (講談社コミックス)進撃の巨人(12) (講談社コミックス)
諫山 創

講談社 2013-12-09

Amazonで詳しく見る by AZlink

進撃の巨人 6 [初回特典:Blu-ray Disc ビジュアルノベル「リヴァイ&エルヴィン過去編」他(制作協力:ニトロプラス、プロダクション・I.G)]進撃の巨人 6 [初回特典:Blu-ray Disc ビジュアルノベル「リヴァイ&エルヴィン過去編」他(制作協力:ニトロプラス、プロダクション・I.G)]
梶裕貴,石川由依,井上麻里奈,谷山紀章,神谷浩史,荒木哲郎

ポニーキャニオン 2013-12-18
売り上げランキング : 16

Amazonで詳しく見る by AZlink

進撃の巨人 ~人類最後の翼~進撃の巨人 ~人類最後の翼~
Nintendo 3DS

スパイク・チュンソフト 2013-12-05
売り上げランキング : 10

Amazonで詳しく見る by AZlink
コメント
遅れましたが、まとめブログが目に付いたので
読んでみました。
(もちろんチョクマガで全文はすでに読んでますよ!
 やっと購読初めたのに、あと数回で休刊とは!!)

なんというか、まとめのしかたもアレですが、
まとめでの文すら全文理解せずに一部分だけの
言葉に反応している人が多いのにがっかりしました。
もうすこしちゃんと文章読めよ、と思います。
(「読め」がただ目で追うだけの意味では困ります)
脊髄反射で言ってるみたいです。

自分としてはもうちょっと(というか意外に)
リテラシーとかある人が多いかなぁと思っていたのですが、
実際はそうでもなかったと思いちょっとがっかり。
(「なに2chに期待してるんだよ、バカじゃねー」とか言われそうですが)

知ってる間柄でも受け取り方が変わるということを考えれば
不特定多数ならより気をつけなければならないんでしょうけど。
それだと文章としての「面白み」が薄れる可能性もあるんだよなぁ。

監督の言葉じゃないけど、
こういう反応しかできない今と言う時代がかなりひどいということ。
…なのでしょうか?
まそきぃ〜 #-|2013/12/05(木) 08:57 [ 編集 ]
ラジオで伊集院光も(進撃ファンと前置きした上で)本来大衆受けするような作品じゃないって指摘をしていましたね
今のオタクってアダルトコーナーにジュニアアイドルのイメージビデオが並んでいてもおかしいと思わないほど感覚が麻痺してますから
リテラシー云々以前に、大人の視点で物事を見ることができる人って少ないと思いますよ
#-|2014/01/18(土) 23:12 [ 編集 ]
まさにそういうことだと思います。
kaito2198 #L2WcHO2o|2014/01/20(月) 22:10 [ 編集 ]
ちゃんと読んで批判してるって言うなら「エロとグロが同居してる」あんて阿呆な批判出てこないだろ
進撃にエロなんて皆無なんだから
4巻までしか読んでないって言ってたけど、どうせ飛ばし読みだろ
そりゃ俺も無料部分しか読んでないけど、その時点で「エロとグロが同居してる」なんて阿呆な批評が出てる時点で説得力ねーよ
それに「ああいうグロい世界観を漫画で表現するのはおじいちゃんとして絶対に認めがたい」って、これ完全に表現規制派の議員の言い分じゃん
これでエログロがいけないとは言ってないと言われてもね
富野は進撃を絶対に読みたくないし、評価もしたくないって言ってるけど、俺だってこんな耄碌爺の文章なんて金払って読みたくねーよ
それからの名無しさん #-|2014/06/02(月) 16:08 [ 編集 ]
それにアフィサイトに踊らされるなとか書いてるけど、俺が知る限り誤解されるような記事書いてるのはアフィサイトじゃなくてJ-CASTなんだけど
例えばはちまの記事では無料部分の文章を全部乗っけた上でソースとしてちょくマガの本文のURLも付けてるけど、J-CASTの記事は

ttp://www.j-cast.com/2013/12/04190834.html?p=all
>>富野監督は、意気地なしのいじめられっ子が自分の鬱憤を晴らすために書いたような作品であり、過激な性表現以上に公序良俗に反する部分があると断定。自分なら出版させないし「絶対に読みたくない」などと持論を展開している。

と、こんな誤解を煽るような要約してんぞ
結局このブログ主もアフィサイトの記事をまともに読まずに「きっと誤解されてるのはアフィサイトのせいに決まってる!」って決めつけて批判してんじゃん
「人の話半分しか聞かないうちに反応しちゃう人はリアルでは嫌われます。」って自己紹介?
それからの名無しさん #-|2014/06/02(月) 16:24 [ 編集 ]
わざわざ長文を貼り、ご苦労様と言いたかったんですが、
見当違い話ばかりでとても残念です。

>「エロとグロが同居してる」
まず、エロという言葉から性的な意味しか考えられないのが残念です。

>表現規制派の議員の言い分
富野氏は議員じゃなくて表現者の一人として発言をしているわけですから。
議員と同じという捉え方しかできないことも残念です。

>アフィサイト
間違った話を検証もせず、そのままに載せちゃうところに責任がないと思うのでしたら、あなたは相当残念です。

>「人の話半分しか聞かないうちに反応しちゃう人はリアルでは嫌われます。」
残念ながら、このような頭しか持てず、このような言葉遣いしか使えない貴方のことを言っています。
耄碌というお言葉を使いましたが、あの人はあなたよりよほど明晰なお方だと思いますよ。
kaito2198 #-|2014/06/02(月) 17:36 [ 編集 ]
富野さんの発言は表現て言うものを考えた事のある人しかピンとこないかもね
#-|2014/06/08(日) 14:10 [ 編集 ]
確かにそういうところはあるかもしれません。
ただ、結構普遍的な話でもありますので、ちょっと想像力をもってすればリンクできるとも思います。
kaito2198 #-|2014/06/09(月) 00:08 [ 編集 ]
ここで言われたエロというのはいわゆる同人誌の十八禁的な表現のことではないと思う。
個人的にこの件に関する富野監督の言葉は納得出来るものだった。
ので、自分なりに監督が「エログロ」と表現したものの意味を言い換えてみる。それはグロテスクに虐げられる人間であったり理不尽な構造であったり人間の醜さであったり、そういうものをつまびらかにして読者がかきたてられる激情、絶望が「快」に結びつく部分のことじゃないだろうか?
この作品においては、作中世界の激情や絶望の暴露が、読者の快の感情に結びついている部分がある。
諌山さんの心理的背景からすればこの激情を快に結びつける描き方はある種当然の帰結なんだと思うし、体験を作品に昇華して、絵とかの拙さを超えてヒットさせたのは単純にすごいことでもあるだろう。(だから監督も作品自体はこれでいいとも言ったんだろう)
ただ、自分はそこに違和感を覚えてしまうので手放しで受け容れられない作品ではあった。
うまく言えず申し訳ない。しかし、まさにこういう部分が進撃の巨人がヒットした、面白い理由の核なんだろうと自分も思う。それをいいか悪いか価値判断することは相対的に過ぎないし、受け容れられない側は今の時代からみて旧いのかもしれないが、表現者として譲れないと主張する富野監督の言葉は好きだ。だからこの人の作品が見たくなるのだと思った。
今やっているGレコもだけど、監督の信念で面白いと思える作品を、こんな時代の空気を乗り越えて叩き出すのが見てみたい。やっぱり表現者が主張を体現するのは作品なんだから。がんばれ富野
#RUrP2LzY|2014/12/10(水) 09:31 [ 編集 ]
ありがとうございます。
私もまさしく同じ思いですが、これほど上手く言えませんでした。
なので代弁してくれたそちらにはものすごく感謝していますし、とても感激です。
kaito2198 #L2WcHO2o|2014/12/12(金) 03:13 [ 編集 ]
「記事を読めば分かりますが」と書いてあるが、記事を見たって印象なんて皆変わる
私は記事を見たがどう見ても名作に対しての嫉妬の冨野節だった

まとめサイトのタイトルだけで判断する馬鹿どもを批判するのは同意だが、あなたの個人的な意見は正しくないよ
#-|2015/09/27(日) 15:04 [ 編集 ]
コメントありがとうございます。
正しいかどうかご判断にお任せします。
kaito2198 #-|2015/09/27(日) 22:04 [ 編集 ]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURLはこちら
http://kaito2198.blog43.fc2.com/tb.php/1407-f0cb91dc

ブログ内検索

なんとなく富野商品

リンク

このブログをリンクに追加する

カテゴリー

まともに機能しなくてすみません。これからゆっくりペースで直します。

RSSフィード

FC2カウンター

富野監督作品一覧

  • 海のトリトン
  • しあわせの王子
  • 勇者ライディーン
  • ラ・セーヌの星
  • 無敵超人ザンボット3
  • 無敵鋼人ダイターン3
  • 機動戦士ガンダム
  • 伝説巨神イデオン
  • 機動戦士ガンダム(劇場版)
  • 機動戦士ガンダムⅡ 哀戦士編
  • 戦闘メカ ザブングル
  • 機動戦士ガンダムⅢ めぐりあい宇宙編
  • 伝説巨神イデオン・接触篇 -A CONTACT-
  • 伝説巨神イデオン・発動篇 -Be Invoked-
  • 聖戦士ダンバイン
  • ザブングル グラフィティ
  • 重戦機エルガイム
  • 機動戦士Zガンダム
  • 機動戦士ガンダムZZ
  • 機動戦士ガンダム 逆襲のシャア
  • 機動戦士ガンダムF91
  • 機動戦士Vガンダム
  • 闇夜の時代劇 正体を見る
  • バイストンウェル物語 ガーゼィの翼
  • ブレンパワード
  • ∀ガンダム
  • 劇場版∀ガンダムⅠ 地球光
  • 劇場版∀ガンダムⅡ 月光蝶
  • OVERMAN キングゲイナー
  • 機動戦士Ζガンダム A New Translation -星を継ぐ者-
  • 機動戦士ΖガンダムⅡ A New Translation -恋人たち-
  • リーンの翼
  • 機動戦士ΖガンダムⅢ A New Translation -星の鼓動は愛-
  • RING OF GUNDAM
  • ガンダム Gのレコンギスタ
  • 富野参加作品一覧

  • 鉄腕アトム
  • 戦え!オスパー
  • リボンの騎士
  • 巨人の星
  • アニマル1
  • 夕やけ番長
  • 海底少年マリン
  • どろろ
  • 紅三四郎
  • 巨人の星対鉄腕アトム
  • おらぁグズラだど
  • 男一匹ガキ大将
  • ムーミン
  • シートン動物記
  • 赤き血のイレブン
  • アタックNo.1
  • あしたのジョー
  • 男ドアホウ!甲子園
  • 昆虫物語 みなしごハッチ
  • さすらいの太陽
  • 天才バカボン
  • ふしぎなメルモ
  • 新・オバケのQ太郎
  • 国松様のお通りだい
  • いなかっぺ大将
  • 正義を愛する者 月光仮面
  • アニメ・ドキュメント ミュンヘンのへの道
  • モンシェリCoCo
  • ハゼドン
  • ど根性ガエル
  • けろっこデメタン
  • ワンサくん
  • 山ねずみロッキーチャック
  • 侍ジャイアンツ
  • 新造人間キャシャーン
  • アルプスの少女ハイジ
  • ゼロテスター
  • 昆虫物語 新みなしごハッチ
  • 小さなバイキングビッケ
  • 宇宙戦艦ヤマト
  • 破裏拳ポリマー
  • フランダースの犬
  • 母をたずねて三千里
  • アンデス少年ペペロの冒険
  • 超電磁ロボ コン・バトラーV
  • ゴワッパー5 ゴーダム
  • ろぼっ子ビートン
  • あらいぐまラスカル
  • 合身戦隊メカンダーロボ
  • 超電磁マシーン ボルテスV
  • シートン動物記 くまの子ジャッキー
  • ヤッターマン
  • ペリーヌ物語
  • 闘将ダイモス
  • 未来少年コナン
  • とびだせ!マシーン飛竜
  • まんが日本昔ばなし
  • 宇宙魔神ダイケンゴー
  • 赤毛のアン
  • 科学忍者隊ガッチャマンⅡ
  • ザ・ウルトラマン
  • 宇宙大帝ゴッドシグマ
  • ルパン三世(TV第2シリーズ)
  • 新世紀GPXサイバーフォーミュラ
  • 銀河漂流バイファム
  • ママは小学4年生
  • GUNDAM EVOLVE 5
  •  |  富野作品感想 | 富野由悠季関連 | 井荻麟関連 | 富野情報 | 富野雑談 | レビュー | ブログ運営 | 日常話 | 未分類 | 給華文讀者 | Gのレコンギスタ | 
    Copyright(C) 2007All Rights Reserved. TOMINOSUKI / 富野愛好病
    Powered by FC2ブログ.
    template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.