富野由悠季監督とその作品をひたすら語るブログ

TOMINOSUKI / 富野愛好病
http://kaito2198.blog43.fc2.com/

プロフィール

kaito2198

Author:kaito2198
台湾人。
ただのファンです。

twitterは@kaito2198です。

仕事やブログ関係のご連絡は
kaito2198@hotmail.comまでお願いします。

給華文圈之富野由悠季愛好者的一些話
關於本站文章的轉載聲明

富野監督関連資料一覧

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

グーバーウォーク

一外人から見た富野節(3)

2008/08/27 14:34|未分類TRACKBACK:0COMMENT:0
このエントリーを含むはてなブックマーク はてなブックマーク - 一外人から見た富野節(3)
関連記事
■一外人から見た富野節
■一外人から見た富野節(2)

海外に住んでる身として、
なかなかリアルタイムにアニメを追うことができません。
今でこそ色んな如何わしいツールで最新の作品を見ることも可能だが、
(いや、断ってるが、僕はそういうのを一切使ってません)
子供の時、アニメといえば、テレビの放送に頼るしかなかった。
でも、当時はやはりいわゆるホットな作品しか放映してくれないから、
残念ながら、中学生までは
富野作品も『トリトン』『ガンダム』しか見たことがありませんでした。
(ちなみに、『ダンバイン』『ブレンパワード』と『∀ガンダム』は高校で、
『ザンボット』『ダイターン』『ザブングル』『キングゲイナー』は大学で、
リアルタイムで見てた作品は『新訳Z』と『リーンの翼』だけでした)

で、当時のテレビ放送はカオスなもので、
マジンガーとレイズナーとVガンダムといった70、80、90年代のアニメを
同時放映してもおかしくないというわけ分からんスケジュールでした。
(まあ、当時のテレビ局にとってどれも同じマンガ映画だから仕方ないが)
なので、僕の小学生時代のファースト、Z、逆シャア、F91の視聴記憶もごっちゃになって、
もうどれが先どれが後が分からない状態でした。
(Vは確か中学生時代はず)
でも、これらを見て感じたのは、いくつの作品の主人公の描き方は上手くいえないけど、
なんか「僕のために描いてくれた主人公」だっていうほど迫真で、
その劇中の心情描写も、とても他人事と思えなくて、僕の心を引き付けた。
つまり、青春の投影になりえるキャラは、僕は富野作品のなかで見つけてた。

で、その青春を感じる作品とキャラは何かというと、
『ガンダム』のアムロと『Zガンダム』のカミーユでした。
アムロのホロ苦い体験はもちろん、カミーユを苦しんでいる閉塞感も、
僕は確かに感じ取れた。
面白いことに、日本ではファースト世代とZ世代があって、
その作品の間に大きな溝があって、
作風や設定や演出などについての異見は
なかなか埋まれないし、分かり合えることも難しいという。
(このへんの断定が偏ってるのは承知して書いてあるからご勘弁)
でも、僕はこの二つの作品を一緒に見たせいか、
どれもごく普通に受け入れたし、
どれも「自分の青春」と感じた。
そのへんの体験はある身として、
時々ガンダム議論について大人気ない本気になりすぎる人たちを見て、
自分が本当に幸運だと思っています。


最後は『ガンダム』と『Z』で感じた「青春」について少々お話を。

最初『ガンダム』のアムロを見た時、僕は思いっきり年下なので、
なんとなく割とお兄さんとして見てた感じがありました。
それでも、さっきの言ってたアムロのほろ苦い青春を見て、
本当に成長の苦渋さを思い知らされた。
今思うと、そういう苦渋さは安彦やっさんの画風に相まって、
実にとても皮膚感がある感じでした。

一歩、『Z』のカミーユは年こそやはり離れているが、
時代像は近いためか、あの閉塞感にとても共同感がありました。
当時は演出も話も大して飲み込めなかったが、
そういう感覚的な苦悶だけは忘れませんでした。

つまり、生理的な青春を感じたのは『ガンダム』で、
感覚的な青春のは『Z』だということだ。


コメント
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURLはこちら
http://kaito2198.blog43.fc2.com/tb.php/140-cce460e0

ブログ内検索

なんとなく富野商品

リンク

このブログをリンクに追加する

カテゴリー

まともに機能しなくてすみません。これからゆっくりペースで直します。

RSSフィード

FC2カウンター

富野監督作品一覧

  • 海のトリトン
  • しあわせの王子
  • 勇者ライディーン
  • ラ・セーヌの星
  • 無敵超人ザンボット3
  • 無敵鋼人ダイターン3
  • 機動戦士ガンダム
  • 伝説巨神イデオン
  • 機動戦士ガンダム(劇場版)
  • 機動戦士ガンダムⅡ 哀戦士編
  • 戦闘メカ ザブングル
  • 機動戦士ガンダムⅢ めぐりあい宇宙編
  • 伝説巨神イデオン・接触篇 -A CONTACT-
  • 伝説巨神イデオン・発動篇 -Be Invoked-
  • 聖戦士ダンバイン
  • ザブングル グラフィティ
  • 重戦機エルガイム
  • 機動戦士Zガンダム
  • 機動戦士ガンダムZZ
  • 機動戦士ガンダム 逆襲のシャア
  • 機動戦士ガンダムF91
  • 機動戦士Vガンダム
  • 闇夜の時代劇 正体を見る
  • バイストンウェル物語 ガーゼィの翼
  • ブレンパワード
  • ∀ガンダム
  • 劇場版∀ガンダムⅠ 地球光
  • 劇場版∀ガンダムⅡ 月光蝶
  • OVERMAN キングゲイナー
  • 機動戦士Ζガンダム A New Translation -星を継ぐ者-
  • 機動戦士ΖガンダムⅡ A New Translation -恋人たち-
  • リーンの翼
  • 機動戦士ΖガンダムⅢ A New Translation -星の鼓動は愛-
  • RING OF GUNDAM
  • ガンダム Gのレコンギスタ
  • 富野参加作品一覧

  • 鉄腕アトム
  • 戦え!オスパー
  • リボンの騎士
  • 巨人の星
  • アニマル1
  • 夕やけ番長
  • 海底少年マリン
  • どろろ
  • 紅三四郎
  • 巨人の星対鉄腕アトム
  • おらぁグズラだど
  • 男一匹ガキ大将
  • ムーミン
  • シートン動物記
  • 赤き血のイレブン
  • アタックNo.1
  • あしたのジョー
  • 男ドアホウ!甲子園
  • 昆虫物語 みなしごハッチ
  • さすらいの太陽
  • 天才バカボン
  • ふしぎなメルモ
  • 新・オバケのQ太郎
  • 国松様のお通りだい
  • いなかっぺ大将
  • 正義を愛する者 月光仮面
  • アニメ・ドキュメント ミュンヘンのへの道
  • モンシェリCoCo
  • ハゼドン
  • ど根性ガエル
  • けろっこデメタン
  • ワンサくん
  • 山ねずみロッキーチャック
  • 侍ジャイアンツ
  • 新造人間キャシャーン
  • アルプスの少女ハイジ
  • ゼロテスター
  • 昆虫物語 新みなしごハッチ
  • 小さなバイキングビッケ
  • 宇宙戦艦ヤマト
  • 破裏拳ポリマー
  • フランダースの犬
  • 母をたずねて三千里
  • アンデス少年ペペロの冒険
  • 超電磁ロボ コン・バトラーV
  • ゴワッパー5 ゴーダム
  • ろぼっ子ビートン
  • あらいぐまラスカル
  • 合身戦隊メカンダーロボ
  • 超電磁マシーン ボルテスV
  • シートン動物記 くまの子ジャッキー
  • ヤッターマン
  • ペリーヌ物語
  • 闘将ダイモス
  • 未来少年コナン
  • とびだせ!マシーン飛竜
  • まんが日本昔ばなし
  • 宇宙魔神ダイケンゴー
  • 赤毛のアン
  • 科学忍者隊ガッチャマンⅡ
  • ザ・ウルトラマン
  • 宇宙大帝ゴッドシグマ
  • ルパン三世(TV第2シリーズ)
  • 新世紀GPXサイバーフォーミュラ
  • 銀河漂流バイファム
  • ママは小学4年生
  • GUNDAM EVOLVE 5
  •  |  富野作品感想 | 富野由悠季関連 | 井荻麟関連 | 富野情報 | 富野雑談 | レビュー | ブログ運営 | 日常話 | 未分類 | 給華文讀者 | Gのレコンギスタ | 
    Copyright(C) 2007All Rights Reserved. TOMINOSUKI / 富野愛好病
    Powered by FC2ブログ.
    template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.