富野由悠季監督とその作品をひたすら語るブログ

TOMINOSUKI / 富野愛好病
http://kaito2198.blog43.fc2.com/

プロフィール

Author:kaito2198
台湾人。
ただのファンです。

twitterは@kaito2198です。

仕事やブログ関係のご連絡は
kaito2198@hotmail.comまでお願いします。

給華文圈之富野由悠季愛好者的一些話
關於本站文章的轉載聲明

富野監督関連資料一覧

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

グーバーウォーク

『ヒストリエ』岩明均が次回作構想語る

2013/10/26 19:30|未分類TRACKBACK:0COMMENT:0
このエントリーを含むはてなブックマーク はてなブックマーク - 『ヒストリエ』岩明均が次回作構想語る
 仕事関係で今月号のアフタヌーンをゲットしましたが、今年の「ヒストリエ」の欄外には思わぬ話がありましたので、ここで紹介します。

 なんと、作者の岩明均氏が新作構想をまとめている最中で、しかもこの新作を別の漫画家に譲り、「ヒストリエ」と並行させようとしているつもりだそうです。

 「ヒストリエ」の進行がとても遅い状況なのにこんな話を、とも思いましたが、まあ書いています。
 ちょっと長いけど。今から4年前の2009年8月、私は漫画の原作を1つ完成させました。
 このシナリオは、そのさらに5~6年前に大まかな原型が頭に浮かび、忘れないようにとノートにメモし出したのが始まりです。
 漫画執筆の妨げにならぬように外出時にノートを持ち歩き、外食で料理を待つ間とか、病院で待たされる間にメモを書き続けました。

 結果5~6年で物語が完成したのですが、分量はさほど多くありません。
 ただ、ノートになぐり書き状態なので他人にはよく読めません。
 そこで他人にも読めるように清書を始めました。
 これも「ヒストリエ」の妨げにならぬよう、掲載回の合間の1日2日にわずかづつ。
 そうして4年まだ完成していません。

 大した量ではないのですが。
 「ヒストリエ」が特に手間取っているので、その清書もここ1年近く中断しています。
 ですが、いずれは完了するでしょう。
 そしてどなたか他の漫画家の手に渡れば、私など比較にならぬ速さで作品化してくれると思います。

 その時に、「ヒストリエの進行がこんななのに、同時進行で何やっているのかな?」というお声をいただくかもしれないと思ったのもので、まずは先行してご報告しようと思いました。
 いずれにせよ今しばらく先の話ですけど。

 岩明原作、他人作画の漫画でいえば、『ブラック・ジャック~青き未来~』があります。単行本のクレジットは「山石日月」となっていますが、まぁ岩明氏の遊び心でしょうね。

 恥ずかしいながら、この話は読んだことありません。しかし、察するにシナリオと作画に乖離がある作品でしょう。そしてこの作品「青き未来」の結末を見れば、性質はやや異なりますが、なんとなくこの新作構想の行く末を予測できなくもありません。

ブラック・ジャック~青き未来~ (少年チャンピオン・コミックスエクストラ)ブラック・ジャック~青き未来~ (少年チャンピオン・コミックスエクストラ)
手塚 治虫,中山 昌亮

秋田書店

Amazonで詳しく見る by AZlink


 岩明氏の漫画を読む限り、氏が一番すごいのはシナリオではないと分かります。厳しい話ですが、岩明氏のシナリオは確かに全体でいえば上のクラスですが、最上級ではありません。

 しかし、『寄生獣』や『ヒストリエ』を読んでると、ページをめぐるたびに、その空気感を味わえることになります。氏の筆の下で、あの物語世界は圧倒的に生きている、と認めざるを得ません(いや、もともと認めてますけど)。

 なぜならば、岩明氏の「間」の作り方は、現在の漫画家のなかでも抜群に上手いからです。一つの要素として抜き出して語るのもおかしいですが、それが氏を世界クラスの漫画作家に押し上げたのも、紛れもない事実である。

  ここで「間」の演技を語りだしたらキリがありませんので、省略します。

月刊 アフタヌーン 2013年 12月号 [雑誌]月刊 アフタヌーン 2013年 12月号 [雑誌]


講談社

Amazonで詳しく見る by AZlink


 とにかく、新作について、おそらく岩明氏はシナリオだけの参加になるのでしょう。「ヒストリエ」という現行している傑作があれば、それは仕方ないことです。私個人の望みでいえば、やはり氏の生きている間には完成してほしいと思っています。

 しかし、それでは我々は『雪の峠・剣の舞』『ヘウレーカ』みたいな短編の傑作を読めないのでしょう。岩明氏の濃度でいえば、新作はおそらく「青き未来」を上回るのでしょう。ただ、あの独特の「間」、あのテンポ、あのリズムこそが岩明作品の最大の武器である以上、岩明作品ほどの完成度が見られないでしょう。それはすごく残念だと思います。

 願わくば、岩明氏にはせめてネームのチェックもしてほしいものです。ただ、それも「ヒストリエ」を妨げることになるのでしょう。そう考えると本当にいろいろと難儀である。

ヒストリエ(8) (アフタヌーンKC)ヒストリエ(8) (アフタヌーンKC)
岩明 均

講談社

Amazonで詳しく見る by AZlink
コメント
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURLはこちら
http://kaito2198.blog43.fc2.com/tb.php/1382-58ae2c61

ブログ内検索

なんとなく富野商品

リンク

このブログをリンクに追加する

カテゴリー

まともに機能しなくてすみません。これからゆっくりペースで直します。

RSSフィード

FC2カウンター

富野監督作品一覧

  • 海のトリトン
  • しあわせの王子
  • 勇者ライディーン
  • ラ・セーヌの星
  • 無敵超人ザンボット3
  • 無敵鋼人ダイターン3
  • 機動戦士ガンダム
  • 伝説巨神イデオン
  • 機動戦士ガンダム(劇場版)
  • 機動戦士ガンダムⅡ 哀戦士編
  • 戦闘メカ ザブングル
  • 機動戦士ガンダムⅢ めぐりあい宇宙編
  • 伝説巨神イデオン・接触篇 -A CONTACT-
  • 伝説巨神イデオン・発動篇 -Be Invoked-
  • 聖戦士ダンバイン
  • ザブングル グラフィティ
  • 重戦機エルガイム
  • 機動戦士Zガンダム
  • 機動戦士ガンダムZZ
  • 機動戦士ガンダム 逆襲のシャア
  • 機動戦士ガンダムF91
  • 機動戦士Vガンダム
  • 闇夜の時代劇 正体を見る
  • バイストンウェル物語 ガーゼィの翼
  • ブレンパワード
  • ∀ガンダム
  • 劇場版∀ガンダムⅠ 地球光
  • 劇場版∀ガンダムⅡ 月光蝶
  • OVERMAN キングゲイナー
  • 機動戦士Ζガンダム A New Translation -星を継ぐ者-
  • 機動戦士ΖガンダムⅡ A New Translation -恋人たち-
  • リーンの翼
  • 機動戦士ΖガンダムⅢ A New Translation -星の鼓動は愛-
  • RING OF GUNDAM
  • ガンダム Gのレコンギスタ
  • 富野参加作品一覧

  • 鉄腕アトム
  • 戦え!オスパー
  • リボンの騎士
  • 巨人の星
  • アニマル1
  • 夕やけ番長
  • 海底少年マリン
  • どろろ
  • 紅三四郎
  • 巨人の星対鉄腕アトム
  • おらぁグズラだど
  • 男一匹ガキ大将
  • ムーミン
  • シートン動物記
  • 赤き血のイレブン
  • アタックNo.1
  • あしたのジョー
  • 男ドアホウ!甲子園
  • 昆虫物語 みなしごハッチ
  • さすらいの太陽
  • 天才バカボン
  • ふしぎなメルモ
  • 新・オバケのQ太郎
  • 国松様のお通りだい
  • いなかっぺ大将
  • 正義を愛する者 月光仮面
  • アニメ・ドキュメント ミュンヘンのへの道
  • モンシェリCoCo
  • ハゼドン
  • ど根性ガエル
  • けろっこデメタン
  • ワンサくん
  • 山ねずみロッキーチャック
  • 侍ジャイアンツ
  • 新造人間キャシャーン
  • アルプスの少女ハイジ
  • ゼロテスター
  • 昆虫物語 新みなしごハッチ
  • 小さなバイキングビッケ
  • 宇宙戦艦ヤマト
  • 破裏拳ポリマー
  • フランダースの犬
  • 母をたずねて三千里
  • アンデス少年ペペロの冒険
  • 超電磁ロボ コン・バトラーV
  • ゴワッパー5 ゴーダム
  • ろぼっ子ビートン
  • あらいぐまラスカル
  • 合身戦隊メカンダーロボ
  • 超電磁マシーン ボルテスV
  • シートン動物記 くまの子ジャッキー
  • ヤッターマン
  • ペリーヌ物語
  • 闘将ダイモス
  • 未来少年コナン
  • とびだせ!マシーン飛竜
  • まんが日本昔ばなし
  • 宇宙魔神ダイケンゴー
  • 赤毛のアン
  • 科学忍者隊ガッチャマンⅡ
  • ザ・ウルトラマン
  • 宇宙大帝ゴッドシグマ
  • ルパン三世(TV第2シリーズ)
  • 新世紀GPXサイバーフォーミュラ
  • 銀河漂流バイファム
  • ママは小学4年生
  • GUNDAM EVOLVE 5
  •  |  富野作品感想 | 富野由悠季関連 | 井荻麟関連 | 富野情報 | 富野雑談 | レビュー | ブログ運営 | 日常話 | 未分類 | 給華文讀者 | Gのレコンギスタ | 
    Copyright(C) 2007All Rights Reserved. TOMINOSUKI / 富野愛好病
    Powered by FC2ブログ.
    template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.